デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

1章 金融
2節 手形
3款 全国手形交換所聯合会
■綱文

第7巻 p.498-507(DK070065k) ページ画像

明治40年4月12日(1907年)


 - 第7巻 p.499 -ページ画像 
是日、栄一東京銀行倶楽部ニ開カレタル第五回全国手形交換所聯合懇親会ニ臨ミ来賓ニ対スル謝辞ヲ述ブ。


■資料

各地交換所第五回聯合会記事 明治四十年四月(DK070065k-0001)
第7巻 p.499-507 ページ画像

各地交換所第五回聯合会記事 明治四十年四月
    聯令懇親会
四月十二日○明治四〇年午後四時ヨリ、銀行倶楽部ニ於テ晩餐会ヲ開キ、宴酣ニシテ豊川氏一場ノ挨拶ヲ為シ、来賓阪谷大蔵大臣ノ演説アリ、又松方伯爵ハ本会ニ対シ祝辞ヲ寄セラレ、若槻大蔵次官之ヲ代読セラレ次ニ松尾日本銀行総裁ノ演説アリ、終リニ臨ミ、渋沢男爵ヨリ来賓ニ対スル謝辞ヲ述ヘ、夫ヨリ別室ニ於テ一同撮影ノ上午後十時散会セリ
    阪谷大蔵大臣ノ演説
諸君、今日ハ全国ノ手形交換所聯合会第五回ノ大会ヲ開カレマシタニ付キマシテハ、私並ニ次官其他大蔵省ノ者ガ御招キヲ蒙リマシテ誠ニ感謝ノ至リニ堪エマセヌ、過日帝国ホテルニ於キマシテ東京手形交換所ノ創立二十年ノ御祝典ガゴザイマシテ、実ニ此我国ニ於キマシテ手形交換ト云フ最モ信用制度ノ上デ複雑ナル事業ヲ斯クマデニ成功セラレタト云フコトニ付テハ、私ハ唯其驚キノ意ヲ表シタ言葉ヲ述ベテ置キマシタノデゴザイマスガ、今日即チ此全国ノ手形交換所ニ対シテ矢張同様ノ言葉ヲ述ベテ宜カラウト考ヘマスノデ、実ニ此手形交換ノ事業ニ尽瘁セラレタ諸君ノ功績ノ偉大ナルコト殆ド筆舌ニ尽セマセヌ、殊ニ此僅々四十年間ニ於ケル進歩トシテ驚クベキ日本人ノ大成功ノ一ツト申シテ差支ナカラウト思ヒマス、単ニ斯ク申上ゲマスルト、御列席ノ諸君ニ対シテノミ讃辞ヲ呈スルヤウニナリマスガ、東京ト云ヒ大阪ト云ヒ、交換所ヲ私モ曾テ巡回致シテ見マシタガ、其交換所ニ出入シテ居ラレル若イ銀行ノ使用人諸君、此人達ノ技能ノ機敏ニシテ卓越シタルコトハ、是ハ欧米ノ交換所ノ有様ニ比較シテモ毫モ劣ル所ハ無イ、即チ此交換ノ機械的技術ノ上ニモ大ナル成功ト見テ、是等ノ人々ニ対シテモ十分ナ讃辞ヲ呈シテ差支ナイコトヽ信ジマス
斯ク申上ゲマスルト、唯ダ良イ側ノミヲ申上ゲテ居ルヤウデゴザイマスガ、併ナガラ此物ノ発達ノ上ニ於テハ種々ナル出来事ニ遭遇シ経験ヲ積ンデ物ハ改良セラレタルモノデアル、我国ノ手形交換ノ歴史ハ比較的ニ困難ニ遭遇シタコトガ少イ、ト申スノハ欧米各国ノ長ヲ取リ短ヲ捨テ、其経験ノ結果ヲ応用セラレタ故ニ、此ノ如キ成績ヲ挙ゲラレタコトデアラウト考ヘマス、併ナガラ欧米ノ困難シタ其困難ノ経験ハ矢張其度ニ於テコソ異ナレ我国ニ於テモ追々現ハレツヽアルノデ、近クハ即チ此東京手形交換所ノ歴史ニ於テ、先ヅ一ツノ小出来事ト云フモノガ生ジタト云フヤウナ訳デゴザイマス、即チ砂糖商人ノ手形不渡カラ事端ガ始マツテ、小銀行ノ中ニハ臨時ノ休業ヲスルモノガアルト云フヤウナ出来事ガ今都下ニ於テ現ハレ亦タ地方ノ中ニモ現レタト云フコトデアリマス、ソレニ付キマシテ観察ヲ下シマスノニ従来銀行ノ制度ノ上ニ就テ学者ノ唱ヘタコト、又帝国政府ガ国立銀行ノ其昔以来条例ニ於テ亦タ定款ニ於テ其他種々ノ訓令ニ於テ唱導シ来ツタ事ト云フモノハ、斯ル経験ニ出会フ毎ニ益々其昔ヲ想ヒ出シ成程此困難ニ
