デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

1章 金融
2節 手形
2款 東京手形交換所
■綱文

第7巻 p.263-280(DK070039k) ページ画像

明治16年7月(1883年)

是月、栄一手形取引所委員ニ推選セラル。

前年手形条例ノ布告アリシヲ以テ、是月十五日為替取組所加盟銀行ハ為替取組所ヲ廃シ東京手形取引所ヲ設クル儀ニツキ大蔵卿ニ稟候、同取引所ハ九月二十日開業セリ。


■資料

青淵先生公私履歴台帳(DK070039k-0001)
第7巻 p.263 ページ画像

青淵先生公私履歴台帳
七月○明治一六年手形取引所委員ニ推撰セラル
  銀行集会所已ニ成立シ、同業ノ事務漸ク拡張スルニ当リ、其合同ヲ以テ他店手形ヲ交換スルノ利便ヲ主唱シ、試ニ手形取引所ヲ設ケテ施行セシカ、融通上大ニ実効アルヲ以テ、廿年十月手形交換所ト改称シ、尋テ其委員ニ推撰セラレ、廿四年二月東京交換所ト改称スルニ至テ、其委員長ニ撰挙セラル


東京銀行集会所第六回半季考課状 (自明治一六年一月至同年六月)(DK070039k-0002)
第7巻 p.263 ページ画像

東京銀行集会所第六回半季考課状 (自明治一六年一月至同年六月)
               (東京銀行集会所所蔵)
    同盟銀行集会決議及報道ノ事
○中略
一六月十五日同盟第三十二回ノ定式集会ニ於テハ前会委員第三十二国立銀行取締役山中隣之助氏ノ発議ニヨリテ治定シタル取引所ヲ手形取引所ト名ヅケ、其規則草按ヲ出タシ、其大体ヲ議決シタリ


東京銀行集会所第七回半季考課状 (自明治一六年七月至同年一二月)(DK070039k-0003)
第7巻 p.263 ページ画像

東京銀行集会所第七回半季考課状 (自明治一六年七月至同年一二月)
               (東京銀行集会所所蔵)
   同盟銀行諸集会決議及報道ノ事
一七月三日委員集会ニ於テ手形取引所申合規則草按ヲ議シ、来ル九日該取引所同盟銀行ノ会同ニ於テ更ニ此草按ノ逐条ヲ審議シ、大蔵卿閣下ヘ稟願スヘキコトニ法定ス
○中略
    諸御達並願伺届ノ事
一七月十九日大蔵卿閣下ヘ第一国立銀行外廿行連署ヲ以テ手形取引所設置之義ヲ出願セシ処、九月十日附ヲ以テ願之趣当分ノ内聞届候旨指令セラレタリ
 - 第7巻 p.264 -ページ画像 

集会録事 従明治十五年第一月(DK070039k-0004)
第7巻 p.264 ページ画像

集会録事 従明治十五年第一月 (東京銀行集会所所蔵)
    ○第三十一回定式録事
明治十六年五月十五日、月番川崎銀行及第十三国立銀行支店会主トナリ、同盟第三十一回ノ定式集会ヲ万町柏木亭ニ開設シ、議竣テ晩飧ヲ了シ、第八時下一同退会ス、詳録左ノ如シ
○中略
次ニ山中隣之助君ハ当集会所同盟銀行中ノ取引ヲ親密ニシ其信用ヲ厚フセンカ為メ、有志ノ銀行ハ各自凡壱万円ノ公債証書ヲ銀行集会所ヘ差出シ、銀行集会所ハ更ニ之ヲ日本銀行ヘ預托シ置キ、以テ相互ニ貸借ヲ為スハ集会所ニ限ルモノト為シテ大ニ此取引ノ便法ヲ開カント欲スル旨ヲ陳述セシニ、渋沢・原・佐々木等ノ諸氏モ亦之ヲ賛成シタルヲ以テ、会員中有志ノ銀行ヲ挙クレハ左ノ諸行ナリ
 第一 第三 第四 第十 第十三 第十九 第廿 第廿七 第廿八 第三十三 第六十 第六十三 第八十九 第百 第九十五 第百十二 第百十九 三井 川崎 安田
      已上二十行
  但第五・第百七・第百十三ノ三行ハ差当リ見込ナキヲ以テ暫時加入ヲ欲セス


