デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

5章 教育
3節 其他ノ教育関係
3款 埼玉学生誘掖会舎友会
■綱文

第45巻 p.274-275(DK450100k) ページ画像

大正10年5月31日(1921年)

是日栄一、日本工業倶楽部ニ於ケル当会春期懇親会ニ出席ス。


■資料

(埼玉学生誘掖会舎友会)文書綴 大正二年―(DK450100k-0001)
第45巻 p.274 ページ画像

(埼玉学生誘掖会舎友会)文書綴  大正二年―
                (埼玉学生誘掖会舎友会所蔵)
拝啓、時下新緑の砌愈々御清栄の段奉慶賀候、陳者明治三十八年以来我寄宿舎の為め尽瘁致されたる大井台司先生は、此度御一身上の都合に依り優退せらるる事と相成り恂に惜別の情に堪へす候、然る所又新に小池元武先生を迎へて其後任を托するを得候は大い意を安する次第に御座候、就ては両先生送迎を兼ね、舎友会春季懇親会を開催致候間左記御承知の上奮て御臨席被成下度此段御案内申上候
 一日時 大正十年五月二十五日午後四時より
 一場所 丸の内帝国劇場
 一食事 午后六時
 一会費 金七円
右帝国劇場を選定致候は、一般宴会の如く食ひ飲み別るゝのみにてはお互舎友として物不足の感あり、温故知新の道に副はざる如く思はれ候間、此度は局面を換へ観劇を兼ねて旧交を温め、談笑の間に舎友会の目的を達し度と存候間御含置被下度候 敬具
  大正十五年五月五日
       舎友会幹事
         大山昇平  大野栄三   大谷三四郎
         加藤辰五郎 長島作左衛門 柿沼敏夫
         武政俊次  相川貞吉   関口達三
         斎藤良弼
追伸 劇場へ交渉の都合有之候間御出席の有無共、五月十五日迄に到着するよう御回報之程願上候


(埼玉学生誘掖会舎友会)文書綴 大正二年―(DK450100k-0002)
第45巻 p.274 ページ画像

(埼玉学生誘掖会舎友会)文書綴  大正二年―
                (埼玉学生誘掖会舎友会所蔵)
拝啓、別紙の主旨と順序に依り、舎友会春季懇親会開催可致準備を整へ候処、都合により左記の通り変更致候間御諒承被下度、此段改めて御案内申上候
 一日時 大正十年五月三十一日午後六時
 一会場 丸ノ内工業倶楽部
 一会費 金六円内外
  大正十年五月二十一日
                     舎友会幹事
    追而御出席の有無共、五月二十九日迄に御回報願上候
  ○別紙ヲ欠ク。

 - 第45巻 p.275 -ページ画像 

集会日時通知表 大正一〇年(DK450100k-0003)
第45巻 p.275 ページ画像

集会日時通知表  大正一〇年       (渋沢子爵家所蔵)
五月三十一日 火 午後六時 埼玉舎友会(日本工業クラブ)