 - 第7巻 p.500 -ページ画像 
出会フト云フコト、経験ヲシタ人ノ言フコトハ大ニ思ヒ当ルト云フコトニ考ヘ及ブノデゴザイマスガ、即チ此ノ小銀行ト云フモノガ個人ノ一家ノ経営ノ為ニスル場合ナラバイザ知ラズ、広ク此金融機関トシテ当ル場合ニ、小銀行ト云フモノハ不利益デアルト云フコトハ先ヅ欧米ノ学説デアル、我政府ガ此説ヲ採用シ来ツテ、殊ニ前内閣即チ私ハ其時ノ大蔵次官デアリマシタガ、其当時以来現ニ小銀行ト云フモノハ其増加ヲ希望セヌト云フ趣意ヲ明カニ支持シテ来ツタ、今日モ尚其趣旨ヲ継続シテ居ルノデアリマスガ、今日ニ至ツテ見マスルト、多少ノ風波ガ起ツテ先ヅ困難ヲ感ズルモノハ小銀行デアル、即チ此休業スルトカ何トカ云フコトハ小銀行ノ方ニ多イノデアリマス、是ニ由テ之ヲ考ヘマスレバ、諸君ノ将来ノ銀行事業ノ発展ノ上ニ於テハ、矢張銀行ハ成ルベク聯合シテ大キクシテ往クト云フ御考ノ方ガ宜カラウト思フ、亦政府モ銀行ノ営業ノ方針ヲ其方ニ導クト云フ考ヲ益々堅ウ致スノデゴザイマス
ソレカラ其第二ニ於テハ、支店ノ弊ト云フコトヲ認メマスノデ、銀行ノ失敗ハ多ク支店ニ始マルト云フコトカラシテ、大蔵省ガ各種ノ銀行ヲ検査監督スル上ニ於キマシテモ、此支店ニ着目スルコトヲ始終注意ヲ怠ラヌヤウニシテ居リマス、比較的本店ハ安全デアル故ニ、検査係ヲ派スルニ致シマシテモ支店ノ有様ニ能ク注目スルコトヲ致シテ居リマスガ、果セルカナ此度ノ如キ困難、破綻ヲ生ズルノモ往々支店ニ多ク之ヲ見ルノデアリマス、併ナガラ此点ニ付キマシテハ、マダ学者ノ説又タ帝国政府ノ執レル所ノ方針等ノ上ニ於テ多少決定セヌ問題ノゴザイマスノハ、欧羅巴ニ於テハ支店ノ制度ガ段々盛ニナツテ居ル、即チ蘇格蘭ノ如キハ支店ノ制度ヲ盛ニシテ銀行ノ聯絡ヲ敏活ニ取ルト云フ有様ニナツテ居ル、是ハ大ナル銀行デ極メテ此検査監督ヲ厳重ニシ、支店支配人其他事務員ノ選定ニ注意スルト云フコトガ行ハレル結果デアラウト考ヘマスガ、日本ノ此支店ト本店トノ関係ト云フモノハ余リニ寛大ニ失スルヤウデアル、此検査監督ト云フコトハ至ツテ不十分ノヤウデアル、殆ド大ナル失策ガ起ツテモ本店ノ頭取ガ御存ジナイト云フヤウナコトガアツテハ、実ニ驚キ入ツタ話デアル、是ハ支店制度ガ強チ悪イト云フコトヨリモ日本ノ今日ノ現状ニ於テハ、比較的資本ノ小サナ銀行ガ支店ヲ持ツト云フコトハ、経費ノ上ニ於キマシテ監督ヲ厳ニスルコトモ出来ズ、亦支配人タルベキ人物モ今日ハ給料ヲ十分出シテ良イ人間ヲ使用スルコトガ出来ヌト云フ結果カラ斯ウ云フコトガ生ズルノデ、兎ニ角将来ニ於テ支店ト云フモノニツイテハ、銀行業者諸君ノ観念ハ余程強ク注ガレナケレバナラヌト当局者ハ信ジマス、亦当局者ニ於キマシテモ、此ノ支店ニ対シテハ注目ヲ怠ラヌ積リデアル、ズンズン御遠慮ナシニ御忠告スルカモ知レヌト考ヘルノデアリマス
殊ニ今一歩ヲ進メテ云ヘバ、支配人以下ノ従業者ノ選定ヲ今少シ御注意ナスツテハ如何カト考ヘマス、随分失策ガ起ツテカラ調ベテ見マスルト、甚ダ常識ヲ欠イテ居ル人ガ支配人ノ位地ニアル、或ハ又専務ノ位地ヲ占メテ居ルト云フヤウナコトヲ発見スルノデアリマス、是ハ余程御注意ヲナサラナケレバナラヌコトデアラウト思フ、殊ニ欧羅巴ア
 - 第7巻 p.501 -ページ画像 
