デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

1章 社会事業
2節 中央社会事業協会其他
1款 中央慈善協会
■綱文

第30巻 p.453-457(DK300047k) ページ画像

明治44年11月2日(1911年)

是日、内務省附属会堂ニ於テ当協会第四回総会開催セラル。栄一之ニ出席シ一場ノ演説ヲナス。


■資料

渋沢栄一 日記 明浩四四年(DK300047k-0001)
第30巻 p.453 ページ画像

渋沢栄一 日記  明浩四四年     (渋沢子爵家所蔵)
十一月二日 晴 寒
○上略 内務省附属会堂ニ抵リ、中央慈善協会第四総会ヲ開キ、一場ノ演説ヲ為ス ○下略


竜門雑誌 第二八二号・第五八―五九頁 明治四四年一一月 ○中央慈善協会総会(DK300047k-0002)
第30巻 p.453 ページ画像

竜門雑誌  第二八二号・第五八―五九頁 明治四四年一一月
○中央慈善協会総会 中央慈善協会第四回総会は十一月二日午後一時より大手町衛生会楼上に開催し、事業及び会計報告の後、会長たる青淵先生には同会設立の趣旨を詳述し、高等工業学校長手島精一氏は救済と職業に関する一場の講話をなし、又英国の慈善家ドクトルベルナルド氏救済事業に関し詳細の説明ありて散会せり。


慈善 第三編第二号・第四五―五一頁 明治四四年 本会第四回総会開会の辞(会長男爵渋沢栄一)(DK300047k-0003)
第30巻 p.453-457 ページ画像

