デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

2部 社会公共事業

4章 教育
2節 女子教育
2款 日本女子大学校
■綱文

第26巻 p.905-909(DK260164k) ページ画像

明治40年2月(1907年)

当校第二期拡張ノ為メ、是月栄一、第三回募金中ニ金二万円ヲ寄附ス。


■資料

竜門雑誌 第二二五号・第四七―四八頁 明治四〇年二月 ○日本女子大学寄附(DK260164k-0001)
第26巻 p.905-906 ページ画像

竜門雑誌  第二二五号・第四七―四八頁 明治四〇年二月
○日本女子大学寄附 日本女子大学にては今回理科教室二棟を増築し実験実習の設備を完うせんことを期し、先づ化学教室の起工に着手し
 - 第26巻 p.906 -ページ画像 
又生徒の増加に伴ひ寮舎の狭隘を告ぐるに至りたれば、新たに七棟の寮舎を建築するの議を決し、已に二棟は竣工し、尚ほ五棟は目下工事中なるが、其一棟は洋風の寮舎にして外国女教師をして寮監たらしめ本邦の生活状態に応用せらるべき泰西生活の実際を研究的に経験せしめん筈にて、是等設備に要する資金及び基本金に充つる為め寄附金を募集中なるが、同校評議員兼財務委員たる先生は金二万円を寄附せられたり


日本女子大学校寄附金簿(DK260164k-0002)
第26巻 p.906 ページ画像

日本女子大学校寄附金簿        (麻生正蔵氏所蔵)
    第三回寄附  明治三十九年拾月
 一金弐万円也 五ケ年賦納入                渋沢栄一(印)
 一金弐万円也                       三井三郎助
 一金弐万円也                       森村市左衛門
 一金壱万円也                       大倉孫兵衛(印)
 一金弐万円也                       広岡浅子(印)
 一金弐万円也                       住友吉左衛門
 一金弐万五千円也《(印)》 明治卅九年十二月六日       藤田伝三郎(印)


家庭週報 第九一号 明治四〇年二月一六日 ○今回の同情者及本校寄附金総額(次第不同)(DK260164k-0003)
第26巻 p.906 ページ画像

家庭週報  第九一号 明治四〇年二月一六日
    ○今回の同情者及本校寄附金総額(次第不同)
 二万円             男爵 渋沢栄一氏
 二万円                三井三郎助氏
 二万円                森村市左衛門氏
 二万円                広岡浅子氏
 一万円                大倉孫兵衛氏
 二万円                住友吉左衛門氏
 二万五千円              藤田伝三郎氏
 一万五千円              某氏
 二万円                某氏
  合計十七万円
 なほ創立以来今日迄本校に寄附されたる寄附総額は五十一万余円に達せり
   ○栄一ノ寄附金ニヨリ寮舎一棟建設セラレ、晩香寮ト名付ク。本款明治四十一年四月二十日ノ条参照。



〔参考〕家庭週報 第九一号 明治四〇年二月一六日 日本女子大学校第二期拡張に就て(DK260164k-0004)
第26巻 p.906-909 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

〔参考〕渋沢栄一 日記 明治四〇年(DK260164k-0005)
第26巻 p.909 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治四〇年     (渋沢子爵家所蔵)
一月十日 晴 寒              起床七時二十分 就蓐十一時三十分
○上略 午後成瀬仁蔵来話ス、添書シテ箱根岩崎氏ヲ訪問セシム ○下略
   ○中略。
三月二十四日 曇 寒            起床七時三十分 就蓐二時
○上略 成瀬仁蔵氏来話ス、井上女史来リ桜楓会ノ事ヲ談ス ○下略