集会録事 従明治十五年第一月(DK070039k-0005)
第7巻 p.264-267 ページ画像

集会録事 従明治十五年第一月 (東京銀行集会所所蔵)
    ○臨時集会録事
明治十六年六月六日午後第四時ヲ期シ、同盟各国立銀行ノ臨時集会ヲ万町柏木亭ニ開キ、議竣テ晩飧ヲ了シ、八時下退会ス、詳録左ノ如シ
○中略
又同氏○渋沢栄一ハ前会山中氏ノ発議ニ係ル手形取組ノ方按ヲ定メ之ヲ実施セン事ヲ演述シ、尚本日ハ国立銀行丈ケノ事ナレハ、来ル十五日ノ定式会ヲ待チ之ヲ議定セント欲セシニ付、各位モ亦之レガ考按アラン事ヲ望メリ
    ○第三十二回定式集会録事
明治十六年六月十五日午後第四時ヲ期シ、同盟第三十二回ノ定式集会ヲ万町柏木亭ニ開キ、議竣テ晩飧ヲ了シ、十時下退会ス、詳録左ノ如シ
○中略
右列席之上、委員第一国立銀行頭取渋沢栄一氏ハ、前会山中隣之助氏ノ発議ニ拠リ取引所設置ノ義ハ已ニ過半ノ同意ヲ得タルニ付玆ニ規則ヲ起草セシ旨ヲ告ケ且ツ曰ク、此草按タル未タ充分ノ推考ヲ尽サヽルヲ以テ字句ノ間整頓セサルモノ甚少ナカラス、加之事急ニシテ謄本モ亦些カ数通ニ過キス、随テ各位ノ熟覧ニ供スルノ余裕ナキカ故ニ、玆ニ逐条ノ朗読ヲ為サシメ以テ其弁明ヲ為スヘキニ付、先本日ハ此規則草按ノ大体ニ就キ同意ノ有無ヲ表セラレン事ヲ欲スト、乃チ書記ヲシテ之ヲ朗読セシメ、左ノ逐条ニ付キテ弁明ヲ下セリ
   第二条
本条中為替手形約束手形ト云ヘハ当所割引手形等此内ニ在ルモノト知
 - 第7巻 p.265 -ページ画像 
ルベシ
   第三条
本条中公債実価一万円ト云ハ必スシモ此高ニ限ルモノニアラス、各位熟考ノ上協議スベシ
   第五条
本条中午前第十時ヨリ十一時半トアルモ亦協議ノ上伸縮スルモ妨ケナカルベシ
   第十一条
本条中金五十銭ノ違約金モ亦之ヲ増減スルハ協議ニ随フモノナリ
   第十三条
本条中金二円ノ戻リ打歩又三十銭ノ延滞打歩ノ如キモ亦協議ノ上之ヲ取捨スヘキ見込ナリ
   第十五条
本条中後三日ヲ経テ云々是モ亦三日ト限ルモノニ非ス、暫ク大意ヲ示スモノナリ
   第二十一条
本条中委員ノ職掌ハ規則ノ更正増補ニ止マルモノトアレトモ必スシモ之ニ限ラス、総テ此会同中要用ノ事件アルトキハ臨時総会ヲ開ク事ヲ得ベシトアルノ精心ナリ
   第二十二条
本条中委員三分二以上トアルハ委員一同ト為シタル方可然ト思考スレトモ、暫ク前後数条ノ例ニ倣ヒ三分二ノ文字ヲ用ユ、但本条ノ字句等甚不完全ナルニ付推考ノ上修正スヘキ筈ナリ
一同右弁明ヲ聴了シ、其大体ニ異議ナキヲ陳フルト雖トモ、唯第三条ノ実価壱万円及第十七条取締役ヲ月次輪番スルニ苦シムトノ議数行ヨリ起リタルニ付、此等ノケ条並其他字句不整頓ノ処ハ不日委員集会之上更ニ会同シテ確定議ヲ尽スヘキ事ト為シ、先ツ此手形取引等ニ加入スルノ同意者ヲ問フニ左ノ如シ
     同意ノ銀行
    第一国立銀行       第二国立銀行
    第三国立銀行       第四国立銀行支店
    第十三国立銀行支店    第二十国立銀行
    第二十七国立銀行    ○第三十二国立銀行支店
    第八十九国立銀行支店   第百国立銀行
    三井銀行         安田銀行
    第六十国立銀行      第百十三国立銀行支店
    第三十三国立銀行     丸家銀行
    *
   △第百十九国立銀行    △川崎銀行
   △第九十五国立銀行
     已上十九行
*欄外記事
〔△印ノ分ハ本日不参ナリシガ前会ニ於テ同意ヲ表セラレタル分
    一周間以内ニ決答スベキ分左ニ
    第十九国立銀行支店    第六十三国立銀行支店
    第九十三国立銀行支店   第百十二国立銀行
 - 第7巻 p.266 -ページ画像 
    第七十四国立銀行     第十国立銀行支店
    第二十八国立銀行支店
     二周間以内ニ決答スベキ分左ニ
    第十四国立銀行支店
右ノ如クナルヲ以テ本日不参ノ銀行ヘハ謄本ヲ添テ一二之ヲ通告シ、外諸行モ亦此草按ヲ熟考ノ上他日確定議会ヲ開クベキ事ヲ約シテ退会
      已上
    ○委員集会録事
明治十六年七月三日午後第五時、万町柏木亭ニ於テ委員集会ヲ開キ、六月十五日定式集会ニ於テ其大体ヲ定メタル手形取引所規則草按ヲ商議シ、不日右取引所ヘ同盟ノ各行臨時会同ノ上決定スヘキ事ヲ約シテ八時下一同退会セリ
      会員
       第一国立銀行頭取    渋沢栄一
       第三国立銀行頭取    安田善四郎
       第三十三国立銀行頭取  川村伝衛
       第三十二国立銀行取締役 山中隣之助
右列席ノ上、渋沢氏ハ其加筆ノ修正按ヲ提出シテ之ヲ協議シ、此委員会ニ於テ修正決定スルモノ左ノ如シ
   第五条
本条中取引時限ヲ十時三十分ニ始マリ十一時三十分ニ終ルモノト修正ス
   第八条
本条ヘ但書ヲ加ヘテ其銀行負担ノ責任ヲ証明ス
   第十条
本条中違約金ハ取引所ニ於テ之ヲ取立テ、其半額ヲ臨時費用積立金ト為スヘキニ修正ス
   第十二条
本条中違約金取扱方モ亦第十条ノ例ノ如シ
   第十六条
本条中取締役ハ当分本店中ニ於テ之ヲ引受ベキ事ニ修正セリ
右ノ外字句ニ修正アリト雖トモ大体ノ要旨ニ関セサルヲ以テ之ヲ細録セス
      已上
    ○臨時会録事
明治十六年七月九日万町柏木ニ於テ銀行集会所同盟中手形取引所ヘ加入同意ノ各行相会シ、其規則草按ノ逐条ニ付確定審議ヲ為シ、午後第九時下一同退散セリ、詳録左ノ如シ
      会員
       委員 第一国立銀行頭取  渋沢栄一
       同第三十三国立銀行頭取  川村伝衛
       三井銀行役員       今井友五郎
       第三国立銀行役員     横山遠平
       第二十国立銀行支配人   佐々木慎思郎
 - 第7巻 p.267 -ページ画像 
       第二十七国立銀行頭取   渡辺治右衛門
       第百国立銀行副頭取    高田小二郎
       第百十九国立銀行頭取   村瀬十駕
       安田銀行頭取       安田善助
       第四国立銀行支店     辻専三
       第十三同  支配人    蘆田順三郎
       第十九同  支配人    上平貞一郎
       第三十二同 役員     河村民之助
       第八十九同 支配人    深尾一次郎
       第百十三同 役員     鈴木重恒
       第六十三同 支配人    横塚村次
       第百七同  役員     長谷川安平
    已上十七名
      但第六十・第十・第二十八・川崎・丸家ノ五行ハ事故アリテ参会セス
右列席ノ上、去ル三日委員集会ニ於テ修正アリシ手形取引所規則草按ヲ朗読シ、逐条ヲ審議シテ之ヲ決定スル事左ノ如シ
   第一条
此手形云々東京銀行集会所同盟中同意ノ銀行更ニ盟約シテ之ヲ組織シ銀行集会所中ニ設置スルモノト修正
   第三条
本条中本店ハ実価壱万円、支店ハ実価五千円ニ相当スル云々ト修正シ但書中本条ニ抵触スルモノヲ刪除ス
   第十一条・第十二条・第十三条
此三条中振出人ノ三字ヲ該取引銀行ト修正
   第十八条
本条中委員修正按取締役月番法ハ本支店ヲ通シテ之ヲ受持ヘキ事ニ決シタルニヨリ最初ノ草按ニ復ス

   第二十二条
本条中並第二十一条但書ノ三分二ヲ十分ノ九ト改メ、而シテ其但書ヲ添フ事左ノ如シ
 但此加入ヲ乞フ事ヲ得ルモノハ銀行集会所同盟中ニ限ルモノトス
右ノ外総テ委員修正按ニ拠リ之ヲ施行スルモノト為シ、而シテ本日不参ノ諸行ヘハ此模様ヲ通知シテ加入ノ有無ヲ定メ、大蔵卿閣下ヘ上申ノ手続ヲ為スヘキ筈ニ決議シタリ
      已上
*欄外記事
        附記

  支店月番ノ取締役ハ本文修正ニヨリ受持ヘキ筈ナレトモ、万一人少等ノ支店ニシテ実際差支アルモノハ、其前月ニ之ヲ申出テ此月番ヲ免ルヽ事ヲ得ルハ当時ノ示談ニ任スモノトセリ


