デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

5章 教育
2節 女子教育
1款 日本女子大学校
■綱文

第44巻 p.698-707(DK440193k) ページ画像

昭和4年7月6日(1929年)

是日、当校ニ於テ、当校主催渋沢子爵九十寿祝賀会開催セラル。栄一之ニ臨ミ、謝辞ヲ述ブ。


■資料

竜門雑誌 第四九〇号・第七三頁 昭和四年七月 青淵先生動静大要(DK440193k-0001)
第44巻 p.698 ページ画像

竜門雑誌 第四九〇号・第七三頁 昭和四年七月
    青淵先生動静大要
      六月中
十五日 日本女子大学評議員会相談会(曖依村荘)


竜門雑誌 第四九一号・第五一頁 昭和四年八月 青淵先生動静大要(DK440193k-0002)
第44巻 p.698 ページ画像

竜門雑誌 第四九一号・第五一頁 昭和四年八月
    青淵先生動静大要
      七月中
六日 日本女子大学校催青淵先生九十寿祝賀会(同校)
   ○中略。
廿四日 日本女子大学校評議員会(渋沢事務所)


集会日時通知表 昭和四年(DK440193k-0003)
第44巻 p.698 ページ画像

集会日時通知表 昭和四年        (渋沢子爵家所蔵)
七月六日 土 午前十時 日本女子大学主催青淵先生九十寿祝賀会
            (同校)


日本女子大学校書類(一)(DK440193k-0004)
第44巻 p.698 ページ画像

日本女子大学校書類(一)        (渋沢子爵家所蔵)
謹啓、薄暑之候益々御清穆被為渉奉恭賀候、陳者閣下九秩の御高齢を御祝申上候微意を表し、来る七月五日(金曜)正午学生調理の粗餐差上け、引続き一時三十分より講堂に於て祝賀会開催仕度候間御繰合せの上御光臨の栄を賜り度奉希上候、此段御案内迄如此御座候 敬具
  昭和四年六月二十八日
             日本女子大学校長 麻生正蔵
    渋沢子爵閣下
    同令夫人


竜門雑誌 第四九〇号・第七六―八四頁 昭和四年七月 日本女子大学校に於ける渋沢子爵九十賀祝賀会(昭和四年七月六日午前十時)(DK440193k-0005)
第44巻 p.698-699 ページ画像

竜門雑誌 第四九〇号・第七六―八四頁 昭和四年七月
    日本女子大学校に於ける渋沢子爵九十賀祝賀会
              (昭和四年七月六日午前十時)
     順序
 一、奏楽
 一、賀詞     学生総代
          桜楓会員総代
          教職員総代
          校長
 一、御祝の歌
 - 第44巻 p.699 -ページ画像 
 一、子爵の御話
 一、唱歌
   ○賀詞全部次掲ニツキ略ス。
  渋沢子爵九十賀お祝の歌
 一、万歳 々々 々々
    高き齢     寿ぐ佳き日
    至誠なる    奉仕もて
    御国のため   世のために
    明治の上より  昭和の御代かけ
    尽くし来ませる そのいさをし
    海の内外    ほぎ言あふる
     いざやけふを祝へもろ人
      あゝゝ 万々歳
 二、万歳 々々 々々
    高き齢     寿ぐ佳き日
    祖父なる    この君の
    わが学舎    育てんと
    たまひしめぐみ 深きを思へば
    吾等の使命   力の限り
    御国のため   つくさざらめや
     いはへけふを姉妹ともに
      あゝゝ 万々歳


家庭週報 第九九一号 昭和四年七月五日 【評議員渋沢子爵の九秩賀に捧ぐる詞 日本女子大学校長 麻生正蔵/渋沢子爵九秩賀 日本女子大学校に於ける卅年の功労をたたへて 祝詞 日本女子大学校教職員総代 島田重祐/祝詞 桜楓会総代 井上秀子】(DK440193k-0006)
第44巻 p.699-703 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

家庭週報 第九九二号 昭和四年七月一二日 渋沢子爵九十賀会(DK440193k-0007)
第44巻 p.703-707 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

〔参考〕日本女子大学校書類(一)(DK440193k-0008)
第44巻 p.707 ページ画像

日本女子大学校書類(一)        (渋沢子爵家所蔵)
謹啓、秋涼相催候処益々御清穆被為渉奉恭賀候、陳者閣下米寿御祝の微意を表する為め来る十月二十二日(月曜)正午学生調理の粗餐差し上げ、引続二時より祝賀会開催仕度候間、御繰り合せの上同日午前十一時三十分迄に御光臨を賜はり候ハヾ仕合に奉存候、此段御案内迄如此御座候 敬具
  昭和三年十月十日
             日本女子大学校長 麻生正蔵
    渋沢子爵閣下
    同 令夫人
(別筆朱書)
総長御病気ノ為メ同校ヨリ他日ニ延期挙行ト決定ノ事ニ申シ来ル
   ○栄一ノ病気ニヨリ、コノ米寿祝賀会ハ延期サレ、昭和四年七月六日ノ九十寿祝賀会トナル。