デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.15

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

2部 社会公共事業

2章 国際親善
4節 諸外国災害救助
1款 清国飢饉救済
■綱文

第25巻 p.707-736(DK250113k) ページ画像

明治11年2月(1878年)

清国北中部ノ諸省不作連年ニ及ビ人民多ク饑餓ニ瀕ス。仍テ是月栄一、益田孝・岩崎弥太郎等ト首唱シテ金三万一千余円ヲ募集シ、米・麦六千二百余石・旧銅貨一百万枚・洋銀三千百五十弗ヲ購ヒテ之ヲ天津ニ送ル。


■資料

青淵先生六十年史 第二巻・第四一七―四三五頁 明治三三年二月刊(DK250113k-0001)
第25巻 p.707-714 ページ画像

青淵先生六十年史  第二巻・第四一七―四三五頁 明治三三年二月刊
    第五十四章 清国饑饉救済
明治十一年清国北部饑饉救済ノコトハ、単ニ慈善的ニ出ツルモノトシテ見ルモ素ヨリ一大美挙ナリ、況ンヤ東洋政略的ノ意味ヨリ考フルトキハ、日清両国ノ政治上並貿易上深遠ノ関係アリ、今ヨリ二十余年前ノ日本国勢ヨリ割出シタルモノトシテハ随分大胆ナリト評スヘシ、而シテ此ノ挙ニ就テ青淵先生ハ大ニ尽力セリ、今大沢正道氏ノ筆記ニ係ル䘏隣紀要ニヨリ顛末ヲ左ニ録ス
明治十一年二月先生(第一国立銀行頭取渋沢栄一)・三井物産会社長益田孝・三菱会社長岩崎弥太郎・広業商社主長笠野熊吉相議シ、清国北中部ノ飢民ヲ救恤スルノ挙ヲ倡ヘ、乃チ日報・郵便報知・朝野ノ三新聞ニ檄ヲ伝フ、其文ニ曰ク
 支那ノ北中部ナル陝西・山西・直隷・山東・甘蕭・河南・湖北ノ諸省ハ、連年登ラスシテ常ニ歉食ノ災ニ遇ヒ、特ニ去年ノ凶タル、陝西・山西ノ二省ヨリ直隷ノ南方ト河南ノ北方ニ跨リテ最モ不登ノ甚シキヲ以テ、其積蓄ノ米穀・家畜・蔬菜ノ類ハ已ニ昨冬ニ消尽シ、現下四省数千万ノ人民皆饑餓ノ大災ニ罹リ、食ヲ求メテ得サルカ為メニ、老弱ハ溝壑ニ転シ、壮者ハ散シテ四方ニ之キ、餓莩道路ニ相望ムニ至ル、是ヲ以テ清国政府ハ鋭意シテ救恤ヲ事トシ、遠ク南方ノ粟ヲ移シテ其急ニ周クシ、各省ノ紳士豪族モ亦財ヲ擲チ資ヲ醵メ以テ四省ノ餓死ヲ救援スルヲ懈ラスト雖モ、奈何セン疆域ノ広キ、窮民ノ多キ、未タ普ク其凍餓ヲ免カレシムルニ足ラス、故ニ饑饉ノ災厄ハ今日ニ於テ益々其惨状ヲ極メ、吾輩カ聞クニ忍ヒサルノ苦域ニ陥リタリ、其域ヲ殊ニシ、其言語ヲ異ニシ、其風俗人種ヲ同フセサルモ、均シク是レ坤輿ノ生民ナリ、彼ノ四省ノ民独餓死ノ窮厄ニ遭フヲ傍観シテ、恬トシテ之ヲ憫マサルハ之ヲ生民ノ道ト云フヘケンヤ、夫レ窮ヲ憫ミ厄ヲ救フハ、慈善ノ情ニ発シテ実ニ人生ノ徳行タリ、今ヤ隣邦ノ人民此ノ厄運ニ際スルヲ見ル、吾人宜シク捐助ノ義挙ヲ以テ、公ニシテハ善隣ノ誼ヲ表シ、私ニシテハ惻隠ノ心ヲ発スヘキノ時ナリ、是ヲ以テ吾輩ハ玆ニ若干ノ醵金ヲ集合シテ先ツ賑恤ノ資ニ供シ、併セテ世上ノ諸君ニ冀望スルニ、諸君能ク好生ノ徳ヲ明カニシテ救死ノ資ヲ捐助センコトヲ以テス、瑣々タル捐資ハ固
 - 第25巻 p.708 -ページ画像 
ヨリ四省幾千万ノ饑餓ヲ救フニ足ラスト雖モ、苟モ数円ヲ以テ一人ノ為メニ数百ノ命ヲ繋クニ足ラハ、則チ数千円ヲ以テ数千人ヲ援ルヲ得ヘシ、是即チ吾輩ノ志ナリ、冀クハ諸君自ラ其家産ノ豊厚ニ応シテ捐助セヨ、捐金ノ大モ之ヲ咎ム勿レ、捐金ノ小モ之ヲ慚ル勿レ吾輩ハ亦既ニ応分ノ捐助ヲ聊シタリ、諸君幸ニ之ヲ詳ニシ、左ノ開条ニ従テ施行スル所アレ
一外国人ハ概ネ其醵金ヲ伝教師ニ托シテ之ヲ救恤セシムト雖モ、吾捐助ハ之ニ傚フヲ止メ、別ニ之ヲ天津ナル日本領事館ニ送付シ、我官吏ノ周旋ニ依テ捐助ノ目途ヲ達スヘシ
一捐金ヲナサント欲スルノ諸君ハ、来ル月日ヨリ月日マテニ其捐助金ニ添ルニ目録名籍ヲ以テシ、之ヲ東京第一国立銀行ニ送致スヘシ、直ニ其領収書ヲ発付スヘシ、但諸君ヨリ捐助ノ案内アレハ、同行ハ其領収書ヲ作リ、特ニ使ヲ以テ諸君ノ邸宅ニ就キ、之ヲ請取ラシムルモ妨ケナシ
一捐助金ノ領収書ヲ第一国立銀行ヨリ発付スルハ、吾輩四名ヨリ之ヲ同行ニ委托スルカ故ナリ、然レトモ醵集送付ノ取扱ハ却テ吾輩其責ニ任シテ担当スヘシ
一捐助金ヲ集メテ纏リタル高ニ至ラハ速ニ之ヲ天津ニ送致シ、其次便ヲ以テ又其後ノ纏リタル高ヲ再送スヘシ、但其度毎ニ日報・報知・朝野ノ三新聞ヲ以テ其高ヲ諸君ニ報道スヘシ
一右金額天津ニ着シ、我官吏ノ周旋ニテ救恤ニ供スルノ事実ハ、其報告ヲ俟テ、一々之ヲ日報・報知・朝野ノ三新聞ヲ以テ諸君ニ報道スヘシ
此ノ際又、第一国立銀行・三井銀行等捐助金ヲ領収スルノ規則ヲ設ケ新聞ニ登載シテ曰ク、支那北部饑民賑恤発起諸君ヨリ其醵金ヲ領収スルコトヲ当行等ニ委托セラルヽニ因リ、下条ニ拠テ領収スヘシ
一東京ニ於テ捐助セント欲スル者ハ、海運橋第一国立銀行・駿河町三井銀行ニ向テ其金円ヲ交付スヘシ、其時間ハ午前九時ヨリ午後六時ヲ限ル
一両行ノ支店アル地方ニ於テハ、適宜両行ノ本支店ニ郵寄スヘシ
一東京ニ於テ捐助スル者ハ、或ハ寄郵シテ其金額ヲ報セハ、速ニ人ヲ派シテ領収ス、諸領収単ニ本行ノ印章アルヲ認メテ捐金交付スルヲ請フ
一本行等捐金ヲ領収スル毎ニ先ツ略単ヲ出タシ、及ヒ発起人ニ報シ、発起人ヨリ更ニ正単ヲ出スヲ法トナス、若シ其略単ノ正単ト齟齬シ或ハ正単ヲ出サヽルアレハ、発起人ニ報知セラレンコトヲ請フ
檄ヲ伝フル数日ヲ出テスシテ全国ノ有志響応シ、頻ニ捐資ヲ告ケ、此ノ挙遂ニ九重ノ深キニ達シ大ニ義挙ヲ嘉賞シ、内帑数千金ヲ捐助セラレ、王公将相ヨリ諸官吏ニ至リ皆応分捐助シ、其金数万ヲ為スニ因リ米穀ヲ採買シ、救恤ノ事宜ヲ妥議シ、三月廿日再ヒ捐資諸位ニ告テ曰ク、清国飢民救恤ノ挙ヲ倡ル、自来同志陸続相起リ、捐助日ニ加リ、金額已ニ壱万五千余円ニ至ル、実ニ諸君好生慈善ノ然ラシムル所、幸ニ吾輩ノ志ヲ遂ケタリ、今ヤ天津港口結氷融解シ航路初メテ開ク、宜ク速ニ実地ニ着手スヘシ、因テ大略議定スル所左ノ如シ
 - 第25巻 p.709 -ページ画像 
一醵金ノ期三月三十日ヲ限ト為スモノ嘗テ報告スル所ナリ、今更ニ四月十五日ヲ以テ限トナシ、以テ局ヲ了セント欲ス
一醵金総額ノ内五・六分ヲ以テ米穀ヲ買ヒ、二・三分ヲ以テ小麦ヲ買ヒ、其余ヲ以テ粟ヲ買フ
一米穀ヲ採買スルハ其精粗ヲ論セス、唯々其多量ニ就キ採買スヘシ
一便宜ノ地方ヲ選ンテ西洋風帆船一隻ヲ雇ヒ、採買スル所ヲ装載シ、並ニ管保者一名ヲ搭シ天津ニ往行セシム
一賑恤ノ事宜ハ一切竹添進一郎ニ托シ、並ニ筆拠ヲ以テ其托スル条件ヲ注明シ、不日天津ニ向テ航行セシム
期ニ至リ捐金三万壱千余金ヲ得ル、乃チ妥議スル所ニ照ラシ、米穀ヲ採買シ、雇船送運ニ従事シ、一面ハ竹添進一郎ヲシテ清国ニ赴カシム四月上旬竹添進一郎東京ヲ発シ、先ツ上海ニ到リ、此ニ於テ北方ノ事情ヲ捜索シ、予メ賑恤ノ便宜ヲ画シ、我領事官ト商議スル所アリ、其二十九日上海ヲ発シ天津ニ航行ス、採買スル所ノ米穀ハ大阪ニ於テ三菱会社風帆船敦賀丸ニ装載シ、四月廿八日抜錨シ、五月八日天津ニ投錨シ、其米穀ヲ竹添進一郎ニ交付ス、後又古銅貨壱百万ヲ将テ名古屋丸ニ装載シ之ヲ上海ニ送リ、清国招商局輪船ニ転載シテ天津ニ送到セリ、則前後送ル所ノ米麦六千弐百五拾八石・旧銅貨壱百万枚・洋銀参千百五拾弗ヲ以テ之ヲ天津総督李鴻章ニ委シ、飢饑最甚キ者ヲ救恤センコトヲ要シ、乃チ李総督ノ考按ニ従ヒ、天津ニ屯集スル饑民ヲ救恤シ、天津八処ノ粥廠ニ於テ二十余日粥ヲ煮テ散放シ、大ニ我邦ノ義挙ヲ発輝セリ、今捐金人名・賑恤方法・捐金会計ヲ分別シテ其要ヲ誌ス
      賑恤方法
我有志膏血ノ資ヲ以テ彼饑民旦夕ノ命ヲ救ハント欲セハ、宜シク彼地ニ赴キ、実際ヲ審シ、然ル後便宜ニ就テ施行セサルヘカラス、我邦清国ト勢唇歯ヲ成シ往来漸ク繁ナリト雖モ、彼ノ山川ヲ跋渉シテ風土人俗ヲ諳悉スル者ニ至テハ殆ント稀ナリ、竹添進一郎ハ屡々彼土ニ遊ヒ能ク其情実ヲ悉クシ、其官民ノ間ニ在テ知己モ亦少ナカラス、今此ノ救恤事務ヲ委任スル者竹添進一郎ニ勝ルモノアルナキヲ以テ、乃チ一書ヲ与ヘテ其拠トナス、文ニ曰ク
 今般清国飢民救恤ノ為メ拙者共醵金ノ挙ヲ首倡シ、幸ニ同志陸続相起リ、日々捐助ノ数ヲ加ヘ、漸ク相応ノ金額ヲ成シ、且此ノ際天津近傍結氷既ニ融解シ、航行ノ便相開候趣ニ付、右金額ヲ以テ相当ノ穀類ヲ買調ヘ、救恤方ノ儀貴下ニ御委托致度候、就テハ此ノ穀類ハ当方ニ於テ風帆船一隻ヲ雇付、之ニ積載セ、其管保者一名ヲ天津ニ向ケ前往可致候間、貴下ニハ前以テ彼地ヘ御出張、予メ清国官吏ニ商議シ、彼ノ周旋保護ヲ受ケ、其凶歉最甚シキ地方ニ於テ米穀ヲ発給シ、而シテ其機ニ随ヒ其形勢ニ応シ粥ヲ煮、穀ヲ恵ム等、総テ貴下権宜ノ処分ニ任シ、要スルニ我国人ノ此ノ義挙アル所以ハ、唯々生民ノ道ヲ重ンシ、隣邦ノ饑餓ヲ傍看スルニ忍ヒサルノ至情ニ発スルヲ告ケ、而シテ彼政府ノ賑救ト混錯セサランコトヲ偏ニ懇望スル所ナリ、貴下深ク此ノ衷情ヲ領シ、以テ臨機ニ従ハンコトヲ欲ス、且捐資諸士ノ為メ実地救恤ノ景況ヲ報道セント欲ス、時々通信ヲ要ス云々
 - 第25巻 p.710 -ページ画像 
竹添氏此ノ委托ヲ領シ、四月 日ヲ以テ単身東京ヲ発シ、横浜ヨリ輪船ニ搭シ、其三十日清国上海ニ到リ、北方ノ事情ヲ捜索シ、一面ハ在上海我領事官ト施済ノ事宜ヲ商量シ、其日上海ヨリ招商局輪船ニ搭シ五月三日夜天津ニ到リ、先ツ凶区ノ事情ヲ聞クニ、北区凶荒ノ形状益益惨酷ヲ極メ、山西・河南等地方賑恤ニ惰ラスト雖モ、奈何セン運輸困難着手ノ方法ヲ得ス、今ヨリ数月ヲ経テ雨沢ヲ獲サレハ一千万余人民只餓死アルヲ待ツノミ、直隷ニ於テハ冀州・保定・河間府等荒灾殊ニ甚タシク、天津ニ於テモ現今三万六千人饑民漂集シ、凡ソ六箇所ニ粥廠ヲ設ケ之ヲ賑恤シ、日々其多キヲ加ヘ、喁々哺々ヲ待チ、命ヲ旦夕ニ聊スルハ実ニ酸鼻ニ堪ヘサルノ情状タリ、其翌日池田領事ト倶ニ天津道台丁寿昌ヲ訪ヒ、我賑恤ヲ告ク、丁氏ノ言ニ曰ク、山西地方盗賊群ヲ為シ、道路梗塞シ、且運輸ノ費ヲ算スレハ米穀原価ノ八九倍ニ上ルヲ以テ、地方ニ運搬スルハ徒ニ冗費ヲ多クスルノミナラス、恐クハ碍ナク到ルヲ得ス、目下天津数万ノ饑民ヲ救フハ如何ント、竹添意謂ラク、丁氏ノ所謂恰モ訪聞スル所ニ合フト雖モ、宜ク我米穀ノ到ルヲ俟チ、傍ラ尚捜問シテ以テ決行スヘシト、先是先生及益田等ハ四月十五日ヲ限リ募集スル所ノ捐助金三万円ヲ以テ、米三千石・小麦千百石、此ノ苞数一万零四百二十一俵、旧銅貨一百万枚ヲ採買シ、大阪ニ於テ三菱ノ輪船敦賀丸ヲ雇ヒ、米麦ヲ装載シ、並管保者一名ヲ附シ、四月二十八日大阪ヲ抜錨シ、五月八日天津ニ到達セリ、其前日竹添ハ直隷総督李鴻章ニ面謁ス、当時李氏ハ山西直隷ノ賑務ヲ担当シ、我カ賑䘏ヲ告ルヲ聞キ、感激ニ堪ヘス謝ヲ述ルモノ再三、已ニシテ我送ル所ノ米穀到津スルニ及ヒ、又小輪船二隻ヲ出タシテ運搬ノ用ニ充テ、並ニ委員ヲ特派シ、勉励看護シテ以テ偸漏ノ弊ヲ禦カシメ、周旋到ラサル所ナシ、竹添賑恤ノ利害ヲ審按シ、以為ク凶荒最甚タシキハ山西トナス、若シ該地ニ米穀ヲ運送セント欲セハ、縦令清国政府ノ保護ヲ求ムルト雖モ万行フヘカラス、遂ニ池田領事ト商議シ、丁道台ノ意見ニ従ヒ、天津近傍三万余ノ饑民ニ施スヘキニ定ム、而シテ若シ我手ヲ以テ従事セハ、運搬散給数十人ヲ要スルニ非レハ行フ能ハス、是カ為メ支那人ヲ雇フハ唯々其ノ効ナキノミナラス、却テ偸窃セラルヽノ憂アラントス、故ニ又李鴻章ニ委托シ、彼ノ手ヲ藉リテ施済シ、而シテ竹添ハ粥廠ヲ巡察シ、毎日糜スル所ノ米若干、給与スヘキ饑民口数若干ヲ精細査察スヘキ計ヲ為シ、一面ハ米穀ヲ上陸シテ清官ニ交付スヘキ順序ヲ為ス、然ルニ米穀装載ノ際散漏少ナカラス、並ニ苞皮ノ損スルモ多ク、直ニ清官ニ交付スルヲ得ス、因テ米嚢二千余箇ヲ清官ヨリ借リ、数十人ヲ雇ヒ、全穀ヲ正秤シ、毎一石ヲ一嚢ニ盛リ、廿一日ノ夕ニ至テ初テ畢ル、米穀既ニ減耗アリ、加ルニ上陸ノ後数日暑風ニ吹晒セラルヽヲ以テ、米ノ減スル者百二十九石九升、小麦ノ減スルモノ二十二石四斗九升五合四勺、其廿二日李鴻章・丁寿昌ニ書ヲ贈リ並ニ米穀ヲ交付シ賑恤ヲ委嘱ス