東京交換所規則(DK070039k-0006)
第7巻 p.267-271 ページ画像

東京交換所規則            (東京手形交換所所蔵)
明治十六年
手形取引所規程
 - 第7巻 p.268 -ページ画像 
第五号
 明治十三年十月当集会所同盟第一国立銀行外十五行申合為替取組所ヲ相設ケ同盟中ノ為替取扱来リ候処、追々手形ノ取引ヲ拡伸致度候ニ付、今般協議ノ上、為替取組所ヲ相廃、更ラニ手形取引所ヲ設置シ、別冊申合規則ノ手続ニヨリ当集会所中ニ於テ施行仕度奉存候、且従来為替取組所ヨリ差出シ候為替取組一覧表ハ自今手形取引所ヨリ差出可申候間、可御聞置被成下度、此段奉願候也
  明治十六年七月十九日
                 第百十三国立銀行支店 印
                 第百七国立銀行支店 印
                 第八十九国立銀行支店 印
                 第六十三国立銀行支店 印
                 第三十二国立銀行支店 印
                 第二十八国立銀行支店 印
                 第十九国立銀行支店 印
                 第十三国立銀行支店 印
                 第十国立銀行支店 印
                 第四国立銀行支店 印
                 丸家銀行 印
                 安田銀行 印
                 第百十九国立銀行 印
                 第百国立銀行 印
                 第六十国立銀行 印
                 第三十三国立銀行 印
                 第二十七国立銀行 印
                 第二十国立銀行 印
                 三井銀行 印
                 第三国立銀行 印
                 第一国立銀行 印
  大蔵卿 松方正義殿代理
        山県有朋殿
(朱書)
第七百四十二号
願ノ趣当分ノ内聞置候事
 但シ一ケ月取引シタル手形ノ枚数金額及ヒ行名等ノ一覧表正副二通ヲ製シ翌月十日迄ニ可差出事
  明治十六年九月十日     大蔵卿 松方正義印
    手形取引所申合規則
   第一条
此手形取引所ハ手形ノ取引ヲ拡伸セシガ為メ東京銀行集会所同盟中同意ノ銀行更ラニ盟約シテ之ヲ組織シ銀行集会所中ニ設置スルモノトス
   第二条
此手形取引所ニ於テ取引スヘキモノハ為替手形・約束手取等ニ限ルベシ
 - 第7巻 p.269 -ページ画像 
   第三条
此手形取引所ノ同盟銀行本店ハ実価壱万円、支店ハ実価五千円ニ相当スル公債証書ヲ常ニ取引所ニ預ケ置キ、以テ取引上ノ予備抵当トナスベシ
  但其ノ銀行ノ望ニヨリテハ右規程外ニ予備抵当ヲ増加スルモ随意タルベシ
   (第四条)
前条ノ規程ニ従テ預ケ入レタル公債証書ハ取引所ヨリ日本銀行ヘ保護預ケト為シ、此手形取引所委員連署ノ裏書アルニ非サレハ引出スヲ得サルモノトス
   第五条
此手形取引所ノ取引時間ハ毎日午前十時三十分ニ始マリ十一時三十分ニ終ルモノトス、故ニ同盟銀行ノ役員ハ右ノ時間ニ取引所ニ出席スベシ
   第六条
此手形取引所ニ出席スル社員ノ姓名印鑑等ハ兼テ同盟銀行ヨリ取引所ヘ差出シ置クベシ
  但シ若之レヲ変換スルトキハ其時々其姓名印鑑等ヲ取引所ヘ差出スベシ
   第七条
此手形取引所ノ休暇ハ同盟銀行一般ノ休暇日ニ限ルベシ
   第八条
此手形取引所ニ於テ取引シタル為替手形・約束手形等ノ金額・期限・打歩ノ割合等ハ取引所ノ書記其時々之レヲ取引所ノ帳簿ニ記録シ、取引者双方ヲシテ之レニ証印セシムベシ
  但此証印ヲ為シタルモノハ其銀行ニ於テ必ラズ之レヲ負担スヘキモノトス
   第九条
此手形取引所ニ於テ取引シタル手形不渡トナルコトアルトモ、取引所ニ於テハ兼テ預リ置タル予備抵当ノ外ハ都テ其責ニ任セサルニ付、同盟銀行ハ毎日取引ノ際常ニ各行ノ貸借高ニ注意スベシ
   第十条
此手形取引所ニ於テ取引ノ約定ヲ為シタル手形ノ金額ハ当日午後二時迄ニ必ス其取付ヲ為スベシ、若シ一方ノ都合ニヨリ之ヲ破談スルトキハ、其破談者ヨリ違約金トシテ百円ニ付金五拾銭ノ割合ヲ以テ之レヲ取引所ヘ取立、其半額ヲ以テ取引所臨時費用積金ト為シ、他ノ半額ヲ相手方ヘ交付スベシ
   第十一条
此手形取引所ニ於テ取引シタル為替手形及約束手形等ノ内期日ニ至リ不渡トナルモノアレハ、其手形ヲ該取引銀行ヘ返却シ、直ニ其金額ヲ返還セシムベシ
  但名宛人ニ手形ヲ呈示シ引受ノ拒ミ証書ヲ受ケタルトキモ本条ノ手続ニ従フベシ
   第十二条
 - 第7巻 p.270 -ページ画像 
右ノ場合ニ於テ、該取引銀行ヨリ手形ノ金額ヲ返還スルトキハ、不渡ノ違約金トシテ百円ニ付金二円ノ割合ヲ以テ之レヲ取引所ニ取立、第十条ノ例ニ従ヒ其半額ヲ相手方ニ交付スベシ、而テ若シ其手形ノ返金延滞シタルトキハ、外ニ延滞打歩トシテ百円ニ付金拾銭宛ヲ其日数ニ応シテ相手方ヘ支払フベシ
   第十三条
第十一条ノ場合ニ於テ該取引銀行不渡手形ノ金額ヲ返還セサルトキハ相手方ハ翌日ノ取引時間迄ニ必ズ其由ヲ取引所ニ報告スベシ、若シ此時限ニ後ルヽモノハ取引所ニ於テハ一切之ニ関係セサルベシ
   第十四条
此手形取引所ニ於テ右ノ報告ヲ得ルトキハ、委員ハ其由ヲ此取引所同盟銀行ヘ通達シ、当日ヨリ該銀行ニ係ル取引ヲ差止メ、其返金ノコトヲ督促スベシ、而シテ後三日間ヲ経テ尚返金ヲ為サヽルトキハ、委員ハ同盟銀行ノ総会決議ヲ以テ此銀行ヲ除名シ、予備抵当トシテ預リ置タル公債証書ヲ売却シ、其代金ヲ以テ決算セシムベシ
   第十五条
此手形取引所ニ於テ前条ノ如キ不渡ノ処分ヲ為スニ当リ、該銀行取引ノ総高予備抵当ノ公債代価ニ超過スルトキハ、最モ前ニ取引シタル手形ヨリ順次其金額ヲ扣除スルニ付、規定額ニ満チタル後取引シタル分ハ無抵当トナルベシト雖トモ、取引所ニ於テハ一切其責ニ任セサルベシ
   第十六条
此手形取引所ノ常務ヲ処弁スル役員ハ当分ノ内取締役一名書記一名ト定ムベシ、而シテ此取締役ハ同盟銀行ニ於テ毎月輪番ヲ以テ之レヲ引受ケ、適当ノ者ヲ出シテ之レヲ勤務セシムベシ
  但追テ事務ノ都合ニヨリ之ヲ増加スルコトアルベシ
   第十七条
取締役ハ日々取引所ノ事務ヲ監督シ、取引所ノ帳簿ヲ整頓セシメ、手形不渡リ等ノコトアルトキハ手形取引所委員ニ協議シテ之レヲ処分スルモノトス
   第十八条
取締役ノ外此同盟銀行ノ役員中ヨリ五名ヲ撰挙シテ之ヲ手形取引所委員ト為シ、取引所一切ノ要務ヲ担当セシムベシ
   第十九条
此手形取引所委員ノ任期ハ一ケ年ト定メ、毎年一月ノ総会ニ於テ投票ヲ以テ之ヲ改撰スベシ、但再撰ニ当ルトキハ重任スルコトヲ得
   第二十条
此手形取引所委員ハ取引所諸般ノ事務ヲ商議スル為メ同盟銀行ノ臨時総会ヲ開クヲ得ベシ
   第二十一条
此手形取引所委員ハ、手形取引所同盟中何レノ銀行ニ拘ハラズ営業危険ナリト確認スヘキ事実アルカ、又ハ此規則ニ背戻スルモノアルトキハ、一時其手形ノ取引ヲ差止ルノ権アルベシ、然レトモ委員三分ノ二以上ノ同意ヲ得ルニ非サレバ之ヲ行フ能ハサルモノトス
 - 第7巻 p.271 -ページ画像 
  但シ此場合ニ於テハ、委員ハ直チニ同盟銀行ノ総集会ヲ開キ、十分ノ九以上ノ同意ヲ以テ其銀行ノ同盟ヲ継続スルコトヲ決定スベシ
   第二十二条
此手形取引所同盟ニ加入セント欲スルモノアレハ、委員ヨリ同盟銀行ニ通知シテ匿名投票ヲ為サシメ、十分九以上ノ同意ヲ以テ之ヲ許諾スベシ
  但此加入ヲ乞フコトヲ得ルモノハ銀行集会所同盟中ニ限ルモノトス
   第二十三条
此手形取引所同盟銀行中自己ノ都合ニヨリ除名ヲ乞フモノアルトキハ委員ヨリ其由ヲ同盟銀行ニ通知シ、兼テ取引セシ手形ノ金額ヲ支払済ノ上、第三条ノ抵当品ヲ返却シテ之ヲ除名スベシ
   第二十四条
此手形取引所ノ委員ハ毎半期一月七月同盟銀行ノ総会ヲ開キ、前半季ニ仕払ヒタル諸入費ノ決算及事務ノ要件ヲ報告シ、且後半季費用ノ予算其他重立タル事件ヲ協議スヘシ
   第二十五条
此取引所一切ノ費用ハ手形取引所同盟中ニ於テ支弁スヘキモノトス、而シテ其支弁ノ方法ハ其費用ノ半額ヲ各行平等ニ賦課シ、他ノ半額ヲ手形取組ノ高ニ割合ニ之ヲ支出スベシ
   第二十六条
此規則中他日更正増補ヲ要スルコトアレハ、同盟銀行三分ノ二以上ノ同意ヲ以テ之ヲ更正増補スルヲ得ベシ
右ノ条々ヲ履行スヘキ証トシテ各其銀行ノ社印ヲ押捺致候也


