デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

5章 教育
3節 其他ノ教育関係
15款 二松学舎 2. 財団法人二松学舎
■綱文

第45巻 p.588-590(DK450222k) ページ画像

大正13年6月3日(1924年)

是年二月、当学舎学長三島復ノ逝去ニヨリ、名誉教授児島献吉郎学長ニ就任ス。栄一、三島広ヲ監事ニ推薦セントシ、五月三日評議員会ヲ招集シテ寄付行為中改正ノ件ヲ議決、文部省ニ申請シテ同月二十三日認可ヲ受ク。是日栄一、評議員会ヲ招集シ、三島広ヲ監事ニ選任ス。


■資料

二松学舎六十年史要 国分三亥編 第六四頁昭和一二年一二月刊(DK450222k-0001)
第45巻 p.588 ページ画像

二松学舎六十年史要 国分三亥編  第六四頁昭和一二年一二月刊
 ○第一編 第二章 歴年沿革
    大正十三年
 二月一日学長三島復逝去す、復は中洲先生の第三子にして、人と為り至誠純篤、躬を以て生徒を率ゐ教化の功最も多し、二月三日本舎に告別式を行ふ。
 督学土屋弘を名誉督学に、名誉教授安井小太郎を督学に推戴し、名誉教授児島献吉郎に学長を嘱託し、理事尾立維孝学長に関する事務を取扱ふ。
○下略


集会日時通知表 大正一三年(DK450222k-0002)
第45巻 p.588 ページ画像

集会日時通知表  大正一三年      (渋沢子爵家所蔵)
二月三日 日 三島復氏告別式(二松学舎)


二松学舎六十年史要 国分三亥編 第一一八頁昭和一二年一二月刊(DK450222k-0003)
第45巻 p.588-589 ページ画像

二松学舎六十年史要 国分三亥編  第一一八頁昭和一二年一二月刊
 ○第二編 財団法人二松学舎沿革
    第三章 財団法人二松学舎時代
 - 第45巻 p.589 -ページ画像 
○上略
 五月○大正一三年三日、評議員会開催、寄附行為第十二条中監事二名とあるを三名とすることに改正の件を議決し、五月二十三日文部大臣より認可せらる。
 六月三日、評議員会開催、三島広を監事に選任す。
○下略


二松学舎書類(一)(DK450222k-0004)
第45巻 p.589 ページ画像

二松学舎書類(一)           (渋沢子爵家所蔵)
(写)
東専一七一号
                 財団法人二松学舎理事
                     渋沢栄一
大正十三年五月五日付申請其ノ法人寄附行為中変更ノ件認可ス
  大正十三年五月二十三日
               文部大臣 江木千之


二松 第七号特輯渋沢青淵先生追悼号・第七五頁昭和六年一二月 子爵渋沢青淵先生を憶ふ 浜隆一郎(DK450222k-0005)
第45巻 p.589 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

二松学舎書類(一)(DK450222k-0006)
第45巻 p.589-590 ページ画像

二松学舎書類(一)            (渋沢子爵家所蔵)
(控)
                 (維孝)
会長栄一   当番理事(印)
         理事
           書記
  大正十四年九月廿一日起案
    各評議員ヘ通知案
当舎理事渋沢栄一・尾立維孝・佐倉孫三・池田四郎次郎・速水柳平、監事大倉喜八郎・古河乕之助、満期ニ付来ル二十九日迄ニ其改選投票又ハ委任状御送付被下度此段申通候也
  大正十四年九月廿五日
         財団法人二松学舎長 子爵渋沢栄一

各理事任期満了ニ付本月廿九日改選会相開、改選ヲ行ヒ候処、貴殿理
 - 第45巻 p.590 -ページ画像 
事ニ御重任相成候間、別紙承諾書ヘ御記名御調印御提出被下度此段申上候也
  大正十四年九月三十日
     財団法人二松学舎長 子爵渋沢栄一財団法人二松学舎長
    子爵渋沢栄一殿
(控)
    承諾書
財団法人二松学舎ノ理事タルコトヲ承諾ス
  大正十四年十月一日          渋沢栄一