デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

3章 商工業
21節 瓦斯
2款 東京府瓦斯局
■綱文

第12巻 p.442-448(DK120055k) ページ画像

明治12年6月30日(1879年)

従来府税ノ内ヲ以テ支弁セラレタル瓦斯街灯点火費ハ是年七月ヨリ、明治十二年度十五区地方税ヲ以テ支弁スベキ経費予算ニ計上シテ支出スル事トナレリ。仍テ是日、其定額ト実費トノ差引余金ヲ営業費並ニ共有金原資消却ニ充テ度旨、栄一瓦斯局事務長トシテ府知事楠本正隆ニ上申シ、許サル。

明治十三年度ニ於テハ瓦斯街灯点火費ハ改メテ府地方税費目ニ、更ニ明治十四年度ニ於テ再ビ区部地方税費目ニ加ヘラレ、爾後明治十八年ニ至ル。


■資料

東京府布達全書 明治十二年(DK120055k-0001)
第12巻 p.442 ページ画像

東京府布達全書  明治十二年      (東京府文庫所蔵)
○甲第五十六号 六月四日
明治十二年度地方税ヲ以テ支弁スヘキ経費予算左ノ通相定候条、此旨布達候事
 但明細書ハ郡区役所ニ備置候条、見閲致度モノハ同所ヘ出頭スヘシ
○中略
十五区地方税ヲ以テ支弁スヘキ分
○中略
金壱万六千四百五拾弐円 東京街灯瓦斯点火費
○下略
  ○甲第拾九号 三月三日
   明治十一年第十九号公布地方税改正ノ儀本年七月ヨリ施行候条此旨布達候事
  ○瓦斯街灯点火費ハ、明治十二年度(自明治十二年七月至明治十三年六月)ヨリ改メテ地方税ヲ以テ支弁スべキ経費トシテ、十二年三月二十四日其予算案(予算金額一万六千四百五十二円)ヲ東京府通常議会ニ提出シ、四月十八日可決サル。東京府通常会日記第三号及ビ第十六号ヲ参照。


瓦斯局書類綴込 明治十二年自一月至十二月 会計課(DK120055k-0002)
第12巻 p.442-443 ページ画像

瓦斯局書類綴込  明治十二年自一月至十二月 会計課 (東京府文庫所蔵)
 - 第12巻 p.443 -ページ画像 
明治十二年 月 日受 十二月八日出 四等属 岡田信英(印)
(楠本)
(印)      (印)    (印)会計課
 知事      書記官
        (印)    (印)庶務課
街灯点火費之儀ニ付、瓦斯局ヨリ別紙之通上申之趣勘弁候処、是迄之如ク府税ヲ以テ補成候トハ異リ、本年七月以降は地方税費ヲ以テ街灯所用之瓦斯ヲ購求致候訳ニ相当リ候間、上申之通リ実費ニ拘ハラス一千立方尺ニ付金三円弐拾五銭之割合ヲ以テ支給相成可然、且瓦斯局ニ於テ得ル所ノ純益金ハ、此程議決之通共有金元資ニ償還可致儀ト致候間、御指令按左ニ相伺候也
    案
割印 書面伺之通リ
 但実費差引益金之内ヨリ向来之予算費ニ相充テ度趣ニ候得共、本年度之儀は議決之通リ悉皆共有金元資江償還之儀ト可相心得候事
  年 月 日               長官
                    (東京府庁回議用)