八処ノ粥廠、清四月我五月廿五日ヨリ一律発賑シ、清五月我六月二十三日ニ至テ畢ル、日数二十九日、煮粥穀数ハ丁道台数目ノ如ク、青斛大米四千五百四十八石・小麦一千七百一石・掃倉大米九石、共計六千二百五十八石トナス、大概毎日煮スル所ハ百九十石ヨリ二百三十石余
 - 第25巻 p.711 -ページ画像 
ニ至ル、等シカラス、其日数ヲ以テ之ヲ平均セハ一日約ソ二百二十一石五斗余トナス、而シテ飢民ノ数ハ日ニ増減アリ、或ハ六万余トナシ或ハ七万余トナス、夫役ノ数モ亦一日三百余名ヨリ四百余名ニ至ル、等シカラス
又旧銅貨ハ賑恤上一層便利ヲ与ヘ、彼ノ感情ヲ増スコト少ナカラス、因テ丁道台ニ商議ヲ経、八箇所ノ粥廠ニ分撥シテ塩蔵野菜ヲ買弁シ、細截シテ餓民一口ニ二截ヲ与ヘ、粥ニ添ヘテ食ニ充ツ、小麦ノ如キハ粉末トナサヽレハ食ニ充ツヘカラサルヲ以テ、売却シテ粟ニ換ヘ、黒米二分ニ粟一分ヲ和シ、以テ粥ヲ造リ散放セリ
又本地ヨリ追送スル所ノ洋銀弐千弗・小銀貨五百円ニ換ル所ノ洋銀四百五拾弗、及ヒ竹添進一郎携帯スル所ノ残余洋銀弐百五拾弗、共計弐千七百弗、之ヲ丁道台ニ送リ、李中堂ノ指揮ヲ仰カンコトヲ求メ、即チ李氏忝ク之ヲ領収シ、呉編修ヲ派シテ河間府ノ凶区ニ運搬シ、悉ク賑給ニ充テタリ、後上海ヨリ再ヒ五拾弗ヲ滙送セリ、前ニ五百弗ヲ以テ小銀貨ニ換ユヘキヲ以テ、今其補足ヲ送ル所ナリ、時ニ上海本願寺別院ヨリ池田領事ニ寄托シテ賑恤ニ充ツル散薬若干斤一大箱ニ容レ、別ニ包紙ヲ副ル者アリ、之ヲ分匙包貼スレハ尤施済ニ便ナルヲ以テ、乃チ数十人ヲ雇ヒ、分包シテ九千貼トナシ、道台衙門ニ交送セリ、其費用共計五弗、五拾弗ノ内ヨリ之ヲ支弁シ、其剰余四拾五弗ヲ将テ尚救恤ニ充ツヘキニ因リ、更ニ丁道台ニ交送セリ
輸送スル所ノ米穀黒米ハ其儘粥トナスヘク、小麦ハ一旦粉末トナサヽレハ食ニ充ツヘカラス、急劇ノ際其法ヲ得ス、因テ之ヲ粟ニ換ヘ、黒米二分ニ粟一分ヲ和シテ粥ニ作リ、給与ニ充テタリ
城隍廟ハ天津城西門内ニ在リ、我領事館ノ北ニ当ル、相距ル我一里、忠親王祠ハ又僧王祠ト云フ、天津城西門外ニ在リ、如意庵ハ忠親王祠ノ西ニ在リ、芥園ハ如意庵ノ西ニアリ、我領事館ヲ距ル一里半、西沽ハ天津城北ニ在リ、我領事館ヲ距ル二里、大土地廟ハ河東ニ在リ、我領事館ヲ距ル二里余、小聖廟ハ大土地廟ノ南ニ在リ、土城ハ我領事館ノ南ニ在リ、相距ル一里余
城隍廟粥廠大鍋二十箇ヲ設ク、毎鍋清量一石或ハ一石一斗ヲ容レ、之ニ十倍ノ水ヲ加ヘ、以テ粥ヲ作ル、廟中ニ房子二十間ヲ構シ、一間十四・五人ヲ棲マシム(一間ノ広サ七・八丈許)此ヲ住廠ノ飢民トス、又廟外ニ寄住シ照票ヲ帯ヒ来テ粥ヲ受クル者其数最多シ、之ニ給スルヲ名ケテ外放ト云フ、粥ヲ受ルノ飢口多クハ婦人・小児ナリ、男子ハ衰老ノ者ニ止ル別ニ二十人ノ婦人ヲ選ミ飢民ヲ董督セシム、飢民ノ粥ヲ受クルニ当リテ、此ノ二十人各々其部署ヲ定メ、次ヲ逐テ之ヲ進マシム、其退ク時亦此ノ如シ、故ニ雑沓擠践ノ憂ナシ、照票ノ制ハ票面ニ番号ヲ記シ、其下ニ貫籍姓名年齢ヲ詳記シ、以テ虚冒濫及ノ弊ヲ防ク、故ニ尋常ノ丐児ハ之ヲ請フコトヲ得ス、有産ノ人民凶荒ノ災ニ遇フテ流離スル者ニ限リ、粥廠ニ哀求スルトキハ之ヲ査明シテ初テ照票ヲ与フ、粥ヲ受クルノ法、先ツ廠署ニ至リテ其照票ヲ呈ス、官吏之ヲ簿冊ニ照ラシ番号・姓名等悉ク符合スル者ハ簿冊及ヒ照票ニ粥ヲ給スル月日ヲ点注シ均シク印ヲ捺シ、然ル後照票ヲ還付シ、之ニ一竹片ヲ与フ、飢民其照票ト竹片トヲ帯ヒテ粥廠ニ至リ、之ヲ委員ニ示メス、委員票ヲ査シ竹
 - 第25巻 p.712 -ページ画像 
片ヲ徼収シテ以テ粥ヲ与フ、其余七箇所粥廠賑給ノ方法皆同シ、唯々鍋ヲ置ク数飢口ノ多少ニ応シテ均シカラサルノミ
粥廠ノ長官ハ皆五品以上ヲ以テ之ニ任シ、而シテ西沽ト大土地廟ノ粥廠ハ、一品官之ヲ監督ス、一ハ鄭国魁ト云ヒ、一ハ丁汝昌ト云フ、皆提督タリ、此ノ人ノ言フ所ニヨレハ、倶ニ李総督ノ知音ニシテ、李氏ニ、此ノ回日本ノ賑䘏ハ実ニ情誼ノ親厚ニ出テタル者ナルヲ以テ、特別ニ注意シテ一粒タリトモ減粍ナキヲ要ス、仍テ其人ヲ撰ミ之ヲ任スヘシ、ト托セラルヽヲ受ケタリ、然ルニ武弁ハ一丁字ヲ知ラサル者多ク(此等ノ事ハ総テ武官ノ任ナルヲ以テ云)恐クハ其任ヲ堪ユル能ハス、故ニ余等自ラ之ヲ担当シ、此ニ来テ弁理スルモノナリト、又毎廠ノ委員各分テ此ノ事ニ任シ、若クハ消粍或ハ差誤アレハ、事ニ任スル者其責ヲ受ケサルヲ得ス、故各員皆注意シテ百事周密一モ間然スル所ナシ、竹添始メテ各粥廠ヲ巡視スルノ日ハ、委員ヨリ飢民ヲ集メ、一同拝跪シテ礼謝ヲ述ヘシメタリ
饑民ノ数、初メ竹添ノ天津ニ着港ノ時ハ在津饑民ノ総数三万余トナシ尋テ李総督ニ委託書ヲ呈スル時ハ四万余ト聞ク、忽チ日本賑救米運到ノ声聞ヲ流布シ、僅ニ一両日ヲ出テス飢民ノ数五万八千余人ニ至リ、六月初旬ニ及テハ六万三千余ニ上リ、我賑恤開弁ノ日ニ当テハ殆ント七万ノ多キニ上ラントシ、病人モ亦従テ多ク、其死スルモノ一廠ノ内一日十人ニ過クル事往々之アリ、竹添毎日或ハ隔日ニ各粥廠ヲ巡視スルニ、身体腫満動ク能ハサル者アリ、血ヲ吐テ苦痛スルモノアリ、小児天花痘ニ罹ル者アリ、下痢シテ肛門紅爛スルモノアリ、瘟疫ニ侵サレ気息奄々タルモノアリ、竹添ノ至ルヲ待テ跪拝叩頭、涕泣哀号シテ以テ治ヲ乞ヒ薬ヲ求ム、実ニ酸鼻ニ堪ヘス、又粥廠往来ノ途中往々餓莩ヲ見ル、襤褸ハ人ノ為メニ剥奪サレ、皆裸体ニシテ倒レタリ、抑モ賑救ハ良民ノ旱災ニ罹ル者ニ止マル、故ニ素性明白ナラサルモノハ粥ヲ受クルヲ許サス、然ラサレハ無頼ノ民相争テ哺ニ就ク事ヲ覓メ、千万石ノ米穀アリト雖モ以テ給スルコト能ハサルナリ、下民ノ無気力且ツ懶惰ナル言語ニ絶セリ、流民野ニ満チ、餓莩路ニ横タハル、豈独リ官吏ノ罪ナランヤ
我賑恤ノ為メ清国政府モ亦大ニ尽力シ、薪水ノ費ヨリ各廠一切ノ費ニ至ルマテ悉ク之ヲ支出シ、又新ニ巨鍋数口ヲ装置シ、人夫ヲ傭役スル等、其費大約七・八千円ノ巨額ニ出テタリ、而シテ飢民ハ深ク我賑恤ヲ感シ、若シ至ラサル処アラハ輙チ清官ヲ咎メ、以為ク日本ノ賑恤ハ極メテ周到ナリト
初メ米麦ヲ以テ賑恤スルニ当リ、運搬極メテ不便ニシテ監護偸漏ノ弊ナカラシムルハ大ニ煩労タリ、然ルニ清国官吏ニ交付スルニ及ヒ、米麦一万余苞ヲ山積シ、其形状大ニ見ルヘキ者アリ、若シ金円ヲ以テセハ運搬極メテ軽便ナリト雖モ、三万余金ノ如キハ敢テ影響スルニ足ラス、故ニ米穀運搬ノ煩労ハ幸ニ其効ヲ奏シタリト謂フヘシ
      捐金会計
捐助金会計ハ募集ノ初ヨリ毎数日新聞紙ニ登載シテ報告シ、救恤ノ着手ニ当リ出納略計ヲ報告シ、救恤竣了ニ至テ結算ヲ報告セリ、今其出納略計・結算及天津ノ出納ヲ以テ出納ノ大要ヲ明析シ、更ニ三表ヲ造
 - 第25巻 p.713 -ページ画像 
ル、第一表ハ捐助ノ目、第二表ハ出納計算、第三表ハ清国官吏ニ交付スル金穀ノ目ナリ
  第一表 捐助金穀数目
一金三万零五百八拾五円九拾銭
一洋銀百三拾四弗
一白米壱俵
一籾壱俵
 以上
  第二表 出納会計
一金三万〇五百八拾五円九拾銭    十一年七月廿三日報告捐助額
一金三円七銭壱厘          捐助白米一俵売却代
一金三円七拾五銭          同上籾一石二斗売却代
一洋銀百三拾四弗          上海天津ニ在留スル本邦諸士捐助
一洋銀三百七拾三弗七拾弐仙     敦賀丸噸税天津海関ノ准免ヲ得テ三菱会社ヨリ回収
一洋銀五弗             同船手数料天津日本領事館ヨリ回付
      金三万〇五百九拾弐円七拾弐銭壱厘
 入項共計
      洋銀五百拾弗七拾弐仙
一金壱万五千円           現米三千石買入代価
一金四千七百弐拾壱円六拾七銭九厘  小麦千百石買入代価
一金千円              旧銅貨一百万枚買入代価
一金洋銀三千百五拾弗        清宮丁道台ニ交付シ救恤ニ充ツ
一金六千弐百三拾四円六拾七銭八厘  運賃
 内
 六千円              敦賀丸雇上天津迄運賃
 弐百〇六円八拾三銭八厘      米麦積込入費及上乗手当賄料
 弐拾七円八拾四銭         旧銅貨一厘銭百万枚大阪ヨリ神戸迄鉄道、同所ヨリ上海迄船賃
一金百拾九円三拾八銭        報告料
 内
 三拾五円四拾五銭         日報社ヘ払
 四拾壱円〇壱銭          報知社ヘ払
 四拾弐円九拾弐銭         朝野社ヘ払
一洋銀四百八拾九弗         天津諸費
 内
 三百弐拾弐弗八拾六仙       米穀陸揚賃斗立及俵造賃運送費看護費
 百拾三弗拾四仙          電郵往復書籍筆紙墨保険料支那官員応接茶菓酒食人馬等費用
 五拾三弗             上乗ノ者帰邦船賃賄料
一金百七拾七円四拾八銭三厘     報告料追補及記事編纂印刷費
      金弐万七千弐百五拾三円弐拾弐銭
 出項共計
      洋銀三千六百三拾九弗
附言、入項金三千三百三拾九円五拾銭壱厘ヲ以テ洋銀三千百弐拾六弗弐拾八仙ニ兌換シ、以テ天津ノ支出ニ充ツ、故ニ本表入出両計金洋其額ヲ同フセス、今試ニ該金洋額ヲ以テ入出両共計ヨリ加減スルトキハ入出正ニ吻合ス
  第三表 救恤給与数目
 - 第25巻 p.714 -ページ画像 
一現米弐千八百七拾石九斗壱升
一小麦千七拾弐石弐斗六升
一旧銅貨壱百万枚
一洋銀三千百五拾弗
 以上
附言、現米ハ原三千石ヲ買ヒ、小麦ハ原千百石ヲ買フ、而シテ搭載卸下動用ノ為メ現米ノ減スルモノ百弐拾九石九升、小麦ノ減スルモノ弐拾弐石五升五合四勺、因テ記ス所ノ数トナル、再ヒ小麦ハ粉磨セサレハ食ニ充タス、頗ル不便ヲ以テ、遂ニ小麦ヲ売却シテ粟ニ代ヘ、現米ニ和シテ以テ粥ヲ作ルヲ得タリ


