デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

3章 商工業
25節 取引所
1款 東京株式取引所
■綱文

第13巻 p.619-624(DK130063k) ページ画像

明治22年5月3日(1889年)

是日栄一他東京取引所創立委員数名、創立仮事務所ニ会シ、委員小川為次郎ノ海外取引所視察旅行費ソノ他ノ件ニツキ協議ス。


■資料

中外商業新報 第二一三〇号〔明治二二年五月四日〕 ○ブールス創立委員の協議(DK130063k-0001)
第13巻 p.619 ページ画像

中外商業新報 第二一三〇号〔明治二二年五月四日〕
    ○ブールス創立委員の協議
同創立委員中の渋沢栄一・谷元道之・中村道太・大倉喜八郎・小川為次郎の五氏には昨一日午後三時より阪本町銀行集会所に集会し、ブールス創立に付き右取調のため南商務局次長と共に欧洲へ出発する委員に対し旅費支出の方法、及び其他の事に付て相談会を開きたる由なるか、右創立委員中旅行等にて欠席多かりしかば未だ全く協議は調はさるよしなり、又同委員は元来十五名なりしが其中河野敏鎌氏は官に就き、早川勇氏は事故ありて辞退せしにより十三名とはなりたれども、尚此頃に至り三四名除名を申込みたりといへり


東京日日新聞 第五二五二号〔明治二二年五月四日〕 ○小川為次郎氏(DK130063k-0002)
第13巻 p.619 ページ画像

東京日日新聞 第五二五二号〔明治二二年五月四日〕
○小川為次郎氏 海外相場会所実況視察の為め東京取引所創立委員中より洋行せしむる小川為次郎氏が旅費其他詳細の手続を決定する為に渋沢栄一・中村道太・谷元道之・大倉喜八郎の諸氏ハ右小川氏と共に昨日午後三時より坂本町銀行集会所に相会し、諸事の協議に及びたる末其費用ハ創立委員九名にて負担する事に粗ぼ決したれバ同氏ハ右の決議に従ひ本月下旬頃にハ海外旅行の途に上ると云ふ


東京日日新聞 第五二六九号〔明治二二年五月二四日〕 ○取引所員出発(DK130063k-0003)
第13巻 p.619-620 ページ画像

東京日日新聞 第五二六九号〔明治二二年五月二四日〕
 - 第13巻 p.620 -ページ画像 
○取引所員出発 南商務局次長及び小川為次郎氏等欧米取引所視察委員の一行ハ来る廿八日に出帆の筈なりしか用意の都合に依り来月六日に延期せられたりと云ふ、又過般紐育副領事に任ぜられたる鬼頭農商参事官ハ同日出帆の筈なりと云へり


株主関渉書類 明治二二年(DK130063k-0004)
第13巻 p.620 ページ画像

株主関渉書類 明治二二年 (東京株式取引所所蔵)
明治廿二年五月六日
(用紙上等半切)         (印)
拝啓愈御清適奉賀候陳ハ商務局長ヨリ別紙之通リ御達有之候ニ付御心得迄ニ御廻シ申上候、右ハ過般農商務大臣及ヒ商務局長同次長地方ヲ巡回其状況ヲ察セラレ今回御達示相成候事ニ可有之歟ト存候、尤該件ニ付御意見御座候ハヽ御示シ被下度、余者拝晤ニ譲リ候 敬具
                    頭取
  五月六日                谷元道之
    渡辺治右衛門様 各通ニテ出ス
    平沼専蔵様
    山中隣之助様
    今村清之助様
    岡本善七様