慈善  第三編第二号・第四五―五一頁 明治四四年
    本会第四回総会開会の辞 (会長 男爵 渋沢栄一)
当中央慈善協会が玆に第四回の総会を開くことの出来まするのを、会員一同深く喜ぶ次第であります。幸ひに感化救済事業に就て各地からお集りの諸君もお出席下すつた此機会に於て、玆に総会が開かれて殊に其趣味を深くお持ちなさる諸君の面前に御挨拶を申上げられるのは本会を代表しまする私として最も感喜に堪へませぬ。昨年第三回の総会の節は所労の為に欠席を致したので遺憾に存じましたが、当年は幸ひに罷出得られましたので、諸君にお目に懸るのを最も喜びます。
中央慈善協会が設立されましてからの経過は、是と申して諸君に取立て申上げるほどの事項はございませぬ。併し此中央慈善協会の設立されました本旨は、単に慈善事業に於て本会自身が此事業と手を着けるよりは、全体から見渡しまして、成るべく必要に応じて其事業が世に適応するやうに致したい。言葉を換へて申しますると、努めて経済的
 - 第30巻 p.454 -ページ画像 
に組織的に経営し、万一にも彼此衝突し或は重複せぬ様にして事業が宜きを得るやうに致したいといふのが本会の趣旨でございます。爾来追々に世の中が弱者保護に就て大に耳を傾けるやうに相成つたと思はれまするので、都会に於ても地方に於ても、此事業が着々と進んで参りまするやうに見へまするのは、御同様趣味を同ふする諸君と共に深く喜びまする次第でございます。但し斯く申上げても世に貧民の多いこと弱者の段々出ることを喜ぶといふ趣意ではございませぬ。如何に進歩する状態であつても、富の進むと同時に貧しい者の生じて参りますることは時の古今洋の内外を問はず数の免れぬ所であつて、唯今手島校長が英吉利の事をお述べになりましたが、先づ世界に富を以て冠たる英国ですら、ベルナルド氏の如き篤志家があつて、強く力を尽しても尚且つ足らぬといふやうな有様である、決して其一つを以て英吉利の貧民全体を救ひ得られるのではないのであります。倫敦に於ける各種の慈善団体の数を数へやうとしたならば、それは迚も一朝一夕に其数すら読み得られぬ位に多いやうに承り及んで居ります。以て如何に富の進む国に貧困者の多きかを察知し得らるゝのであります。我帝国の如きはまだ此経済事情は幼稚といはねばならぬ。随つて富の程度も甚だ低いといはねばならぬ。併し之れを明治の初めに較べますると政治の完備と学問の進捗と又其事業に対する奮励等に依つて追々に各種の商工業が進んで参ると同時に、一方には落伍者も沢山出来る。言葉を換へて申しますると、貧困の者の多く出来るのは、或点からいふと富が進歩したといふことを卜し得るのであります。故に又一方には是に対して慰藉し、或は救護し、或は其貧を防ぐといふことを努めねばならぬと考へるのでございます。中央慈善協会の主眼とする所は蓋し其所にあるのでございますが、最も其中にも力を用ひなければならぬと思ひまする事は、既に困難に陥つた場合に之を救ふよりも、未だ其所に至らぬ以前に之を救済するといふ即ち済貧と防貧との差別でございます。勿論済貧を致さねばなりませぬけれども、併し望むらくは一歩進んで防貧の手段が追々に制度上にも或は地方団体に於ける設備にも、或は個人的事業の上にも進んで参りましたならば、如何に一方からして貧富懸隔せしむる経済上の進歩が働きて行くとも、又之を防ぐことが伴つて参りませう。又さう参らせたいと思ふのであります。故に中央慈善協会は爾来頻りに種々なる方面に弱者保護に対する方案を講究して居りまする中に、実に難有い事は今日其点から申すと大なる発展をし得た、是は諸君と共に深く喜ばねばならぬことでございますが、即ち其事は恩賜財団済生会の設立でございます。貧にして治療することが出来ぬ者は、前の防貧とは其性質を異にしまするけれども人は誰でも煩ひますれば職に就くことが出来ぬ。職に就くことが出来ぬければ即ち生活を失ふことになる。さうして其病ひが重ければ遂に治療し得られぬで死に至るといふ如き惨状に陥るのです。之を救ふといふことは第一に努めねばならぬと、深く本会に於ても心を悩まし居りました。単り本会が思つたばかりではない、都会にも各地方にも種種なる方法は計画されて居りますけれども、未だ普及とは申し兼て之を憾みとして居るに際して、諸君も御承知の通り本年二月十一日に難
 - 第30巻 p.455 -ページ画像 
有い勅語を賜つて、時の総理大臣が其趣旨を奉じて汲々として其成立に力められまして、遂に七月の末に済生会が完全に成立致しました。但し其事業の着手にはまだ少し時があらうかと思ひまするけれども、業に已に基礎が固く成立ちますれば、都会にも地方にも貧民の施薬救療に於ては、我々の深く憂慮した事が安心を得たと申しても宜からうと思ふ。実に難有き次第であると諸君と共に慶賀致します。併し是のみを以て他の事業まで整ふとは申上兼まするので、段々本会に於ても救済事業に就て如何なる手段を施したが宜からうかといふことをば、昨年の春以来種々評議を致しました末に、本会の幹事諸君の直接に調査致しました報告書が玆に出来て居ります。是は諸君の御一覧の為に差上げてあると思ひますが、果して此調査に依つて如何に其事が実現するかといふことは、此席からはつきりと申上げ兼ますけれども、詰り刻下の救済事業に就て各種ある中に如何なるものに手を着けて行つたがよいか、何を最も急務とするかといふことを知るのが主たる目的で、夫々調査致されたのでございます。即ち其目的中にも施薬救療が最も急務として第一項目に挙げてある、此点に就ては前にも陳述する通り恩賜に依つて其基礎が確立したと申してもよいが、本会の調査した其他の事業に就ては、是より追々其歩武を進めて行かねばなるまいと思ふのでございます。既に東京市に於ても労働紹介の事を充分に世話致したいといふことで、私の管理して居りまする東京市養育院に於て其事を取扱ふことになりて、此ほど其手続が定りまして、近日から其事業に着手致す積りでございます。此労働紹介も既に此所に御出席の山室君などは救世軍の事業として頻りに御心配になつて居ります。私も此ほど其実際に模様を拝見する為に御案内を蒙つて罷出でましたが、随分世話の焼ける事業と思ひます。私の方は市の命に依つて是から着手致すのでございますけれども、蓋し好い模範でございますから救世軍の御経営に見倣ひませうと考へて居ります。蓋し其種類も幾つもあります。当年の春、亜米利加の紐育市に於て組立てられた職業紹介の方法などを見ますると、是は労働紹介ではなくて、事務員紹介とも申すべきで、多くは店員などになる種類の紹介であります。故に弱者保護とか貧民救済とかいふのとは、少し問題が違ふやうになるか知れませぬが、併しそれが段々に落伍して行けば遂に弱者に陥るのでありますから、矢張り防貧の趣意が含み得られるかも知れぬ。紐育で成立つたのは、有名な金持連が申合せて日本の金で四十万円許りの資金を提供して、それを基礎に組立てたといふことで、其の半期の報告書を送られたのであります。今玆に東京市の命に依つて養育院が実施しやうといふのはそれとは違ひまして、多く下級の労働者の紹介でございます。先づ防貧法としては是が最も良い事業かと思ひます。