    瓦斯街灯費処分之儀ニ付上申
十二年度街灯点火費之義金壱万六千四百五拾弐円ト御定相成候段御達之趣奉拝承候、右之計算ニヨレハ、即チ街灯壱基ニ付平均壱ケ月間ニ瓦斯壱千百八拾五立方尺ヲ点費シ、其壱千立方尺之代価ヲ金三円弐拾五銭トシテ此代金三円八拾五銭余ト相成、右灯数三百五拾六基ニて金千三百七拾壱円ト相成候割合ニ候間、本年七月分ヨリハ右割合ヲ以テ月々御下渡被下度、元来此街灯費ノ儀ハ十一年度迄ハ実費ノ差引計算ニて御支給相成候ニ付、瓦斯局ニ於テ聊モ利益相立不申、原費支消之目的モ相立兼候次第ニて、客年八月上申仕、其節御指令ノ次第モ有之候得共、幸ニ本年度ヨリハ右街灯費モ前陳ノ如ク御下渡相成候ハヽ家内引用瓦斯代ト共ニ之ヲ瓦斯局ノ収額トシ、更ニコーク、テール等ノ売払代ヲモ加算致シヲ以テ其月ノ利益トシ、毎年両度六月十二月ノ結算ニ至リテ右ノ利益金中ヨリ其何分ヲ以テ向来器械代ノ予備ニ又ハ臨時ノ営繕費ニ充テ、其残額ハ元資ヘ消却相成候様仕度候、左候ハヽ瓦斯局損益勘定ニ至リテモ大ニ明瞭ニ相成、且ハ年々進歩ノ功モ判然致候義ト奉存候、依て来ル七月より前件之通リ計算相成候様仕度、此段上申候也
  明治十二年六月三十日
               瓦斯局事務長
                 渋沢栄一 
    東京府知事楠本正隆殿
                     (東京瓦斯局)


明治十三年 東京府通常会議事録 第八号(DK120055k-0003)
第12巻 p.443-444 ページ画像

明治十三年 東京府通常会議事録  第八号   (東京府文庫所蔵)
 明治十三年五月三十一日午後第四時四十五分開議
  闕席 ○大倉喜八郎六名氏名略
  不参 ○丸山伝右衛門外六名氏名略
○中略
 - 第12巻 p.444 -ページ画像 
第五号議案
    地方税費目増加案
明治十三年第二十七号公布ニ仍リ同年第十六号布公地方税費目《(告カ)》ノ外左之通増加ス
  一水道費
  一瓦斯灯費
  一火災予防費
第五号議案説明
 水道費ハ目下着手スヘキ事業アリテ之ヲ要スルニアラスト雖トモ、更造改築等東京十五区ニアリテハ緊要ノ事業タルヲ以テ予メ此ニ其費目ヲ掲クルナリ、他日着手スヘキ事業アルトキハ之ヲ予算ニ記シテ更ニ会議ノ決ヲ取ルヘシ
 瓦斯灯費ハ先ニ内務卿ノ指揮ニ依リ土木費中ニ加ヘ既ニ支出セルモノニシテ、只之ヲ別項ニ掲ケタルノミ、新ニ加フル者ニアラザルナリ
 火災予防費ハ之カ事業タル東京十五区ニ於テハ須要欠クヘカラサルハ更ニ喋々ヲ俟タス、乃チ之ヲ費目ニ加フルナリ、其事業ヲ実施スルニ及テハ之ヲ支出予算ニ加ヘ、更ニ会議ノ決ヲ取ルヘシ
○第一次会ニ於テ質問ヲナシ、番外一番銀林書記官之ニ応ス。廃案説出ヅ。議長猶明日ニ延シテ之ヲ更ニ議スべキコトヲ宣言シテ散ス。