株主関渉書類 明治二二年(DK130063k-0005)
第13巻 p.620 ページ画像

株主関渉書類 明治二二年 (東京株式取引所所蔵)
曩ニ其取引所ノ上願ヲ容レ、来ル明治廿四年六月迄営業ヲ延期セラレタリ、然ルニ方今各地方ニ於テ説ヲ作スモノアリ、右期限ニ至ラハ更ニ又延期セラルヘシト、於玆乎株主ノ中或ハ其説ニ迷ヒ往々之ニ嫌疑ヲ懐キ猶前途非望ノ空想ヲ持スルモノアリト聞ク、然ルニ曩ニ既ニ延期ヲ与ヘラレタルモノハ畢竟其期限内ニ於テ株主等ノ損害ヲ済了セシメントノ旨趣ニ在テ実ニ非常ノ特典ニ出ルモノナリ、素ヨリ該期限ニ至レハ明治廿年勅令第十一号ノ附則ニ依リ株式取引所条例ハ自然消滅ニ属ス、因テ将来更ニ再ヒ延期セラルヽ等ノコトアルコトナシ、乃其期限尽クレハ断然取引所ニ就テ其取引所ノ業務ヲ経営セシムヘクニ付其旨相心得右等浮説ニ迷セサル様致スヘシ、農商務大臣ノ命ニ依リ此旨特ニ相達候也
  明治廿二年五月四日
            農商務省商務局長 斎藤修一郎
    東京株式取引所頭取 谷元道之殿


株主関渉書類 明治二二年(DK130063k-0006)
第13巻 p.620-621 ページ画像

株主関渉書類 明治二二年 (東京株式取引所所蔵)
 明治廿二年五月廿三日 立案(印)
   (道之)
  頭取(印)  支配人(印)   書記(印)
                  (印)
   商議掛(印)
   肝煎(印)
 欧米各国相場所ノ実況取調ノ為メ今般当所ヨリ右調査員二名派出ノ件株主一同ノ議決ヲ要セラレ、来ル六月一日ヲ以テ臨時総会御開設可相成ニ付株主方ヘ御通知文案左ニ取調相伺候也
(端書)
 - 第13巻 p.621 -ページ画像 
拝啓陳者来ル六月四日株主臨時総会相開キ左ノ事項ノ御決議ヲ要シ候間、御繰合同日午後第三時当取引所ヘ御来会被下度此段及御通知候也
 一欧米各国相場所実況取調ノ為メ当取引所ヨリ該調査委員二名派出ノ件
      以上        東京株式取引所頭取
  明治廿二年五月廿八日          谷元道之
   株主宛
 再伸当日御来会御差支ノ向ハ株主方ノ内ヘ代理御委任ノ上必ス其御委任状御差越シ相成度候也


株主関渉書類 明治二二年(DK130063k-0007)
第13巻 p.621 ページ画像

株主関渉書類  明治二二年       (東京株式取引所所蔵)
 明治廿二年六月十一日      立案(印)
  (谷元)
 頭取(印)   支配人(印)    書記(印)
   商議掛
   事務監査(印)
   肝煎
 当取引所ヨリ欧米各国相場所実況取調派出員之儀相談役及ヒ株主総代方ヘ御協議相成候処異議無之ニ付テハ左案各株主ヘ御通知相成可然乎
(端書)
拝啓当取引所ヨリ欧米各国取引所実況取調ノ為メ派出委員弐名撰定ノ儀本月四日株主臨時総会ニ於テ常任頭取ヘ御委任相成候ニ付、昨十一日肝煎及相談役株主総代ノ集会ヲ開キ夫々協議ノ末左ノ両氏ヲ撰挙候処各応議相成申候、依テ小野友次郎氏ニハ尚株主総会決議ノ旨趣ニ依リ株主総代ヲモ相托シ申候
                  肝煎 相良剛造
                  株主 小野友次郎
 右及御通知候也
                東京株式取引所頭取
  明治廿二年六月十二日          谷元道之
    株主宛


株主関渉書類 明治二二年(DK130063k-0008)
第13巻 p.621-622 ページ画像

株主関渉書類  明治二二年       (東京株式取引所所蔵)
 明治廿二年七月十二日      立案(印)
   (谷元)
 頭取(印)   支配人(印)    書記(印)
   商議掛(印)
   肝煎
 欧米各国ヘ派出委員御出発日限之義去ル九日横浜港御解纜可相成旨株主方ヘ御通知相成居候処、更ニ来ル十八日御出発之事ニ御決定ニ付左案ヲ以テ株主一同ヘ御通報相成可然哉
(用紙隔地ノ分壱銭羽書)
拝啓陳者欧米諸邦相場所実況取調トシテ当取引所ヨリ派出致候肝煎相良剛造株主総代小野友次郎ノ両名出発之儀去ル九日横浜港解纜之筈ニ候処、船室差支候ニ付来ル十八日同港解纜米国桑港ヘ渡航致候事ニ再
 - 第13巻 p.622 -ページ画像 
定致シ候、此段更ニ及御通知候也
                東京株式取引所頭取
  明治廿二年七月十三日          谷元道之
    株主宛