東京日日新聞 第一八六〇号 明治一一年二月一八日 支那ノ饑饉(DK250113k-0002)
第25巻 p.714-715 ページ画像

東京日日新聞  第一八六〇号 明治一一年二月一八日
    支那ノ饑饉
民有飢色野有餓莩トハ蓋シ支那ノ現状ヲコレ謂フ歟、支那ノ北部ナル陜西・山西・直隷・河南ノ諸省ガ不幸ニシテ凶歉ノ天災ニ罹リ、無数ノ生民ガ飢餓ノ困苦ニ迫リテ、或ハ溝壑ニ転ジ、或ハ道路ニ斃レ、言フニ忍ビザルノ苦界ニ陥リタル景況ハ、昨年以来屡々之ヲ我ガ新聞紙上ニ記載シタルヲ以テ、読者ハ必ズ其概略ヲ了知シタルベシ、然而今マタ横浜ノ横文新紙ニ掲ゲタル一月十二日北京発ノ通信ト上海ノ救恤委員ヨリ東京駐剳英公使パルケス君ニ寄セタル書牘トヲ読ムニ、清民ノ困苦ハ愈々急ニ、餓莩ノ員数ハ益々多ク、其惨状ハ日一日ヨリ甚シキモノアルヲ覚ウ、因テ先ヅ其通信ト書牘トヲ左ニ抄訳シテ、以テ読者ニ饑饉ノ現状ヲ明知セシメント欲ス
      北京ノ通信抄
 北部ノ饑饉ハ実ニ当今ノ一大難事ナリ、諸方ヨリ聞ク所ロニ拠レバ陜西・山西、河南ノ北部、直隷ノ南部ニ於テハ、生民ノ惨状寔ニ言フニ忍ビザルモノアリ、「ガゼツト」新聞ヲ見ルニ陜西ノ知事ハ、北京政府ニ饑饉ノ現況ヲ上陳シ、陜西ノ一省ニ於テ餓死スルモノ毎日凡ソ千人アリ、目下饑饉ニ迫ルモノ無慮五・六百万人ニテ、陜西人口ノ凡ソ十分ノ七ニ当ルト云ヘリ、之レヲ推シテ四省ノ餓民ヲ通計スレバ九百万乃至千万ニ達シ、前年印土ノ饑饉ヨリ多キコト五倍ナリ、其ノ惨状右ノ如クナルニ付キ、政府ヨリ告諭シテ餓民救恤ノ為メニ南部ヨリ北部ニ廻送シタル米高ハ既ニ六百担ニ達セリ、且ツ昨今ハ寒気殊ニ凛冽、夜分ニハ寒暖計大凡ソ三度、昼間ハ二十一度位ナル以テ、北部ノ人民ハ独リ餓テ死スルノミナラズ、凍テ死スルモノマタ頗ル多シ云々
      救恤委員ノ書牘抄
 当今ハ河水凍合シテ水路通信ノ便ナキヲ以テ、北部饑饉ノ報道ヲ得ルニ難ケレトモ、諸方ノ内外人ヨリ伝聞スル所ニ拠レバ、目下人民ノ困難ハ実ニ甚シク、其惨状如何ニモ捨置難キ有様ナルニ付キ、支那政府ハ申スニ及バズ、各地ノ支那人ハ種々救恤ノ方法ヲ設ケ、陸続ト金穀其他ノ物品ヲ北部ニ運送スル最中ナリ、然レトモ其救恤ハ未ダ四省ノ人民ヲシテ凍餓ノ難ヲ免レシムルニ足ラズ、現ニ飢餓ニ迫テ死スルモノ日ニ千人ニ下ラズ、此上救助ノ方法ナカリセバ、死
 - 第25巻 p.715 -ページ画像 
人ハ日一日ヨリ多ク、到底如何ナル惨状ニ立至ルモ計リ難シ、支那帝ノ特旨ヲ以テ焚出場ヲ所々ニ設ケ、目下飢餓ノ人民ヲ救恤スルノ方法アレトモ是レトテモ有限ノ焚出ヲ以テ無数ノ貧民ヲ救フニ足ラズ、生民ノ旦暮ニ餓死シテ骨ヲ道路ニ曝ラスモノ勝テ計フヘカラズ子ヲ売リ女ヲ鬻クモノ比々皆ナ是レナリ、甚シキニ至テハ人肉ヲ売買スルモノアリ、外国人中ニモ救恤ニ従事スルモノ少ナカラス、饑饉地方近辺ノ耶蘇教師等最モ之ヲ務メリ、救恤委員モ亦頗ル力ヲ救恤ノ方法ニ尽シテ、追々ニ金穀ヲ醵集シ、各国諸港ヘハ書状ヲ以テ英米両国ヘハ電報ヲ以テ醵金ノ義ヲ申シ送リタリ云々
支那ノ饑饉ノ現状ハ概ネ右ノ如シ、其不幸モ亦タ甚シト云フベシ、此ノ饑饉ニ関シ支那政府ハ申スニ及バズ、中外ノ人民ハ夫々救恤ノ方法ヲ設ケ、現ニ救恤委員ヲ置テ其事ヲ管理セシムルニ至レリ、蓋シ同類相ヒ恤ミ、艱難相ヒ救フハ人ノ良心ナリ、今ヤ中外ノ縉士ガ競テ救恤ノ事ニ従ヒ、其金穀ヲ分テ危急ノ窮民ヲ扶助スルハ、所謂ル其良心ヲ拡充スルモノニ非ズヤ
○下略