タリデハ、重役以下支配人、従業者ト云フモノガ不品行ノ行ガアツテモ銀行ノ信用ニ係ル、酒ヲ飲ム者ハ一切手前ノ店デハ使ハナイト云フ位ニ、非常ニ人物ノ選任又選任後ニ於ケル其人々ノ品性ト云フコトニ注意シテ居ルヤウデアリマスガ、是等ハ採ツテ以テ亀鑑トスベキコトデアラウト思ヒマス、即チ今日ハ多少ノ披瀾ニ遭遇シテ其実物ニ照シ合セテ見ルト、思ヒ半バニ過グルコトガ往々アリマス
ソレカラ又国立銀行以来、始終言フコトデアリマスガ、此資金ヲ余リ一ツノ人ニ過大ニ貸シテハイカヌ、諸君御承知ノ通リ国立銀行ノ条伴《(マヽ)》ニ於テ資本金ノ十分ノ一ヲ一人ノ人ニ貸シテハナラヌト云フコトガ法律ノ明文ニ書イテアリマス、成程是ハ甚ダ活用ヲ欠イタ箇条デアル、活用ヲ欠イタ箇条デアツテ、信用アル人ニハ成程貸シテモ安全デハナイカト云ヘルヤウデアルガ、今日現ニ破産ヲシタ所ノモノヲ調ベテ見ルト、果シテ此原則ヲ守ツテ居ルヤ否ヤ、全ク此原則ニ背イテ居ル、即チ或ル一人ノ者ニ過大ノ信用ヲ与ヘ過ギタト云フコトガ即チ破綻ノ原因ヲ為シテ居ルノデアル、他ノ銀行ニ於キマシテモ此点ニ付テハ最モ注意ヲ払ハレテ、如何ニ信用ガアツテモ、或ハ銀行ノ資本ニ不相当ナ資金ヲ一ツノ者ニ注入スルト云フヤウナコトガアツテハ、丁度保険会社ガ大ナル保険ヲ一人デ取ルト同ジ危険ガ其処ニ生ズルト云フコトヲ考ヘナケレバナラヌト思フ
ソレカラシテ又、是モ屡々申スコトデアリマスガ、銀行業者ト銀行業者トノ間ニ協同ト云フコトガ始終欠ケテイル、併シ困難ニナルト協同ト云ウ声ガ起ツテ来マスケレドモ、ソレハ既ニ遅イ、事ノ起ラザル前ニ於テ協同ト云ウコトガ十分行ハレテ居ナケレバナラヌノデ、曾テ二十三年ニモ此問題ガ起リマシタ、此度ノ場合ハ幸ニ此波瀾ガ小サイガ、イツモ協同ノ欠ケテ居ル所カラ蹉跌ガ起ルノデアリマス、而シテ此事ニ付キマシテハ、尚地方ノ銀行ニ向ツテ一言強ク申シタイ、ト云ウノハ欧米ニ於テハ、都会ノ銀行ト地方ノ銀行トノ間ニ必ズ親銀行子銀行ノ関係カアツテ、都会ノ銀行ハ常ニ地方ノ銀行ニ警戒ヲ与ヘ、地方ノ銀行ハ始終都会ノ銀行ニ向ツテハ取引其他ノ関係ヲ持ツ、例ヘバ大蔵省デ倫敦・巴里デ公債証書ヲ発行スルニシマシテモ、一ノ或ル銀行ニ話ヲスルト其銀行ノ系統ニ属シテ居ル諸銀行ト云フモノニ忽チニ行亘リマスカラ、直チニ応募ノ見込ガ幾許アルカ否ヤト云フコトガ分ル、又仕事ヲ共ニシテ居リマスカラ大変儲ケモ多イ、亦仕事ヲ分配スルコトモ出来ル、ソレデ将来ニ於キマシテ此地方ノ銀行ト都会ノ銀行ト云フモノガ必ズ親銀行ト子銀行ノ関係ガ成立ツテ居レバ、困難ノ場合ニ助ケルト云フ関係ガ一層親密ニナル、又新規ナ仕事即チ或ル会社ガ社債ヲ募ルトカ或ハ地方デ地方債ヲ募ルト云フヤウナ場合ニハ、互ニ其仕事ヲ分ツテ之ヲ助ケルト云フ習慣ガ成立タヌ以上ハ、是カラ先ハ段々金利ガ安クナリマスカラ、社債ヲ引受ケルニシテモ地方債ヲ引受ケルニシテモ、此度帝国政府ガ倫敦・巴里デ発行シタト同様ニ其仕事ノ上ニハ大小ガアリマスケレドモ、其仕事ヲ引受ケテ半期半期ノ利益ヲ多クシナケレバナラヌト思イマス、即チ親銀行子銀行ノ関係ガ平日ニ於テ必要デアルノミナラズ、困難ノ時ハ勿論必要、亦仕事ヲ分担スル上ニ於テモ最モ必要デアラウト考ヘマス、此点ニ於キマシテハ矢
 - 第7巻 p.502 -ページ画像 