第二二回半季営業実際考課状 第二―三頁明治二二年自一月至六月(DK130063k-0009)
第13巻 p.622 ページ画像

第二二回半季営業実際考課状 第二―三頁明治二二年自一月至六月
       東京府下日本橋区兜町四番地 東京株式取引所
    ○株主集会決議ノ事
一六月四日株主総会ヲ開設シ、農商務大臣閣下ヨリ御訓諭ノ旨趣ニ由リ、欧米各国相場所ノ実況取調トシテ当取引所ヨリモ該調査委員二名ヲ彼地ヘ派出セシムヘキ事ヲ株主ノ衆議ニ付シ之ヲ可決ス、而シテ其派出員ハ頭取ニ於テ肝煎並ニ相談員株主総代ヘ協議ヲ遂ケ撰定スヘキコトノ委任ヲ受ケタルニ由リ、同月十一日ヲ以テ更ニ役員会ヲ開キ一同協議ノ末肝煎ノ内ヨリ相良剛造株主ノ内ヨリ小野友次郎ノ両名ヲ該派出委員ニ撰挙セリ、且小野友次郎ニハ該総会ニ於テ決議ノ旨趣ニ基キ尚ホ株主総代ヲモ嘱托シ各応諾シタルニ由リ其取調ニ関スル事項モ亦役員会ニ於テ之ヲ議定シ、該派出嘱任書二通ヲ製シ之ニ頭取肝煎並ニ相談員株主総代及該派出委員各署名調印シ、一通ハ之ヲ当取引所ニ納メ一通ハ派出委員ヘ交付シ株主一同ヘハ同十二日ヲ以テ派出委員ノ人名ヲ報告シ且農商務省ヘモ同十四日其旨ヲ上申セリ


第二二回半季営業実際考課状 第一五―一六頁明治二二年自一月至六月(DK130063k-0010)
第13巻 p.622 ページ画像

第二二回半季営業実際考課状 第一五―一六頁明治二二年自一月至六月
       東京府下日本橋区兜町四番地 東京株式取引所
    ○営業事務ノ事
一当取引所ヨリ欧米各国相場所実況取調トシテ派出セル肝煎相良剛造株主総代小野友次郎ノ両名ハ七月九日ヲ以テ横浜港ヲ解纜シ先ツ米国桑港ヘ向ケ渡航スヘキコトニ定メ、六月廿四日其旨ヲ農商務省ニ開申シ且株主一同ヘモ之ヲ報告セリ


第廿三回半季営業実際考課状 第二頁明治二二年自七月至一二月(DK130063k-0011)
第13巻 p.622 ページ画像

第廿三回半季営業実際考課状 第二頁明治二二年自七月至一二月
       東京府下日本橋区兜町四番地 東京株式取引所
    ○営業事務ノ事
一前回ニ於テ報告シタル欧米各国相場所実況取調トシテ当取引所ヨリノ派出員肝煎相良剛造・株主総代小野友次郎ノ両名ハ七月十八日米国桑港ヘ向ケ同日解纜ノペキン号ニ搭シ出発ス、而シテ農商務省ヘ開申及ヒ株主一同ヘハ其出発数日前ニ於テ之ヲ報告セリ



〔参考〕東京日日新聞 第五二五二号〔明治二二年五月四日〕 ○ブールス創立委員の減少(DK130063k-0012)
第13巻 p.622-623 ページ画像

東京日日新聞 第五二五二号〔明治二二年五月四日〕
○ブールス創立委員の減少 ブールス創立委員ハ其初め十五名なりしが昨年中河野敏鎌氏ハ官に就き、早川勇氏ハ事故ありて之を辞し、今回又三野村利助・川崎八右衛門・西村虎四郎・渋沢喜作の諸氏一同
 - 第13巻 p.623 -ページ画像 
に除名を申出たれバ、落留まる人々ハ僅に九名の少数に過ぎずとか、世人ハ此様を見て東京の同委員も又大坂に於けるが如く紛議にても生じたるならん抔想像する者あるが、右ハ決して去る次第にあらず、或ハ平日執務の繁忙なるに依て其事に尽力し兼ぬるもあり、或ハ其の設立の余りに遅延するを以て此をもどかしく思ふ向もあり、或ハ創立の何時とも覚束なきに事業に有利の金を投ずるハ無益なりと考へたる人もありて、扨こそ一旦設立と思い込たるにも拘らず斯く続々除名を申出づるなりと云ふ


