デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2021.9.1

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

1部 実業・経済

7章 経済団体及ビ民間諸会
1節 商業会議所
4款 商業会議所聯合会
■綱文

第22巻 p.897-900(DK220072k) ページ画像

明治35年12月12日(1902年)

是日臨時会第五日ノ会議ニ於テ、有志委員雨宮敬次郎ヨリ帝国議会ノ解散ヲ阻止シタキ旨ノ提案アリシガ、時既ニ本会閉会ノ間際ナリシカバ、本件ニ就キテハ他ノ方法ニヨリ善処スルニ決ス。栄一会長トシテ之ニ与ル。


■資料

渋沢栄一 日記 明治三五年(DK220072k-0001)
第22巻 p.897 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治三五年     (渋沢子爵家所蔵)
十二月十二日 晴
○上略 十一時商業会議所ニ抵リ、聯合会ニ出席シ、此日ヲ以テ議事結了ス ○下略


明治三十五年十二月開設 臨時商業会議所聯合会議事速記録 第二一一―二一二頁 刊(DK220072k-0002)
第22巻 p.897-898 ページ画像

明治三十五年十二月開設
臨時商業会議所聯合会議事速記録  第二一一―二一二頁 刊
明治三十五年十二月十二日午前十一時三十分開議
  出席委員     二十二名 ○氏名略
○上略
○有志十一番(東京、雨宮敬次郎君) 特別ニ皆サンニチヨツト御諮リヲ願ヒタイト思ヒマスガ、御賛成ガアリマスレバドウカ願ヒタイト思
 - 第22巻 p.898 -ページ画像 
ヒマスルコトハ、唯今ノ御決議ニナリマシタ此日清銀行速成ト云フコトモ唯案ニ書イタバカリデハ面白クナイ、一日モ早クヤツテ貰ウコトヲ私ハ希望シテ居リマス、其他ノ事柄モ一昨日カラ建議モイロイロ出マシタケレドモ、今日玆ニ世ノ中ノ大問題トシテ横タハツテ居リマスル海軍拡張・地租増徴ニ対シテハ政府ト大政党トノ間ダニ軋轢ヲ起シテ、此為ニハ已ニ新聞紙ノ報道スル所ニ依レバ解散ニモナラウカト云フヤウナコトマデ分ツテ居リマス、今日此処ニ寄リマシタ諸君ハ幸ヒ算盤ノ能ク御分リニナリマスル大博士トモ言フベキ諸君ガ御寄リニナツテ居リマスカラ、此議会ノ衝突ニ依テ万一解散ニデモナルヤウナコトガアリマシタ以上ハ、第一商工業者ガ困難ヲ致シマスルカラ、是非トモ此事ニ付テハ商工業者トシテ何レガ是カ非カ、商業会議所ノ意見ヲ此処ニ発表シタイト思ヒマス、此事ニ付テ御賛成下サイマスル訳ナラ、此処デ別ニ議事体デナク協議会ヲ開キタイト思ヒマス、御賛成ヲ願ヒタイト思ヒマスガ、如何デゴザイマスカ
   (「ヤリマセウ」或ハ「必要ガナイ」ト呼ブ者アリ)
○副会長(東京、馬越恭平君) 休憩シマシテ食事ノ上デ……
  午前十一時五十五分散会