集会録事 従明治十五年第一月(DK070039k-0007)
第7巻 p.271-272 ページ画像

集会録事 従明治十五年第一月 (東京銀行集会所所蔵)
    ○第三十四回定式集会録事 ○明治一六年八月一五日於万町柏木亭開催
○中略
一手形取引所設置ノ儀ニ付去月十九日大蔵卿閣下ヘ稟候中ノ処、約束手形取扱上御疑団ノ廉モ有之趣ヲ以テ未タ御許可不相成旨ヲ報道ス
一委員第一国立銀行渋沢栄一氏ハ前条手形取引所規則中約束手形取扱ノ義ニ付去ル十□日銀行局長ヨリ御尋問ニ対シ云々応答ノ模様ヲ詳述シ、尚其取引上ニ於テ懸念スル処ナキノ事実ヲ挙ケテ之ヲ奉答シタル旨ヲ告知セリ
    ○第四十回定式集会録事 ○明治一七年二月一五日於日本橋区万町柏木亭
○中略
右列席ノ上、委員第一国立銀行頭取渋沢栄一氏ハ本日別ニ議事無之旨ヲ告ケ、而シテ此程大蔵卿閣下ヨリ東京商工会ヘ手形取引拡充ノ旨趣ヲ以テ御下問ヲ辱フサレシニ付、明後十七日同会ニ於テ衆議ヲ為スベキ段略ヲ報シ、尚其会議ノ顛末ハ次会ニ報道スヘキ旨ヲ陳述シ、一同之ヲ承諾セリ
    ○臨時集会録事 ○明治一七年二月二六日於万町柏木亭開催
○中略
 - 第7巻 p.272 -ページ画像 
右列席之上、第一国立銀行取頭渋沢栄一氏ハ今般大蔵卿閣下ヨリ手形取引ノ義ニ付東京商工会ヘ諮詢セラレタル御下問ノ要旨ヲ演述シ、且同会臨時集会ニ於テ衆議ノ模様ヲ告ケ、而シテ右御下問及其説明書ノ印本ヲ各員ニ配付セリ
右畢テ同氏ハ衆ニ告テ曰ク、我々同業者ニ於テ此御下問ノ議ニ与カルハ一般商賈トモ異リテ所謂先覚者ノ位地ニ居ルニ付、須カラク此手形取引ノ方按ヲ議シ之レヲ実施スルノ手続ヲ定メ、各商賈ヲ誘導シテ其便益ヲ覚知セシメ、徐々ニ現金取引ノ旧慣ヲ改良スルニ至ラシメンコトヲ期スベキナリ、是レ今会ニ於テ諸君ト共ニ其順序方法ヲ講究セント欲スル所以ナリ
右ニ付各員種々評議アリテ、元来手形取引ノコトタル我々同業者ニ於テモ之ヲ拡充セント欲スル玆ニ年アリ、況ンヤ今般大蔵卿閣下御下問ノ旨趣タル実ニ欽望ニ耐ヘサル所ナリ、然リト雖トモ、従来現金取引ノ旧慣俄カニ之レヲ改正スルガ如キハ固ヨリ至難ノコトタルヘキニ付徐々ニ此手形取引ノ端緒ヲ啓キ、漸ク此手形取引ノ習慣ヲ喚起セシムル外良策ナカルヘシ
衆議斯ノ如クナルニ付、其実施誘導ノ順序方法ハ大略左ノ如クニ定メ置キ、各行共ニ実地之レニ勉焉スヘキコトニ決定セリ
 第一同盟各銀行ハ、自今貸附金ノ内其性質約束手形ト為シ得ベキモノニシテ短期ノモノト《(ハ)》可成該手形ヲ用ヒ、以テ其使用ノ便益ナル一端ヲ覚知セシムベシ
 第二又各商賈ニ取引スルノ際、其取引ノ都合ヲ量リ、双方受渡シ勘定ノ性質ヲ按シ、夫々適用ノ手形ヲ使用スルノ手続ヲ勧諭シテ、漸次手形取引ニ傾向セシムルコトヲ務ムベシ


