デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

4章 道徳・宗教
4節 キリスト教団体
3款 財団法人日本日曜学校協会
■綱文

第42巻 p.255-258(DK420062k) ページ画像

大正12年10月13日(1923年)

是日、当協会有志者、当協会名誉主事エッチ・イー・コールマンノ帰国送別茶話会ヲ、帝国ホテルニ催ス。栄一出席シテ送別ノ辞ヲ述ブ。


■資料

集会日時通知表 大正一二年(DK420062k-0001)
第42巻 p.255 ページ画像

集会日時通知表  大正一二年       (渋沢子爵家所蔵)
十月十三日 土 午後四時 コールマン氏帰米ニ付送別茶話会(帝国ホテル)


(阪谷芳郎)日米関係委員会日記 大正一二年(DK420062k-0002)
第42巻 p.255-256 ページ画像

(阪谷芳郎)日米関係委員会日記  大正一二年
                     (阪谷子爵家所蔵)
十二、十、十三 帝国ホテル コールマン送別来年六月グラスゴー世界日曜学校大会出席年末ニ日本ニ帰着ノツモリ
 - 第42巻 p.256 -ページ画像 
        小崎・渋沢・コールマン三氏演説ス震災同情話題タリ


(増田明六) 日誌 大正一二年(DK420062k-0003)
第42巻 p.256 ページ画像

(増田明六) 日誌  大正一二年     (増田正純氏所蔵)
十月十三日 土
○上略
午後四時帝国ホテルニ於けるコールマン氏帰米送別会ニ出席す


竜門雑誌 第四二三号・第六三頁 大正一二年一二月 コールマン氏送別茶話会(DK420062k-0004)
第42巻 p.256 ページ画像

竜門雑誌  第四二三号・第六三頁 大正一二年一二月
○コールマン氏送別茶話会 日本日曜学校協会名誉幹事たるコールマン氏今回帰米に付、同協会の有志者発起人となり、十月十三日午後四時帝国ホテルに於て茶話会を催し、送別の意を尽したるが、多年同氏と懇親の間柄にありし青淵先生にも、出席の上一場の送別辞を述べられたりと云ふ。


渋沢栄一書翰控 ロバート・エヌ・リンチ外七名宛 大正一二年一〇月一二日(DK420062k-0005)
第42巻 p.256-257 ページ画像

渋沢栄一書翰控  ロバート・エヌ・リンチ外七名宛 大正一二年一〇月一二日
                     (渋沢子爵家所蔵)
             (別筆)
             大正十二年十月十二日発信
    案
桑港商業会議所
  ロバート・エン・リンチ殿     栄一
   外に七人
                      東京
                      渋沢栄一
拝啓 益御清適奉賀候、然ば今回我邦の大災害に付、貴国官民の深厚なる御同情を得、且つ莫大なる金品の御寄贈を忝ふせし義は、全国民の共に感謝措く能はざる所に有之、老生は此機会に於て特に衷心よりの謝意を表候
本書持参のエチ・イー・コールマン氏は、宣教師として永く我邦に滞留し、日本の国語・風俗習慣等に通じ、日曜学校協会の名誉幹事にして、特に児童の宗教教育に努力せられ居り、老生は従来同氏と懇親之間柄にて其熱心なる活動に感服し、常に敬意を表し居る一人に候、同氏は今回の震災に関しても羅災者救済と孤児及迷児等の撫育の為め日夜大奔走尽力せられ居、明年スコツトランドに開会せらるゝ世界日曜学校大会準備之為め急に帰米せらるゝことゝ相成り候に付ては、帰米之後貴下に拝接之折を得て右大震災の実況と老生の近況とを伝達致候様依頼致し、即ち本書相付候次第に御坐候間、同氏拝訪の節は御引見の上委細御聴取被下度候 匆々敬具
  ○右英文書翰ハ十月十二日付ニテ発送セラレタリ。同文八通、宛先ハ左ノ如シ。
  Mr. Robert N. Lynch
    San Francisco Chamber of Commerce, San Francisco, Calif.
  Mr. Howard Heinz Pittsburgh, Pa.
  Mr. Rodman Wanamaker New York City
  Dr. Sidney L. Gulick New York City
  Dr. John R. Mott New York City
 - 第42巻 p.257 -ページ画像 
  Mr. George W. Wickersham New York City
  Judge E. H. Cary New York City
  Mr. Frank A. Vanderlip New York City