東京日日新聞 第一八六九号 明治一一年二月二八日 清国ノ饑饉(DK250113k-0003)
第25巻 p.715-716 ページ画像

東京日日新聞  第一八六九号 明治一一年二月二八日
    清国ノ饑饉
吾曹ガ前ニ開陳セシ如ク、清国北部ノ饑饉ハ日一日ヨリ甚シク、郵船ノ支那ヨリ来ル毎ニ、通信者ノ報道スル所モ新聞紙ノ登載スル所モ、皆コノ餓災ノ惨状ニ係ラザルハ無ク、陜西、山西、直隷ノ南方、河南ノ北方ニ跨リテ概ネ野ニ青草ナシト云ヒ、其尤モ甚シキハ陜西省ヲ以テ第一トシ、山西コレニ次グ、蓋シ此三个年間ノ打続キタル凶歉ノ為ニ、陜西・山西ノ二省ハ貯蓄セシ穀類モ尽ク消費シテ剰余ヲ残サズ、農ハ耕サント欲スレトモ種ナク、工ハ作ラント欲スレトモ傭ナキニ付苟モ食物ヲ買フノ銭ヲ蓄ヘザル者ハ、老弱ハ云フニ及ハズ、仮命ヒ勉強シテ倦マザルノ壮者ト雖トモ、四方ニ離散スルニ非ザル以上ハ、空シク座シテ餓死ヲ待ツノ外ニ手段アラザルナリト云ヘリ
北京公報ニ拠レバ、陜西ハ清国全洲ノ富ヲ三分シテ其二ヲ保ツト呼バレタル殷富ノ地方ナレバ、地方官ノ尽力ニテ募集セシ救恤銀モ六十万両《テール》ノ高ニ及ビタリト雖トモ、此ノ六十万両ヲ以テ糴買シタル米穀ヲ、全省ノ飢民ニ分頭スレバ僅ニ一人ニ付キ一升ノ米ヲ与フルニ過ギズ、斯ノ如キ大災ニ遭フモ中央政府ノ著キ救恤ヲ為サルガ如キハ、為ザルニ非ズ、誠ニ能ハザルナルベシ、而シテ陜西省府ノ米廩ハ既ニ散ジ尽シテ一粒ヲ余サズト云ヘリ、然レトモ中央政府ト雖トモ敢テ此ノ四省ニ跨リタル大災ヲ傍観スル、秦人ノ肥瘠ニ於ケルガ如キニアラズ、清廷ノ君臣ハ専ラ心ヲ救恤ニ労シ、其力ノ及ブタケハ保護セント望ミ、内帑ヲ発キ移粟ヲ謀リタレトモ、其資財ハ已ニ尽キ、其気力ハ已ニ衰ヘタルヲ以テ、実ニ之ヲ如何トモスル事能ハザルノ場合ニ陥リタルノミ、清廷ハ現ニ陜西・山西・山東・甘粛・直隷・河南・湖北・四川ノ八省ノ為ニ、或ハ租税ノ全額ヲ免シ、或ハ其幾分ヲ寛シタリ、而シテ其挙ノ未ダ以テ億万ノ人民ガ凶歉ニ苦シムヲ救フニ足ラザルハ、吾曹清国ノ為ニ悲弔セザルヲ得ズ
 - 第25巻 p.716 -ページ画像 
又カノ公報中ニ載セタル諸大臣ノ上奏ノ文意ヲシテ信ナラシメバ、陜西・山西ノ二省ノ大災ハ実ニ酷烈ヲ極メ、餓莩ハ市野ニ相望ミ、子女ヲ鬻キ柩肉ヲ食フノ窘厄ニ迫リタルヤ必定ナリ、是レ去秋ノ登ラザリシガ為ニ、今年ニ至リテハ復救恤《モハヤ》ニ供スベキ銭米ノ蕩尽スルニ因ルナルベシ、清廷ノ諸大臣ガ此禍源ヲ将テ専ラ喝什哈爾《カシユガル》ノ遠征ニ帰シ、夫ノ陜西・山西・甘粛・河南・湖北諸省ガ連年ノ凶歉ニ苦シムノ時ニ当リ、無益ノ遠征ニ従事シテ兵ヲ三千里外ニ出シ、糧食ノ供資ニ国帑ヲ空虚ニシ、国歩ノ艱難ナル、遂ニ今日ニ於テ此ノ大災ヲ救フヲ得ザラシメリト論ゼシモ、亦太ダ其理ナキニ非ザルガ如シ
ヘラルド記者モ亦コノ饑饉ヲ叙シ、仮令ヒ今ヨリ一両年ノ間ハ此災ノ為ニ変乱ヲ生スルノ患ナクトモ、支那ノ人民ハ必ラズ其国ヲ去リ、外国ニ向テ活路ヲ求ムルナラン、而シテ新ゴイネア・ボルネオ・アフリカ・アウストラリア諸州ニテハ、喜ビテ支那ノ農工等ガ来住スルニ衣食ノ道ヲ与ルベシト云ヒ、又日本ニテモ支那・印度ノ禍ヲ殷鑑トシ、早ク森林ノ規則ヲ厳行シテ禍源ヲ防止セザル可カラズ、日本ノ輸出品トテハ茶・糸ヲ外ニシテハ、糧食ノ糴買ニ換フベキモノナシ、若シ一歳登ラザレバ国ヲ残ナヒ、二歳登ラザレバ国ヲ滅ボスニ足ルベシト切論セリ、饑饉ノ原因ハ実ニ斧斤ノ時ヲ以テ山林ニ入ラザルニ出ルカ否ハ姑ク之ヲ置、ヘラルドノ忠告ハ吾曹寔ニ其ノ我国ノ為ニスルモノタルヲ知ルナリ
又ヘラルドニ載セタル一月卅一日マデノ北京・天津ノ音信ニ拠レバ、現下雨雪降ラザルニ付キ、衆人ミナ本年ノ夏時ニ至ラバ蝗災ハ更ニ非常ニ甚シカルベキヲ恐ル、又井水ハ渇テ深ク、平年ハ冬間ニ流水アルノ河源ハ尽ク涸レ、今秋ノ豊熟モ予期シ難カルベシト云ヘリ、若シ果シテ凶歉ヲ永ウスルノ不幸アラバ、支那ノ老弱ハ愈々溝壑ニ転シ、壮者ハ益々散テ四方ニ之《ユ》ク幾千人ナルヲ知ラザルベシ
斯ノ如ク隣邦ノ人民ガ餓死ニ切迫スルヲ傍観スルハ、吾人ノ性情ニ於テ忍ヒザル所ナリ、欧米諸州ノ外人ハ既ニ救恤募金ノ義挙ヲ支那ノ諸港ニ開キ、上海ヨリシテ横浜ニ及ボシ、又遠ク英米ニ募リ、横浜在留ノ支那人ノミニシテ一万四千弗余ヲ施入シタリト聞ケリ、日本人ニ限リ寧ロ之ヲ顧ミズシテ可ナランヤ、側ニ聴ク、我東京ニ於テ某銀行・会社ノ首長等ハ此饑饉ノ甚シキヲ詳知シ、別ニ救恤会ヲ開クノ見込アリテ、其著手ハ不日ニアルベシト、誠ニ仁之道ト云フベキナリ、吾曹ハ佇立シテ其日ヲ待チ、日本人ハ東洋ニ於テ尤モ仁慈ノ民タルノ栄名ニ背カザラン事ヲ冀望スベシ


東京日日新聞 第一八七〇号 明治一一年三月一日 【○支那北部の飢饉ハ、…】(DK250113k-0004)
第25巻 p.716 ページ画像

東京日日新聞  第一八七〇号 明治一一年三月一日
○支那北部の飢饉ハ、先日より再三わが紙上にも登載して、其惨状ハ世人も能く知る所なるが、今度第一国立銀行・三井物産会社・三菱会社・工商会社の発起にて、この窮民を賑恤せんと首として若干の金を捐てまた有志者の金を募る相談最中なりとぞ、四海ハ皆兄弟なり、この挙あるハ誠に感服すべき事にこそ


東京日日新聞 第一八七二号 明治一一年三月四日 【○支那の飢饉に付き同…】(DK250113k-0005)
第25巻 p.716-717 ページ画像

東京日日新聞  第一八七二号 明治一一年三月四日
 - 第25巻 p.717 -ページ画像 
○支那の飢饉に付き同国の窮民を救恤せんと、第一国立銀行にて専ら其相談中なることハ前号にも掲げしが、右の議ハいよいよ決定して即ハち第一国立銀行及び三井銀行が取扱人と成り、普く有志の醵金を募らるゝと、其趣意を述べたる公告文ハ載せて今日の広告欄内にあり、誠にこの挙こそ隣国人民の義務にして、捨て置くべき事ならねバ、有志者の響応して是を助くるもの極めて多かるべしと思ハる


東京日日新聞 第一八七三号 明治一一年三月五日 支那飢饉の救恤(DK250113k-0006)
第25巻 p.717-718 ページ画像

東京日日新聞  第一八七三号 明治一一年三月五日
    支那飢饉の救恤
 支那の飢饉に付き、其流民賑恤の為に普く天下有志者の醵金を募りたる公告文ハ載せて我昨日の紙上広告欄内に在り、四社が率先して是を勧奨するハ、実に隣国人民の義務を尽せるものと云ふべし、是特に一欄を設けて普く読者に報道する所以にして、有志者の捐助して、一日も早くこの義挙を完成せんことを希望するのみ
支那ノ北部諸省ハ往々歉食ノ災ニ遇ヒ、特ニ去年ノ凶歳タル、陜西・山西ノ二省ヨリ直隷ノ南方ト河南ノ北方ニ跨リテ最モ不登ノ甚シキヲ以テ、其積蓄ノ米穀・蔬菜ノ類ハ已ニ昨冬ニ消尽シ、現今ハ諸省数千万ノ人民ミナ食ヲ求メテ得ザルガ為メニ、餓莩道路ニ相望ムニ至ル、是ヲ以テ清国政府ハ鋭意シテ救恤ヲ事トシ、遠ク南部ノ粟ヲ移シテ其急ニ周クシ、各省ノ紳士豪族モ亦財ヲ擲チ資ヲ醵メ以テ其ノ餓死ヲ救援スルヲ懈タラズト雖トモ、奈何センヤ疆域ノ広キ、窮民ノ多キ、未ダ其凍餓ヲ免レシムルニ足ラズ、今日ニ於テ益々其惨状ヲ極メ、吾輩ガ聞クニ忍ヒサルノ苦域ニ陥タリ、其邦域ヲ異ニシ、其言語ヲ異ニシ其風俗ヲ同ウセザルモ、均シク是レ坤輿ノ生民ナリ、彼ノ諸省ノ民ニシテ独リ餓死ノ窮厄ニ遭フヲ傍観シ、恬トシテ之ヲ憫マザルハ之ヲ生民ノ道ト云フベケンヤ、夫レ窮ヲ憫ミ厄ヲ救フハ、慈善ノ情ニ発シテ実ニ人生ノ徳行タルハ識者ノ知ル所ニシテ、今ヤ隣邦ノ人民ノ此厄運ニ際スルヲ見、吾人亦宜シク今日救助ノ義挙ヲ以テ、公ニシテハ善隣ノ誼ヲ表シ、私ニシテハ惻隠ノ心ヲ発スベキノ時ナリ、是ヲ以テ我輩ハ玆ニ若干ノ醵金ヲ集合シテ先ツ賑恤ノ資ニ供シ、併テ世上ノ諸君ニ勧奨セント欲ス、蓋シ瑣々タル捐資ハ固ヨリ四省幾千万ノ飢餓ヲ救フニ足ラズト雖トモ、苟モ数円ヲ以テ一人ノ為メニ数日ノ命ヲ繋グニ足ラバ、則チ数千円ヲ以数千人ヲ援クルヲ得ヘシ、是即チ吾輩ノ志ナリ冀クハ諸君自ラ其家産ノ豊厚ニ応シテ捐助セヨ、捐金ノ大モ之ヲ吝ム事勿レ、捐金ノ小モ之ヲ慚ル事勿レ、吾輩ハ吝且ツ慚ル事ナク、既ニ応分ノ捐助ヲ為スニ決セリ、諸君幸ニ之ヲ詳カニシテ左ノ開条ニ従テ施行スル所アレ
一醵金預リ所ハ第一国立銀行及ビ三井銀行ノ両店ト定ム
一故ニ両行ノ支店アル地方ハ其ノ支店ヘ預クベシ、其ノ支店ナキ地方ハ、郵便為替等ヲ以テ直ニ両行本支店ノ内ヘ送ルベシ
一各本店ハ金額・人名ヲ日報・朝野・報知ノ三新聞ニ掲ゲ、出金ノ諸君ヘ領受ノ意ヲ表スベシ、故ニ両行支店ニ於テハ此醵金ヲ預ラバ、即日其員数及ビ人名ヲ本店ヘ郵報スベシ
一醵金ノ募集ハ来ル四月三十日ヲ以テ限トスベシ、故ニ遠方ノ諸君ハ
 - 第25巻 p.718 -ページ画像 
右期限ニ後レザルヤウ注意アランヲ乞フ
一募集金額ハ、可成丈ケ本邦ノ米穀ニ替ヘテ輸送スベシ
一輸送セシ米穀ヲ実地賑済スルノ手続、及ビ集募ノ金額仕払ノ計算等ハ、追テ前ノ三新聞ニ掲載シ詳細報告スベシ
            第一国立銀行頭取  渋沢栄一
            三井物産会社長   益田孝
            郵便汽船三菱会社長 岩崎弥太郎
            広業商会社長    笠野熊吉


