デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

2部 社会公共事業

4章 教育
3節 其他ノ教育
9款 埼玉学生誘掖会
■綱文

第27巻 p.128-132(DK270040k) ページ画像

明治38年5月13日(1905年)

是日栄一、当会ノ総会ニ出席シ、議長トシテ会ヲ
 - 第27巻 p.129 -ページ画像 
裁シ、且ツ一場ノ演説ヲナス。


■資料

渋沢栄一 日記 明治三八年(DK270040k-0001)
第27巻 p.129 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治三八年     (渋沢子爵家所蔵)
五月十三日 曇 風ナシ
○上略 午飧後埼玉学生誘掖会総会ニ出席シ、一場ノ演説ヲ為ス ○下略


埼玉学生誘掖会十年史 同会編 第三三―三四頁 大正三年一〇月刊(DK270040k-0002)
第27巻 p.129 ページ画像

埼玉学生誘掖会十年史 同会編  第三三―三四頁 大正三年一〇月刊
 ○第一篇 埼玉学生誘掖会史
    第一期 会員組織時代
○上略
五月十三日 ○明治三八年本会事務所に於て通常総会を開き、明治三十六・七年度の会務及会計の報告をなし、次で評議員の改選を行ひ、志方鍜外九十七名の諸氏当選就任せり。 ○下略