張此度ノ波瀾ニ就テ之ヲ論ジマスルト、親銀行子銀行ノ関係ト云フモノガ殆ド無イト云ツテモ宜カラウト思フ、単ニ交換ヲ依頼シテ居ツテモ、其交換ノ依頼ヲ受ケタ銀行ト云フモノガ果シテ十分ナ同情ヲ持テ仕事ヲ助ケルヤ否ヤト云フコトハ亦今後デナクテハ分ラヌ、是ハドツチノ銀行ヲモ責メルコトガ出来ナイ、即チ親銀行ト子銀行ノ関係ガマダ既往ニ於テ成立ツテ居ラヌ、既往ニ於テ成立ツテ居ラヌモノニ向ツテ、其成立ニ付テ責メルト云フコトハ出来得ベカラザルコトデアラウト考ヘル
ソレカラシテ毎度申ス如ク、今度ノ波瀾ニ就テ考ヘテ見マスルト、銀行ノ取引先ヲ選マヌト云フコトガ一ノ過失デアラウト思フ、銀行ノ取引人ト云フモノハ彼方ノ銀行トモ取引ヲシテ居ル、此方ノ銀行トモビルブローカートモ取引致スト云フヤウナコトニナツテ居ツテ、破綻ガ生ジテ来ルト穴ガ太イト云フコトニナル、或ル一ツノ銀行ト取引シテ終始変ゼヌト云フ習慣ガドウモ微弱ノヤウニ思フ、御承知ノ通リ、欧羅巴ニ於キマシテハ、銀行ト取引人トノ関係ハ実ニ親密デアル、而シテ蘇格蘭ノ銀行ノ如キハ預金ト云フモノヽ上ニ制限ヲ置イテ、オ前サンノ預金ハ多クナツテ来タカラ幾ラ以上ハ吾々ノ銀行ノ方デ証券ニ代ヘルコトガ出来ルナラバ預カリマセウト云フヤウナコトニナツテ居リマス、諸君ノ御承知ノ通リ、我大蔵省ノ預金部ハ二千円以上ニナレバ預ケ人ノ考ヲ聞カズシテ大蔵省ガ公債証書ヲ買ウテ其人ノ為ニ運用スルト云フ権限ヲ持ツテ居ル、是ハ即チ我預金部ニ於テハ国ト云フモノガ必ズ預金ノ増加スルモノデアル、或ル時期ガ来レバ其資金ノ運用ニ窮スル程ノモノデアルト云フコトヲ予想シテ居リマスノデ、此預金部ニ大ナル当座預金ヲ持ツテ居リマスカラ、余リ過大ナル預金ヲ一人カラ持ツコトハ危険ト信ジマシテ此制度ヲ設ケテ二千円以上ノ預金ハ大蔵省ニ於テ随時公債証書ヲ買ツテ置キマシテ、預金ヲ払戻シテ呉レイト云フ請求ガアレバ公債証書デ以テ戻ス、ソレト同ジヤウナ制度ガ蘇格蘭其他ノ図ニ設ケテアリマシテ、預金ガ増加スル場合ニ取引人トソレダケノ約束ヲシテ置ク、オ前サンノ預金ハ十万円マデハ預カル、併ナガラ十万円以上ハ銀行ガ安全ト認メルモノニ放資シテヤラウ、ソレナラバ御預カリ申シマセウト云フヤウニナツテ居リマス、之ヲ日本ノ銀行ト比較シタナラバラドウデアリマスカ、預金ノ奪ヒ合ヒト云フコトガ今日尚ホ止マナイ、曾テ大阪ニ於テ行ハレタ貯蓄銀行ガ景物ヲ配ツテ現金ヲ奪ヒ合フト云フヤウナコトハ、今日ハモウ既ニ過去ノ歴史ニ属スルコトヽ思ヒマスガ、併ナガラ堂々タル銀行ガ向フノ得意ヲ此方ニ取ツテ、サウシテ預金ヲ此方ヘ引カウ引カウトスルコトハ往々耳ニスル所デアリマス、此預金ヲ奪ヒ合フト云フコトハ、畢竟日本ノ銀行業ガ十分発達シテ預金ガ溢レテ困ルト云フ時期ニ達セヌカラ斯ウ云フ事ノアルノハ已ヲ得ヌ話ダガ、併ナガラ早川君ノ銀行ナドデハ既ニ預金ガ多クテ困ルト云フ御話ヲ聞キマスカラ、段々此日本モ欧米先進国ト同ジヤウナ時代ニ到達スルデアラウト思ヒマス、其時代ニ到達シタ場合ニハ此習慣ガ果シテ善クナルデアラウト思ヒマスガ、此預金ノ奪ヒ合トカ取引先ノ奪ヒ合トカ云フヤウナ習慣ガ止マヌ以上ハ、此手形ノ不渡ナドガ往々ニシテ起ル、今日ハ取引人ニ権力ガ多イカラ取引
 - 第7巻 p.503 -ページ画像 
先ノ信用取調ガドウシテモ杜撰ニナル、杜撰ニナレバ此交換制度ノ上ニ多少ノ危険ヲ持ツト云フコトハ是ハ已ヲ得ヌコトヽ思フ