東京銀行集会所第八回半季考課状 (自明治一七年一月至同年六月)(DK070039k-0008)
第7巻 p.272-274 ページ画像

東京銀行集会所第八回半季考課状 (自明治一七年一月至同年六月)
               (東京銀行集会所所蔵)
    同盟銀行諸集会決議及報道ノ事
一一月七日、同盟第三十九回ノ定式集会ニ於テ月番銀行ハ昨十六年下半季間当集会所庶務ノ要領及其金銀出納ヲ報告セリ
 ○中略
 次ニ手形取引所申合規則第十九条ニ拠リ同委員改撰スヘキ旨ヲ報シ投票ヲ以テ第一国立銀行頭取渋沢栄一・第三国立銀行頭取安田善四郎・第二十七国立銀行頭取渡辺治右衛門・第三十三国立銀行頭取川村伝衛・第三十二国立銀行取締役山中隣之助ノ五氏其撰ニ当リ各之レヲ承諾セリ
   ○右諸委員爾後該所解散マデ委員ヲ重任セリ。
一二月十五日、第四十回ノ定式集会ニ於テ、委員第一国立銀行頭取渋沢栄一氏ハ頃日大卿蔵閣下ヨリ商人手形流通ノ義ニ付東京商工会ヘ御下問之アリタル要旨ヲ演述シ、且ツ此商工会ニ於テ毎月一回商況報告ヲ発兌スヘキニ付テハ金融ノ一部ハ当集会所ヘ取調方依頼セルヲ以テ、毎月各銀行ヨリ之レカ材料ヲ集会所ヘ送致アランコトヲ述ベ、一同之ヲ承諾セリ
一二月二十六日、同盟銀行臨時集会ニ於テ、委員第一国立銀行頭取渋
 - 第7巻 p.273 -ページ画像 
沢栄一氏ハ前会報道セシ大蔵卿閣下ヨリ商工会ヘ諮詢セラレタル御下問ノ要旨及同会衆議ノ模様等ヲ詳述シ而シテ右御下問及其説明書ノ印本ヲ配付シテ之レヲ実施スルノ順序方法ヲ衆議ニ付シ、且曰ク我々同業者ニ於テ此御下問ノ議ニ与カルハ一般商賈トモ異リ所謂先覚者ノ位置ニ居ルニ付、須ラク此手形取引ノ方按ヲ議シ、之レヲ実施スルノ手続ヲ定メ、各商賈ヲ誘導シテ其便益ヲ覚知セシメ、前徐徐ニ現金取引ノ旧慣ヲ改良スルニ至ラシメンコトヲ期スヘキナリ、是レ今会ニ於テ諸君ト共ニ其順序方法ヲ講究セント欲スル所以ナリト、右ニ付各員種々評議アリテ、元来手形取引ノコトタル我々同業者ニ於テ之レヲ拡充セント欲スル玆ニ年アリ、況ンヤ今般大蔵卿閣下御下問ノ旨趣タル実ニ欽望ニ耐ヘス、然レトモ従来現金取引ノ旧慣俄カニ之レヲ改正スルハ固ヨリ至難ノコトタルヘキニ付、徐々ニ此手形取引ノ端緒ヲ開キ、漸ヤク此手形取引ノ習慣ヲ喚起セシムルノ外良策ナカルヘシト、衆議一決セシニ付、其実施誘導ノ順序方法ハ大略左ノ如クニ定メ、各行共ニ実地之レニ勉焉スヘキコトニ決定セリ
一同盟銀行ハ爾今貸附金ノ内其性質約束手形ト為シ得ヘキ短期ノモノハ可成該手形ヲ用ヒ、以テ其使用ノ便益ナル一端ヲ覚知セシムベシ
一又各商賈ニ取引スルノ際、其取引ノ都合ヲ量リ、双方受渡シ勘定ノ性質ヲ按シ、夫々適用ノ手形ヲ使用スルノ手続ヲ勧諭シテ、漸次手形取引ニ傾向セシムルコトヲ務ムベシ
 右決議ノ要領ハ商工会ヘ申報スヘキコトト為シ、其翌日之レヲ送致シタリ
  ○当為替取組所・手形取引所及ビ商業手形ノ奨励ニ関係ヲ有スル所ノ倉庫会社並均融会社ニ就キ簡単ニ附記セン。倉庫会社並ニ均融会社ハ栄一・三井宸之助・原六郎・安田善次郎・山中隣之助等一一名ニヨリ明治一五年七月発起スル所トナリ、一一月開業セリ。其ノ目的トスル所ハ商業・金融ヲ振起スルニ在リテ、倉庫会社ハ貸倉業ヲ営ミ、倉荷証券ヲ発行シ、均融会社ハ此ノ倉荷証券ヲ抵当トシテ貸附ヲナスモノニシテ、当手形取引所ニ於テ関係アルハ均融会社ナリ。該社ハ貸附ヲ為サンガタメ約束手形ヲ発行シ、之ヲ銀行集会所ニ於テ売買シ、又ハ日本銀行ニ持参シテ割引ヲ請フノ仕組ナリ。而シテ直接日本銀行ニ割引ヲ請フ時ハ倉荷証券ヲ渡サザルヲ得ザルモ、右手形ヲ銀行集会所ニ於テ某銀行ノ買取トナリ、該銀行ヨリ其ノ割引ヲ日本銀行ニ請フ時ハ倉荷証券ヲ抵当ニ納ムルヲ要セザルナリ。定款ノ示ス所ニ依レバ「当会社ノ営業ハ倉庫会社ヨリ発付シタル貨物預リ証券ニ限リ抵当貸附金ヲ為スヲ以テ目的トス」(第七条)、「当会社ハ貸附資金ヲ供給スル為メニハ予テ抵当ニ受取リタル貨物預リ証券ヲ又抵当トシテ約束手形ヲ振出スモノトス」(第十二条)、トアリ、未ダ現金取引ノ慣習ニ狎レ、手形取引ノ微々タル当時ニ於テ斯カル営業ヲ開始シタルハ、商業手形ノ奨励ニ資スル所尠カラザリシヲ想フベシ。

  ○銀行集会所同盟銀行亦タ商業手形ノ流通ニ意ヲ用ヒ来リシカバ、均融会社ヲ幇助スルノ挙ニ出デ、明治一五年一一月二〇日為替打合所同盟銀行外二三ノ銀行会同シ、均融会社為替手形割引方法ノコトニ付其ノ手続ヲ協議シテ、均融会社ヨリ申越セル倉庫会社貨物預リ証券ヲ保証トシテ振出シタル為替手形ノ割引ニ応ジ、又日本銀行ニ対シ其手形ノ再割引ヲ稟請シテ金融ノ円滑ヲ図レリ。然レドモ当時ノ経済界ノ沈滞状態ニ対処スルヲ得ズ、同社ハ漸ク衰運ノ途ヲ辿リテ一七年八月ニ至リ遂ニ解散スル所トナル。サレ
 - 第7巻 p.274 -ページ画像 
ド其ノ存在意義ノ没スベカラザルト同時ニ、倉庫会社並均融会社ノ発起人ガ銀行集会所加盟銀行ノ代表者タリシヲ知レバ該社設立ノ意図那辺ニアリシヤヲ窺知シ得ベシ。第二編第一部第三章商工業中ノ均融会社ノ項参照。


銀行集会所第九回半季考課状 (自明治一七年七日至同年一二月)(DK070039k-0009)
第7巻 p.274 ページ画像

銀行集会所第九回半季考課状 (自明治一七年七日至同年一二月)
             (東京銀行集会所所蔵)
    諸御達並願伺届ノ事
○中略
一十月七日銀行局長ヨリ、商業手形割引ノ件ヲ以テ翌八日当集会所ヘ来臨シテ京浜各国立銀行頭取ヘ諭達セラルヘキ事アル旨ヲ達セラレタルニ付、同日各参集セリ


銀行集会所第十二回半季考課状 (自明治一九年一月至同年六月)(DK070039k-0010)
第7巻 p.274 ページ画像

銀行集会所第十二回半季考課状 (自明治一九年一月至同年六月)
              (東京銀行集会所所蔵)
    同盟銀行集会決議及報道ノ事
一一月六日同盟第六十一回ノ定式集会兼新年賀筵ヲ当集会所ニ開キ
 ○中略
 前会以来大阪同盟銀行ヨリ照会シタル荷為替手形改定按ニ対シ討議ヲ経、政府ヨリ荷為替手形用紙ヲ製定セラレ全国一般之ヲ使用スヘキコトヲ大蔵大臣閣下ヘ稟請シ、並ニ大阪同盟銀行ヘ其顛末ヲ回答スヘキコトニ議決セリ
 常委員・手形取引所委員・東京商工会々員等満期ニ因リ例規ニ照シ投票撰挙スヘキコトヲ報告セシカ、会員一同重任アランコトヲ望ミ委員皆承諾重任セリ
○中略
一三月十五日同盟第六十三回定式集会ヲ開キ、本年一月十五日大蔵大臣閣下ヘ請願セシ荷為換手形制定ノ事ハ、三月三日銀行局次長上床書記官ヨリ、該請願ハ当時指令セラレ難ク其書類ハ参考ニ備フヘキヲ以テ存留ス、尤同盟銀行申合セ適宜ノ式様ヲ議定シテ使用スルハ妨ケナキ旨ヲ達セラレタルニ因リ、再ヒ輪札廻議ニ付セシカ、竟ニ議決ニ至ラサリシニ因リ、本会ニ於テ尚討議ヲ得サルヲ以テ次会ヲ期シテ中止セリ