明治三八年五月一三日 埼玉学生誘掖会第二・三次総会議事録 第一―六頁(DK270040k-0003)
第27巻 p.129-132 ページ画像

明治三八年五月一三日
埼玉学生誘掖会第二・三次総会議事録  第一―六頁
                    (滝沢吉三郎氏所蔵)
    埼玉学生誘掖会第二・三次総会議事録
明治三十八年五月十三日本会楼上ニ於テ開会ス、出席会員左ノ如シ
 会頭 渋沢男爵 ○外五十三名氏名略
         午後二時四十分開議
○会頭(渋沢男爵) 今日ハ当誘掖会ノ総会デゴザイマス、知事公首メ各郡長方其他会員諸君ノ御臨場ヲ蒙リマシタノハ、当局ノ者一同ノ光栄ニ存ジマス、是ヨリ報告書ガ出来イタシテ居リマスルデ、其報告書ノ重要ノ廉々ヲ朗読イタシテ、御聴キニ達スルヤウニ仕リマス、此朗読ニ先チマシテ、報告書中ニ大要記載シテゴザイマスル事務ノ経過ヲ取摘ミマシテ、私カラ一通リ申上マスルヤウニ仕リマス、昨年来引続イテ時局ニ関シマシテ総テ此誘掖会ガ予期ノ通リニ進行ヲ致シ兼ネテ居リマスル、去リナガラ幸ニ地所モ調ヒマシタシ、寄宿舎モ創立スルコトガ出来マシテ、即チ今日玆ニ総会ヲ開キマスニモ、不満足ナガラ此新家屋ニ諸君ノ参集ヲ請ヒ上ゲルヤウナ都合ニ相成リマシタノハ、聊カ希望ノ一部分ヲ達シタト云ツテ宜シカラウト思ヒマス、但我々共ノ予期イタシマシタノハ、今一段早ク学生寄宿舎ノ建築ガ進ミマスヤウニト心懸ケマシタケレドモ、奈何セン、時節柄、折角募集イタシマシタ寄附金モ、左様ニ俄ニ集金シテ其事業ヲ進メテ行クト云フコトモ憚リ多ウゴザイマスルガ、旁々漸ヲ以テ進マウト云フ今日ノ場合デゴザイマスルデ、其辺ハ宜シク御察シノ程ヲ御願ヒ申上ゲマス、丁度昨年ノ十月カラ致シテ学生ノ寄宿ヲ始メマシテ、最早半歳バカリヲ経過イタシマスル、併シマダ創業中デゴザイマスカラ、決シテ此有様ヲ我我共モ満足ト申上ゲル訳ニハ参リマセヌ、況ヤ今日諸君ガ御出ニナツテ、折角大キナ声ヲ以テ必要ヲ唱ヘタケレドモ、其声言シタ言葉ニハ一向副ハヌ仕方デアル、左マデ功能ガ見エヌト、必ズ御小言ガアラウト考ヘマスルガ、斯カル事柄、殊ニ各方面ニ学ブ生徒ヲ一ツニ集メテ成ベクダケ弊害ノナイヤウニ世話シテ行カウト云フコトハ、或ハ之ヲ
 - 第27巻 p.130 -ページ画像 
放任スルト云フ嫌ガ生ズルカト思フト、又干渉ニ過グルト云フ恐ガ生ジ、ヤリ掛ケテ見マスルト、其寛厳ノ程度ヲ定メルニモ、甚ダ難イモノデゴザイマス、其辺ニ付キマシテモ、我々ガ爾来経営シマシタコトニ付テ、一言申上ゲテ置カウト考ヘマスルガ、右様ナ訳デ、将来ノ進歩モ一向意ノ如ク参リマセヌノデゴザイマス、殊ニ此総会ノ如キモ昨年開会イタスベキ筈ノ処、丁度年柄故ニ一回ヲ見合セテ、遂ニ二年ヲ併セテ今日御報告ヲ致スト云フヤウナ次第デゴザイマスルデ、其辺ノ不行届ハ、只管局ニ当ル私共ヨリ諸君ニ対シテ陳謝セザルヲ得マセヌノデゴザイマス、今申上ゲタ此寄宿舎ノ事業ヲ将来ニ経営シテ其宜ヲ得ルト云フコトハ、着手イタシテ見マスルトナカナカ困難デアルト云フコトヲ発見シマシタ、ドウゾ諸君ニモ御熟考下スツテ、充分ノ御助力ヲ願ヒマス、畢竟此場所ハ会員諸君ノ御力ニ依ツテ成立シタモノデゴザイマスカラ、成ベクダケ多クノ注意、成ルベクダケ多クノ意向ヲ集メテ、其宜シキニ至ラシメタイト考ヘマスノデゴザイマスルデ御伏蔵ナク只今御陳述ナサルヽモ宜シ、又後カラ御手紙デ頂戴スルモ亦可ナリ、孰レトモ御遠慮ナク此場所ハ我物ト云フ御考ヲ以テ御示シアラムコトヲ希望イタシマスル、私ハ玆ニ斯カル寄宿舎ニ入舎スル所ノ生徒ヲ監督シテ行クト云フノハ甚ダ易イ様デアツテ、又甚ダ難イト云フ理由ヲ概略申上ゲテ置カウト思ヒマス、唯今入舎致シテ居ル生徒ハ三十有余名デゴザイマシテ、総体入レ得ル場所