明治十三年 東京府通常会議事録 第九号(DK120055k-0004)
第12巻 p.444-446 ページ画像

明治十三年 東京府通常会議事録  第九号   (東京府文庫所蔵)
 明治十三年六月一日午後第四時四十分開議
  闕席 ○永井直哉外三名
  不参 ○千葉勝五郎外四名
○議長福地源一郎曰 昨夜議決ヲ中止セシ五号議案ノ惣体ヲ議決スべシ、猶説アラバ引続キ発論アルヘシ
○中略
○三十三番安田善次郎曰 本員ハ不急ト見做シテ廃案ヲ要ス、瓦斯灯費ハ昨年ハ道路費中ニ加ヘアリト説クモ、熟考スルニ本年ハ之レヲ別ニ掲クルモ妨ケナキノミナラズ却テ便利モアルヘケレトモ、唯今十番ヨリモ陳ベラルヽ通リ本年ハ税額ノ夥多ニ際スル上ニ、地方税トナリテ未ダ年数モ立タザレバ人心ニモ差響キヲ生スべシ、故ニ之ヲ別目ニ掲グルハ不可ナリ、瓦斯灯ノ如キハ昨年ハ此費目ハアラザレトモ街灯煌々ト点ジタリ、本年トテモ玆ニ之レヲ掲ケザルモ其支弁ノ路アルベシ、若シ又其路ナクバ或ハ本年一年位ハ暗黒トスルモ妨ゲナシ、本員ハ飽迄不急ト見ルヲ以テ之ヲ削除ナシタシ
○番外一番銀林書記官曰 此三項ノ経費ハ直ニ之レヲ課スルヤト云ハルレバ、瓦斯ノ如キハ已ニ着手後ノコトナレバ致シ方ナシ、然レトモ玆ニ之レヲ廃スルトシ其本分ノ目ニシテ削リ去レバ、他ニ之レヲ掲テ支弁スルノコトハナシ難シ、又水道等モ目ヲ加ヘタリトテ直ニ費用ノ増スト云フ心配ハナシ、水道ノコトニ付キ費用アレバ其議案ヲ出シタルトキニ果シテ之レヲ不用ナリトセバ其時之レヲ廃シ得べシ、今ハ此目ヲ玆ニ掲クルニ止マルナレバ削リ置クニ及バザルべシ
 - 第12巻 p.445 -ページ画像 
○議長曰 一言諸君ニ注意ス、三十三番ノ不急云々ハ其意ヲ了セリ、勿論急ト見バ之ヲ入レ不急ト見レバ除クハ可ナリ、然ルニ昨夜ヨリ此目ニツキ費用増加云々ヲ説カルヽ者アレド、此レハ此議場ニテハ遠慮アリテ然ルヘキ儀ナリ、我々ガ不可ト認ムル時ハ費用ハ出サヾルノ権利ヲ持チタリ、費用ヲ議スルノ権ナキガ如キノ演説ハ慎ミアリタシ
○三十番松波宏祚曰 昨夜此項ハ是迄通リニテ宜カラント考ヘタル故決議ノ延引ヲ請フタルガ、今ニ至リテ初メテ其心得違ニテアリシヲ悟ル、其故ニ大ニ疑団ヲ抱キタリシガ、此レハ布告第二十七号ノ第二条ヲ誤解セシニヨル、此布告ニヨレバ已ヲ得ズ布達ハ消ヘル事トナルべシ、仍テ一次会ニ於テハ原案ヲ可トシ、第二次会ニ於テハ異論アリ
○一番兼松貞曰 三項ノ利害如何ハ逐条ニ至リテ論スベキモ、惣体ハ議スベキモノナリ
○三十番松波宏祚曰 三十三番十番ハ議員ノ権利上ニ関シテ第十五号ノ第五条ニ注意サレタルナレバ、自ラ権利ヲ殺キタルニ非ズト存ス議長ニモ此旨諒察アリタシ
○十番町田今亮曰 本員ノ如キ自ラ議員ノ権利ヲ殺グナドヽハ爪ノ垢程モ之レナシ、十二年ニ点火セシトテ十三年ニモ是非点火セザル可ラズトノ訳ハアルマジ
○二十番長沼真茂留曰 不用ト云フニ非ルモ、全体予算ヲ知ラザル故各議員ニモ疑団アルベシ、且ツ本員ハ不急ト見ル故ニ廃棄説ヲ賛成ス、本員ハ瓦斯灯費ノ如キハ三項中尤モ不急ナリトス
○四十三番大貫伝兵衛曰 十番ニ同意シ、此案ヲ廃シテ来年マデ延スヲ賛成ス
○議長曰 廃案ト本年議セズトハ異レリ、其分別ヲナシタシ
○四十三番大貫伝兵衛曰 本員ハ十番ニ同ジク全ク廃棄スルナリ