斯ウ云フ事ヲ段々列挙シテ考ヘテ見マスルト、ドウモ此経験上欧羅巴デ見タ事ト云フモノハ何時デモ変ラヌ、一言モ無イ、此度ノ手形交換ノ不渡ノ如キ、是ハ何デモナイ些々タル事件デ、或ハ新聞ナドデハ恐慌トカ何トカ書イテアリマスケレドモ、恐慌ト云フモノハ斯ンナモノデハナイト私ハ信ズル、株ノ下落ガ恐慌ト云フヤウナコトヲ書イテ居ル新聞モアルガ、株ノ下落ガ何デ恐慌デアルカ、是ハ決シテサウデナイ、恐慌トハ言ハレナイ、不相当ノ投機熱ノ為ニ株ガ上ツテ五十円シテ居ツタモノガ僅ノ時日ノ間ニ百五十円モスルト云フ出来事ガアルナラバ、其株ヲ持ツテ居ツタ人ガ年ニ一割ノ配当ヲ貰フヨリモ、ソレヲ売ツテ十年分ノ配当ヲ一時ニ取ツタ方ガ勘定ガ宜イト云フコトニナル、五十円ノ株ガ百五十円ニナルト云フナラハ、立派ナ株ヲ持ツテ居ル人ガ自分ノ持株ヲ皆ナ売ルニ相違ナイ、サウシテ十年ノ間現金ヲ秘蔵シテ置イテモ一割ノ配当ガ取レルト云フ勘定ニナル、サウスレバ売物ニ買物、余リ不相当ニ値ガ上レバ又下ガルト云フコトハ自然ノ勢ヒデアル、ソレガ何ノ恐慌デアル、私ハ今日ノ株式界ノ現状ヲ以テ恐慌ト云フナラバ、所謂欧羅巴ノ恐慌トハ性質ガ違ツタモノト云ハナケレバナラヌ、此状態トイフモノハ遠カラズ直ルデアラウト思ヒマス、ト云フモノハ悲観スベキ材料ハ何処ニモナイ、不相当ノ値段ヲ持ツ時分ニハ供給ガ需要ニ超過スル、需要供給ノ変化カラ多少ノ波瀾ガアルニ過ギヌノデアル、況ヤ此手形ノ不渡ハ誠ニ些々タルモノデアルカラ、一向恐慌ト称スルニ足ラナイ、些々タルコトデハアルガ併ナガラ経験ハ経験デアル、其小事変ニ就テ一々物ニ当ツテ考ヘテ見マスルト、実ニ此思ヒ当ル事ガ沢山アリマシテ、諸君ガ吾々当局者ヨリモヨリ強ク此事ハ御感ジナサルデアラウ、従テ今後ニ於テハ此経験ヲ再ビセヌト云フ御感ジヲ強ク御持ニナツタデアラウト確信スル、サウスルト、此度東京ニ起ツタ手形不渡ノ小蹉趺ノ如キハ起ラヌ方ガ宜カツタニ相違アリマセヌガ、併ナガラ前申ス偉大ナル手形交換ノ発達ノ歴史ニ対シテハ何等ノ汚点ヲモトドメナイ、些々タルコトデアリマス、ドウゾ将来ニ於テハ此度ノ経験ニ鑑ミテ、弥々手形交換ノ制度ヲ十分完全ニセラレテ、益々進歩改良ヲ図ラレンコトヲモ希望致シマス、此経験ニ就テノ話トイフモノハ物ノ起ツタ時ニ繰返スト云フコトガ御互ニ善キ教訓トナリマス、当局者ニ於キマシテモ大変善キ教訓ヲ得マシタ、其出来事ニ遭遇シタ当時者ハ誠ニ気ノ毒デアル、併ナガラ其為ニ政府モ大変ニ銀行ノ行政ノ上ニ経験シ、亦諸君自ラノ得ラレタ経験ト云フモノモ大ナルモノデアラウト考ヘマス、ドウカ此聯合会ガ開カレル度ニ愈々改良進歩ヲ加ヘテ非常ニ完全ナル制度ニ発達シテ、何等蹉跌ヲモ将来見ヌト云フコトヲ切ニ希望致シマス、終ニ臨ンデ聯合会ノ会員諸君ノ健康ヲ祝シマス(拍手)
    松方伯爵祝辞
銀行ハ各種経済機関ノ中枢ニ位シ、手形ノ取引ハ銀行ノ要務ニ属ス、我国ニ手形交換事務ノ開始アリタル以来玆ニ歳ヲ経ルコト二十年、其間経済界ノ消長並金融上ノ波瀾ハ、時ニ信用ノ欠乏ヲ来シ、手形流通
 - 第7巻 p.504 -ページ画像 
ノ渋滞ヲ来シタルノ例ナキニアラズト雖モ、之ヲ大勢ヨリ観察スレバ手形ノ取引益々増加ヲ告ゲ、其流通愈々円滑ヲ加ヘ、之ガ為銀行業務ノ著シキ発達ヲ見ルニ至リタルハ、経済界進歩ノ顕著ナル実践トシテ欣喜措ク能ハザル所ナリ
然リト雖モ、之レヲ欧米諸国ノ実状ニ比スレバ、啻ニ手形ノ取引ガ額ニ於テ未ダ寡少ナルヲ免ガレザルノミナラズ、銀行ガ手形ノ発達ニ尽力スル程度並ニ各個人ガ手形ヲ利用スル範囲ニ於テ、遥ニ背後ニ落ツルノ感ナキニアラズ、殊ニ手形流通ノ区域狭少ニシテ一地方ニ限定セラルヽノ状アルハ、欧米ニ於ケル手形ノ流通ガ国際的性質ヲ有スルニ比シテ霄壌ノ差アリト言フベシ、今後益々施設改良ヲ加ヘ、手形取引ノ進歩発達ヲ期セラレンコトヲ望ム、聊カ蕪辞ヲ呈シ以テ祝辞ニ代フ