唯今申した救世軍の御経営になつて居るのも、養育院が実施せむとするのと同種類でありますが、此方法が果して都合好く行はれて行きましたならば、或は当市にも一つ二つでは足りますまいから、相当に数多く出来なければなりますまい。果してそれが都会に宜きを得ましたならば、各地方にも追々行はれて行くやうにならうと思ひます。其間に於て最玆に私共の注意したいのは、従来この労働者の世話をするに
 - 第30巻 p.456 -ページ画像 
就て、昔から一つの伝来した方法で人請といふものがあつて、一種の道楽業の如くになつて居る。随つて其取扱振りも或場合には義侠的である。併し親切よりも寧ろ派手な仕方で、常に男達といふ風で、神田の兄イといふやうな者が多い様である。而して其労働する人と之を世話する者との間に費用が多く掛る。甚しきは二・三の手を経るので、例へば五拾銭の賃金を得る労働者が事実手に入るのは三拾何銭といふやうな事で、他の拾銭余は世話人の手に落るので、下級労働者はそれに就ては随分困るが、其所に寄らぬと職を得ることが出来ない、故に今日新設の労働紹介所が余り従来の当業者を直ちに困難せしむるやうになるも如何なれども、さればといつて旧弊が其儘に存続しては改良は出来ないといふ事になる。是等が此新事業を行ふに就て尤も以て注意すべき点と思ひます。他の方面で一例を挙て一考に供しますと、是も私が関係して居りますから、少し自賛のやうになつて相済みませぬが、帝国劇場では茶屋といふ者を全く廃しました、従来は茶屋といふ者がなければ芝居が見られぬ如く相成つて居つたが、茶屋を廃しては大変不便であらうか或は便利であらうかと一つの疑ひであつた。ところが一年近く経た有様で見ますると、客と劇場との間に介在して世話をする人がなくても、芝居見物に別に差支がなければ、芝居茶屋なる者は他の事業に転じた方が人物経済である。茶屋の女房が来てお世辞をいつて、芝翫が好きだといふと芝翫を褒る、団十郎が好きだといふと団十郎を褒めるといふ風で、お世辞をいふのが一つの材料になつて茶屋といふ業を経営する。それに出方とか送りといふ者が沢山あつて其間に費用が掛る為に見物料が非常に高くなる。芝居見物は慈善とは関係ない事であるから玆に引証する必要はないが、或ものの中間に介在する為に費用が余計掛るといふ論理に至つては一つである、故此労働紹介も丁度さういふ塩梅に、間に介在する者がある為に費用が余計掛るといふ事が、甚だ多いやうでございます、要するに慈善救済の事柄も、未来に進んで行く時に於ては、努めて其方法を実際的に組織的に、将又経済的にやるやうになりたいと希望致すのでございます。中央慈善協会の企図する所は最も其辺でございまして、お集りの諸君は各地に於て此事業を御経営になる方々でありますが、決して諸君の事業が二重になつて居るとか、無効に属して居るとかいふことはなからうと信じまするけれども、今私が述べ来つた趣旨に於て、此事は斯うしたならば斯る便利を生ずるといふことは、余ほどありはせぬかと思ひます。故に微力ながらも本会が広く各地の諸君を会員にお願ひをして、共に協議し倶に調査して、斯る事は斯く注意を加へ、斯る事は斯う改良したいと、追々進めて行くことも出来ると思ひます。憚り多うございまするが、どうしても此東京に於ては、各外国の新しい事、例へば英吉利には斯ういふ事があるとか、亜米利加には斯ういふ法が設けられてあるとかいふことが、諸君より先に知り得ますから、それをお伝へ申すことも出来ませう。又どの地方には斯ういふ事があるが、是と彼とは二重になるから斯ういふことにしたら費用を減じて有効になるといふことも言ひ得るであらうと考へます。此中央慈善協会にして、今申上げました目的が充分届き、各地方の慈善団体の耳目となり
 - 第30巻 p.457 -ページ画像 
指南車たることが出来得ましたならば、各地の事業が経済的に進歩するであらう、経済的に進歩するやうになりましたならば、如何に社会の富が進み生存競争が激しくなつても、其生存競争の落伍者を救ひ、又之を治めるといふことが出来るであらうと思ふのでございます。果してさう致しましたならば、遂に慈善事業に従事する者は、余り用事が無くなつて、お互に手を空ふして欠伸をせねばならぬ時代にどうぞならせたいと思ひます。御承知の如く、刑は刑なきを期する、といふ古語がございます。刑法を取扱ふ者は、刑事のないことを祈念するといふのである。さすれば慈善に従事する人も、どうか救ふべき人の無きを期するに至つて、我らの職務が満足と相成るのであります。左様な時代になつたら速かに中央慈善協会も閉鎖して、社会に救ふべき人は何所にも無いといふことは、いつの世か知れませぬ、或は求めることは出来難いかも存じませぬが、諸君と共に此祈念を持ちたいものでございます。唯今手島君から東京市養育院の事に就て斯うであつたといふお話がございました。若し出来得たならば東京市養育院に入つて来る幼年の人々も、モウ少し改良して事業を与へて出院させたいのでありますが、奈何せん費用の少ない為に成るたけ早く出さぬと先様お替りで後が支へて困ります。早く出せば未熟の者を出す。未熟の者を出せば再び又這入る虞れがありますが、どうもまだ其時機に至らぬのを憾みと致して居ります。どうぞ各地の諸君も充分御注意下されまして本会と相援け合つて、御意見のございまする所は充分本会へお申越なされて、御指導を蒙りたうございます。玆に御挨拶として一言申述べました次第でございます。(拍手)