デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2017.12.19

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
1節 外遊
1款 渡米実業団
■綱文

第32巻 p.453-455(DK320019k) ページ画像

明治43年1月1日(1910年)

是日付ヲ以テ、渡米実業団ヨリ、アメリカ合衆国各地ノ商業団体等ニ対シ、感謝状ヲ贈ル。栄一之ガ起草ヲナシ、且団員一同ト共ニ自署ス。


■資料

竜門雑誌 第二六一号・第三七頁明治四三年二月 ○渡米実業団の贈呈品(DK320019k-0001)
第32巻 p.453 ページ画像

竜門雑誌  第二六一号・第三七頁明治四三年二月
    ○渡米実業団の贈呈品
昨秋我実業団渡米の際、米国官民より受けたる歓迎の好意に報ひんが為め、今回同国商業会議所及実業倶楽部等に対し、青淵先生に依りて起草且書せられたる左の感謝文に団員一同署名したるものを幅二尺長三尺なる西陣織の額面に浮かし、其周囲には爛熳たる桜花を表したるもの約三百を贈ることに決し、既に京都の高島屋に注文したる由なり
  ○感謝文後掲ニツキ略ス。


渡米実業団誌 同団残務整理委員編 第五五七―五五九頁明治四三年一〇月刊(DK320019k-0002)
第32巻 p.453-454 ページ画像

渡米実業団誌 同団残務整理委員編  第五五七―五五九頁明治四三年一〇月刊
 ○第三編 報告
    第三章 感謝の決議
○上略
     第六 帰朝後米国各地商業団体及び其他に贈れる感謝状
日本実業団は、米国太平洋沿岸聯合商業会議所の招に応じ、明治四十二年秋冬三箇月に亘り、五十三市一万一千哩の大旅行を為し、到る処米国官民の厚情優待を享け、衷心感銘する所なり。此行両国間交誼の敦厚、貿易の増進に資すること多大なるを信し、併せて将来両国の慶福を祈る。
  明治四十三年一月一日
         渋沢栄一     佐竹作太郎
         渡瀬寅次郎    中野武営
         日比谷平左衛門  上遠野富之助
 - 第32巻 p.454 -ページ画像 
         伊藤守松     神田乃武
         高石真五郎    岩原謙三
         水野幸吉     高辻奈良造
         西村治兵衛    南鷹次郎
         田村新吉     土居通夫
         熊谷岱蔵     多木粂次郎
         大井卜新     岩本栄之助
         頭本元貞     大谷嘉兵衛
         巌谷季雄     町田徳之助
         神野金之助    石橋為之助
         松村敏夫     左右田金作
         原竜太      藤江永孝
         根津嘉一郎    原林之助
         小池国三     中橋徳五郎
         西池成義     坂口平兵衛
         松方幸次郎    堀越善重郎
         紫藤章


渡米実業団誌 同団残務整理委員編 第六二八―六二九頁明治四三年一〇月刊(DK320019k-0003)
第32巻 p.454 ページ画像

渡米実業団誌 同団残務整理委員編  第六二八―六二九頁明治四三年一〇月刊
 ○第三編 報告
    第十章 残務整理
○上略
      紀念品発送の件
記念銀器及び感謝状は、水野総領事帰紐の節携帯発送の筈なりしも、製作間に合はず、四月八日附を以て渋沢男爵より外務大臣宛書面にて右紀念品を在米国大使の手を経て伝達方稟申せし処、七月二日附を以て小村外務大臣より、右伝達に付て在米大使内田男爵と交渉の処、大使館と大蔵省と協議の結果、右は無税通関を承諾し来りたる旨伝達ありたるを以て、右紀念品は凡て各地領事館宛にて発送し、更に大使の名を以て各領事より贈呈者に伝達する事を依頼し、八月廿三日横浜発大阪商船会社汽船シカゴ丸にて発送し、同日各受領者へ元団長渋沢男爵より礼状及び通知状を発す。


渋沢栄一書翰 ジェームス・ディー・ローマン宛一九一〇年八月一日(DK320019k-0004)
第32巻 p.454-455 ページ画像

渋沢栄一書翰  ジェームス・ディー・ローマン宛一九一〇年八月一日
           (ジェームス・ディー・ローマン氏所蔵)
             (COPY)
                   August 1st, 1910.
J.D.Lowman, Esq.,
  President, Seattle Chamber of Commerce,
    Seattle, Washington, U.S.A.
Dear Sir,
  On behalf of the Honorary Commercial Commissioners of Japan who visited the United States last year I have the honor of expressing to you my most sincere sense of gratitude for
 - 第32巻 p.455 -ページ画像 
having travelled with the from beginning till end and given them every possible assistance and facility in your power, making the tour both pleasant and profitable in the highest degree.
  At a special meeting of the Commissioners a unanimous vote of thanks was passed together with a resolution to present you with a silver vase as a token of their gratitude.
  I take this opportunity of informing you that the above article will be shortly forwarded to you through H.I.Majesty's Embassy at Washington, D.C.
  I have the honor to remain,
      Dear sir, Yours very sincerely,
                  E. Shibusawa.
           Late President,
           Honorary Commercial Commissioners
               of Japan to U.S.A.


竜門雑誌 第二七二号・第六三頁明治四四年一月 ○渡米実業団と米人(DK320019k-0005)
第32巻 p.455 ページ画像

竜門雑誌  第二七二号・第六三頁明治四四年一月
○渡米実業団と米人 渡米実業団は、曾遊の際歓待を享けたる米国各地に於ける実業団並に接伴員に対し、曩きに外務当局者を通じ青淵先生染筆の西陣織感謝状並に記念銀器の寄贈を為したるが、之に対し今回水野紐育総領事より該団に達したる報告に拠れば、到る処好評嘖々受領者は無上の満足喜悦の情を表し、又各新聞紙も右に関する記事を掲載したり、該団の此挙は日米両国人親善の増進を促すこと尠なからざるを疑はずと


竜門雑誌 第二八七号・第五七頁明治四五年四月 ○紐育商業会議所と我渡米団(DK320019k-0006)
第32巻 p.455 ページ画像

竜門雑誌  第二八七号・第五七頁明治四五年四月
    ○紐育商業会議所と我渡米団
昨年十二月七日紐育州商業会議所に於て、日本渡米実業団に対する決議を羊皮紙に浄写して、今回青淵先生並に団員諸氏に伝達し来りし由なるが、其決議文左の如しと。
 紐育州商業会議所は、紐育駐箚日本帝国総領事を経て、渡米実業団長渋沢男爵並に主要なる商業会議所或は商業組織を代表する著名の士三十有八名によりて贈与せられたる西陣織感謝状を接手せり、該感謝状は団員諸氏自署の氏名、並びに千九百九年該実業団一行の紐育滞在中我商業会議所に於て一行に対し尽されたる歓待を賞賛せる感謝辞を織出せるものなり、而して我商業会議所は千九百十一年十二月七日定期総会を開くに当り、此感謝状を受領し、且つ永久紀念として当所の壁間に掲げ、以て両国親交の記標とせり、日米両国の関係は、過去に於て親善なりしが如く、将来に於ても渝らざることを希望して止ざるなり、凡そ商業は最も優越なる勢力を有するものにして、日米両国商業上の関係深甚なるは、平和の原因を増進するに於て多大の効果あるものとす、玆に総会の決議により、此記録を適当に浄写し、以て渋沢男爵並に団員諸氏に伝達するを光栄とす
           会頭  ヱー・バルトン・ヘツプバーン
           書記長    セレノ・ヱス・プラツト