東京銀行集会所第七回半季考課状 (自明治一六年七月至同年一二月)(DK070039k-0011)
第7巻 p.274-275 ページ画像

東京銀行集会所第七回半季考課状 (自明治一六年七月至同年一二月)
               (東京銀行集会所所蔵)
    為替取組所並手形取引所之事
一為替取組所ハ前季ヨリ引続キ世上一般金融ノ緩慢ニツレ其取組高ヲ減却シ、七月一日ヨリ九月二十日同所廃止ニ至ル迄ノ取組高ハ弐拾弐万壱千弐百円ナリ、之レヲ大別スレハ大阪西京等ノ為替取組高拾六万八千弐百円、当所割引高ハ五万三千円ナリ、然ルニ当時手形取引ヲ拡張シ金融ノ活動ヲ喚起セントスルノ旨趣ヲ以テ之レガ申合規則ヲ選定シ、大蔵卿閣下ノ允准ヲ蒙リ九月廿日ヲ以テ開業セシ以来稍其面目ヲ改メ、開業当日ヨリ十二月三十一日迄取引シタル総金額ハ六拾九万九千円ニシテ、此内大阪西京等ノ為替手形取引高ハ三拾弐万四千円(此手形六十八枚)当所約束手形割引高ハ三十七万五千
 - 第7巻 p.275 -ページ画像 
円(此手形六十五枚)故ニ当九月ヨリ手形取引所ニ於テ取組タル総高ノ内訳表ヲ左ニ示サン
      手形取引高一覧表
  摘要   七月   八月    九月      十月     十一月     十二月      総計
                    円       円       円       円       円
 大阪為替          七五、〇〇〇  九七、〇〇〇  八九、〇〇〇  一〇、〇〇〇 二七一、〇〇〇
 西京為替                   二、〇〇〇                   三、〇〇〇
 名古屋同           六、〇〇〇           三、〇〇〇           九、〇〇〇
 静岡為替                   五、〇〇〇                   五、〇〇〇
 福島為替                          二〇、〇〇〇          二〇、〇〇〇
 函館為替          一一、〇〇〇           六、〇〇〇          一七、〇〇〇
 約束手形          四五、〇〇〇  九一、〇〇〇 一四一、〇〇〇  九八、〇〇〇 三七五、〇〇〇
 合計           一三七、〇〇〇 一九五、〇〇〇 二五九、〇〇〇 一〇八、〇〇〇 六九九、〇〇〇
      手形取引所同盟銀行
   第一国立銀行       三井銀行
   第三国立銀行       第廿国立銀行
   第二十七国立銀行     第三十三国立銀行
   第六十国立銀行      第百国立銀行
   第百十九国立銀行     安田銀行
   丸家銀行         第四国立銀行支店
   第十国立銀行支店     第十三国立銀行支店
   第十九国立銀行支店    第廿八国立銀行支店
   第三十二国立銀行支店   第六十三国立銀行支店
   第八十九国立銀行支店   第百七国立銀行支店
   第百十三国立銀行支店
      已上二十一行


東京銀行集会所第八回半季考課状 (自明治一七年一月至同年六月)(DK070039k-0012)
第7巻 p.275 ページ画像

東京銀行集会所第八回半季考課状 (自明治一七年一月至同年六月)
               (東京銀行集会所所蔵)
    手形取引所ノ事
一当半季間手形取引所ニ於テ諸手形取組総高ハ百六拾九万九千円ニシテ、此内大阪西京等ノ為替手形取組高ハ四拾六万七千円(此手形九十七枚)約束手形取組高ハ百二拾三万二千円(此手形百八拾三枚)ニシテ、其内訳ハ左ノ如シ
      手形取引一覧表
  摘要      一月      二月      三月      四月      五月     六月        総計
            円       円       円       円       円      円         円
 大阪参着  八六、〇〇〇  九六、〇〇〇  九七、〇〇〇  五八、〇〇〇  四三、〇〇〇 二七、〇〇〇   四〇七、〇〇〇
 西京参着  一〇、〇〇〇   五、五〇〇   三、〇〇〇   ナシ      ナシ     六、〇〇〇    二四、五〇〇
 神戸参着
 名古屋同   九、〇〇〇  一一、五〇〇   五、〇〇〇  一〇、〇〇〇   ナシ     ナシ       三五、五〇〇
 函館同
 当所割引 一九三、〇〇〇 三四五、〇〇〇 二三二、〇〇〇 一九三、〇〇〇 二〇五、〇〇〇 六四、〇〇〇 一、二三二、〇〇〇
 総計   二九八、〇〇〇 四五八、〇〇〇 三三七、〇〇〇 二六一、〇〇〇 二四八、〇〇〇 九七、〇〇〇 一、六九九、〇〇〇
      手形取引所同盟銀行
    四月二十八日除名    丸家銀行
    四月二十八日除名    第六拾三国立銀行支店
 右ノ如ク除名シタルニ付当時同盟銀行ハ左ノ如シ
                第一国立銀行 ○外一八行行名略
 - 第7巻 p.276 -ページ画像 

銀行集会所第九回半季考課状 (自明治一七年七月至同年一二月)(DK070039k-0013)
第7巻 p.276 ページ画像

銀行集会所第九回半季考課状 (自明治一七年七月至同年一二月)
             (東京銀行集会所所蔵)
    手形取引所ノ事
当半季間手形取引所ニ於テ諸手形取組総高ハ百〇五万七千五百円ニシテ、此内大阪名古屋等ノ為替手形取組高ハ四拾壱万五千円(此手形八拾七枚)約束手形取組総高ハ六拾四万弐千五百円(此手形九十六枚)ナリ、其内訳ハ左ノ如シ
      手形取引一覧表
  摘要        七月      八月      九月      十月     十一月     十二月       合計
              円       円       円       円       円       円        円
 大阪参着為替  六五、〇〇〇  六六、〇〇〇  四五、五〇〇  一一、五〇〇  九六、〇〇〇  三〇、〇〇〇   三一四、〇〇〇
 名古屋同     五、〇〇〇   七、〇〇〇   七、〇〇〇   七、〇〇〇 一一三、〇〇〇  二一、〇〇〇    六〇、〇〇〇
 姫路同                                              三、〇〇〇     三、〇〇〇
 徳島同                      一、〇〇〇                             一、〇〇〇
 松山同                      二、〇〇〇                             二、〇〇〇
 大阪電信為替  一五、〇〇〇  一〇、〇〇〇           五、〇〇〇           五、〇〇〇    三五、〇〇〇
 約束手形    七四、五〇〇 一一五、〇〇〇 一一〇、〇〇〇 一二七、〇〇〇 一一五、〇〇〇 一〇一、〇〇〇   六四二、五〇〇
 合計     一五九、五〇〇 一九八、〇〇〇 一六五、五〇〇 一五〇、五〇〇 二二四、〇〇〇 一六〇、〇〇〇 一、〇五七、五〇〇

手形取引同盟銀行ノ内本季間除名シタルモノハ左ノ如シ
    七月除名    第十九国立銀行支店
    同       第百七国立銀行支店
此ノ如ク除名シタルヲ以テ当時同盟銀行ノ数ハ左ノ如シ
                第一国立銀行 ○外一六行行名略


銀行集会所第十回半季考課状 (自明治一八年一月至同年六月)(DK070039k-0014)
第7巻 p.276 ページ画像

銀行集会所第十回半季考課状 (自明治一八年一月至同年六月)
             (東京銀行集会所所蔵)
    手形取引ノ事
手形取引所本務ノ景況ハ前季ヨリ引続世上一般不景気ノ為メ其取引活溌ナラス、但一月下旬大阪地方一時金融逼迫セシニ因リ当時少シク活動シテ日歩三銭弐三厘ヨリ五六厘ニ上リタリシカ、二月中旬ヨリ復タ緩弛シテ三銭内外ニ下リ、又降テ低キハ壱銭六七厘高キハ弐銭五六厘ヲ上下シ要之大凡ハ売方ニシテ望ミ手稀ナリ、実ニ融通杜絶ト謂フモ不可ナキナリ、爰ニ其取組高ヲ提出セハ其総高八拾弐万壱千円ニシテ此内大阪其他ヘノ送金手形弐拾六万七千円(此券数七拾弐枚)当所割引約束手形五拾五万四千円(此券数八拾八枚)ナリ、其詳細ハ左表ノ如シ
  摘要        一月      二月      三月     四月      五月     六月      合計
              円       円       円      円       円      円       円
 大阪参着為替  五九、〇〇〇  二〇、〇〇〇  三三、〇〇〇 二四、〇〇〇  三七、〇〇〇 三一、五〇〇 二〇四、五〇〇
 西京同      八、〇〇〇           三、〇〇〇          七、〇〇〇         一八、〇〇〇
 名古屋同     六、〇〇〇  一七、〇〇〇   六、五〇〇  三、〇〇〇   六、〇〇〇  二、〇〇○  四〇、五〇〇
 神戸同                      一、〇〇〇                         一、〇〇〇
 函館同                                     三、〇〇〇          三、〇〇〇
 当所割引手形  四七、〇〇〇 一三四、〇〇〇 一四二、〇〇〇 七〇、〇〇〇  九五、〇〇〇 六六、〇〇〇 五五四、〇〇〇
 合計     一二〇、〇〇〇 一七一、〇〇〇 一八五、五〇〇 九七、〇〇〇 一四八、〇〇〇 九九、五〇〇 八二一、〇〇〇
当半季間手形取引所同盟銀行入退ナシ、其行名左ノ如シ
                第一国立銀行 ○外一六行行名略


