デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

2編 実業界指導並ニ社会公共事業尽力時代

3部 身辺

6章 旅行
■綱文

第29巻 p.436(DK290124k) ページ画像

明治11年8月26日(1878年)

是日栄一、東京ヲ発シ上州ニ赴キ、九月二日帰京ス。


■資料

(芝崎確次郎) 日記簿 明治一一年(DK290124k-0001)
第29巻 p.436 ページ画像

(芝崎確次郎) 日記簿  明治一一年   (芝崎猪根吉氏所蔵)
八月廿五日 晴
日曜日
○上略 夜ニ入候テモ主人帰邸不致、殊明朝上州ヘ出立之事ニ付、夫々伺度件も出来待居候得共、帰リ無之、尤かやば町一泊之積ニ付同所ニ可有之と存、供方佐之助参リ候間、荷物支度同行参リ面語致し候
廿六日 時々雨降
○上略 今暁主人出立 ○下略
   ○中略。
九月二日 雲
○上略 主君午後四時後帰京、銀行ヘ御立寄、夜ニ入退社、かやば町ヘ被為入、而シテ帰宅相成、一応留守中事務上申、無事御帰館報知出状、手計高崎本店ヘ出状致し候事、かやば町主人来