新聞集成明治編年史 同史編纂会編 第三巻・第三六二頁 昭和一〇年四月刊(DK250113k-0007)
第25巻 p.718 ページ画像

新聞集成明治編年史 同史編纂会編  第三巻・第三六二頁 昭和一〇年四月刊
  日本朝野の同情をあつめたる
    支那北部諸省の大飢饉
〔三・五 ○明治一一年朝野〕支那救恤記事 ○今度第一国立銀行頭取渋沢栄一君始メ合議シ、現今支那ニ於テ飢饉ニ迫ル窮民ヲ救助セン為メ同志ヲ募ラルヽノ挙有リ、実ニ美事ナリ。因テ雑報内ニ当分一欄ヲ設ケ、其ノ顛末ヲ記セントス、今先ヅ其広告ヲ記シテ諸君ニ報道ス。
   ○広告文前掲ト同ジ、略ス。


東京日日新聞 第一八七四号 明治一一年三月六日 ヘラルド社説 三月二日(DK250113k-0008)
第25巻 p.718-719 ページ画像

東京日日新聞  第一八七四号 明治一一年三月六日
    ヘラルド社説 三月二日
此頃福州ヨリ到着シタル書牘中ニ、支那ノ北部及ビ南北部ノ諸省ガ、現ニ凶歉ノ災難ニ逢フテ殆ド困苦ノ極ニ達シタル実況ヲ報道シ、且ツ其困難ノ由テ来ル所ヲ討尋シテ詳カニ之ヲ説ケリ、而シテ閩江ノ流レニ沿ヘル山多キ地方ノ瘠薄ナルハ、恰モ日本南部ノ景況ト相ヒ似タル所アルヲ以テ、玆ニ数言ヲ採録シテ日本政府ノ注意ヲ惹カント欲ス
閩江ハ福建省ニ在リ、山多キ地方ヲ経テ流レテ海ニ入ル、此ノ山地ニハ今ヲ距ル事五十年前マデハ樹木鬱々蕃茂シ、質堅ク価貴キ材木頗ル多カリシガ、揚子江ノ沿岸ナル山林ノ材木漸ク減ズルニ従テ、追々ニ松杉ノ材木ヲ福州ヨリ伐リ出シ、殊ニ太平賊ノ叛乱ニ逢テ無数ノ都府郡邑・市井ヲ毀傷セシヨリ以来ハ、家屋再建ノ為メニ愈々多数ノ材木ヲ用ヒ、直隷・山東・河南ノ三省ニ於テハ最早家作ニ供スヘキ材木ヲ残サヾルニ至リ、閩ノ山林トテモ、有限ノ材木ヲ以テ無限ノ要求ニ応スル事能ハズ
元来福建省ニ於テハ山林最モ多ク、其山林ヨリ材木ヲ伐リ出シ筏トナシテ閩江ノ流レニ浮ベ、以テ福州ノ市場ニ送リ随分共ニ洪大ノ利益ヲ得タリシカトモ、三四年前ヨリ大木漸ク減シテ、残ルモノハ稚木小樹ノミ、於是ヤ北部ノ諸省ハ材木ノ乏シキニ苦ミ、山林ハ尽ク禿シテマタ伐ルベキ材木ヲ余サズ、材木商人ハ日一日ヨリ疲弊シ、材木ノ供給ハ月一月ヨリ欠乏ノ勢ナリ
閩江ハ随分共ニ有名ノ河流ナリシガ、近来江中ニ往々洲ヲ生シ、今ハ小形ノ川船トテモ自在ニ其流ヲ上下スル事能ハズ、河流ノ名称モ殆ド其実ニ副ハザルニ至レリ、且ツ近頃ハ年々洪水ノ患アリ、連日降雨ノ後ハ河水暴漲シテ沿岸ノ村邑田畑ヲ毀損シ、福州ノ如キハ二年前ニ洪水ノ為メニ其人家ヲ推シ流サレ、昨年ノ洪水ニハ是マデ数百年ノ間ダ
 - 第25巻 p.719 -ページ画像 
数十度ノ出水ニ逢フテ無難ナリシ堅固ナル石橋ヲ推シ落サレタリ、加之季候ハ常ニ順ナラズ、菓物ハ沢山ナラズ、福州ノ茶作モ亦タ年々衰微ニ傾キ、福建省ノ人民ハ日一日ヨリ困弊シテ、今ハ租税ヲ払フ事能ハザル程ノ有様ニ陥リ、其惨状ハ実ニ見ルニ忍ビザルモノアリ
此時ニ当リ、器械ヲ以テ閩江ヲ浚ント企ルモノアレトモ、恐クハ其実効ヲ現ス事能ハザルベシ、今ヤ雨水ヲ吸込ミテ洪水ノ害ヲ防グベキ樹木ハ尽ク伐リ払ハレ、山林ハ尽ク禿シテ降雨毎ニ其土ヲ洗ヒ流サレ、河流ハ漸ク埋リテ洲ヲ生ズル事多シ、故ニ閩江ニ出水アレバ溢レテ沿岸ノ家屋ヲ推シ倒シ、水ノ流ルヽ事一時間ニ凡ソ六英里《マイル》ナリ、而シテ洪水ノ後ニハ必ズ晴天打続キ水気ヲ含ムベキ樹木ノ乏シキガ為メニ、忽チ旱魃ノ災トナリ、啻ニ人民ヲシテ水旱ノ両損ヲ蒙ラシムルノミナラズ、実ニ其地味ヲ薄痩シテ畢竟国家ノ富ヲ損スルヲ免レザルナリ、此ノ時ニ当リテヤ此ノ患ヲ除カント欲セバ、先ヅ伐木ノ条例ヲ設ケ、一木ヲ伐ルモノヲシテ、必ズ三本ノ苗木ヲ植付ケシムベシ、若シ今器械ヲ以テ川ヲ浚ヘ、専ラ力ヲ川普請ニ尽ストモ、其根本ナル山林ノ樹木ヲ蕃茂セシムルニ非ザレバ則チ益ナシ、仮令ヒ益アルトモ誰カ器械ヲ以テ川ヲ浚ルノ巨費ヲ負担スルモノアランヤ
福建省ノ現況ハ既ニ斯ノ如シ、是レモ亦タ支那ノ窮困諸州ノ一ナリ、其饑饉ノ最モ甚キ北部諸省ノ惨状ト相違フ事甚ダ遠カラズ、而シテ北部諸省ノ困難ト福建省ノ困難トハ、実ニ其原因ヲ同ウスルモノナリ、日本政府ハ須ク深ク之ヲ鑑ミズンバアルベカラザルナリ


東京日日新聞 第一八七四号 明治一一年三月六日 支那救恤記事(DK250113k-0009)
第25巻 p.719-720 ページ画像

東京日日新聞  第一八七四号 明治一一年三月六日
    支那救恤記事
 此欄内に掲ぐる所ハ、単に救恤義会より報知する捐助人の姓名、或ハ外国人より支那の実況を報ずる書翰、或ハ此救恤に付き本社探訪人の聞得たる事項なり、読者これに就て救恤義挙の始末と、支那窮民の惨状を了するに足るべし
     ○千八百七十七年十二月八日山西省太原府発
ミルヘット上人座下に拝啓す、余は先月廿二日に此地に達したり、先づ最も凶歉の場を訪て書通を為す積りなりしが、今聞く処に拠れバ其地実に多くして、数月を費すに非れバ通覧すること能ハず、蓋し是を見ざるも飢饉たるや実事にして、諸方の困難ハ筆紙に尽し難き程なり最も甚しきものハ当省の南部とす、此地ハ五穀の登らざるハ三年或ハ四年目にして、加ふるに隣接の三省即ち陜西・河南・直隷も亦其自食に給するだけの穀を得ざるが為めに、食粮を遠方の省より取らざるを得ず、且当省中水運の利なくして、直隷より山西に至る官道三百八十五里の間ハ、荷車も通過し難き故に、一日に壱千担(一千担ハ我四百石)の米と雖ども騾及駱駝の脊を要せざるを得ず、而して我が此地に来りし時、都ての五穀の荷ハ山東の青州府より直隷を過て山西の太原府迄千五百里の距離を西に来れり、当時五穀の価ハ従来より稍下りしと雖ども、尚豊年の三倍にて平時の二倍余に居り、斯く累年高価なるが為めに人民ハ全く其儲蓄を尽したり、又一両の銀ハ太原府に於てハ銭一千二百三十文を得、平陽県に於てハ一千百文を得るに、綘州に於
 - 第25巻 p.720 -ページ画像 
ては纔に九百文を得、唯重量に於て聊か差あるのみ、是等の災難に斯の数因あるを合せ考へなバ、路傍に死民を見ると云ふも、足下之を聞て怪しまざる可し、啻に足下の客歳屡聞きし惨状の事を再びするのみならず、現に路傍より掃込みし豆・餅・綿種、及び路傍より掃き集めたる草種或ハ樹皮・枯葉の蓄へある家ハ幸福と云ふべき者にて、河底の粘土を食して其饑苦を防がんと試みたるものありと云、食尽きて孩児の煩悶地に倒るゝを見る妻、娘を売るを得て目前に斃死するを見ざるの人ハ亦幸福者とすと云ふ、居宅・材木・土地の如きハ其価何程低廉なるも、之を買ふもの一人だもなし、嗚呼寒風凜烈の時遠からず、飢寒山西の生民五六万に迫れり、此省の道台ハ自ら饑饉の救恤に力を尽せりと見えしが、余に語りて曰く、昨年の山東の飢饉の如きハ、之に比すれバ実に言ふに足らず、唯其一部分のみなれバなり、今此地実に全然の奇難にして、七十有余の州県に救助を要するとの公告ありし以来、請求の願書を出せるもの又十を加へたり、然らバ則此飢饉の区域ハ八十州県に及びたるなりと、一布告にハ斯る飢饉ハ実に二百年来未曾有のものなりと云ひ、道台の属官の余に語るにハ、此の如き大飢饉ハ古来未だ曾て此省にありしことを聞かずと(以下次号)


東京日日新聞 第一八七五号 明治一一年三月七日 支那救恤記事(昨日の続き)(DK250113k-0010)
第25巻 p.720-721 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

東京日日新聞 第一八七六号 明治一一年三月八日 支那救恤記事(昨日の続き)(DK250113k-0011)
第25巻 p.721-723 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

東京日日新聞 第一八七六号 明治一一年三月八日 ○清国饑民賑恤醵金姓名録(DK250113k-0012)
第25巻 p.723-724 ページ画像

東京日日新聞  第一八七六号 明治一一年三月八日
    ○清国饑民賑恤醵金姓名録
三月六日合計金五千八百二十円(三月七日分)
聖上
両皇后宮より宮内卿を以て金二千円
      ○記
 - 第25巻 p.724 -ページ画像 
  一金千円也
右者今般足下等清国饑民賑恤の義挙ありと聞、欽仰無已、依之同志申合乍些少前書金額加入致度候間、可然御取扱有之度候也
  明治十一年三月六日           三条実美
                      岩倉具視
                      大久保利通
                      大隈重信
                      大木喬任
                      寺島宗則
                      山県有朋
                      伊藤博文
                      黒田清隆
    渋沢栄一殿
    益田孝殿
    岩崎弥太郎殿
    笠野熊吉殿
 一金千五百円              郵便汽船三菱会社
 一金五円          池ノ端仲町 吉岡弘毅
 一金五円                遠山
                     湏藤菊女
 一金五円          東京府平民 
                     竹中里女
 一金五円          湯島梅園町 松崎晋二
 一金七円          福島県士族 増子永図
 一金十円         鹿児島県士族 種田誠一
 一金五十円         深川材木町 中村清蔵
                     竹中開示院
 一金三円                三上やす
                     吉川すゞ
 一金百円                朝野新聞社
 一金二百五十円             第五国立銀行
 一玄米二俵(但四斗入)   千葉県平民 平山二兵衛
  七日分合計金四千九百四十円 玄米二俵
総計金一万七百六十円 玄米二俵


東京日日新聞 第一八七七号 明治一一年三月九日 支那救恤記事(昨日の続き)(DK250113k-0013)
第25巻 p.724-725 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

新聞集成明治編年史 同史編纂会編 第三巻・第三六五頁 昭和一〇年四月(DK250113k-0014)
第25巻 p.725 ページ画像

新聞集成明治編年史 同史編纂会編  第三巻・第三六五頁 昭和一〇年四月
    支那飢饉救済に不平の声あり
 〔三・一一 ○明治一一年東京曙〕 支那国飢饉に付、渋沢栄一君は若干名の主唱にて金穀を募り、右の危急を救助せんと企てられしに、大臣参議諸公より金千円、勅任官は一人二十円、判任官は二十円給は一円、四十円給は二円、六十円給は三円宛の割合にて出金せんと極はまりたれども諸官省中内々苦情なきにしもあらず、其一説には吾邦財政の困難といひ、起すべき産業の未だふるはざるといひ、民庶は君の高き屋に登るを待つといひ、中々以て人の疝気を頭痛に病めぬとつぶやくよし、尤も至極に聞えたり。又此事を市中のものが聞付て、いや今度はいかなるおふれがまわるとも一銭も出せない、それとも国債でも払ふわけなら兎も角もといひはやすとのこと。虚か実かと民間雑誌に記載あるは、一昨日より社説に追々説く通り御同意に付、本日の雑誌に借用せり。