(ジョージ・タブリュー・ウィカシャム)書翰 渋栄栄一宛 一九二四年一一月一二日(DK420062k-0006)
第42巻 p.257 ページ画像

(ジョージ・タブリュー・ウィカシャム)書翰  渋栄栄一宛 一九二四年一一月一二日
                     (渋沢子爵家所蔵)
                        40 Wall Street
                         New York
                   November 12, 1924
His Excellency,
  The Viscount Shibusawa,
  Marunouchi, Tokyo, Japan
My dear Viscount:
  Mr. H. E. Coleman has brought me your letter of October 12th, and I have had a most agreeable talk with him. He has given me a most interesting account of his experiences in Japan, and he has, as I have, the warmest interest in Japan, and is deeply grieved at the attitude taken by our Congress in dealing with the immigration question. I am glad to have from him such good news of you, and to know that you and your associates continue in Japan to labor as we do here for the continued maintenance of good relations between our respective countries.
  I am, my dear Viscount,
            Always faithfully yours,
           (Signed) Geo. W. Wickersham
(右訳文)
            (別筆)
            十二月十日御一覧済、回答を要す
 東京市                 (十二月五日入手)
  子爵 渋沢栄一閣下
        ニユー・ヨーク市、一九二四年十一月十二日
            ジヨジ・ダブルユー・ウヰツカシヤム
拝啓、エチ・イー・コールマン氏に御託の昨年十月十二日付御手紙、同氏より正に入手致候、小生は同氏と極めて愉快なる談話を交換致し日本に於ける経験中頗る面白き物語を承り候、同氏は小生と同じく日本に対しく深く好意を抱かれ、移民問題に関する我が議会の態度を慨嘆致され候、小生は同氏より閣下の御近況を聴取し喜ばしく存候、尚ほ閣下を始め御同僚諸氏が両国親善維持の為に不相変御尽力被成下度願上候、小生等も我邦に於て此方面に対し最善の努力を致居候 敬具
  ○ニユー・ヨークニ於ケルエッチ・イー・コールマン歓迎会ニ付堀越善重郎ノ報ゼル書翰アリ。本資料第三十四巻所収「日米関係委員会」大正十三年四月二十一日ノ条中ニ収メタル大正十三年五月十五日付栄一宛書翰参照。
  ○本巻所収「世界日曜学校大会後援会」大正十三年四月十五日及ビ昭和三年七月十一日ノ条参照。

 - 第42巻 p.258 -ページ画像 


〔参考〕集会日時通知表 大正一四年(DK420062k-0007)
第42巻 p.258 ページ画像

集会日時通知表  大正一四年        (渋沢子爵家所蔵)
十三日○二月 金 午後三時半 コールマン、ワード歓迎会(帝国ホテル)



〔参考〕東京基督教青年会書類(DK420062k-0008)
第42巻 p.258 ページ画像

東京基督教青年会書類            (渋沢子爵家所蔵)
   (朱書)
    案
謹啓 寒冷の砌愈御清福奉賀候、却説、一昨年震災直後種々重要なる使命を帯びて帰米し、今回帰任せられたる日本日曜学校協会名誉主事コールマン氏、並に目下来朝中の紐育ユニオン神学校倫理学教授にして社会学者たるハリー・ウワード氏の為、来る二月十三日(金)午後三時半より、帝国ホテルに於て歓迎会相開き申候間、御多忙中とは存候得共、御繰合せ御出席下され度此段御案内申上候 尚当日は両氏の講演可有之候 敬具
  大正十四年二月二日           小崎弘道
                      渋沢栄一
   追伸 一、会費は金壱円に有之、当日御持参下され度候
      二、御手数ながら御出席の有無、来る二月五日迄に御回示下され度候



〔参考〕(増田明六)日誌 大正一四年(DK420062k-0009)
第42巻 p.258 ページ画像

(増田明六)日誌  大正一四年       (増田正純氏所蔵)
二月十三日 金 晴
○上略
今日午後三時半、帝国ホテルニ於て、来邦中のウワード博士及先般米国より帰邦のコールマン氏歓迎の茶話会あり、出席の約なりしが病気の為め不参○下略