デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

1章 金融
1節 銀行
7款 金融関係諸団体 2. 関東銀行会
■綱文

第7巻 p.166-167(DK070026k) ページ画像

明治28年4月13日(1895年)

是日定式会議ヲ開キ、栄一会長トシテ国立銀行営業満期処分問題ニ付キ協議ス。


■資料

銀行通信録 第一一四号・第二五―三二頁〔明治二八年五月一〇日〕 関東銀行会定式会録事(DK070026k-0001)
第7巻 p.166-167 ページ画像

銀行通信録  第一一四号・第二五―三二頁〔明治二八年五月一〇日〕
    ○関東銀行会定式会録事
四月十三日午後二時ヨリ東京銀行集会所ニ於テ、関東銀行会定式会議ヲ開キ、来会シタルモノ三十五行ニシテ其人員四十名、又事故アリ欠席シタルモノ二十二行ナリ
     出席人名(着席順)
       横浜第二国立銀行  支配人     山県量次
       同         東京支店支配人 早川録造
       東京第一国立銀行  頭取      渋沢栄一
                          ○外三七名氏名略
幹事第一国立銀行頭取渋沢栄一氏ハ会長席ニ着キ、規程第十条ニ拠リ本日定式会議ヲ開キタル旨ヲ陳ヘ、昨年四月ヨリ本年三月迄会務ノ概要並其経費ヲ報告シテ曰ク、昨年度本会経費ハ各員ニ配付シ置キタル如クナリト雖、其外本会ノ事務ヲ委托シタル東京銀行集会所職員ヘ先例ニ依リ報酬ヲ為サヽルヘカラサレハ夫等ヲ見積リ、爰ニ其賦課法及支出方ノ協議ヲ請フ旨ヲ述ヘシニ満場異議ナク左ノ通(原案)決定セリ
一金百六拾参円也        総高
   但 国立銀行 四十九行 一行ニ付金参円
     私立銀行 八行   一行ニ付金弐円
    内
  金八拾弐円六拾五銭八厘   自明治廿七月四月至明治廿八年三月 経費
  金七拾円          東京銀行集会所職員報酬
   合計金百五拾弐円六拾五銭八厘
差引残金拾円参拾四銭弐厘    後季ヘ繰越
次ニ規程第四条ニ依リ幹事銀行改選ノ事ヲ陳ヘ、且曰、現今ノ幹事銀
 - 第7巻 p.167 -ページ画像 
行ハ殆ト年行事ノ如キ姿ナルモノナレハ、任期満了ノ節ハ成ルヘク新ニ選出セラレタシ、屡々重任スルハ本会ノ利益ニアラサルヘケレハ必ス改選アランコトヲ希望スト注意アリシモ、全会ノ意向ハ尚従前ノ幹事ニ嘱望シ、遂ニ投票ヲ要セスシテ悉ク(第一、第三、第十五)重任ニ決定セリ
次ニ大野清敬氏ハ会長ニ質問シテ曰ク、本年一月本会臨時会同ニ於テ国立銀行営業満期処分ノ件ニ付議決スル処アリシニ、第十五国立銀行ハ恰モ新聞号外トモ称スヘキモノヲ以テ翌日ノ各新聞ヘ、関東銀行会決議ニ服従セサル旨ノ広告ヲ為セリ、当日ノ会長ハ安田善四郎氏ニシテ、其時会議ハ議事体ニ拠ルヤ如何ヲ問ヒシモノアリシニ、安田氏ハ議事体ヲ用ユヘシト答ヘタリ、然ルニ該行ハ之ニ服従セスシテ斯ノ如キ処為ヲナシタルハ、本会ノ決議ヲ蔑視シ我々ヲ塵埃ノ如ク蹂躪シタルモノナリト思惟スルモ之レニテ差支ナキモノナリヤ、若シ可ナリトセハ本会ノ決議ハ実ニ無効ニ属スヘシ、果シテ然ラハ本会ヲ存立シ置クノ必要ナケレハ寧ロ本会ヲ解散セラレンコトヲ望ム、蓋是レハ国立銀行処分問題ニ限ルニアラス将来本会カ議スル処ノ事皆之ニ関係スルヲ以テ、爰ニ会長ノ意見ヲ問フ所以ナリ
会長曰、本会規程ニハ未タ右等ノ場合ニ当リ之ヲ措置スルノ制裁ナケレハ、唯徳義上決議ニ服従セシムルノ外ナシ、当時小子ハ病気療養中ニアリシカ、該行ノ処為妥当ナラスト思考シタルヲ以テ、書記長山中譲三ヲシテ注意セシメタルコトアリシ、之ヲ要スルニ多数ヲ以テ決議シタル以上ハ、徳義上之ニ服従セサルヘカラサルハ誠ニ不得已ノ事ナリ、現ニ小子ハ国立銀行営業満期処分問題ニ付テハ多年来継続案ヲ主持シタルモノナリシカ、昨年五月九州、中国四国同盟銀行ヨリ交渉ノ節本会ハ多数ヲ以テ延期ニ決シタルニヨリ、止ヲ得ス之レニ服従シ、外委員六名ト共ニ大蔵大臣及日本銀行総裁ヲ歴訪シテ延期論ヲ主張シタルカ為メ、一時大ニ誹謗ヲ受ケタルハ当時諸新聞紙ニ掲載アリタレハ諸君モ知了セラレタルヘシ、是レ即チ徳義上決議ヲ重セサルベカラサルノ一例ナレハナリ、元来国立銀行営業処分案ハ殆ト政党問題ノ如キ現象ヲ呈シ、其極少シク狂奔ノ嫌ナキニアラス、且十五銀行ハ幹事ニモアレハ旁以テ其辺ニハ注意アリ度キ事ナリシニ、其爰ニ出テサリシハ実ニ惜ムヘキコトナリシ
宮ノ原軍吉氏曰、右臨時会ノ節十五銀行三輪氏ハ小子ノ資格ニ付大ニ論難攻撃ヲ加ヘ、且本会ノ決議ヲ破リ勝手ノ運動ヲナシタルカ如キハ甚タ快シトセサル処ナリ、況ンヤ今後ノ悪例ヲ残スニ於テヲヤ、故ニ第十五銀行処為ノ正否ハ速ニ決議セラレンコトヲ望ム
大野清敬氏曰、右ハ小子ノ発議ニシテ大ニ関心スル処ナリト雖、本日ハ是ヨリ懇親会ヲ開クヘキ事ニシテ特ニ来賓ヘ案内ノ時刻ニモ接近シ外ニ尚意見モアレハ、本件ハ次会ニ譲リ而シテ其制裁ニ付各自充分ニ講究スヘキコトヽ致シタシ
爰ニ於テ其制裁方法ニ渉リ二三ノ説アリタレトモ、結局次会(本年十月定式会)ニ於テ討論審議スヘキコトニ一決セリ
爰ニ於テ会長ハ、是ヨリ直ニ懇親会場(向島八百松)ニ赴クヘキコトヲ告ケ、同四時下退会セリ