デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
5節 外賓接待
15款 其他ノ外国人接待
■綱文

第39巻 p.170-171(DK390083k) ページ画像

大正7年10月10日(1918年)

是日栄一、アメリカ合衆国伝道会社派遣ノ東洋教育及ビ宗教視察委員一行ヲ、飛鳥山邸ニ招キテ午餐会ヲ催ス。


■資料

竜門雑誌 第三六五号・第七六―七七頁大正七年一〇月 ○青淵先生の米国宗教家招待会(DK390083k-0001)
第39巻 p.170-171 ページ画像

竜門雑誌 第三六五号・第七六―七七頁大正七年一〇月
○青淵先生の米国宗教家招待会 青淵来生には今般北米合衆国伝道会社より東洋の教育及宗教視察の為め派遣せられ、先づ我邦の之が状況を視察したる左記委員諸氏を、十月十日飛鳥山邸に招待して午餐会を催されたり。
 ソーパー博士(ドルー神学校教授) マイヤー博士(世界日曜学校協会編輯局主任)同夫人ヸリラン博士(アイダホ州伝道部長)ブラ
 - 第39巻 p.171 -ページ画像 
ウン博士(ローセスター・メソヂスト教会牧師) ローン氏(アイダホ州ボイス市実業家) 同夫人 ジヨンソン監督(亜非利加方面監督) 同夫人 ハース氏(伝道局図書館員) ロー氏(紐育市実業家)ビントン氏(伝道局講演部長) 同夫人 バーレーノ夫人(短篇小説家)
  以上視察員一行
 高木壬太郎(青山学院長) ハリス監督(亜細亜方面監督) ベレー博士(青山学院教授) 川尻牧師
  以上青山学院教職員
 姉崎正治博士・頭本元貞氏・成瀬仁蔵氏・佐藤毅氏
  以上陪賓
 右一同は午前十一時同邸に到着し、青淵先生及同令夫人に依りて先づ晩香廬に請ぜられて茶菓の饗を受け、夫れより秋色正に闌ならんとする同庭園を逍遥したる後、客室に設けられたる食卓に導かれて午餐の饗を受け、食後青淵先生の挨拶、ハリス監督の謝辞あり、一同歓を尽し、午後三時辞去せられたりと云ふ、由来伝道会社の各地派遣視察員は孰れも撰抜せられたる有為の人々にて、従て其報告は合衆国民に重要視せらるゝ由なるが、青淵先生の此一日の所謂国民外交は必ずや好印象を一行に与へしに止まらず、惹て其本国民に好感を与ふるならんと推察せるるゝなり。