デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
3節 国際団体及ビ親善事業
13款 社団法人国際聯盟協会
■綱文

第37巻 p.96-98(DK370012k) ページ画像

大正15年7月21日(1926年)

是日、当協会第六十二回理事会、日本工業倶楽部ニ開カル。栄一出席シテ婦人・児童売買禁遏国民委員会設置ノ件ヲ議ス。引続キ、当協会理事、新任ドイツ国駐箚特命全権大使長岡春一及ビ同理事頭本元貞渡欧並ニ前当協会主事加藤外松渡支並ニ当協会幹事青木節一帰朝ニツキ、ソノ歓送迎午餐会ニ移ル。


■資料

国際聯盟協会書類(二) 【大正十五年七月十四日】(DK370012k-0001)
第37巻 p.96-97 ページ画像

国際聯盟協会書類(二)         (渋沢子爵家所蔵)
  大正十五年七月十四日
                 国際聯盟協会々長
 - 第37巻 p.97 -ページ画像 
                    子爵 渋沢栄一
    渋沢会長殿
拝啓、時下愈々御清適奉賀候、陳者理事長岡博士、近日独逸大使として御赴任被遊、又理事頭本元貞氏は不日、欧洲漫遊の途に就かせらるる趣に有之候に就ては、聊か御送別の意を表し、兼ねて本協会第六十二回理事会を開催致候間、炎暑甚だ御迷惑の至りに存候得共、来る七月二十一日正午、丸ノ内工業倶楽部に御光臨の栄を得度く、此段御案内申上候 敬具

  大正十五年七月十六日
                 国際聯盟協会々長
                     子爵 渋沢栄一
    渋沢会長殿
前略
本協会主事加藤外松氏は、今般北京公使館一等書記官に御栄転になりまして、来月中旬御赴任の予定と承りましたが、多年本会の為めに献身的御尽力を戴きました御厚意に対し、特に御送別を申上げなければならぬ次第で御座いますが、日限も切迫して居りますので来る二十一日、長岡・頭本両理事の御送別と兼ねて催し度いと存じます、何卒右御含みの上御繰合せ御光臨の栄を得度く、重ねて御案内申上げます
                            敬具


国際聯盟協会書類(二) 【(謄写版) 招待会】(DK370012k-0002)
第37巻 p.97-98 ページ画像

国際聯盟協会書類(二)         (渋沢子爵家所蔵)
(謄写版)
    招待会
          大正十五年七月二十一日工業倶楽部にて
本協会理事長岡春一氏駐独大使として赴任され、理事頭本元貞氏も亦寿府に開かるゝ世界新聞大会出席の為め渡欧され、主事加藤外松氏は北京公使館一等書記官として赴任され、多年本会幹事たりし青木節一氏は、先般無事帰朝され、且つ聯盟支局の主任に就任されたるに就き送別・歓迎の小会を催す、出席者徳川総裁、渋沢会長、阪谷・添田両副会長、林・田川・山川・山田・秋月・宮岡・下村・江口各理事並監事、総裁よりの懇ろなる挨拶に対し、又長岡・頭本・加藤・青木各氏より謝辞があつた。

    第六十二回理事会議事要録
 時日 大正十五年七月二十一日(丸ノ内工業倶楽部にて)
 出席者 徳川総裁、渋沢会長、阪谷・添田両副会長、林・田川・山川・山田・秋月・宮岡・下村・頭本各理事、江口監事、加藤主事
  婦人児童売買禁遏本邦国民委員設置に関する件
各国に於ける婦人児童売買取締を目的とする団体の聯絡機関たるInternational Bureau for the Suppression of Traffic in Women and Children (2, Grosvenor Mansions, 76, Victoria Street, London,
 - 第37巻 p.98 -ページ画像 
S. W. 1.) 書記センブキンス氏よりの申出により、在巴里帝国々際聯盟事務局次長杉村陽太郎氏より本会に宛て、本協会が率先して本邦に於ける婦人児童保護を目的とする、多くの団体を糾合する一の国民委員会を組織し、以て前掲国際事務局と聯絡を保つやう、斡旋方を依頼し来れり
理事会は協議の結果、杉村氏よりの来簡の趣を本邦に於ける各関係団体(其の選択には注意を払ふこと)に通知し、必要に応じ適当の時機に本協会が主催となり、各関係団体の会合を催し、国民委員会設立の協議をなすことゝせり
  青本節一氏に関する件
阪谷副会長より、青木氏が本協会幹事として渡欧中、国際聯盟情報部東京支局設置の議起り、新渡戸・杉村両氏の推薦により、且つ本協会会長・両副会長の承諾を得て、昨年限り本協会を辞され、本年一月より聯盟の人となり、五月東京に、支局の事務を開始された経過を報告さる