東京日日新聞 第一八七九号 明治一一年三月一二日 支那救恤記事(DK250113k-0015)
第25巻 p.725-726 ページ画像

東京日日新聞  第一八七九号 明治一一年三月一二日
    支那救恤記事
 二月七日上海の救恤委員より支那饑饉に就て東京駐在英公使に寄送せし書牘の訳
支那北部目今の饑饉に就き、謹んで書札を呈す、前年の饑饉に当りてや閣下その救恤の挙に周旋を賜へる頗る懇到にして、日本に於て有志者の之に尽力ありしこと甚だ厚かりき、然るに今又前時に幾倍し、実に惨状を極るの飢災あるを視るに至れり、是れ我輩をして其地内外人民の必ずや多少の助力を辞せざるべきを信ぜしむる所以なり、依て横浜のドクトル・ブヘウン氏も亦大に爰に志あるを以て、前便既に其周旋を同氏に依頼し置きたるに付き、日本の諸港及各地ともに適宜の方法を以て有志を募ることに尽力せらるべし、故に冀くハ閣下亦之を裨け、此大災救恤の義挙を鼓舞奨励せらるゝあらバ実に幸甚の至なり
当今ハ河水凍合して水路通信の便なきを以て、北部饑饉の報道を得るに難けれども、諸方の内外人より伝聞する所に拠れバ、目下人民の困難ハ実に甚しく、其惨状如何にも捨置き難き有様なるに付、支那政府ハ申すに及バず、各地の支那人ハ種々救恤の方法を設け、陸続と金穀其他の物品を北部に運送する最中なり、然れども其救恤ハ未だ四省の人民をして凍餓の難を免かれしむるに足らず、現に飢餓に迫て死するもの日に千人に下らず、此上救助の方法なかりせバ、死人ハ日一日より多く、到底如何なる惨状に立至るも計り難し、支那帝の特旨を以て焚出場を所々に設け目下飢餓の人民を救恤するの方法あれども、是れとても有限の焚出を以て無数の貧民を救ふに足らず、生民の旦暮に餓死して骨を道路に曝らすもの勝て計ふべからず、子を売り女を鬻ぐもの比々皆な是れなり、甚しきに至てハ人肉を売買するものあり、外国
 - 第25巻 p.726 -ページ画像 
人中にも救恤に従事するもの少なからず、饑饉地方近辺の耶蘇教師等最も之を務めり、救恤委員も亦頗る力を救恤の方法に尽して、追々に金穀を醵集し各国諸港へハ書状を以て、英米両国へハ電報を以て醵金の義を申し送りたり
饑饉の惨状に至てハ、載せて当地の新紙上に審かなり、依て今其の数葉を呈す、幸に一覧を賜へ、其の記する所に拠れバ直隷・山西・陝西河南の四省に最も甚しくして、近傍の地方亦皆多少其災の及バざるハなし、而して窮民の救恤を仰ぐもの其数九百万なりと云ふ、然れども其実数ハ尚之より多くなるべしと信ぜらる
仍て願くハ閣下此景況を憐察し、有志の諸君子に説くに此義挙を以てせられんことを、寄送物品の如きハ、その到着するに随て直に遭凶の地方に廻達すべし


朝野新聞 第一三六二号 明治一一年三月一五日 論説(DK250113k-0016)
第25巻 p.726-727 ページ画像

朝野新聞  第一三六二号 明治一一年三月一五日
    論説
 支那の饑饉ハ其ノ陜西・山西・直隷・河南千百万ノ人民ヲシテ飢餓ニ陥ラシメ、道路ニ僵死スルモノ日ニ千人ヲ以テ之ヲ数フルニ至リ、其ノ惨澹ノ景状ハ聞ク者ヲシテ為メニ酸鼻セシムルニ足レリ、是ニ於テカ支那ニ在留セル欧米人ノ慈仁ヲ以テ招牌トスル布教者ハ、金穀ヲ醵集シテ之ヲ救恤スル有ラント欲シ、而シテ我ガ邦ニ於テモ二三ノ有志者ガ自ラ資金ヲ投ジテ支那ノ救恤ヲ発起セシヨリ、上ハ台閣ノ君子ヨリ下ハ江湖ノ士農工商ニ至ルマデ其ノ志ヲ偉トシ、其ノ挙ヲ美トシ各自ガ身分ノ大小ニ応ジテ之ガ醵金ヲ為シ、以テ支那人民ガ愁雲惨雨ノ中ニ困頓スル者ノ万分一ヲ救恤セント欲ス、其ノ姓名金員ハ我ガ社毎日ノ雑報ニ掲グルガ如ク、未ダ十余日ヲ出デザルニ已ニ一万三千余ノ金額ヲ得ルニ至レリ、我ガ国人ノ財ヲ軽ンジ施ヲ好ミ、隣国ノ患難ヲ視ル自国ノ患難ノ如ク、為メニ悲哀ノ情思ヲ発動セシニ非ズンバ、何ゾ能ク此ノ如キヲ得ベケンヤ
世或ハ支那饑民ノ救恤ヲ以テ、経済ノ常経ニ背違スルト為シテ痛ク之ヲ排斥シ、又今日我邦ノ窮逼ナル凶荒ニ備フルノ資力スラ、未ダ瞻足セザレバ、隣国ヲ救済スルガ為メニ自ラ傷損スルハ策ノ得タルモノニ非ザルヲ主張スルニ至レリ、夫レ経済ノ条理ト内外ノ軽重ニ就キ之レヲ論ズレバ、支那ノ救恤ハ敢テ之ヲ至当ノ挙動ト謂フ可カラザルハ、少シク智見アル者ノ普ク知ル所ニシテ、仮令ヒ同文字同風俗ノ国土ナルニモセヨ、其ノ成績ノ一モ我ガ邦ニ利益スル所ナカラシムレバ、何ゾ痛癢ノ相関セザル、外国ノ饑民ノ為メニ自ラ国力ノ幾分ヲ傷損スルヲ須ヒンヤ、然ルニ吾輩ガ支那ノ饑饉ニ就テ有志者ノ醵金ヲ賛成シ、其ノ事ノ救恤ニ関スル者有レバ喜ンデ之ヲ日日ノ雑報欄内ニ掲載シ以テ世上ニ公布スル者ハ、抑モ亦其ノ目的ノアル有テ然ルナリ、是レ他無シ我ガ社去月廿二日ノ新聞紙上ニ於テ略ボ論述セシガ如ク、支那ノ我邦ニ於ケルヤ貿易上ノ大関係アリ、苟モ今回ノ機会ニ乗ジ飢民ノ救恤ニ従事シ、風声一タビ支那ニ伝播セバ、自ラ我ガ物品ヲ愛シ我ガ貨幣ヲ重ンズルノ心情ヲ発スルニ因リ、大ニ通商ノ便ヲ後日ニ開ク事無シトセザレバナリ、故ニ主トシテ醵金ニ従事ス可キモノハ、支那ノ貿
 - 第25巻 p.727 -ページ画像 
易ニ関係スル者或ハ特別ニ仁恤ノ志有ル者ニシテ足レリトス
然ルニ頃日吾輩ノ聞ク所ニ因ルニ、或ル官省ニ於テハ二三ノ発起者アリテ一般ノ官吏ヲ誘導シ、各自ガ月給ノ幾分ヲ捐テ支那ノ救助ニ供セシメント欲シ、既ニ之ヲ省中ニ告示シタル処、官吏中ニ異見ヲ懐キ往往苦情ヲ鳴ラス者ナキニ非ズト、其ノ風説ノ真偽ハ吾輩ノ未ダ探偵シ得ル能ハザル所ナリト雖トモ、果シテ此事アリトセバ、其ノ発起者ノ処置ヲ以テ、条理ニ適当セル者ト称スルヲ得ベキヤ、救恤ノ事タル隣保親属ニ於ケルト雖トモ固ヨリ各自ガ義務外ノ恩恵ニ出ルモノナレバ決シテ他人ヨリ之ヲ強誘ス可カラズ、支那ノ饑饉ノ如キ、其ノ支那ノ貿易ニ従事スル者或ハ自家ノ意中ヨリ出デヽ、之ガ救恤ヲ為ス者ニシテ足レリ、今日日本政府ノ衙門ニ出入スル官吏ノ月給ヲ醵集シテ之ヲ支那ニ投棄シ、知ラズ何等ノ利益ヲ我邦ニ占取スルヲ得ベキヤ、仮令ヒ支那ノ救恤ヲシテ幾分カ我ガ益タラシムルモ、発起者ノ誘説ヲ以テ他人ガ恩恵ノ処置ヲ督促スルガ如キハ、決シテ条理ノ宜キヲ得タル者ト謂フ可ラザル也
然レドモ人或ハ曰ハントス、辮髪人モ皆上帝ノ子ニシテ、我ガ邦人ノ同胞ナリ、其ノ災難ニ臨ミ仮令ヒ後日ニ利益ナキヲ知ルモ、安ンゾ之ヲ救恤セザルヲ得ンヤト、若シ然レバ地球ノ間ニ国スル幾億万ノ蒼生モ皆ナ同胞ナレバ、斉ク之ヲ救恤スベキノ義務アリ、印度饑レバ我邦ノ貨幣ヲ施シテ之ヲ救ヒ、安南飢レバ我国ノ米穀ヲ与ヘテ之ヲ恤ム可キカ、天下寧ロ其理有ラン、夫レ救恤ノ事人々ノ意ニ随フ可キノミ、焉ンゾ強迫シテ他人ヲ誘引ス可キモノナランヤ


近事評論 第一一七号 明治一一年三月一八日 支那饑民ノ敗恤ニ同意スル諸子ハ渋沢・益田二氏ノ本心ヲ知ルカ(DK250113k-0017)
第25巻 p.727-728 ページ画像

近事評論  第一一七号 明治一一年三月一八日
    支那饑民ノ敗恤ニ同意スル諸子ハ渋沢・益田二氏ノ本心ヲ知ルカ
支那ノ大饑饉ニ因リ餓死スル者日ニ多キヲ以テ、欧米諸国ノ伝道師等ハ争フテ金穀ヲ集メ之ヲ賑救セントスルノ美挙アリ、是ニ於テ我邦有名ノ商法家ナル渋沢・益田ノ二氏ガ発起人ト為リ其挙ニ傚ハント欲シ之ヲ世間ニ広告セラレタルニ、已ニ数十日ヲ経タルモ其挙ニ応ジテ出金ヲ為シタル員額ハ僅カニ一万円余ニ過ギズ、夫レ患難ヲ救フハ非常ノ美挙ニシテ、渋沢・益田ノ二氏ハ我邦ノ有名家ナリ、有名家ヲ以テ非常ノ美挙ヲ為セバ応ズルモノ雲ノ如ク、募金ハ数日ノ間ニシテ幾十百万円ノ多キニ上ル可キモノヽ如シ、然ルニ其ノ寥々タル今日ノ如キハ実ニ怪ムベキノ至リニシテ、我輩ノ尤モ了解ニ苦ム所ナリ、豈ニ我ガ国人ハ皆ナ患難相救フノ心情ナク、同盟国人ノ餓死ヲ傍観シテ、為メニ感覚スル所ナキ木石ト一般ナルモノカ、実ニ歎ズ可キノ至リナラズヤ
吾輩ハ頃日江湖ニ流布スル風説ヲ伝聞シ、始メテ世人ガ賑救ニ踟蹰スルノ原因アルヲ解得セリ、其ノ風説ニ拠レバ、渋・益二氏ハ支那救災ヲ発起スル際ニ於テ米七万石ヲ買入レ、陰カニ之ヲ奥州石ノ巻ニ蓄積セリ、故ニ支那ノ賑恤ハ全ク二氏ガ自ラ大利ヲ博取セントスルノ計略ニ出ヅルナリト、嗚呼此等ノ風説ヲシテ全ク其ノ虚妄ヲ保証スル者ア
 - 第25巻 p.728 -ページ画像 
ルニ非ザレバ、世ノ賑恤ニ志アル者ト雖モ、自ラ遅疑セザルヲ得ズ、吾輩モ一銭ヲ棄テヽ発起諸君ニ助力スル能ハザルナリ、然リト雖モ渋益二氏ハ今日ノ有名家ニシテ世人ノ深ク傾望スル所ナリ、安ゾ救恤ノ名ニ托シテ天下ノ耳目ヲ欺キ、自ラ私利ヲ営求スルガ如キ事アランヤ其ノ二氏ガ為ス所ヲ妨碍セントスル者ノ誹語ニ出ヅルヤ必セリ、然リト雖モ謗議ノ起ル自ラ其ノ源因ナキニ非ズ、夫レ商業ハ活機ナリ、二氏ノ如キハ常ニ能ク此ノ活機ヲ洞察シ、其ノ運用ヲ誤ラズ、世人ノ喋喋スル所ニ拠レバ渋沢氏ハ海内無二ノ金権ヲ有シ、公債証書ノ相場ヲ低昂スルガ如キハ、固ヨリ其ノ掌中ニ在リ、常ニ同族渋沢喜作君ト相謀リ、互ニ公債証書ヲ売買シ其ノ相場ヲ低昂セシメ、其ノ中間ニ於テ莫大ノ利益ヲ占取スルヲ慣手ノ法ト為スト、而シテ渋沢氏ハ勿論、益田氏モ亦タ夫ノ投機商法ナル空米相場ニ従事スト、吾輩固ヨリ此等ハ必ズ無根ノ風説ナルヲ信ズト雖モ、偶マ其ノ風説アルヲ以テ此ノ如キ菩薩再生ノ慈悲心ニ出ヅル方便法ト雖モ凡俗ノ疑惑ヲ惹クヲ免レザル乎、然リト雖モ二氏ノ実功ニ因リ、此等ノ浮説ヲシテ煙散霧消ニ帰セシメザル以上ハ、吾輩世間ノ善男善女ニ向フテ其ノ布施ヲ二氏ニ托スルヲ勧メントスルモ、決シテ之ニ随喜スル者無キヲ奈何センヤ噫


