デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
4節 国際記念事業
5款 其他 6. アール・ディー・タタ記念教育資金
■綱文

第38巻 p.543-545(DK380055k) ページ画像

昭和2年6月(1927年)

是月栄一、インド国人故アール・ディー・タタ記念教育資金募集ノ挙ヲ賛シ五百ルーピーヲ寄付ス。


■資料

日印協会書類(一)(DK380055k-0001)
第38巻 p.543 ページ画像

日印協会書類(一)             (渋沢子爵家所蔵)
          (栄一鉛筆)
          昭和二年六月 日日印協会副島八十六氏持参ニ付、年来ノ縁故ヨリ印貨五百留比ヲ寄附スヘキ旨、同氏ト会見ノ際確答致置候間、書状ニテ引合ノ上支払致度事
                 六月十一日 栄一
  昭和二年二月
   印度孟買故アール・デイ・タタ氏
     記念教育資金寄贈者名録
                 世話人
                  庄司乙吉
                  武居綾蔵
                  横尾孝之亮
一、印貨五千留比          大日本紡績聯合会殿
一、金五百円也           長尾良吉殿
一、金五百円也           原富太郎殿
一、金五拾円也           岡田源吉殿
一、印貨壱千留比          東洋紡績株式会社殿
一、印貨五百留比          斎藤恒三殿
一、印貨弐百留比          庄司乙吉殿
一、印貨参千留比          内外綿株式会社殿
一、印貨弐千留比          内外綿株式会社 重役有志殿
一、金壱千円也           阿部彦太郎殿
一、金壱千円也           川村利兵衛殿
一、金五百円也           中野太右衛門殿
一、金壱千円也           横尾孝之亮殿
一、印貨参千留比          日本郵船株式会社殿
一、印貨参百留比          伊藤伝七殿
一、金壱百円也           木村知四郎殿
一、印貨参千留比          横浜正金銀行殿
一、印貨壱千留比          児玉鎌次殿
一、印貨五百留比          松尾吉士殿
一、印貨五百留比          五十嵐直三殿


日印協会書類(一)(DK380055k-0002)
第38巻 p.543-544 ページ画像

日印協会書類(一)           (渋沢子爵家所蔵)
        THE INDO-JAPANESE ASSOCIATION
                    Tokyo………
 - 第38巻 p.544 -ページ画像 
          R. D. TATA MEMORIAL FUND
  To the large circle of the friends of the late Mr. R. D. Tata it is unnecessary to recount his hold on their affection and esteem. It will be sufficient to say that it is the feeling of a large number of these friends that some useful permanent memorial in a form which would have strongly appealed to him would be a fitting and graceful tribute to his work and worth. Mr. Tata's attachment to Navsari, which was his birth place, was well known, and in him Navsari has lost, a munificent patron of learning. He was the founder and the life-long generous donor of the Anglo-Vernacular School bearing his father's name, which has been working in that town for wellnigh half a century. Some memorial in connexion primarily with this School and the allied Institution for physical training would, it is suggested, be an appropriate means of perpetuating his memory. To carry out this object it is proposed to start a fund to which the friends of the late Mr. R. D. Tata are requested to subcribe. If the collection admits of an extension of the benefit of the fund to other educational Institutions, it will be so extended..
  Subscriptions which will be duly acknowledged may please be forwarded to the undersigned at Bombay House,
Bruce Road, Fort, Bombay.
                    J. D. Ghandy
Bombay, 10th December 1926.


(横尾孝之亮) 書翰 渋沢栄一宛 昭和二年六月一三日(DK380055k-0003)
第38巻 p.544-545 ページ画像

(横尾孝之亮) 書翰 渋沢栄一宛 昭和二年六月一三日
                    (渋沢子爵家所蔵)
          (別筆)
          昭和二年六月十七日横尾孝之亮氏来状
謹啓仕候、時下向暑之候ニ御座候処、益御健勝ニ被為渉絶ヘズ為邦家御尽瘁被遊候事常ニ拝承仕居リ感激罷在候事ニ御坐候、平素ハ慮外ノ御無沙汰申上誠ニ申訳無之次第ト恐懼此事ニ奉存候、陳者今回故アール・デイ・タタ氏記念教育資金募集ニ際シ、日印協会副島氏ヲ通ジテ該計画之概略御高聞ニ相達候処、早速御賛同之光栄ニ浴シ、印貨五百留比御出捐被成下候趣、本日副島氏ヨリノ移牒ニ接シ誠ニ感佩之至リニ奉存候、日々御繁忙之閣下ニ対シカヽル事ヲ申上ゲ御尊慮相煩候事ハ誠ニ恐縮千万ニ奉存候処、御叱責モ無ク直チニ御快諾ヲ賜リ候段、取扱者タル小生ノ面目ハ申スニ及バズ、故人モ定メシ地下ニ感泣可仕吾帝国之代表タル
閣下ノ御芳情ニ対シテハ将来、引イテ日印両国間ノ国交上ニモ多大ノ好影響ヲ齎シ可申ト確信仕居候、何レ上京拝伺之砌親敷御挨拶申上度ト奉存候得共、不取敢以書中御礼申上度如斯御坐候 拝具
  昭和弐年六月十三日
 - 第38巻 p.545 -ページ画像 
                     横尾孝之亮
  子爵 渋沢栄一閣下


日印協会会報 第四二号・第一七七―一七八頁 昭和二年一月 アール・デー・タタ記念教育資金(DK380055k-0004)
第38巻 p.545 ページ画像

日印協会会報 第四二号・第一七七―一七八頁 昭和二年一月
○アール・デー・タタ記念教育資金 昨年八月巴里に客死せる印度タタ製鉄所長アール・デー・タタ氏の為に、記念教育資金募集の挙あることは已に前号会報に報じて置いたが、氏は日印航路の開始者にして日印貿易に貢献する所甚大であるので、曩に我国から勲三等を贈つて功労を表彰された程であるから、今次の記念教育資金にも渋沢会頭を始め、正金銀行・大日本紡績聯合会、日本棉花同業会・日本郵船会社大阪商船会社・三井物産会社、其他印度関係有力者より続々寄附申込があつて、総額三万六千十八留比に達した。