○三十七番馬場半助曰 本員ハ篤ト此五号議案ヲ考フルニ、金杉以南ニハ何モナケレトモ以北ハ悉ク関係アリ、本年第廿七号第二条ニヨリ府下ハ特別ニ制限モ広マリ三費目ヲ加フルヲ得ルモノトナリタリ設ヒ之ヲ加フルモ議案ヲ討議スルニ際シ若シ議員諸君ニシテ不可ナリト思惟サルヽナラバ、此議案ヲ退クル迄ナリ、是レヲ思ハズ今特ニ東京府ニ限リ許サレタル特別課目ヲ棄ツルハ不本意ナリ、議場ニ於テ其議案ノ出タル時十分ニ論議シ得ベキナレバ、之ヲ費目ニ掲グルマデナレバ素ヨリ妨ゲアルコトナシ
○三十三番安田善次郎曰 唯今議長ヨリ注意モアリタレトモ已ムヲ得ズ弁ズ、既ニ三十七番ノ如ク許サレタル以上ハ費目ヲ置クベシト云フノ論旨ハ一応尤モナルガ如シト雖モ曾テ其理ヲ見ズ、之ニ加フル時ハ即チ其入費ヲ要セザルヲ得ズ、兎角理事者ト納税者トハ其意思相懸隔スルモノナリ、若シ他日此レヲ要スル事アラバ其時至リテ臨時会ヲ開クモ妨ゲナシトス、故ニ今議スベキモノニ非ズ
○二十番長沼真茂留曰 先刻三十番十番ニ同意セリ、猶考フルニ廃案弥々可ナリ
○十四番吉川長兵衛曰 廃案ヲ賛成、昨夜ヨリ余程ノ時間ヲ費シタル
 - 第12巻 p.446 -ページ画像 
モ詰リ廃案カ議スベキカノ二ツアルノミ、速ニ議決アリタシ
○番外一番銀林書記官曰 頗リニ廃案ノ説起レドモ、昨年ハ議会ノ議決ニヨリテ建白シ又本年ニ至リテ忽チニ之ヲ換フルハ不可ナルモノニ非スヤ、他ニ支弁ノ路アリテ支弁シ得ル様ニ陳ブル向モアレドモ之ハ大ヒナル誤リナリ、之ヲ廃スル時ハ忽チ差支ヲ生ジ、折角ノ瓦斯灯費モ出ヅル所ナク、且議場ニ於テ斯ク区々ノ議決アリテハ、自他事業ニ関シ其影響ヲ生ズル鮮ナカラズ
○十一番牧山源兵衛曰 唯今十四番ノ陳セシ如ク議事ハ議スカ議セザルカノ二ツノミ、本員ハ原案賛成ナルガ、若シ削除説ニシテ過半数ヲ得テ可決セバ、七月一日ヨリハ瓦斯灯消滅スベシ
○議長曰 演説ハ自由ヲ欲スト雖モ、可成人ノ領内ニ立入ラザルヲ要ス
○四十六番藤本精一曰 本員ハ此議案ハ是非議セザル可ラザルモノト信ズ、十中ノ八ハ好マヌトテ残リ二分マデモ一器中ニアルカ為メ棄ルハ宜シカラズ、故ニ此案廃スベカラズ
○議長曰 十番ハ廃案ナリ、而シテ二十番四十三番十四番之ニ賛成ス又三十三番ハ不急トシテ延サントス、最早決ヲ取ルベシ
○三十三番安田善次郎曰 今一言演ベタシ、瓦斯灯費ハ道路装飾費トナスモ可ナリ、其レニシテ出来ザル時ハ猶其時ニ之ヲ換ヘ得ベシ
○二十五番鹿島清四郎曰 本員モ三十三番ニ同ジ
○十九番鳥山貞利曰 此案ヲ議セザレバ今迄ノ瓦斯元金ヲ如何セン、地方税ヲ不可トスレバ二次会ニ於テ異見ヲ唱フルモ可ナリ、且ツ既ニ其課目アルニ何ヲ苦シンデ偏ヘニ遠路費《(道カ)》トスルヲ要スルヤ、此議案若シ成立ズハ瓦斯灯ノ消滅ヲ如何セン
○四十五番佐藤正興曰 本員ハ瓦斯灯費及火災予防費ニツキ異論アルモ、惣体論ニハ異論アルコトナシ
○番外一番銀林書記官曰 三十三番ハ廃案カ又会ノ終リニ於テ議スルナルヤ
○議長曰 若シ之ヲ要スルコトアレバ、三十三番ハ会ノ終リニ於テ之ヲ議スルナリ
○四十五番佐藤正興曰 点火費トシテ之ヲ掲グル訳ニハ参ラヌモノニヤ
○番外一番銀林書記官曰 此レハ布告通リノ外仕方ナシ
○議長曰 決ヲ取ルべシ、第一動機、今之レヲ議スルニ及ハズ延期 ヘシトナスモノハ起立
  起立十二人
 第二廃案ヲ要スルモノハ起立
  起立三人
 第三之ヲ議スヘシトスルモノ起立
  起立二十人
 議スベキニ決ス
○議長曰 最早刻限ナレバ此ニテ休息スヘシ