  明治四十年四月十二日
    松尾日本銀行総裁ノ演説
諸君、本夕ハ全国手形交換所ニ関係セラルヽ諸君ノ御催シニ係ル御宴会ニ御招待ヲ蒙リマシテ、此光栄アル御席ニ列シマスルコトハ謹デ感謝ノ意ヲ表シマス
全国手形交換所ノ交換高ヲ見マスルト、昨三十九年ハ去ル三十六年ニ比シテ二倍ノ数ニナリ、又本年ノ一月、二月ノ数ヲ以テ三十九年一月二月ニ比較致シマスルト、五割ノ増進ニナツテ居ルヤウニ承リマス、此増進ノ歩合ヲ以テ進ミマスレバ、本年ハ或ハ百億円内外ノ数ニ達スルコトト想像シ得ラレマス、斯ノ如キ長足ノ歩調ヲ以テ進ミマスルノハ我経済社会ノ進歩発達ニ伴フ所デゴザイマスルガ、又此交換所ニ関係セラルヽ所ノ諸君ノ御尽力ガ大ニ与ツテ力アルコトヽ存ジマシテ、此増進ニ就キマシテハ国家ノ為ニ慶賀スルト同時ニ、諸君ノ御功労ヲ深ク謝シ上ゲマスルコトデゴザイマス
又目下ノ我経済社会ノ状態ヲ見マスルニ、戦争中若クハ戦争後ニ於キマシテモ進歩ノ趨勢ヲ保チ、昨年上半期ノ頃マデハ徐々ト進ミツヽアリマシタガ、昨年ノ下半期ニ移リマシテカラ非常ニ急激ナル新事業ノ計画、旧事業ノ拡張ト云フヤウナモノガ続々起リマシテ、一方カラ申シマスルト殆ド企業熱トイフヤウナ言葉ヲ世ノ中カラ受クルヤウナ勢ニナリマシタ、ソレニ伴フテ諸株式非常ノ暴騰ヲ致シマシテ、唯今大蔵大臣ノ申サレマシタ通ニ実ニ突飛ナル価ヲ持チマシタノデゴザイマス、其影響ト致シマシテ、一時経済社会ガ賑ハウガ如キ観ヲ呈シテ居リマシテゴザイマス、然ルニ今年ノ一月下旬ヨリ其反動ヲ来シテ、又激烈ナル暴落ヲ致シマシテ、今日デハ此企業即チ事業計画ノ上ニ於キマシテハ殆ド火ノ消エタガ如キ観ヲ呈シテ居リマス、此暴落致シマシタニ就キマシテハ、経済社会ハ或ハ非常ナル困難ヲ致スト申スコトデ恐怖ノ念ヲ生ジテ居ル部分モアリマスヤウデゴザイマスガ、併ナガラ前ニ申シマスル通ニ、昨年ノ暴騰ハ即チ是一ノ変調デゴザイマシテ、其変調ノ反動ガ又変調ニ来テ今ノ暴落トナリマシタノデ、是ハ常事デハゴザイマスマイト存ジマス、今暫ク致シマシテ是ガ平常ニ復シマスレバ、近キ将来ニ於テ必ズ尋常ナル所ニ留マツテ順調ニ帰スルコトヽ存ジマスルコトデゴザイマス、而シテ我国ノ近年ノ有様ヲ見マスルト内外ニ対シテ巨額ノ国債ヲ持チマシテ、殊ニ外国債ノ負担ハ十幾億ト
 - 第7巻 p.505 -ページ画像 
云フ巨額ニナツテ居リマス、是等ニ対シテモ此国力ノ増進トイフコトヲ是非遂行セシメナケレバナラヌコトデゴザイマスカラ、何卒有利有益ナル事業ハ新旧ヲ問ハズ発達セシメテ、此国力ノ増進ヲ図ラナケレバナラヌト信ジマスルノデゴザイマス、而シテ是ニ対スル資金ノ供給ハ、金融機関ヲ司ツテ居ラレル所ノ諸君即チ銀行家ニ於テ相当援助ヲ与ヘラレネバナラヌコトヽ考ヘマス、而シテ其援助ノ与ヘ方ニ就キマシテハ最モ御注意ヲ要スル所デアリマシテ、要スルニ国家有益ノ事業ヲ発達サスルノガ眼目デアリマスカラ、決シテ不確実ニシテ殊ニ所謂泡沫会社ナドヽ目セラルヽヤウナモノハ相手ニセラレズニ、有益有利ニシテ確実ナル事業ニ対シテ援助ヲ与ヘルトイフコトニナリタイト存ジマス、併ナガラ此ノ御互銀行家ノ資本ト致シマスルモノハ多クハ他人ノ預金ニ基クモノデゴザイマスカラシテ、此放資致シマスル上ニ就キマシテモ預入者カラ払戻ヲ請求スル場合ニ差支ノナイヤウニ是ガ準