〔参考〕東京日日新聞 第五二五二号〔明治二二年五月四日〕 ○伊藤幹一氏(DK130063k-0013)
第13巻 p.623 ページ画像

東京日日新聞 第五二五二号〔明治二二年五月四日〕
○伊藤幹一氏 東京株式取引所の委員たる資格を以てブールス取調委員の一行と共に欧米へ出発する筈なりし同氏ハ何か差支ある趣にて右出立を辞せられたり、仍て昨今株式取引所にてハ其後任たる可き人を彼是選挙中なるよし、又た一説にブールス取調ハ一人にて既に沢山なり、されバ取引所ハ夫が為に出張委員を見合せたるなるべし抔云へど、此ハ気配のみ見る兜町辺の口狡しき男の言なるべし


〔参考〕東京日日新聞 第五二五七号〔明治二二年五月一〇日〕 ○株式取引所の取調委員(DK130063k-0014)
第13巻 p.623 ページ画像

東京日日新聞 第五二五七号〔明治二二年五月一〇日〕
○株式取引所の取調委員 東京株式取引所よりハ伊藤幹一氏が欧米ブールス取調委員として出発する筈なりしも、同氏は事故ありて此程辞任せられしを以て同所にてハ其後任を彼此相談せしに、我邦取引所の状況を詳知するハ伊藤氏を除きて他に中野武営氏に優る人なしとて同氏に嘱托することに粗ぼ決定したりと聞く


〔参考〕東京日日新聞 第五二五七号〔明治二二年五月一〇日〕 ブールス取調委員(DK130063k-0015)
第13巻 p.623 ページ画像

東京日日新聞 第五二五七号〔明治二二年五月一〇日〕
○ブールス取調委員 欧米ブールス実況取調委員を出張せしむる事となりし以来大坂取引所にてハ其出張の可否に付種々の紛議を生じたれども、西村府知事南商務局次長の尽力に依りて協議員数名を選び此人々より出張委員を選定する事に決せり、爾後委員諸氏ハ出張に適当なる人を選びて嘱托したるが如何なる故か何れも之を辞したるを以て去らバ広瀬宰平氏の洋行するを幸ひ同件調査を此人に委托せバやと委員の評議に及バれぬ、去ながら斯くて止むべきにあらずとて大坂商法会議所の理事大沢太輔氏ハ去る五日上京して広瀬氏の随行者たる手島精一氏に委托せんと其談判中なるよし、但し手島氏にして猶之を辞する時ハ其筋よりの内命にて田中市兵衛・玉手弘通の二氏中何れか選定せらるべしとの説あり


〔参考〕東京日日新聞 第五二六〇号〔明治二二年五月一四日〕 ○ブールス取調委員出発の期定る(DK130063k-0016)
第13巻 p.623-624 ページ画像

東京日日新聞 第五二六〇号〔明治二二年五月一四日〕
○ブールス取調委員出発の期定る 大阪取引所委員の未定なるが為めに久しく遷延したりしブールス取調委員南商務局次長を始め中野・小川の諸氏一行ハ弥々本月廿八日を期し欧洲に向て出発するよし、又大坂取引所にてハ過日委員大沢大輔氏を上京せしめ、今度住友氏の用向を帯びて欧米諸国の商業を視察する広瀬・手島の両氏に嘱托したれど、両氏ハ固より住友氏の為めに洋行するものなれバ斯る事柄を我手
 - 第13巻 p.624 -ページ画像 
にて引受らるべきに非ずとて断然拒絶に及びたり、去れバ其後任ハ未だ誰れとも定らぬが多分ハ田中市兵衛氏ならんと云ふ、尤も今度ハ同氏の諾否に拘ハらず東京の委員ハ同日出発する都合なりと聞く