東京日日新聞 第一八八五号 明治一一年三月一九日 ○支那飢饉ノ救恤(DK250113k-0018)
第25巻 p.728-729 ページ画像

東京日日新聞  第一八八五号 明治一一年三月一九日
    ○支那飢饉ノ救恤
支那北部ノ諸省連年登ラズ、去秋ノ凶歉ヨリシテ飢饉ノ大災ト成リ、積粟已ニ尽テ樹葉草根之ニ代リ、遂ニ泥土ヲ食フニ迫リ、溝壑ニ転ジ道路ニ仆レ、其生命ヲ賑恤ニ繋クモノ実ニ九百万人ノ多キニ至ル、支那政府人民ハ鋭意シテ救助ノ方法ヲ懈ラズト雖トモ、餓莩ハ累々トシテ算ヲ道路ニ乱シ、飢者ハ争テ其死屍ヲ食ヒ、陝西・山西・直隷・河南ノ間ニ炊煙ノ揚ガルヲ見ザル殆ト数閲月、惨状ノ甚キ古ヨリ未ダ斯ノ如キヲ見ズト云ヘリ、是レ中外人ガ此饑災ヲ目撃シテ親ク報道シ、諸新聞ニ登載スル所ナリ、噫四省九百万ノ人民ハ、何ノ罪アリテカ独リ此劫数ニ遭ヒ、生ナガラ餓鬼道ノ苦患ヲ嘗ル乎、苟モ慈善ノ志アル人ハ、誰カ為ニ惻隠ノ心ヲ起サヾランヤ、於是乎吾曹ハ此飢災ノ憫ムベキヲ述ベ、我邦ノ慈善者ガ憤起シテ救恤義会ヲ結ビ、以テ人民互救ノ義ヲ尽サン事ヲ冀望シタリ、幸ニ渋沢・益田・岩崎・笠野ノ四君アリ、奮発シテ之ガ率先トナリ、義会ヲ東京ニ起シ各々其捐金ヲ集メ、以テ偏ク慈善者ガ多少ヲ論ゼズシテ救恤ノ仁ヲ倶ニセン事ヲ望ミタルニ付キ、吾曹ハ朝野・報知ノ二新聞ト共ニ太ダ其義挙ヲ喜ビ、之ニ仮スニ録事ノ紙面ヲ以テシタレバ、未ダ数日ナラザルニ義会ハ既ニ壱万五千円以上ノ募金ヲ得、不日ニ是ヲ米穀ニ換ヘテ支那ニ送致スルノ目的ナリト聴ク、斯クテコソ我邦ノ人民ハ、開明ノ名実ヲ全クスルヲ得ルガ故ニ、吾曹ハ必ラズ論者ノ皆之ヲ歓喜スベキヲ信ジタルニ、曙新聞・東海日報・民間雑誌・問答新聞・近事評論・団々珍聞ノ諸記者ハ却テ此義会ヲ非議シテ交々論説ヲ為ス一ニシテ足ラズ、吾曹ヲシテ甚ダ其心事ヲ痛惜セシムルニ至レリ、既ニ之ヲ痛惜ス、吾曹マタ奈何ゾ之ヲ嘿々ニ附シ去テ、夫ノ諸記者ガ嗤ヲ世上ニ招クヲ傍観スルニ忍ビンヤ
 - 第25巻 p.729 -ページ画像 
熟々夫ノ貴重ナル諸記者ガ救恤ヲ非認スルノ論説ヲ見ルニ、其攻撃ノ方向ハ各々異ナリト雖トモ、其趣旨ハ親近ノ日本貧民ヲ恤マズシテ、疎遠ノ支那窮民ヲ救フハ何故ゾヤト疑フニ外ナラザル由リ、種々ノ臆想ヲ喚起シ、或ハ曰ク此会ノ発起人タル四子ハ其営業ニ於テ支那ニ関係アルニ付キ、私恩ヲ支那人ニ売ランガ為ナリト、或ハ曰ク此義挙ヲ以テ慈善ノ名聞ヲ中外ニ買ハンガ為ナリト、喋々其心術ヲ推シテ其ノ徳義ヲ怪シムニ及ベリ、嗚呼夫ノ諸記者ガ怪シム可カラザルヲ怪シミテ、救恤ノ義会ハ人情ニ出ルノ慈善タルヲ反思セザルハ抑モ何ゾヤ、吾曹試ミニ諸記者ニ向ヒテ他人ノ飢餓ヲ救フハ人生ノ善行ナルカ如何ト問ハンニ、諸記者ハ何程ニ異論ヲ好ムトモ、ヨモヤ夫ハ悪行ナリトハ答ヘザルベシ、已ニ救恤ヲ善行ナリト云ハヾ、此救恤ノ率先ト成リテ同志者ヲ勧化スルハ即チ善行ナリ、胡為ゾ其心術ノ真偽如何ヲ問フヲ要センヤ、仮令ヒ其底意ハ私恩ヲ売リ名聞ヲ買ハンガ為ナリトモ、其人ダケノ事ニテ此挙ノ善行タルニハ一向ニ妨ナキ筈ナラズヤ。又我邦ノ貧民ヲ恤マズシテ支那ノ飢民ヲ救フハ遠近親疎ノ別ニ戻ルト云フトモ、夫ノ四子ガ我ガ貧民ハ未ダ彼ノ飢民ノ甚キガ如キニ迫ラズト思ヒタランニハ、其思想ノ当否ハ以テ此善行ヲ傷ルニ足ラズ。又我邦内地ノ恤貧ニハ夫々ノ発起人アレトモ、支那ノ飢饉救恤ニハ未ダ我邦ニ発起人ナキガ故ニ、我輩コレヲ率先シタルナリト云ヒタランニハ、親疎ノ後先ハ忽ニ攻撃ノ力ヲ失ハザルヲ得ザルベシ。良シヤ又此思想コノ分別ナキニセヨ、諸記者ガ夫ノ四子ノ先ニ我邦ノ恤貧ヲ発起セザルヲ挟デ、今日ノ義会ヲ非認スルハ、猶夫ノ四子ニ向ヒ卿等ハ昨非ノ故ヲ以テ今是モ亦非ナリト云フニ異ナラザルベシ、之ヲ論法ナリト云ハバ、今是ノ救恤モ善行トスルニ足ラズ、寧ロ昨非ノ不救ヲ遂ゲヨト云フニ比シカルベシ
夫レ救恤ハ社会ノ善行ニシテ、慈善ノ性情ニ発スルニ由リ、苟モ社会ノ耳目ニ任ズルノ諸記者ニシテ徳義ノ美ヲ好マバ、勉メテ之ヲ勧奨スルコソ其本懐ナルベキニ、啻ニ之ヲ勧奨セザルノミナラズ、却テ之ヲ攻撃シ、併テ発起人ノ心術ニ論及スルモノハ是レ豈ニ新聞ノ面目ナランヤ、現ニ昨暁ノ火災ニ罹リタリ窮民ヲ賑救スルノ善者アルヲ見ルモ諸記者ハ尚ホ之ヲ怪シミ、彼子ガ其東隣ノ貧者ヲ憐マズシテ神田ノ窮民ニ米穀ヲ施スハ非挙ナリト評スル乎。又楽善会・博愛社ノ設立ヲ見ルモ、諸記者ハ又尚コレヲ怪シミ、明者未ダ教ヘズ盲者ヲ訓ヘント企ルハ、善ヲ楽シムニ非ザルナリ。官兵ノ創痍未ダ愈ヘズ、官賊ヲ問ハズシテ治療ヲ施サント望ムハ博ク愛スルニ非ザルナリト論スル乎、夫ノ貴重ナル諸新聞記者ニシテ如是ノ論趣ナリト云ハヾ、嗚呼吾曹復何ヲカ言ハン


東京日日新聞 第一八八六号 明治一一年三月二〇日 支那救恤記事(DK250113k-0019)
第25巻 p.729-730 ページ画像

東京日日新聞  第一八八六号 明治一一年三月二〇日
    支那救恤記事
 左に掲ぐるハ上海在留の本社通信者より報道せるものにて、事同国の飢饉の実況に係るを以て、是をこの欄内に塡む
新聞紙の到達に依りて、我国にても支那飢民救恤の挙あるを知り、在留の御国人も一同に悦喜せり、外国人も此事を聞き、斯くてこそ日本
 - 第25巻 p.730 -ページ画像 
開明の実効を現ハせるものなりと賛歎して措かずと云ふ、数百里の蒼海を隔てゝ面たり其惨状を見ざれバ左までにハ思ふまじけれど、当地にて親しく河南の地方を跋渉して帰りたる人に逢ひて聞けバ、生等が如き一寒書生と雖も、嚢底を払ふて飢民に与へたき想を為せり、抑も河南近傍ハ光緒元年より連歳の大旱にて、二麦ハ素より秋禾の収獲も一切なく、就中その甚しき所ハ祥符・栄沢・獲嘉・済源・原武・孟県洛陽・孟津・鄭州・禹州・偃師・鞏県・新安・淇県・延津・封邱・陝州・霊宝・汲県・汝州・伊陽・武渉・湯陰・閿卿・林県・新郷・輝県等の二十七県にて、此地方ハ赤地千里地に生草なく、餓莩路を蔽へりと、殊に霊宝・孟津・辺ハ男女を売買し、房屋田産をも売らんとすれど買ふもの無く、人民ハ食を求むるが為に親子兄弟おのがまにまに四方へ散り、十室の邑も九つハ主なき荒屋と成れり、此極に至りても猶ほ住馴れし故郷を去りて他国に吟行ふを悲しみ、飢に苦しみながらも爰に止まるものハ、草の根を掘り木の皮を剥ぎ、僅かに旦夕の命ハ繋げど、是とても暫しの間に尽き果てゝ、終にハ餓死せしものゝ屍を我勝ちに集りて其肉を採り喰ふ程なれバ、死人ある時ハ其家内のもの人にも知らせず、窃に埋葬するものあり、斯くせざれバ飢民ハ手に手に庖丁を持ちて其家に闌入し、中中防ぐべき術なしと云ふ、去冬以来ハ最はや喰ふべきものハ全く絶え、霊宝・済源の如きは白骨新屍枕籍して山を成し、為に行路を塞ぐに至りしと、其他栄陽・澠池等の三十余県も右に同じき景況にて、予省の飢民を核すれバ、河以北にて大抵二百余万人、河以南にて一百余万人、外に山西の@安・沢州・遼州・蒲州、並に陝西の商州・同州等より集りたる飢民殆ど二百万に過ぐ、同省内にて賑恤に供せし官私の捐助金総計二十五万両にて、是を五百万人に分つときハ一人に付き銀五分の割りなり、此の如き僅少の数を以て青黄の相接するを待つ、策の施すべき無きも亦宜べならずや、右ハ予省のみに就て述ぶる所なれども、是に晋省全地の飢民を合算すれバ其数幾許ならんか、現に当港にて両省の飢民に施すべき捐銀一千六百九十両四銭五分ほど集りしと、又福州に居留せる外国人も即今頻りに救恤の策を商議せりと云ふ、猶詳しき事ハ次便に悉すべし


