デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

1章 金融
1節 銀行
6款 択善会・東京銀行集会所
■綱文

第5巻 p.452-453(DK050101k) ページ画像

明治10年11月5日(1877年)

是ヨリ先、本会ノ要項ヲ記録シ、各行ノ参考ニ備ヘテハ如何トノ議アリ、他又之ニ同ジタルヲ以テ、是日栄一第一回ヨリ第四回マデノ記録ヲ綴集刊行スルノ旨ヲ述ブ。カツ一同ノ希望ニヨリ自今ソノ編輯ニハ第一国立銀行当ルコトヽナレリ。


■資料

択善会録事 ○第四回・第一五頁(DK050101k-0001)
第5巻 p.452 ページ画像

択善会録事
 ○第四回・第一五頁
○上略
○安田善次郎曰、自今毎会ノ要項ヲ記載シ、各行相倶ニ参考ニ備フヘキ者ハ如何ン、渋沢曰、弊社已ニ第一回ヨリ傍記者ヲシテ其録事ヲ編綴セシム、今其第四回ニ至ルヲ併セテ刊行シ、爾後毎会次テ刊行シ、盟員各若干部ヲ収手シ、並ニ広ク同業者ニ与ヘント欲ス、衆皆此挙ヲ嘉ミシテ其編輯刊行ヲ第一国立銀行ニ委任シ、其費ハ定メテ会盟ノ公費ト為ス

択善会録事 ○第五回・第一―四九頁(DK050101k-0002)
第5巻 p.452-453 ページ画像

 ○第五回・第一―四九頁
明治十年十一月五日択善会第五回ノ会同ヲ東京木挽町第十五国立銀行ニ於テ開設シ、盟員畢ク集リ、午後四時下場ニ上リ一案ヲ議了シテ七時下会食ニ就キ、畢テ復タ二件ヲ決議シ、十時ニ際シテ衆皆退散ス、詳録左ノ如シ
     会員  第十五国立銀行取締役  池田章政
     同   同 世話役       岩倉具定
     同   同 支配人       中村清行
     同   同 副支配人      岩橋徹輔
     同   第一国立銀行頭取    渋沢栄一
     同   同 取締役兼支配人   永田甚七
     同   第二国立銀行頭取    原善三郎
 - 第5巻 p.453 -ページ画像 
     同   同 支配人       下田善次郎
     同   第五国立銀行取締役   今井兼角
     同   同 支配人       又木元衛
     同   第二十国立銀行頭取   小島邦重
     同   同 支配人代理     大亦興治
     同   第三国立銀行頭取    安田善次郎
     同   同 取締役       川崎八右衛門
     同   三井銀行        三井三郎助
     同   同           三野村利助
     同   同           今井友五郎
     同   第四国立銀行取締役   原田銀造
     同   同 支配人       辻金五郎
     同   第十三国立銀行副支配人 鱗星助太郎
     同   第十国立銀行役員    市川好三
     同   第六国立銀行副頭取   杉本政徳
     同   同 副支配人      中村碌郎
        以上廿三名
     傍記  第一国立銀行役員    大沢正道
        以上
     傍聴  第廿三国立銀行役員   大津万次郎
     同   同           小林師善
        以上
○中略
○又渋沢ハ本会録事ノ第一回ヨリ第四回ニ至ル原稿及ヒ其綴集刊行費ノ計算ヲ展示シテ可否ヲ各位ニ問フ、岩橋君答フ、已ニ其事ヲ委托セハ復タ之ヲ可否スルヲ須ヒス、但タ其費用ノ如キハ原稿編製ト印刷ヲ分ケテ之ヲ両別シ、而シテ編製費ハ各行ノ資本額ニ徴シ、刊行費ハ総計ノ部数ニ平均シ、以テ一併出費スルヲ要スト、渋沢之ニ答ヘ、且衆ニ問フ、費用ヲ両別スルノ算法ハ之ヲ措キ、而シテ各位此費ヲ以テ異議ナシトセハ其編輯ノ如キ毎次凡ソ同体ナルヲ以テ、自今専任シテ刊行スヘキカ、各位皆之ヲ望ム、因ツテ又各位ノ要スヘキ部数ヲ問フ、各差異アリ、而シテ岩橋ハ其大数ヲ定メテ刊行センコトヲ請フ、因ツテ各位ニ再問ス、凡ソ各行二十部ニ等数シ、毎回弐百二十部ヲ刊行スヘキヤ、中村清行曰、此教ニ従ヒ各行増減シテ領収スヘシト、因ツテ此議ヲ以テ決定セリ