デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

2部 社会公共事業

2章 国際親善
3節 外賓接待
14款 其他ノ外国人接待
■綱文

第25巻 p.690-692(DK250102k) ページ画像

明治40年12月3日(1907年)

是日栄一、京浜銀行家有志ト共ニロシア前大蔵大臣シボフ等招待午餐会ヲ坂本町銀行倶楽部ニ開キ、出席シテ挨拶ヲ述ブ。


■資料

竜門雑誌 第二三五号・第五三―五四頁 明治四〇年一二月 ○シポフ氏招宴《(シボフ)》(DK250102k-0001)
第25巻 p.690-691 ページ画像

竜門雑誌  第二三五号・第五三―五四頁 明治四〇年一二月
○シポフ氏招宴《(シボフ)》 市内銀行者有志は過般渡来せる露国前大蔵大臣シポ
 - 第25巻 p.691 -ページ画像 
フ氏を始め一行中の露清銀行頭取プチロフ、シポフ氏秘書バッチヱフ外交官ボーゴヤーブレンスキー氏並に露国公使、財務官及通信員、本邦大蔵大臣等を招待し銀行倶楽部に午餐会を開きしが其席上に於て青淵先生は会衆を代表して一場の挨拶を為せり、其大要左の如し
    渋沢男爵挨拶
 露国前大蔵大臣シポフ君閣下及臨場の諸閣下諸君、我々東京銀行集会所の同業者は今般閣下並に貴一行の諸君が我国に来遊せらるゝを聞き、曾て閣下が貴国の財政経済に鞅掌せられて多大の効果を奏せられたるを欽慕し、我々も同趣味の業務に従事するを以て親しく其謦咳に接して高話を拝聴せんことを企図し今日此席に招請せしに、幸に我々の微志を諒納せられ御多忙の際にも拘らず賁臨せられたるは我々の歓喜する所なり、依て小生は会員を代表し聊か蕪言を述べて謝意を表せんとす
 露国と我邦との国交は頗る長日月の歴史を有することにて、小生の記憶によれば露国の使節の我邦に渡来せしは我が寛政四年(西暦一七九二)を最初とし其三回目嘉永六年七月(一八五三)は今より五十四年前にして、有名なる水師提督フーチヤチン氏が長崎に来航せられ爾後数回を重ね六回目安政五年六月(一八五八)に下田に来り更に品川に廻航して我邦と通商条約を締結せられたり、故に若し米国のコンモドールペリー氏の来航少しく遅延したらんには我日本の長夜の眠を醒覚せし先進国は蓋し露国に在りて存すと言ふべかりしなり、斯く永年の交誼あるに拘らず数年前両国の国交に間隙を生ぜしは我々常に社会の安寧を企望する銀行業者として殊に之を痛惜せしが、幸に平和回復して既往に優れる通商条約締結せられ而かも特別の協約成立するを見るに至れり、斯の如く両国間の民情昔時に倍して互に相親睦するは我々の確信して大に欽喜する所なり、況や露国と我邦とは其地域相接し敦賀と浦塩斯徳港との聯絡は僅に一日半を要するに止まり、更に進で貴国の帝都に到るも西比利亜鉄道のあるあれば十日余にして達するを得るに於ておや、然るに従来両国の貿易未だ発達の域に至らざるは想ふに両国民間に相互の真相の知悉する能はずして其間一溝渠を隔つの嫌あるに座せずんばあらず、故に我々は今般閣下及貴一行の我邦に来遊せられしを好機として相共に前陳の障碍を除却するに勉めて将来両国の貿易に新生面を開き以て大に両国民の公益を増進せんと欲す、吾々は今日の此会に於て満腔の熱誠を以て平生の所感を披瀝し併せて閣下及諸君の健康を祈る


東京日日新聞 第一一一一九号 明治四〇年一二月四日 ○露国前蔵相招待会(DK250102k-0002)
第25巻 p.691-692 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

〔参考〕(八十島親徳) 日録 明治四〇年(DK250102k-0003)
第25巻 p.692 ページ画像

(八十島親徳) 日録  明治四〇年    (八十島親義氏所蔵)
十二月三日 晴 非常ニ寒ク 山ノ手氷張ル 往来ノマキ水氷ル
朝出勤、日露戦争後ハ外国ノ名士来遊多ク殊ニ日仏・日露協約以来ハ是等ノ国人サヘモ来遊ノ都度、東京市ト実業有志者ト聯合シテ歓迎会ヲ開ク事頻々、其度毎ニ無冠ナレドモ渋沢男爵ハ自然ノ首長トシテ総代ヲ勉メラル、即歓迎辞朗読者又ハ食卓演説者ハ男爵ナリ、已ニ今日ノ如キ昼ハ露国前大蔵大臣シポク氏《(シボフ)》ノ歓迎宴(銀行集会所)、夜ハ加奈陀労働大臣レミユー氏ノ歓迎宴(華族会館)等、一日ニ二回アリ、今後日ナラズシテ清国ノ何トカ貝勒 ○貝子載振殿下・韓国ノ報聘大使及皇太子ノ歓迎等モヤラネハナラヌ事ナラン、中々イソガシキ事也
   ○レミユー歓迎会ニ関スル資料ハ本節第十一款(第五九二頁)ニ収ム。