備モシテ置カナケレバナリマセヌ、又漸次返スニ致シマシテモイツ何時デモ返サンケレバナラヌトイフ預金デゴザイマスカラ、可成短期ナモノヘ放資シテ置イテ、其ノ払戻ノ請求ニハ差支ノナイヤウニ運転ヲセラレヌケレバナラヌコトヽ存ジマス、先刻モ大蔵大臣ノ仰セラレマシタ如ク、此小銀行デハゴザイマスケレドモ、二三仕払ヲ停止シタリシテ居リマスル所ヲ聞キマスガ、是等ハ多分預金トイフモノヲ以テ固定ニ属サセテ居ル結果デアラウト思ハレマス、固ヨリ損失ヲシタ者モアリマセウケレドモ是ハ例外トシテ、極ク正直ニ運転ヲシテ居ルト見テモ固定サセテ居ルモノガ多イヤウニ聞キマスル、故ニ銀行家トシテハ、一方ニハ其事業ノ援助スルトイフコトヲ致サナケレバナラヌガ又一方ニハ預金者ニ対シテ義務ノ尽セルヤウニ運転ヲセヌケレバナラヌトイフ覚悟ガ必要デ、之ヲ両々相全ウシテ行キマスレバ、自ラモ守リ得又他モ助ケ得ルコトガ出来マセウト考ヘマスルノデゴザイマス、此事ニ就キマシテハ、既ニ昨年秋デゴザイマシタ、大蔵大臣ヨリ御内訓ヲ蒙リマシタ時ニ略ボ其意味ヲ申上ゲ、且ツ其後モ機会ニ接シマスル毎ニ或ハ今申上ゲルヨリ精シク申述ベテ置キマシタルコトモゴザイマスカラ、ソレ以上喋々申上ゲル必要モゴザイマセヌ、唯私ハ有益有利ナル事業ヲ発達シテ国力ヲ増進シ、併セテ銀行自身モ健全ヲ保ツコトニ銀行ヲ担当セラレマスル所ノ諸君ノ御注意ヲ願ヒタイト存ジ居リマスルコトデゴザイマス、余リ長ク申上ゲテハ御煩シウゴザイマセウ聊カ愚意ヲ述ベテ今晩ノ御礼ニ代ヘマス、今晩ハ誠ニ有難ウゴザイマス(拍手)
    渋沢男爵ノ演説
閣下、諸君、今夕ノ聯合手形交換所ノ会ニ、唯今大蔵大臣カラ懇切ニ銀行営業上ニ就テ御訓示ヲ下サイマシタガ、其初メハ大分御讃メ下サレタノデ大ニ自惚レカヽツタ所ガ、テツペン飛車ニ御小言ガ出マシテ何ヤラ祝ノ席ニ御招キシテ小学校生徒ガ教師カラ訓誡ヲ与ヘラレル様ナ感ヲ起シマシタノハ、実ニ有難イ仕合セト申上ネバナラヌノデゴザイマス、又松方伯爵カラハ極ク奨励的ノ御祝辞ヲ頂戴シ、松尾総裁ヨリハ吾々共ニ十分ニ善悪ヲ鑑別セイトイフコトノ御注意ヲ戴イタ、総テ吾々ノ現在若クハ将来ニ厚イ御訓示ト一同辱ウ感謝致シマスル、手
 - 第7巻 p.506 -ページ画像 
形取扱ノミナラズ、所謂戦後ノ経済ナルモノヲ丁度今ノ御訓示ニ就テ思ヒ起シマスルト、総テ者ガ二ツニ別レテ居ツテ、或場合ニハ自ラモ疑ヲ起ス様ナコトガ生ジマスノデス、例ヘバ戦後ノ経営トシテ十数億ノ外債モ持ツテ居ル、之ヲ整理シテ金貨ノ内ヘ残ル様ニスルノハ甚ダ困難デアル、想フニ未来ノ国ノ富ヲ図ルニハ唯普通日常ノ事務ヲ整頓スルバカリデハイカヌ、第一ニ輸入ヲ省キ輸出ヲ進メル為メニ各種ノ事業ヲ拡張セネバナラヌ、事業ヲ拡張スルニハ総テノモノガ皆必ズ利益アルトイフ仕事ノミヲ遣ルトイフ訳ニハイカヌ、是マデノ例ヲ以テ論ジテモ其間ニ種々ノ苦辛ガアルガ、其困難ニ打勝テ始メテ佳境ニ達スルトイフノガ事業ヲ処スルノ常デアル、故ニ相当ノ人気ニ向ヘバ相当ノ事業ヲ起ストイフコトハ、此戦後ニ対スル国民ノ最モ採ラネバナラヌ方針デアル、事業ヲ進メル方ノ側カラ云ヘバナゼ黙ツテヂツトシテ居ルカ、又一方政治家ナドカラ云フト支那ニ対シ朝鮮ニ対シ血ヲ流シ金ヲ使ヒ是ダケノ権利ヲ伸張シタガ、日本ノ商売人ニハ手ヲ出スコトモ出来ヌ、是ヂヤア困ルヂヤアナイカ、土地ヲ開イテ遣ツテモ種ヲ播クコトヲ知ラヌト斯ウ言ハレル、多クハ皆奨励的ノ御話デアル、