銀行集会所第十一回半季考課状 (自明治一八年七月至同年一二月)(DK070039k-0015)
第7巻 p.276-277 ページ画像

銀行集会所第十一回半季考課状 (自明治一八年七月至同年一二月)
 - 第7巻 p.277 -ページ画像 
              (東京銀行集会所所蔵)
    手形取引所ノ事
当半季間手形取引所ノ景況ハ一般金融ノ緩慢ニ連レ甚タ不活溌ニシテ取組殊ニ少ナシ、当所割引日歩ハ七月初旬ヨリ八月下旬迄ハ十五日已上二十日目最高弐銭五厘最低弐銭前後ノ間ヲ上下セシカ、九月ニ入リテハ大ニ低下シ最高弐銭最低壱銭八厘前後ニシテ、十月ノ交迄異情ナク、十一月ニ入リ金融漸ヤク引締リノ点ニ赴キ日歩モ弐参厘引上ケタレトモ、畢竟一時融通ノ小変化ニシテ忽チ閑慢ニ復シ、爾後弐銭内外ヲ往来セシノミ、而シテ当半季間取組高ハ当所割引手形五拾七万四千九百円(此手形数枚数七十九枚《(衍)》)大阪名古屋等ヘ差向ケタル送金手形ハ七万九拾円(此手形枚数十八枚)ナリ、其内訳ハ左ノ如シ
      手形取引一覧表
  摘要     七月     八月      九月      十月    十一月     十二月      合計
           円      円       円       円      円       円       円
 大阪参着   ………   三、〇〇〇  二二、〇〇〇  一五、〇〇〇 一五、〇〇〇  二〇、〇〇〇  七五、〇〇〇
 名古屋同   ………   二、〇〇〇   一、〇〇〇   一、〇〇〇   ………     ………    四、〇〇〇
 当所割引 五三、九〇〇 九〇、〇〇〇  八八、〇〇〇 一五三、〇〇〇 四五、〇〇〇 一四五、〇〇〇 五七四、九〇〇
 合計   五三、九〇〇 九五、〇〇〇 一一一、〇〇〇 一六九、〇〇〇 六〇、〇〇〇 一六五、〇〇〇 六五三、九〇〇
手形取引所現在同盟銀行ハ左ノ如シ
                第一国立銀行 ○外一五行行名略
    七月除名    安田銀行


銀行集会所第十二回半季考課状 (自明治一九年一月至同年六月)(DK070039k-0016)
第7巻 p.277 ページ画像

銀行集会所第十二回半季考課状 (自明治一九年一月至同年六月)
              (東京銀行集会所所蔵)
    手形取引ノ事
当半季間手形取引所ノ景況ハ一般ノ不景気ニ準シ兎角活溌ナラス、当所割引日歩ノ如キハ一月以来四月頃迄ハ凡十五日目壱銭八九厘乃至二銭迄ノ間ヲ上下セシカ、四月中旬ヨリ六月下旬ニ至リテハ大凡壱銭六七厘乃至壱銭八厘ノ間ニアリテ尚望手ナキ情況ナリキ、玆ニ当半季間取組総高ヲ挙クレハ、六十六万九千五百円(此手形枚数二十九枚)約束手形取組高ハ五十一万四千円(此手形枚数七十三枚)ナリ、其内訳ハ左ノ如シ
      手形取引所一覧表
  摘要       一月      二月      三月     四月     五月     六月      合計
             円       円       円      円      円      円       円
 大阪参着        〇  三六、〇〇〇  五八、五〇〇 二五、〇〇〇 一六、〇〇〇 二〇、〇〇〇 一五五、五〇〇
 当所割引手形 七〇、〇〇〇 一一〇、〇〇〇 一五六、〇〇〇 六五、〇〇〇 八三、〇〇〇 三〇、〇〇〇 五一四、〇〇〇
 合計     七〇、〇〇〇 一四六、〇〇〇 二一四、五〇〇 九〇、〇〇〇 九九、〇〇〇 五〇、〇〇〇 六六九、五〇〇
手形取引所現在同盟銀行ハ左ノ如シ
                第一国立銀行 ○外一四行行名略
    三月除名    第十国立銀行支店


銀行集会所第十三回半季考課状 (自明治一九年七月至同年一二月)(DK070039k-0017)
第7巻 p.277-278 ページ画像

銀行集会所第十三回半季考課状 (自明治一九年七月至同年一二月)
              (東京銀行集会所所蔵)
    手形取引所ノ事
当半季間手形取引所ノ景況ハ甚タ寥々トシテ見ルヘキモノナシ、其原因ヲ考フルニ、蓋本年七月集会ノ議決ヲ以テ該規則第三条予備抵当ヲ廃止シ、八月一日以後ハ毎取引ニ当リ適当ノ抵当品ヲ携帯スヘキ事ニ
 - 第7巻 p.278 -ページ画像 
改正シ之カ実施ヲ試ルニ当リ、却テ此改正法ヲ不便ナリトスルモノアリ、且此際取引所隣地ニ虎列剌臨時避病院開設アルニ因リ衆皆嫌避シテ足跡ヲ絶チ、取引所ハ一時殆ント休業ノ姿ナルヲ以テ竟ニ今日ノ結果アルニ至レリ、今其取引ノ大略ヲ提スレハ、当所割引日歩ハ十日目壱銭五六厘ヨリ壱銭七八厘乃至弐銭位ノ間ヲ昇降シ、其取組高及打歩ハ左ノ如シ
  摘要      七月     八月   九月    十月   十一月 十二月   合計
                               円
 大阪参着     ………    ………  ………  二、〇〇〇 ……… ………  二、〇〇〇
 当所割引手形 五〇、〇〇〇 三五、〇〇〇 ……… 一〇、〇〇〇 ……… ……… 九五、〇〇〇
 合計     五〇、〇〇〇 三五、〇〇〇 ……… 一二、〇〇〇 ……… ……… 九七、〇〇〇
手形取引所現在同盟銀行ハ左ノ如シ
                第一国立銀行 ○外一四行行名略


銀行集会所第十四回半季考課状 (自明治二〇年一月至同年六月)(DK070039k-0018)
第7巻 p.278 ページ画像

銀行集会所第十四回半季考課状 (自明治二〇年一月至同年六月)
              (東京銀行集会所所蔵)
    手形取引ノ事
当季間手形取引所ハ殆ント休業ノ姿ニシテ、更ニ取引ナキカ故ニ別ニ記スヘキコトナシ、而シテ現在同盟銀行ハ左ノ如シ
    第一国立銀行         三井銀行
    第三国立銀行         第百十九国立銀行
    第二十国立銀行        第二十七国立銀行
    第三十三国立銀行       第六十国立銀行
    第百国立銀行         第四国立銀行支店
    第十三国立銀行支店      第廿八国立銀行支店
    第卅二国立銀行支店      第八十九国立銀行支店
    第百十三国立銀行支店
      以上十五行
   ○次ニ掲グル一聯ノ資料ハ、国立銀行紙幣抵当公債証書ノ下戻ニ当リ、之ヲ日本銀行ニ保護預ケトナシ、追テ為替振替法又ハ全国聯帯為替ヲ設ケタル時、之ニ利用センコトヲ全国々立銀行ニ謀リタル事項ニ関スルモノナリ。
    即チ後日ニ至リ手形交換所ヲ設立シタル際、之ヲ組合銀行ノ保証金ト為サントスル意図ヲ有セリ。
   ○又全国聯帯為替法ヲ施行セント希望セシ資料ヲモ併セ載ス。


