デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

4章 鉱業
1節 銅
1款 足尾鉱山組合
■綱文

第15巻 p.373-375(DK150041k) ページ画像

明治16年12月4日(1883年)

是日古河市兵衛・志賀直道ノ間ニ特約成立シ、栄
 - 第15巻 p.374 -ページ画像 
一ソノ約定書ニ承諾ノ記名調印ヲナス。


■資料

古河市兵衛翁伝 (五日会編) 第一五〇―一五二頁 大正一五年四月刊(DK150041k-0001)
第15巻 p.374 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

古河文書 第二十二巻(DK150041k-0002)
第15巻 p.374-375 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

〔参考〕(芝崎確次郎) 日記簿 明治一八年(DK150041k-0003)
第15巻 p.375 ページ画像

(芝崎確次郎) 日記簿  明治一八年 (芝崎猪根吉氏所蔵)
六月九日
例刻出頭、今日ハ御邸ニ御招客有之候、是ハ別懇之方々懇話会と申事御始メ相成、順席御宿被成候御事ニ御座候、午后三時御揃相成候○下略
十日○六月
例刻出頭、午後四時頼合帰宅御邸ニ御知己之方々打寄懇話会盛宴ニ御座候、九日附懇話会言々ハ間違ひニ御座候、九日ハ王子別荘へ阿仁・院内両鉱山古川市兵衛[古河市兵衛]殿今般引受いたし、右ニ付主人公と古川市兵衛[古河市兵衛]殿と両人より工部卿大輔少輔其外役員ヲ別荘江招待相成候、御奥ニテモ一同御越し、円朝其外芸人も罷出候