デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
3節 国際団体及ビ親善事業
13款 社団法人国際聯盟協会
■綱文

第37巻 p.202-203(DK370045k) ページ画像

昭和3年3月8日(1928年)

是日、当協会第七十四回理事会、丸ノ内日本工業倶楽部ニ開カレ、栄一出席ス。後、国際聯盟ノ招請ニヨリテ渡欧スル長与又郎・同秦佐八郎及ビ南崎雄七等ノ送別午餐会ニ移ル。


■資料

国際聯盟協会書類(三) 【(控) 昭和三年二月二十八日】(DK370045k-0001)
第37巻 p.202-203 ページ画像

国際聯盟協会書類(三)          (渋沢子爵家所蔵)
(控)
  昭和三年二月二十八日    国際聯盟協会々長
                      渋沢栄一
拝啓、愈御清適奉賀候、陳者来る三月八日(木)正午丸ノ内工業倶楽部に於て、第七十四回理事会を開催、前回理事会後の会務報告を為し右終つて今般国際聯盟の招請に応じ、不日渡欧せらるゝ左記諸氏の送別午餐会を開催可致候に付、御繁用中乍恐縮御繰合御臨席の栄を得度此段御案内申上候 敬具
一、四月中旬、フランクフルト研究所に開催のサルヴアルサン標準決定会議に参列
         北里研究所   医学博士 秦佐八郎氏
    随員   同            小松経雄氏
一、五月初旬、コペンハーゲン研究所に開催の梅毒血清反応統一会議に参列
         伝染病研究所長 医学博士 長与又郎氏
    随員   内務技師    医学博士 野辺地慶三氏
一、五月下旬、英国に開催の衛生技術官交換会議に参列
         内務技師         南崎雄七氏
 追て乍御手数御出席の有無、折返し御回報相煩はし度願上候

   第七十四回理事会
                  昭和三年三月八日正午
                  於丸ノ内日本工業倶楽部
御出席
 渋沢会長、阪谷・添田両副会長、田川理事、頭本理事、松永条約局長○直吉、山川理事、山田理事、荒木理事、宮岡理事、関屋理事、江
 - 第37巻 p.203 -ページ画像 
口監事、奥山主事、秋月理事《(別筆)》

一、報告 奥山主事
一、送別午餐会
    伝染病研究所長       医学博士 長与又郎殿
    北里研究所         医学博士 秦佐八郎殿
    内務技師               南崎雄七殿
    内務技師          医学博士 野辺地慶三殿
    北里研究所              小松経雄殿
  陪賓
    内務省衛生局長            山田準次郎殿
    北里研究所              宮島幹之助殿
    内務省防疫課長            内野仙一殿
    内務省予防課長            高野六郎殿


社団法人国際聯盟協会会務報告 昭和二年度 同協会編 第八―一七頁昭和三年五月刊(DK370045k-0002)
第37巻 p.203 ページ画像

社団法人国際聯盟協会会務報告 昭和二年度 同協会編
                       第八―一七頁昭和三年五月刊
    四 理事会
○上略
 第七十四回理事会(三月八日)二月一日より本協会開催の国際児童生活画展覧会に、澄宮○三笠宮殿下御台臨並御下賜金を基金編入の件、安間徳勝氏朝鮮出張、奈良正造氏全国産業博覧会出陳、及宮城支部創設に関する要務を帯び出張の件を報告、尚ほ当日は長与・秦両博士の渡欧送別会を開催せり。
○中略
    八 招待会
○中略
 三月八日 丸の内工業倶楽部に於て、今般国際聯盟の招請に応じ、サルヴアル標準決定会議に参列の秦佐八郎博士、梅毒血清反応統一会議参列の長与又郎博士、衛生技術交換視察会議参列の南崎雄七氏の送別午餐会を開催、渋沢会長外理事諸氏、内務省山田衛生局長、内野・高野両技師、宮島幹之助氏等廿五名出席。