東京銀行集会所第七回半季考課状 (自明治一六年七月至同年一二月)(DK070039k-0019)
第7巻 p.278-279 ページ画像

東京銀行集会所第七回半季考課状 (自明治一六年七月至同年一二月)
               (東京銀行集会所所蔵)
    同盟銀行諸集会決議及報道ノ事
一又同会○九月八日委員会ニ於テ、委員第一国立銀行頭取渋沢栄一氏ハ、今般紙幣抵当公債証書価格改正ノ御達ニヨリ御下戻可相成公債証書ハ日本銀行ヘ保護預ト為シ、追テ為替振替法又ハ全国聯帯為替等ノ根抵当ニ充ルコトニセハ営業上ノ裨補鮮カラザルベシ、幸ニ諸君ノ同意ヲ得ハ全国各国立銀行ヘ照会シ一般ニ之ヲ施行セン、トノ議ヲ衆員ニ問フニ、一同々意ナルヲ以テ、日本銀行ヘ協議ノ上各地同業者ヘ速カニ照会スヘキコトニ決セリ
 附 本条公債証書保護預ノ義ニ付テハ、尚同盟各国立銀行本支店ハ
 - 第7巻 p.279 -ページ画像 
十月三十日迄ノ内ニ日本銀行ヘ其預ケ入ヲ了シ、大阪及九州ノ同盟銀行モ亦悉ク之レニ同意シ、其他地方ノ銀行モ数行ヲ除ノ外皆之レニ同意シ、日本銀行ヘ預入ヲ了セリ


集会録事 従明治十五年第一月(DK070039k-0020)
第7巻 p.279-280 ページ画像

集会録事 従明治十五年第一月 (東京銀行集会所所蔵)
一翰啓上仕候、然ハ各位御詳知之如ク、昨年十月日本銀行御開業之後追々其事務モ緒ニ就キ候模様ニテ営業之区域モ随テ拡伸可致ニ付テハ我々各銀行者之首領ニ位シ全国融通ノ枢軸ト可相成様御経営有之候筈トハ相信シ候得共、我々各銀行者ニ於テモ可力及的其信用ヲ厚シ其方法ヲ按シテ、該行ヲシテ我々銀行者之銀行タル事実ヲ其経営上ヨリ相現シ候様可致ハ今日之急務ト存候、就テ当集会所ニ於テ種々熟議仕候処、各地為替振替法又ハ全国聯帯為替取組方等之方按ハ我々銀行者ヨリ該行ヘ企望可仕要務ト被存候ニ付、方今其方法調査中ニ候得共、右ハ重要ノ件ニテ一朝一夕ニ之レヲ按定シ軽易ニ施行可仕事ニモ無之ニ付、尚篤ト審按之上時機ニ応シ追々御照会可申上ト存候得共、差向前書該行ノ信用ヲ厚フシ候ニハ、幸ヒ今般各国立銀行紙幣抵当公債証書価格御改正ニ付大蔵省ヨリ御下戻相成候分ヲ以テ、左之手続書ニ従ヒ各国立銀行ヨリ日本銀行ヘ保護預ケニ取計置、他日前書取引上之方按決定ノ上ハ其予備抵当ニ相供候様仕度存候、右御同意ニ候ハヽ来ル十月十五日迄ニ当集会所ヘ御回答被下度候、仍テ別紙手続書相添、此段御照会申上候也
  明治十六年九月十日        東京銀行集会所
    第 国立銀行 御中
(別紙)
     手続書
第一条 各国立銀行ヨリ日本銀行ヘ保護預ケニ為スヘキ公債証書ハ、各種金禄公債証書及起業公債・新公債・金札引換公債証書等ニ限リ可申事
第二条 右各種公債証書ノ価格ハ発行紙幣公債証書抵当価格ノ通タルヘキ事
第三条 保護預ケヲ為スヘキ金高ハ、発行紙幣高拾万円ニ付、公債証書ノ実価六千円ト相定メ可申事
  但其銀行ノ都合ニヨリテ減額ヲ望ムモノハ、定価三千円ノ割合ヲ以テ預入可申事
第四条 保護預ケヲ為スヘキ公債証書ハ、日本銀行ノ都合ニヨリ東京本店ト大阪支店トノ間ニ於テ、便宜其区域ヲ定メテ預ケ入可致事
第五条 保護預ケヲ為シタル公債証書ノ利足ハ、毎季日本銀行ニ於テ利札ヲ切取リ、各国立銀行ヘ相渡可申事
第六条 保護預ケヲ為シタル公債証書中ニ的籤ノモノアルトキハ、各国立銀行ハ代リ公債証書ヲ日本銀行ヘ納付シ、引替ヲ乞フヘキ事
第七条 保護預ケヲ為スヘキ公債証書ノ預ケ入レハ、各国立銀行共ニ本年十月中ヨリ遅延致間敷事
第八条 追テ此保護預ケノ公債証書ヲ以テ日本銀行トノ取引ニ対スル予備抵当ニ供スルトキハ、日本銀行ト各国立銀行トノ協議ヲ以テ、
 - 第7巻 p.280 -ページ画像 
相当ノ締約ヲ為シタル後取扱可申事
第九条 前条ノ場合ニ於テ、尚其予備抵当額ノ増加ヲ要スルコトアルトキハ、各国立銀行ハ之レヲ増額スヘキ事


集会録事 従明治十五年第一月(DK070039k-0021)
第7巻 p.280 ページ画像

集会録事 従明治十五年第一月 (東京銀行集会所所蔵)
    ○第三十七回定式集会録事
明治十六年十一月十五日、月番第百十二国立銀行・第十四国立銀行支店盟主トナリ同盟第三十七回ノ定式集会ヲ日本橋区万町柏木亭ニ開キ下文ノ条件ヲ協議報道シ、午後第八時下一同退会セリ、詳録左ノ如シ
○中略
右列席ノ上委員渋沢栄一氏ハ左ノ条件ヲ協議セリ
○中略
一次ニ、各国立銀行ヨリ、日本銀行ヘ保護トシテ預入相成居候公債証書ヲ以テ借用金ノ抵当ニ差廻シ度旨、同行ヘ申出ノ向往々有之旨ヲ以テ日本銀行ヨリ照会ノ次第モ有之候共《(得脱)》、右ハ最前打合ノ如ク為替振替法又ハ全国聯帯為替等ノ方按相定メ候上ハ其予備抵当ニ供スヘキ約束ニヨリ差出シヽモノニ付、融通ノ為メ絶テ入用ノ向モ候ハヽ兼テノ約束ニ除盟ノ儀申出相成候様致度旨日本銀行ヘ回答スヘキ見込ナリ、トノ意見ヲ述ヘラレタルニ、一同同意ヲ表セリ


東京銀行集会所第六回半季考課状 (自明治一六年一月至同年六月)(DK070039k-0022)
第7巻 p.280 ページ画像

東京銀行集会所第六回半季考課状 (自明治一六年一月至同年六月)
               (東京銀行集会所所蔵)
    同盟銀行集会決議及報道ノ事
○中略
一又同会○五月十五日委員会ニ於テ、委員第一国立銀行頭取渋沢栄一氏ハ、今般九州銀行同盟会総代第十八国立銀行松田源五郎氏ヨリ全国聯帯為換施行ノ儀ニ付照会アリシヲ以テ、他日其討議ヲ尽スヘキコトヲ告知セリ


集会録事 従明治十五年第一月(DK070039k-0023)
第7巻 p.280 ページ画像

集会録事 従明治十五年第一月 (東京銀行集会所所蔵)
    ○臨時集会録事 ○明治一六年六月六日於万町柏木亭開催
○中略
又前会ニ於テ談話セシ九州銀行同盟会ヨリ照議アリシ聯帯為替法モ漸次全国一般ニ施行セン事ヲ欲スルニ付、他日同盟中ノ協議ヲ為サン事ヲ望メルニ付、是亦考按アレ