団々珍聞 第五四号 明治一一年三月三〇日 【渋沢氏始め支那の窮民…】(DK250113k-0020)
第25巻 p.730 ページ画像

団々珍聞  第五四号 明治一一年三月三〇日
○渋沢氏始め支那の窮民を救ふとて、イヤ最《も》う大した御善根から金を集められたが、漸やく今の処で一万五千円余よりほか集らす、此《これ》を九百万の窮民に分つと一人前が文久一つ余り、向後此倍集まると見ても三万円、此《これ》でも一人前が三十文、どうも此《これ》では何の足《たし》にもなるまいが先支那公使《まづ》に工風を相談しやうと聞あはせたれば、何如璋《かじよしやう》は其時例の鉦《どら》や鉦皷を打扣《たゝ》き大音にて「段々の救恤法。気は気ですう、三十なら宜三十《いゝ》なら宜《いゝ》と言ましたとの事だが、どうも嘘らしい、何程《なんぼ》チヤンチヤンだツて


団々珍聞 第五七号 明治一一年四月二〇日 【第五十四号の段々の救…】(DK250113k-0021)
第25巻 p.730-731 ページ画像

団々珍聞  第五七号 明治一一年四月二〇日
○第五十四号の段々の救恤法、気は気てすう三十なら宜の跡を附けましたと、仙集庵君から 日本西方見《みい》サイナ、一ぺんコツキリ遣たんだ
 - 第25巻 p.731 -ページ画像 
コツチモ「めんくがわるいのでヒツテンテン


東洋新報 第三二号 明治一一年三月三一日 【北清凶荒餓死者多日報…】(DK250113k-0022)
第25巻 p.731 ページ画像

東洋新報  第三二号 明治一一年三月三一日
北清凶荒餓死者多日報所録使人不忍再読、聞第一国立銀行三井党物産会社工商会社諸員相謀首捐若干金、又将募金於有志者以資救恤之用、不亦偉哉、余欲営孔庿前号既出告文、聞彼土如此而虞其不為急務真可慨也、某新報有言曰、北清歉食世人所知外客皆欲救之、如邦人亦有注意于此者、然其説大抵皆曰、邦人欲救海表人飢死不可輸些少銭須要巨額金也、是甚不可也、蓋衆人捐之雖些少銭亦必致多固有不可限量者、是以渋沢益田諸子主張此説募有志輩、使之報于四方不論多少募集銭銀也、明治初年我国嘗少飢、因清人輸入米穀頗得其力、今聞其凶荒殊甚安得不出力以救之乎、第一国立銀行物産会社及其他有志諸員告文曰、聞支那北部諸省歉食自去歳至今年、陜西山西二省与直隷之南河南之北最属不登米穀蔬菜之類既尽於去冬間、現今諸省数千万人求食不得道殣相望、清国政府鋭意救恤遠移南部之粟以周其急、各省紳士豪族亦擲財醵金孜々匪懈無如彊域之広窮民之多未足救其凍餓至今日益極惨状使人不忍耳聞、雖邦域不同言語風俗各異均是坤輿之民也、彼諸省之民独遭窮厄如此而恬不之顧豈得謂之生人之道乎、夫憫窮救厄者発乎慈善之情人生徳行莫大焉、今也隣邦人民際此厄運吾人亦宜出于救恤之義挙、公則表善隣之交誼私則発惻隠之心情也、玆欲合集若干醵金以供賑恤之資併勧奨世之有志諸君蓋瑣々捐資固知不足救四省幾千万之飢死、然若有数円金可以繋一人数日之命、則数千円金可援数千人是吾輩之志也、冀諸君各随其家産豊厚捐多少金、金多勿吝金少勿慚、吾輩之心欲随分捐之、無吝無漸而已、諸君幸諒之従左項施行焉、所謂左項者一曰凡醵金皆托之第一国立銀行及三井銀行両行、二曰凡地方有両行支舗之処則托之其支舗無支舗之処則郵送支舗、三曰各本行掲金額人名于日報朝野報知三新聞以表領受之意、両行支舗既受醵金則報其員数人名于本行、四曰募集醵金以四月三十日為限、五曰募集金額務要易諸本邦米穀輸送彼国、六曰実地賑済方法及募集金額使用計算等則待異日掲諸三新聞仔細報告右一節係柴崎民訳


東京日日新聞 第一八九八号・付録 明治一一年四月四日 救恤施行報告(DK250113k-0023)
第25巻 p.731-732 ページ画像

東京日日新聞  第一八九八号・付録 明治一一年四月四日
    救恤施行報告
清国飢民救恤醵金の挙あつてより、自来同志陸続相起り、捐助日に加ハり、已に其二万七千八百余円の額を成したる者ハ、実に諸君好生慈善の徳の然らしむる所にして、又発起の素志に負かざるを致たせり、此際恰も天津港口の結氷融解し、航行の便相開けたるに付、此に於て速に実地に着手するを要し、其順序の大略を立つること左の如し
一醵金之期ハ四月三十日を限り広告致し候処、更に緩急を計つて四月十五日に之を局了すべし
一右醵金額ハ之を米穀に換へ、其分量ハ米六七分・小麦二三分とし、
 - 第25巻 p.732 -ページ画像 
且大麦・粟等各少分づゝを買調ぶべし
一右買調る穀類は、可成大廉価の者を撰ぶべきを以てす、故に其品格の劣れるを嫌はずして、其量数の多からんことを要すべし
一此穀類は便宜の地方に於て西洋形風帆一隻を雇付け、之に積載せ且其管保者一名を着け天津に向て輸送すべし
一右穀類を清国に輸送して其救恤を施行するに於ては竹添進一郎なる者に委托し、先づ該地方に赴きて其発給のことを処弁せしむべし、而して其処弁要旨は別に委托状を以てすべし
右之通決定致候間、此段報告仕候也
                      渋沢栄一
                      益田孝
  明治十一年三月廿日
                      岩崎弥太郎
                      笠野熊吉
      委托之事
今般清国救の為め拙者共醵金の挙を首唱し、幸に同志陸続相起り、自ら捐助の数を加へ漸く相応の金額を成し、且此際天津近傍結氷既に融弁し航行の便相開け候趣に付、右金額を以て相当の穀類を買調ひ、其救恤恵給方の儀を貴下に御委托致し度、就ては此穀類は当方に於て風帆一隻を雇付、之に積載し管保者一名を着け天津に向けて航輸可致候間、貴下に在て其の時機を計り、前以て彼地へ出張せられ、予て清国官吏に商議を経て其周旋保護を受け、凶歉の最も甚だしき地方に於て此恵給を発き、而して実際の形情を斟量して粥を煮、穀を投ずる等、総て貴下察見権宜の御酌度に任せ、要する処は我人民の此義挙ある所以は只生民の交誼よりして隣邦の飢餒を見るに忍びざるの情に発するの旨意を昭然相存し、彼の政府の賑救と混錯せざらんことを偏に懇望致し候間、貴下深く此衷情を御存録被成、臨機適応の御処弁有之度候尤此賑救之事情は更に我が捐助の諸君に報道可致筈に付、其施済之要略時々御申報有之度候、此段御委托致し候也
                      笠野熊吉
                      岩崎弥太郎
  明治十一年三月廿日
                      益田孝
                      渋沢栄一
    竹添進一郎殿
追白御心得の為め此度一般に広告せし別紙救恤施行順序の写相添呈御一覧候也


団々珍聞 第五九号・第九四〇頁 明治一一年五月四日 支那救助(DK250113k-0024)
第25巻 p.732 ページ画像

団々珍聞  第五九号・第九四〇頁 明治一一年五月四日
    支那救助
旨《うま》さうに上《うハ》べの艶《つや》ハ見《み》ゆれども
      まだぬけきらぬ柿《かき》の渋《しぶ》さハ


団々珍聞 第六〇号・第九五九頁 明治一一年五月一一日 第五十六号の謎の心並に解人(DK250113k-0025)
第25巻 p.732-733 ページ画像

団々珍聞  第六〇号・第九五九頁 明治一一年五月一一日
    ○第五十六号の謎の心並に解人
○上略
 - 第25巻 p.733 -ページ画像 
(ほ)支那饑民《しなきみん》の賑恤《めぐみ》トカケテ日本宗社《につほんそうしや》のある県地心《けんち》ハ
      三重《みえ》(外見)はかり 志摩角団子


東京日日新聞 第一九三〇号 明治一一年五月一三日 支那救恤記事(DK250113k-0026)
第25巻 p.733 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

団々珍聞 第六二号・第九八九頁 明治一一年五月二五日 カンカンノー二首 信州飯野(DK250113k-0027)
第25巻 p.733 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

東京日日新聞 第一九四三号 明治一一年五月二八日 支那救恤記事(DK250113k-0028)
第25巻 p.733-734 ページ画像

東京日日新聞  第一九四三号 明治一一年五月二八日
    支那救恤記事
 頃日彼地の申報を閲するに「䘏鄰高誼」と題して我が捐助の義挙を感賞する者あり、向きに報道する竹添氏の信書に云ふ所あつて果して此の如し、諸君豈之を喜バざるへけんや、乃ち訳して一覧に供す文中頗る題目外に渉るものありと雖ども、謹て原字を存す、諸君之を諒せよ
日本大善士渋沢栄一・益田孝・岩崎弥太郎・笠野熊吉共に四君中国晋予の奇荒を聞き、坐視するに忍びず、特に書を発して募を勧め、計集
 - 第25巻 p.734 -ページ画像 
英洋三万元を得、尽く米穀を買ひ諸れを輪船に装し、将に本月内に於て天津に運往し、撥して災区に至り散賑せんとす、即ち前年華に来るの竹添漸卿に託し、此事を経理せしむ、漸卿ハ日本国の大儒たり、学に於て研究せざる靡し、著桟雲峡雨の一書有り、山陝川楚の地理形勢に於る考核精詳描摹逼肖す、詩ハ則幽を縋し険を鑿ち、戞々たる独造之を長吉集に入れ幾んど真を乱すべし、其人と為りハ則又恂々たる儒雅一も才を恃み物に傲るの状なし、洵に品学兼優の士なり、現に已に滬に来り、日ならず即ち析津に往き賑を弁せん、夫れ以みれバ重洋間隔独り財力を惜まず恵然肯て来る高義雲天に薄る、誠に多く譲るなし、伝に曰く災を救ひ隣を䘏む道なり道を行へバ福有り、其漸卿と四善士との謂乎


東京日日新聞 第一九四六号 明治一一年五月三一日 支那救恤記事(DK250113k-0029)
第25巻 p.734-735 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

新聞集成明治編年史 同史編纂会編 第三巻・第三九八頁 昭和一〇年四月刊(DK250113k-0030)
第25巻 p.735 ページ画像

新聞集成明治編年史 同史編纂会編  第三巻・第三九八頁 昭和一〇年四月刊
    支那飢饉に対する日本朝野の同情
 〔五・三一 ○明治一一年東京日日〕支那飢饉の救恤に付きては、渋沢・益田二君の首唱より、我国にても人々一時に興起して捐助するもの其数を知らず、既に三万円の巨額に登り、右の救恤施行として、竹添進一郎氏を委員となし、先ごろ支那へ渡航せし程なれば、支那人にて我国に在留する人々も先月の末に、
 金三百円欽使何如璋○金二百円副使張斯桂○金百六十円参賛領事余某○金百円黄遵憲○金百円范錫明○金百五十円陳文史其外随員中○金百円呉広沛○金百円潘任邦○金百円張宗良○金百円雇アメリカ人麦嘉諦○金六十円廖錫恩○金六十円陳文熒○金六十円沈笛雲○金六十円馮昭偉○金三十円任敬和○金三十円劉坤○金三十円張鴻淇○金三十円何定求○金三十円陳衍範。
 総計千八百円の金を醵し、是を横浜なる中華会館の董敬謹と云へるが取りまとめて本国へ送り、李伯相の手を経て奏聞し、山西の飢民へ施与したるよしを上海より報知せり。


団々珍聞 第六五号 明治一一年六月一五日 支那救恤 尾道勝谷(DK250113k-0031)
第25巻 p.735 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

東京日日新聞 第一九六六号 明治一一年六月二四日 【○此ごろ清国李鴻章氏…】(DK250113k-0032)
第25巻 p.735-736 ページ画像

東京日日新聞  第一九六六号 明治一一年六月二四日
 - 第25巻 p.736 -ページ画像 
○此ごろ清国李鴻章氏より本邦に駐剳の公使何如璋氏に書をよせて、二省の凶荒に付日本国民が救䘏の義挙ありしハ実に感銘に勝へざる次第なれバ、卿躬から其の人を訪らひて厚く之を謝せよと告げ越したるに依り、此ほど同氏ハ第一国立銀行に来り渋沢君に面晤して、懇ろに謝詞を述べられたりと聞く


団々珍聞 第六九号・第一一〇一頁 明治一一年七月一三日 【米の価《ね》の騰《あが》…】(DK250113k-0033)
第25巻 p.736 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

団々珍聞 第七一号・第一一三一頁 明治一一年七月二七日 【南京《なんきん》え積《つ…】(DK250113k-0034)
第25巻 p.736 ページ画像

団々珍聞  第七一号・第一一三一頁 明治一一年七月二七日
南京《なんきん》え積《つみ》し救助《すくひ》の米《こめ》だハら
      たんとハ悪《わる》いちとハ宜《よか》らう