明治十三年 東京府通常会議事録 第十号(DK120055k-0005)
第12巻 p.446-447 ページ画像

明治十三年 東京府通常会議事録  第十号   (東京府文庫所蔵)
 - 第12巻 p.447 -ページ画像 
 明治十三年六月二日午後第六時十五分開議
  闕席 ○兼松貞外十名
  不参 ○鹿島清左衛門外一名
○中略
○議長曰 此ヨリ五号議案ヲ議スベシ
第五号議案
    地方税費目増加案
明治十三年第二十七号布告ニ仍リ同年第十六号布告地方税費目ノ外左ノ通リ増加ス
  一水道費○議事略ス
  一瓦斯灯費
○議長曰 瓦斯灯費ハ如何
○四十五番佐藤正興十九番鳥山貞利並曰 原案ヲ賛成ス
○三十三番安田善次郎曰 此一項ハ削リタシ、原案ヲ可トスル者ハ、昨年ハ点火シ俄ニ今年ニ至リ暗クスルハ不都合ナレバ不得止トノ意ナランガ、此瓦斯灯費ハ説明ニモアル如ク土木費ニ加ヘアリシヲ今年新ニ此ニ出サレタルモノナリ、蓋シ其精神ハ点火費ダケニ止ルモノニ非スシテ増築改造等ノ費用モ地方税ニ課セラルヽナラン、左スレバ此項ノアルガ為メニ地方税ハ瓦斯局ノ持主トモナラザルヲ得サルノ事情ニ立至ルヲ恐ルヽナリ、元来瓦斯局タルヤ奇妙ナル訳ニテ之ヲ建築シ其点火費ヲモ已ヲ得ス払ヒ居リ、所謂厄介モノナレバ今玆ニ更メ掲クルニ及バズ、点火費ノ如キ姑ク道路費中ニ加フベシ、若シ或ハ已ムナクンバ点火セザルモ可ナリ
○二十番長沼真茂留曰 三十三番ヲ賛成ス
○四十五番佐藤正興曰 郡区ノ経済ヲ分ケタル以上ハ十五区ニテ支弁スベキモノナリ、而シテ瓦斯局ノ持主ハ共有金ナレバ即チ十五区ノ人民ニ掛ルナリ、原案ヲ可トス
○議長曰 他ニ説ナクハ決ヲ取ルベシ、三十三番ノ削除説ニ同意ハ起立
  起立九人
 少数ニ付消滅
  原案ニ決ス


東京府布達全書 明治十三年(DK120055k-0006)
第12巻 p.447 ページ画像

東京府布達全書  明治十三年     (東京府文庫所蔵)
○甲第百号 伊豆七島ヲ除ク 九月十六日
本年第二十七号公布第二条ニ仍リ、本府地方税費目ヘ瓦斯灯費・火災予防費ノ二項相加ヘ候条、此旨布達候事
  ○太政官布告 明治十三年 第二十七号(五月二十七日)
   第二条 東京府ハ府会ノ決議ニヨリ水道費瓦斯灯費及ヒ火災予防費ヲ以テ地方税費目中ニ加フルコトヲ得


東京府布達全書 明治十四年(DK120055k-0007)
第12巻 p.447-448 ページ画像

東京府布達全書  明治十四年     (東京府文庫所蔵)
○甲第百六号 郡部並伊豆七島小笠原島ヲ除ク 七月廿八日
客歳甲第百号ヲ以布達シタル瓦斯灯費・火災予防費ノ二項ハ、本年第
 - 第12巻 p.448 -ページ画像 
八号公布第七条ニ仍リ更ニ区部地方税費目ヘ相加候条、此旨布達候事
  ○太政官布告 明治十四年 第八号(二月十四日)
   第七条 区部ニ於テ地方税費目外特別ニ要スル費項アルトキハ区部会ノ決議ヲ経テ府知事県令ヨリ内務大蔵両卿ニ具状シ政府ノ裁可ヲ得テ地方税費目ニ加フルコトヲ得