只今松方伯爵ガ大ニ進ダ様デハアルケレドモ欧米ニ比ベテ見ルト云フト甚ダ鈍イヂヤナイカ、未ダ世界的ニ手形交換ガ行ハレテ居ラヌヂヤナイカ、銀行者連中何ヲシテ居ル、斯ウ言ハレルト、ドシドシ手形ヲ殖シタイヤウナ心持ガスル、丁度今日ノ事業ヲ起シタイトイフ有様モ同ジ事デアル、又反対側カラ論ズルト、事業熱、株熱或ハ権利株ノ売買泡沫会社ガ続々出来ル、従テ銀行者ガソレニ引込マレル、其結果仕払停止臨時休業トイフ様ナコトガ無イトモ云ヘナイ、ヨシサウイフコトガ無イニモセヨ、力ヲ計ラズニ事業ヲ起スハ却ツテ輸出入ノ不権衡ヲ来ス恐レガアル、事業ヲ起シテ国利ヲ増シタイト思フノニ、焉ゾ知ラン我資本ヲ海外ニ輸出セシムル様ナ働キニ終ルコトガアル、故ニ努メテ先ヅ内ヲ整理シテ、成ルベクタケ金貨ノ他ヘ出ヌヤウニスルガ宜カラウ、然ルヲ左様ナ放縦ノコトヲスルハ誠ニ国家ノ経済ヲ誤ルモノデアルトイフ反対モ大ニアルノデス、此見解カラ見ルト事業ヲ起ス者ハ殆ド国家ノ――経済社会ノ罪人ノヤウニモ聞エマス、丁度今大蔵大臣ハ其弊ヲ論ジラレタコトヽ思ヒマス、過日モ大隈伯ガサウ言ハレタデス、手形ノ進ミハ実力ノミノ進ミト云ヘバ誠ニ結構ダケレドモ、或ル場合ニ投機カ手伝フテ金高ノ合計ガ上ツテ行ツテ行ツタト云ヘバ、恰モ真実ノ肥満デハナクテ脂肪ガ殖エタトイフ様ナモノデ、其脂肪ノ圧迫ノ為ニ却テ完全ナル身体ノ妨ゲヲスル事ガナイトハ言ハレヌトイフ意味ノ御説ガゴザイマシタガ、故ニ此進ムトイフカ其弊ガ生ズル、退クトイフカ意気ガナイト言ハレル、銀行者タルモノモ亦難イ哉デス(笑)、銀行者タルモノガ難イト同時ニ、事業者タルモノモ亦難イ哉トイフ観念ハ皆起ルデアラウト私ハ思フ(拍手)、併シ斯ク論ズルト、松方伯爵ノ今晩ノ御祝辞ト大蔵大臣ノ吾々ヘノ御訓戒ハマルデ相背馳スル如ク解釈スルヤウニナリマスルガ、私ハ決シテサウデナク、即チ一致シテ居ルモノト解釈スル(拍手)、前ニ申ス如ク、楽観ヲ以テ事業ヲ起ストイフモ、唯単ニ楽観ノミニ留マツテ甚シキハ権利株ヲ喜ブトイフ論者デアツタナラバ、ソレコソ誠ニ間違デアリマセウガ、国ノ権利ヲ伸
 - 第7巻 p.507 -ページ画像 
張シ国ノ富ヲ図ルトイフ方カラ必要ノ事業ニ向ツテ融通ヲ与ヘヨトイフ論ハ、決シテ泡沫会社ヲ起セ、世間ノ浮気ニ乗ジテ会社ヲ経営セイトイフ趣旨トハ違フノデアル、善イ事業ヲ勧メ良イ手形ノ発達ヲ図レトイフコトニナレバ松方伯ノ御祝辞ノ趣旨ニ相成ル、但シ事物ハ総テ利アルモノニハ其弊ガ伴フ、善事バカリガ単ニ行ハレテ行クコトハ出来ヌカラ、其利ニ伴フ弊ヲ矯メ、泡沫会社ニ注意シテ権利株ノ売買ヲ蛇蝎ノ如ク恐レヨ、手形問題トシテモ銀行ノ経営トシテモ、即チ松方伯ノ御祝辞モ大蔵大臣ノ御言葉モ一方面カラ云フノト、他方面カラ云フトノ差ハアリマスガ、鏡ヲ合セテ見ルト矢張リ一致シテ居ルモノト云フテ宜カラウト思フ、爰ニ於テ私ハ松方伯ノ御祝辞、大蔵大臣ノ御訓戒、松尾総裁ノ御注意ハ御言葉ノ立方ハ三方ニ別レテ居リマスガ、今日ノ事業ニ対スル権利伸張国益増進トイフ完全ナ希望ヲ以テ進メル論者ト、事業ノ困難ニ注意スル説ガ、詰リ一致シテ同一ノ趣旨ニ帰宿シマスルナラバ、其立論ハ大ニ違フテ終ニハ其軌ヲ一ニスルト解釈致シテヨカラウト思ヒマス、故ニ吾々ハ常ニ其利ヲ見テ其弊ヲ恐レ、其弊ニ依ツテ其利ヲ没セヌヤウニ致シタイト考ヘルノデゴザイマス、依ツテ諸君ノ御訓戒及ビ《(マヽ)》御答辞ヲ申上ゲマス(拍手)
   ○来賓氏名略ス。