明治三十五年十二月開設 臨時商業会議所聯合会議事速記録 第二一六―二一九頁 刊(DK220072k-0003)
第22巻 p.898-900 ページ画像

明治三十五年十二月開設
臨時商業会議所聯合会議事速記録  第二一六―二一九頁 刊
明治三十五年十二月十二日午後零時三十五分開議
  出席委員     二十二名 ○氏名略
○上略
○有志十一番(東京、雨宮敬次郎君) 一昨日デゴザイマスカ、諸君ニ御諮リシタイト云フコトヲ申上マシタガ、御協議ヲ願ツテモ此席ニ於テ協議ニ及バヌト云フ御決心ナラ已ヲ得マセヌガ、私ノ希望ト申シマスルモノハ諸君ニ追々申シ上マスガ、折角遠方カラ御出下サイマシテ商工業者ノ為メ直接利害ニ関係ヲ及ボスト云フコトヲ皆サンガ御議シニナリマシテ、今日マデニ議案モ総テ議了ニナリマシタガ、此事ヨリモモツト玆ニ急務ナコトガ商工業者ニ対シテ目ノ前ニ湧テ居ルト云フコトヲ度々申シマシタ、定メテ御聞キ五月蠅イコトデゴザイマセウガ海軍拡張・地租継続問題、大政党ト内閣トノ軋轢カラシテ已ニ此事ニ付テ解散ニモナラムカト云フコトヲ新聞デモ報道シ、諸君モ御心配デゴザイマセウ、此事ガ万《(一)》ニモ不幸ニシテ解散ノ運命ニ及ビマシタナラバ、一番損害ヲ蒙リ直接害ヲ蒙ムルモノハ商工業者デゴザイマス、為ニ勿論平和ノ儀ヲ祈ツテ居リマスカラ、政府ニ斯ウ云フ事ヲ申シマスルト、御味方党トカ何トカ云フ想像ヲ画ク者ガアルカハ存ジマセヌガ、第一困難致スモノハ国民デゴザイマス、又政党ト雖モ漸ク今年始メテ議員ニ選出サレタ人ハ僅カノ事ノ為ニ解散ト云フコトモ好ムマイト思ヒマス、又内閣モ其通リ誰一人トシテ今日ノ場合解散ヲ好ム者ハナイ、政党ト内閣ノ間ノ軋轢ノ為ニ大害ノ及ブ所ハ何事デアルカト云フト、解散ト云フコトガ起ル、又政府ガ代ルト云フコトハ今迄度々デゴザイマスカラ、此事柄ニ付テハ、今日迄ト云フモノハ、日本ノ商工業者ハ丸デ政治社会ハ川向フノ火事ノ如ク思ツテ居リマスガ、直接吾吾ノ頭ヘ関係スル政治ヲ執ル人ハ何人ガ執ルカト云フト、言フコトヲ
 - 第22巻 p.899 -ページ画像 
憚ルカ知レマセヌガ数字ニ鈍イ諸君デアル、直接ニ利害ヲ蒙ムルノハ吾々デアリマスカラ、此度ノ数字ノ間違ヒ或ハ海軍拡張ハ早イトカ遅イトカ、地租ノ継続ハ余リ過大ニ過ルトカ云フヤウナ事柄ト云フモノハ、唯今此処ヘ御会合ニナツタ諸君ノ脳裏ニ於テ御判別下サイマシタナラバ、速ニ御分リダラウト思ヒマス、ソレヲ無理ニ理窟ヲ枉ゲテイロイロスルノデアリマスカラ、ドウゾ日本ノ商工業者ト云フモノハ余リ此政治界ヲ無視セズニ、所謂栄螺ノ貝見タヤウナモノデ焼殺サレルノモ知ラズニ居ルト、空気ガ変ツテ、イツカ魚屋ノ店頭デ火鉢ヘ掛ケテ焼レルヤウナコトデ、今日ノヤウニ黙ツテ居ツテハ仕方ガナイト思ヒマスカラ決シテ政府ノ味方デモゴザイマセヌ、発起会議所ノ諸君ダケハ是非此処デ一ツ一週間デモ十日デモ御在京下サイマシテ、ドウゾ一ツ此御評議ヲ願ツテ、行クコトナラバ実業家ノ意見ハ斯ク斯クデアルト云フコトヲ世ノ中ニ知ラシメ、且ツ当路者ニ向ツテソレダケノコトヲ供提シテ見タイト考ヘマス、此事ニ就テハ已ニ午前モ協議ヲ願ヒマシタガ、尚唯今協議会ノ御開キヲ願ヒマシテ、協議ノ都合ニ依テハ臨時聯合会ノ決議ヲ以テ何トカ無事ニ円満ニ本年ノ十七議会ヲ終ルコトヲ希望致シマス、然シ評議ニ及バヌカラ宜シイト云フ皆サンノ思召シナラ宜シウゴザイマスガ、私ノ希望ダケヲ申シ述テ置マス
○三十三番(京都、田中源太郎君) 已ニ散会ヲ御告ゲニナツタ後尚有志十一番カラ熱心ナ御希望ヲ御述ニナリマシテ其事柄ハ午前ニモ御述ニナリマシタ事柄デゴザイマスケレドモ、此聯合会及ビ商工業者ハ必ズ有志十一番ノ如キ希望ヲ持テ居ラレルニ相違アリマセヌデゴザイマス、サテ此処デドウ云フ協議ヲシヤウ、又発起会議所ガ皆残ツテドウシヤウト云フコトハ到底望ムコトハ望ンデモ致シ方ノナイコトヽ考ヘマス、此聯合会ハ此儘先キニ会長ノ御述ベノ如ク散会致シマシテ、有志ノ御方ガ是等ノコトノ御斡旋ニナルノハ格別デゴザイマスガ、聯合会トシテハ此ノ如クデアルト云フマデハ行レマスガ、ソレ以上ドウシヤウト云フコトハ少シモ方法ノ取リ方ガナイト考ヘマス、十一番ハ有志ノ御方ガナサルノデハナイ、聯合会即チ各商工業者ハ此ノ如キ意見ヲ持テ居ルト云フコトヲ発表シタイ、其力ヲ以テドウカ斡旋シタイト云フ思召シデアラレルヤウニ存ジマスル、此事ハ如何トモ仕方ガナイコトデアラウト思ヒマス、ドウゾ聯合会ノ協議ト云フコトハ御ヤメニナルヤウニ致シタイノデゴザイマス、有志ノ御方ガ御相談ナサルナラ格別、聯合会ハ致シ方ガナイト思ヒマス
   (「同感、同感」ト呼ブ者アリ
○会長(東京、渋沢栄一君) 疑念スベキ点憂慮スベキ事柄ハ皆サン同様ノ意見デゴザイマスガ、已ニ此事ハ開会ノ翌日カ十一番ノ請求ニ依テ二・三ノ御方々ト御話シ合ヲ致シマシタケレドモ、私共ニモ善ヒ思案ハゴザイマセヌ、況ヤ聯合会議所若クハ商工業者ヲ代表シテト云フコトハ、此ノ如キ大事ニハ矢張商工業者ノ面目トシテ謀ラニヤ途ガナイコトデアラウト思ヒマス、旁々以テ唯今三十三番ノ御説ノヤウニ別段心配致ス方法ハ外ニアルデゴザイマセウ、御説ガゴザイマスナラ十分御尽シヲ願ヒタイト思ヒマス、今会ヲ閉ルニ際シテ居ル場合デアリマスカラ……
 - 第22巻 p.900 -ページ画像 
   ○第十七議会ハ海軍拡張・地租継続問題ガ因トナリ、十二月二十八日解散セラレタリ。此間ノ経緯ニ就イテハ「大日本憲政史」第五巻(第二七五頁以下)参照。