ハ、六十四名ヲ入レラレマスノデゴザイマス、而シテ此入舎スル生徒ハ種々ナル学校ニ出テ居ル人デ、大学或ハ早稲田ノ専門学校トカ、若クハ高等商業学校トカ、其他ニモ種々ゴザイマスル、其学校ノ違フト同時ニ、修メル科目モ違ヒマス、又学成ツタ上、世ノ中ニ出ヤウト云フ考モ違フ、而シテ殊ニ学問ニ勉励スル所ノ青年ヲ集メテ、一同ニ対シテ利益アルヤウニ世話シテ行カウト、斯ウ云フ方法デゴザイマス、或ハ之ヲ成ベクタケ行届イタル世話ヲ致スト考ヘマスルト、殆ド学校同様ニマデ、教育スルヤウナ考ヲ生ズルノデ、総テノ事ニ干渉イタサネバナラヌ、併シ今申ス通リ階級ハ違ヒマスシ、年齢ハ異ナル、又将来ノ希望モ違フト云フ人ヲ玆ニ集メマシテ、余リ干渉ヲシマスト、二重ノ学校ヲ造ルヤウナ訳ニナルカラ、是ハ聊カ寄宿舎ノ主義トハ相違シテ来ル、然ラバ寄宿舎ヲシテ成ベキタケ学生ノ自由ニ任セテ、即チ放任主義ニスルト、殆ド世話スル甲斐ハナクナツテ仕舞フ、或ハ其学生ニ付テ田舎ノ父兄ノ思惟スル所ハ、成ベキタケ此寄宿舎ガ父兄ニ代ツテ学生ノ勉強ヲモ勧メルヤウニ、怠惰ヲバ誡メルヤウニ、若シ何カ経費デモ無駄ニ使フヤウナコトガアツタラ、ソレ等ニハ干渉スルヤウニト希望セラルヽニ違ヒナイ、ソレ等ノ希望ニ対シテハ今申スヤウナ放任ノ方法ヲ取ルト済マヌヤウニナル、去レバ丁度適当ニヤラウト云フコトハ、実ニ難イ、或一人ニ適当ニナルト思フト、度合ノ違フ方カラハサウ云フコトヲサレテハ甚ダ困ルト言ハレル、ソレモ例ヘバ、モシモ理事トカ会長トカ副会長トカ、始終ニ参ツテ世話シマシタナラバ、仮令干渉ニ過ギテモ幾ラカ生徒ガ恕スル所モアリマセウ、併シ単ニ舎監ト云フ者ニ取リ扱ハセルノデスカラ、学生ハ時々不服ヲ唱ヘテ、一体怪シカラヌト云フコトニナツテ、ナカナカ承諾セヌト云フコトニナル、此辺ガ随分困難デ
 - 第27巻 p.131 -ページ画像 
ゴザイマス、併シ是等ノ手続ハ寧ロ私ガ申上ゲマスヨリモ、玆ニ監督タル本多博士ガ始終御世話下サイマスルデ、後ニ右等ニ付テノ詳細ヲ同君カラ説明ガアラウト思ヒマスルデ、御聴取ヲ願ヒマス、ソコデ種種我々共ハ評議シマシテ、先ヅ余リ放任ニ失セヌヤウ、左ラバト云フテ干渉ニ過ギヌヤウ、漸ヲ以テ宜シキヲ得ルヤウニセネバナリマセヌガ、現時ニ於テモ成ルベク適度ヲ測ツテ取扱ツテ行カウト云フ事ニ数回ノ評議デ取極メマシタガ、扨テ玆ニ此寄宿舎ニ一ノ主義ヲバ具ヘルヤウニシタイ、仮令前ニ申上ゲマス通リ、各生徒ハ種々ナル学問ヲ修メルニ依ツテ、其希望ハ様々デアルニモセヨ、所謂人道ト云フベキモノハ、必ズ誰モ守ラネバナラヌト云フ事ガアル、其主義ハ此寄宿舎ニ於テチヤント取極メルヤウニ致シタイト云フ多数ノ一致デゴザイマシテ、即チ多人数評議シマシタ所ノ結果デゴザイマス、是ニ於テ玆ニ掲ゲテゴザイマスル埼玉学生誘掖会要義ト云フモノガ成立チマシテ、此七箇条ヲ以テ寄宿舎ノ主義ト致シテ、此処ニ入舎スル所ノ生徒ハ、此要義ハ専心ニ守ラネバナラヌト云フ事ヲ、相契ハセル事ニ致シマシタノデゴザイマス、蓋シ此要義ノ主旨ハ尋常一様ノコトデ、親ニ孝トカ君ニ忠トカ云フコトニ過ギマセヌケレドモ、人トシテ世ニ処シ、身ヲ修メルニ付テ、必要ナコトヽ云フモノヲ科目ニ掲ゲテ、是ハ必ズ敢テ違フコト勿レト云フ盟約ヲ為サシメマシタ次第デゴザイマス、而シテ又此寄宿舎ノ規則ニ於テハ、入舎ノ学生等ト共ニ図ツテ玆ニ制定シテ其定メタモノヲ勉メテ誤ラヌヤウニ致サセルト云フガ、大体ノ仕方デゴザイマス、是等ノ方法ハ、我々此校舎ヲ開イテ見マシテ、唯簡単ニ行ハレ行クモノト思ヒマシタガ、扨テ着手シテ見ルト、右ニ左ニ種々ノ説ヲ生ジマシテ、始メテ其実地ニ当ツテ困難モ知リ、又幾分ノ知慧モ増シテ、玆ニ今日ハ先ヅ其宜ヲ得タト思フテ定メマシタ次第デゴザイマス、但前ニ申上ゲタ通リ、創業ノ事デ、決シテ満足ドコロデナク頗ル欠点勝デアラウト思ヒマスカラ、諸君ノ御助力ニ依ツテ、宜イ上ニモ宜イト進メテ行キタウゴザイマス故ニ、御心附ノコトハ十分ニ御注意・御助言ヲ願ヒタウゴザイマス、大体ノ経過ヲ申上ゲマシテゴザイマスルデ、是ヨリ報告書ノ要領ヲ朗読イタサセマス
