デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

5章 教育
3節 其他ノ教育関係
12款 東京帝国大学関係 2. 新聞研究室
■綱文

第45巻 p.496-499(DK450181k) ページ画像

昭和4年10月12日(1929年)

是月一日、東京帝国大学文学部内ニ、新聞研究室開設セラル。是日、学士会館ニ於テ右開設記念披露会開催セラレ、栄一出席シテ挨拶ヲ述ブ。


■資料

新聞学講座設置ノ件書類(DK450181k-0001)
第45巻 p.496 ページ画像

新聞学講座設置ノ件書類          (渋沢子爵家所蔵)
(印刷物)
拝啓益御清祥奉賀候、予て有志家諸氏の御賛助により、東京帝国大学に寄附致候新聞研究基金にて設置せられたる新聞研究室は、御承知の如く本月一日より開始せられ候、就ては我邦最初の永久施設たる新聞研究室の将来を祝福し、併せて経過の概要をも御報告申上度、来十二日午後十二時半神田区錦町学士会館に於て粗餐呈上致度候につき、御多用中と存候へ共御繰合せ御来会被下度、右御案内申上候 敬具
 尚当日は右研究室の開始を祝せんが為め独逸より来朝せられたる、ミユンヘン大学新聞研究所長新聞学講座担当教授デスター博士も御出席の筈に有之候
  昭和四年十月三日
             東京帝国大学新聞研究基金寄附
             発起人総代
                   子爵 渋沢栄一
                   男爵 阪谷芳郎
             発起人
                      伊藤正徳
                      徳富猪一郎
                      岡田良平
                      太田正孝
                      上田万年
                      簗田𨥆次郎
                      三土忠造
                      三上参次
                      本山彦一
                      杉村広太郎
                       (いろは順)
  追而御来会の有無別紙郵便葉書にて折返し御返事被下度候


中外商業新報 第一五六八〇号昭和四年一〇月一三日 東大新聞研究室開設記念披露会 寄附者始め七十余名出席 きのふ学士会館で(DK450181k-0002)
第45巻 p.496-498 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

東京朝日新聞 第一五六〇三号 昭和四年一〇月一三日 新聞研究室披露 学士会館で(DK450181k-0003)
第45巻 p.498 ページ画像

東京朝日新聞 第一五六〇三号 昭和四年一〇月一三日
    新聞研究室披露
      学士会館で
渋沢子・阪谷男を総代とする有志は、時勢の要求に鑑みて東京帝大に新聞研究室を設置すべく、予て有力者の寄付を募りつゝあつたが、本年一月その基金の半額に達したので、まづその全部を当局に寄付してその設置をうながし、いよいよ十月一日より東大文学部の一室に開始する運びとなつた、その将来を祝福し、経過の概要を報告するため、十二日午後零時半、神田の学士会館に朝野の名士約百名を招いて披露した
 渋沢子の感想、小野塚東大総長のあいさつ、滝文学部長の報告、内務・文部両大臣の祝辞代読等があり
最後に目下来朝中のミユンヘン大学新聞研究所長デスター博士も出席して、一場の祝辞をのべた


新聞学講座設置ノ件書類(DK450181k-0004)
第45巻 p.498-499 ページ画像

新聞学講座設置ノ件書類          (渋沢子爵家所蔵)
  新聞講座ニ関スル招待会出席者 六十八名
    (昭和四年十月十二日午後零時半於学士会館)
一、当局
  専門学務局長 赤間信義    内務次官  潮恵之輔
  警保局長   大塚惟精    図書課長  白松喜久代
  警務課長   土屋正三    宮内次官  関屋貞三郎
  外務次官   吉田茂     情報部長  斎藤博
  陸軍次官   阿部信行    文部次官  中川健蔵
二、大学関係
 - 第45巻 p.499 -ページ画像 
  総長     小野塚喜平治  文学部長  滝精一
  経済学部長  矢作栄蔵          南原繁
  文学部新聞研究室指導 戸田貞三      河合栄治郎
  文学部新聞研究室 小野秀雄  農学部   岩住良治
  文学部    藤岡勝二    法学部   加藤正治
  工学部長   渋沢元治    文学部   吉田熊次
  文学部    春山作樹    〃     青木昌吉
  〃      桑田芳蔵    〃     常盤大定
三、新聞社幹部
 大阪毎日新聞社 本山彦一 代 中西仙司  報知新聞社   侯 大隈信常 代 中村唯一
  国民新聞社  山根真治郎 代 長谷耕作 中外商業新報社 佐藤三郎
  万朝報社   長谷川善治        中央新聞社   山口恒太郎 代 岡村良爾
  日本新聞社  藤森勇 代 三武錠
四、新聞関係
 東京朝日新聞社 緒方竹虎 代 仲田勝之助 国民新聞社 細野繁勝 代 山本保
  都新聞社   山本信博    日本電報通信社    上田碩三
  ジャパンアドヴァタイザー社 モリス 代 上野田節男 帝大新聞社[帝国大学新聞社] 末松満
  春秋会幹事  中屋竜夫    地方新聞支局会理事  山田豊
五、寄附者
      男爵 団琢磨           有賀長文
         牧野元次郎         森広蔵
         末延道成          岩原謙三
六、主ナル実業家
         服部金太郎         藤原銀次郎 代 渡辺道太郎
七、特別関係
      子爵 渋沢栄一       男爵 阪谷芳郎
         渡辺得男          白石喜太郎
         井田善之助(但受付)    岡田純夫
         佐治祐吉(但受付)
八、発起人
         上田万年          三上参次
         簗田𨥆次郎         杉村広太郎
         伊藤正徳 代 小川節
九、特別臨席者
         デスター
十、他に当日臨時に加はりたるもの
  新聞之新聞  高橋鷹美    新聞之日本 寺南清一
  中央商業新報社より参加 四名
    合計六十八名(但内二名会食に加らず)