デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

2部 社会公共事業

4章 教育
3節 其他ノ教育
9款 埼玉学生誘掖会
■綱文

第27巻 p.135(DK270046k) ページ画像

明治40年2月25日(1907年)

是日栄一、飛鳥山邸ニ於テ当会寄宿舎監督本多静六欧米行ノ送別会ヲ催ス。


■資料

渋沢栄一 日記 明治四〇年(DK270046k-0001)
第27巻 p.135 ページ画像

渋沢栄一 日記  明治四〇年     (渋沢子爵家所蔵)
二月二十五日 晴 暖            起床七時三十分 就蓐十一時三十分
○上略 五時王子ニ帰宿、埼玉誘掖会ノ諸氏並大久保県知事ヲ招宴ス、本多静六氏欧米行ヲ送別スル為メナリ、酒間種々ノ余興アリ、各歓ヲ尽シ夜十時過散宴ス



〔参考〕埼玉学生誘掖会十年史 同会編 第四二頁 大正三年一〇月刊(DK270046k-0002)
第27巻 p.135 ページ画像

埼玉学生誘掖会十年史 同会編  第四二頁 大正三年一〇月刊
 ○第一篇 埼玉学生誘掖会史
    第一期 会員組織時代
○上略 三月一日 ○明治四〇年寄宿舎監督林学博士本多静六氏官命により欧洲に差遣せられたるに付、氏の不在中監督事務の処理を副会頭佐野延勝氏に嘱託せり ○下略