  〔「報告書朗読」別冊ノ通リ〕
○会頭(渋沢男爵)余リ長ウゴザイマシタカラ御退屈デゴザイマシタラウガ、事務ノ報告ト貸借対照表ハ今朗読イタシマシタ通リデゴザイマス、今日ノ総会ニ於テ事務報告及ビ計算書ノ御質疑等ガゴザイマスナラ、問ヒ質シテ戴キタウゴザイマス、又ソレヲ終リマシタ後デ、全会ノ御承認ヲ請ハネバナラヌコトヽ存ジマスルデ、ソレダケノ事ヲ取運ビタウ存ジマス――別段ニ御問合セ等ガゴザイマセヌカラ、此報告及ビ計算書ハ本会ニ於テハ御承認下サイマシタモノト看做シテ宜シウゴザイマセウカ(拍手)――ソレデハ此卅六・七両年ノ会務報告及ビ計算ノ各項ハ、本日ノ総会ニ於テ詳細ニ申上ゲタ末、御承認ト相成リマシテゴザイマスルデ、左様御承諾下サイマスヤウニ、次ニ総会ノ一ツノ役目トシテ、玆ニ評議員選挙ヲ致シマセヌト、本日ノ会務ガ了ハリマセヌデゴザイマス、ドウカ選挙ヲ行ヒタウゴザイマス
○志方鍛君 評議員選挙ノコトニ付キマシテハ、既ニ先例モアリマス
 - 第27巻 p.132 -ページ画像 
コトデゴザイマスノデ、会頭ノ明鑑ニ信頼スル方ガ最モ得策デアラウト思ヒマスノデ、私ハ会頭ニ評議員ノ指名ヲ委任スルト云フコトニ、諸君ノ御同意ヲ得タイト思ヒマス、甚ダ変例ノヤウデハアリマスケレドモ、却テ私ノ説ニ反対ノ方ノ起立ヲ願ヒマス方ガ相当デアラウト思ヒマス、ドウカ反対ノ御方ハ起立ノ上、御意見ヲ御述ベ下サルヤウニ願ヒタイト思ヒマス
○会頭(渋沢男爵)今評議員ニ付テ御発議ヲ下サイマシタガ、此評議員ノ定員ハ規程ニ極ツテ居ル所デハ、百二十名、現在ハ百名ガ選バレテ居リマス、先ヅ今日ノ所デハソレヨリ多クスルノ必要ハ、我々共今マデノ有様カラ考ヘタ処デハ、ナカラウト思ヒマス、今ノ御発言ハ是マデ通リノ御見込デ仰セラレマシタノデゴザイマシタカ
○志方鍛君 左様デゴザイマス
○会頭(渋沢男爵)只今評議員ノ選挙ノコトハ、会頭ノ指名ガ宜カラウト云フ御発言ガゴザイマシテ、マダ皆様ニ他ノ御説ハゴザイマセヌガ、一体此ノ会ノ評議員ハ、ナカナカノ多数デゴザイマス、今申上ゲマスル通リ、百二十名マデデゴザイマス、而シテ此百二十名ノ御方々ヲ選挙シマスルニハ、自ラ各郡ノ地方々々ニ分ツテ、相当ナル振合ヲ取ツテ御取極ヲ願ハネバナラヌト思ヒマス、若シ百名ト云フ現在デゴザイマシテモ、指定ムル場合ニハ、アノ地方ハ五名デアルカラ、此地方モ五名ト云フコトニ増スト云フコトガ、ナイトモ云ヘナイ、若シ会頭指名ト云フコトガ通過イタシマスナラ、権衡上カラ多少ノ増減ハ、均シク選挙者ニ委任スル、ト云フ条件ヲ御附ケ下サルコトヲ希望イタシマス
  〔「異議ナシ」ト呼フ者アリ〕
別ニ御異議ゴザイマセネバ、敢テ私ハ僣越ト申シテ辞スルノデハナイガ、百名ノ御方ノ御顔ヲ知ラウ筈ハゴザイマセヌカラ、詰リ会頭指名ト云フコトニ相成リマシタガ、今此席デ私ガ直グ様指名ト云フコトハ差支ヘマスデゴザイマス、ト云フモノハ此方々々ガ宜カラウト云フコトハ、取調ベナケレバナリマセヌ、ソレカラ評議員ガ定リマセヌト、理事ハ互選ニナリマスノデゴザイマスカラ、理事選挙ハ出来マセヌ、故ニ評議員ノ指名ガ済ミマシタラ評議員会ヲ開キマシテ、其時ニ理事ヲ決定イタスコトニ致サウト思ヒマス、今日ハソレマデノ手続ヲ望ンデ居リマシタガ、其運ビニハ事実ガ許シマセヌノデ左様御承諾ヲ願ヒマス、サウ致シマスルト会務ニ付キマシテハ是デ御報道モ相済ミマシタ、選挙等ノ手続モ済ミマシタカラ、是デ会ヲ閉ヂマス
      午後三時四十分散会