デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

3章 国際親善
7節 其他ノ資料
4款 慶弔
■綱文

第40巻 p.590-591(DK400192k) ページ画像

昭和3年8月15日(1928年)

是ヨリ先栄一、是月三十日挙行セラルベキアメリカ合衆国人エドワード・エル・スミスノ息女、エンマ・トンプソントフィリップ・ジー・ストロングトノ結婚式ニ招カル。仍ツテ是日栄一、エドワード・エル・スミス夫妻ニ対シ祝辞ヲ送ル。


■資料

(エドワード・エル・スミス夫妻)書翰 渋沢栄一宛一九二八年八月(DK400192k-0001)
第40巻 p.590 ページ画像

(エドワード・エル・スミス夫妻)書翰  渋沢栄一宛一九二八年八月(渋沢子爵家所蔵)
(印刷物)
       Mr. and Mrs. Edward Livingston Smith
       request the pleasure of your company
      at the marriage breakfast of their daughter
            Emma Thompson
              and
         Mr. Philip Grandin Strong
       on Thursday the thirtieth of August
         at half after twelve o'clock
          at their residence
         Ballston Spa, New York
The favour of a reply is requested
(右訳文)
                 (栄一鉛筆)
                 三年九月二十八日一覧
 東京市                 (八月十四日入手)
  子爵渋沢栄一閣下
        紐育州ボールストン・スパ市
           エドワード・リヴイングストン・スミス
           同妻
拝啓、益御清栄奉賀候、然ば娘エンマ・トムソン儀をフイリツプ・グランヂン・ストロング氏と結婚為致候に付ては、右披露の為め来る八月卅日(木)十二時半紐育州在ボールストン・スパ市拙宅に於て粗餐差上申度候間、御賁臨の栄を賜はり度此段御案内申上候 敬具


渋沢栄一書翰控 エドワード・エル・スミス夫妻宛 一九二八年八月一五日(DK400192k-0002)
第40巻 p.590-591 ページ画像

渋沢栄一書翰控  エドワード・エル・スミス夫妻宛一九二八年八月一五日
                     (渋沢子爵家所蔵)
          (別筆)
          本書状は已に発送済みのものに有之候
          (九月四日)
 紐育市ポールストン・スパ
  イー・エル・スミス殿
  同令夫人殿
        一九二八年八月十五日 渋沢栄一
 - 第40巻 p.591 -ページ画像 
拝啓、然ば来る八月卅日十二時半、紐育州ボールストン・スパ市の貴邸に於けるエンマ・トムソン御令嬢と、ヒリツプ・グランヂン・ストロング氏との結婚披露朝餐会の御招待状昨日拝受、謹で御祝ひ申上候若し交通の便十分にして当日迄に此太洋を横断して目出度き式場に到着するを得ばなど相考へ候、尤も横浜ヴアンクーヴア間を九日或は十日にて航行する最速船明日横浜出帆のもの有之候得共、之によつて果して順調に希望達し得候かは頗る疑問に有之候、就ては不本意ながら本祝賀状をエンプレツス・オブ・カナダ号に托し候次第に御座候、右は或は当日頃貴地到着可致やと存じ之れにて満足せざるを得ざる次第不悪御諒恕被下度候
擱筆に臨み新郎新婦の幸福と繁栄とを切に祈上候 敬具
  ○右英文書翰ハ一九二八年八月十五日付ニテ発送セラレタリ。