デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

5章 教育
3節 其他ノ教育関係
2款 財団法人埼玉学生誘掖会
■綱文

第45巻 p.205-206(DK450067k) ページ画像

大正2年9月20日(1913年)

是日栄一、当会茶話会ニ出席シ、演説ヲナス。次イデ十月二十六日、当会第三回評議員会・第四回
 - 第45巻 p.206 -ページ画像 
維持員会ニ出席シ、終ツテ第九回寄宿舎記念式ニ臨ミ、祝辞ヲ述ブ。


■資料

埼玉学生誘掖会十年史 同会編 第一五三頁大正三年一〇月刊(DK450067k-0001)
第45巻 p.206 ページ画像

埼玉学生誘掖会十年史 同会編  第一五三頁大正三年一〇月刊
 ○第二篇 寄宿舎史
    一、寮史
○上略
廿日○大正二年九月午後七時より古川先生送別を兼ね、茶話会を開く。○中略渋沢会頭には時節柄多忙の折柄態々御出席ありて、加州及支那問題に就きて、当に帝国青年の執るべき態度を教示せられたり。○下略


委員日誌(二)(DK450067k-0002)
第45巻 p.206 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

埼玉学生誘掖会十年史 同会編 第一〇二頁大正三年一〇月刊(DK450067k-0003)
第45巻 p.206 ページ画像

埼玉学生誘掖会十年史 同会編  第一〇二頁大正三年一〇月刊
 ○第一篇 埼玉学生誘掖会史
    第二期 財団法人組織時代
○上略 十月二十六日○大正二年本会事務所に於て第三回評議員会を開き、前年度の会務並に会計の報告をなし、次で第四回維持員会を開き、大正三年度の経費・予算案を議決し、且つ明年は本会寄宿舎創立満十週年に相当するを以て、紀念祝賀会を挙行することとし、其方法は総て理事・監事に一任するの件を議決せり。此日会頭渋沢栄一・理事諸井四郎・斎藤阿具・石井健吾、監事諸井恒平・本多静六・田島竹之助、維持員滝沢吉三郎・福田又一・福田庫文司・太田元章・山中勇、評議員堀越寛介・青木七郎・榎本善兵衛・戸矢間四郎・新井啓一郎・山川弘毅の諸氏列席す。維持員会終了後、第九回寄宿舎紀念式を挙げ、前記諸氏も列席す。○下略


委員日誌(二)(DK450067k-0004)
第45巻 p.206 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。