デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2020.3.6

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

1部 社会公共事業

6章 学術及ビ其他ノ文化事業
1節 学術
7款 帰一協会
■綱文

第46巻 p.635-639(DK460159k) ページ画像

大正8年1月31日(1919年)

是日栄一、中央亭ニ於ケル当協会主催、添田寿一渡欧送別会ニ出席シ、送別演説ヲナス。越エテ二月四日正午日本倶楽部ニ於ケル同倶楽部主催、午後四時帝国ホテルニ於ケル大日本平和協会主催、同七日正午東京商工会議所ニ於ケル同所主催ノ各送別会ニ出席シテ、送別演説ヲナシ、更ニ同夕東京銀行倶楽部ニ於テ栄一主催ノ小宴ヲ催ス。


■資料

集会日時通知表 大正八年(DK460159k-0001)
第46巻 p.635 ページ画像

集会日時通知表 大正八年         (渋沢子爵家所蔵)
壱月卅一日 金 午後四時半 帰一協会催
              添田寿一氏送別会(海上ビルノ中央亭)
   ○中略。
二月四日  火 午後三時 大日本平和協会催
             添田寿一氏送別会(ホテル)


渋沢栄一 日記 大正八年(DK460159k-0002)
第46巻 p.635-636 ページ画像

渋沢栄一 日記 大正八年         (渋沢子爵家所蔵)
一月三十日 降雪 厳寒
○上略 午前十時姉崎博士ヲ帝国大学ニ訪ヒ帰一協会ノ事及同氏欧洲行ノ事ヲ談ス○中略 十二時半大隈侯邸ニ抵リ、添田氏欧洲行ノ送別会ニ出席ス○下略
一月三十一日 曇 寒
○上略 午後五時、中央亭ニ開催スル帰一協会主催ノ添田寿一氏欧洲行送別会ニ出席シ、一場ノ演説ヲ為ス、来会者中姉崎・頭本・添田・山田本多日生師・浮田・塩島氏等ノ演説アリ、畢テ夜十一時帰宅○下略
   ○中略。
二月四日 晴 寒
○上略 正午日本倶楽部ニ抵リ、添田博士欧洲行送行会《(別)》ニ出席ス、一場ノ食卓演説ヲ為ス○中略午後四時帝国ホテルニ抵リ、平和協会会主催ノ添田氏欧洲行送別会ニ出席シ、一場ノ演説ヲ為ス○下略
   ○中略。
二月七日 晴 寒
○上略 十二時東京商業会議所ニ抵リ、添田寿一氏渡欧ノ送別会ニ出席ス食卓上一場ノ別辞ヲ述フ○中略 午後五時半銀行倶楽部ニ抵リテ、添田氏送別会ヲ開ク、来会者十余名許リナリ、今井五介氏モ来会ス○中略 銀行
 - 第46巻 p.636 -ページ画像 
倶楽部ノ宴会ハ午後九時散シテ帰宿○下略
   ○中略。
二月十二日 晴 寒
○上略 午前九時中央停車場ニ抵リ、添田博士ノ渡欧ヲ送別ス○下略
   ○中略。
二月二十一日 曇 寒
午前八時起床、入浴ヲ見合ハセ洗面シテ朝食ス、宿痾朝来快方セシニ付、今日ヨリ外出ヲ試ントセシモ、食後験温スルニ尚数分ノ熱気アルヨリ止ムヲ得ス出勤ヲ止メ、今夕ノ帰一協会モ姉崎博士ニ書通シテ欠席ヲ申遣ハス○下略


(阪谷芳郎)大日本平和協会日記 大正八年(DK460159k-0003)
第46巻 p.636 ページ画像

(阪谷芳郎)大日本平和協会日記 大正八年
                  (阪谷子爵家所蔵)
○八年二月四日帝国ホテルニテ内外人添田氏送別
 阪谷・島田・添田・宮岡、ボールス、ケリー等意見ヲ述フ
○中略
 (此日余ハ祝物ニ一書ヲ添ヘ添田氏ノ出発ヲ祝ス)
(欄外記事)
[阪谷・渋沢・添田・マコーレー演説


東京商業会議所報 第一一号大正八年三月 ○添田博士送別午餐会(DK460159k-0004)
第46巻 p.636-639 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

竜門雑誌 第三七〇号・第七三―七四頁大正八年三月 ○添田博士の渡欧(DK460159k-0005)
第46巻 p.639 ページ画像

竜門雑誌 第三七〇号・第七三―七四頁大正八年三月
○添田博士の渡欧 青淵先生、其他実業界・学界の有力者に依りて組織せられ、主として思想問題に就き常に其研究を怠らざる帰一協会にては、今回、大戦後世界の思想が如何に変化を来すべきか、何等の拘束を受くる事なく之を公平冷静に観察するの必要ありとせる結果、会員中より右に関する観察者を渡欧せしむるに決し、添田博士先づ其任に当る事と為れるやにて、一月三十一日海上ビルデイング内中央亭に於ける帰一協会主催及び二月四日正午日本倶楽部主催及び帝国ホテルに於ける大日本平和協会主催の同博士送別会あり、阪谷男・マコーレー博士・富岡・望月諸氏内外人五十余名出席の席上、青淵先生は日米両国の昔日談より翻つて今回の講和問題並に国際聯盟等に就き所感を述べられ、又同博士に対して希望せらるゝ所ありたるが、越えて同七日正午東京商業会議所主催の同博士送別会を同所に於て開催せる際も大倉男・井上府知事・田尻市長・岡警視総監初め会議所議員百余名列席の席上、青淵先生は立つて左の如く述べられたる趣、東京朝日新聞は報ぜり。
 物質の文明は必ずしも世界永遠の平和を保持し得らるゝ要件にあらず、添田博士が東西文明を融和する意味に於て思想問題を主眼とし之を徹底的に研究調査せん為め渡欧するは、最も時機を得たる事と信ず。殊に最近日米間の関係は貿易上より、或は人物往復頻繁なる上に於ても、相当に意思の疏通を計られ居るに拘らず、日英仏間は此の点に就て及ぼざること遠き感あり。此の千載一遇の好機に於て思想上或は交通上親善を計る事は、東西文明の融和を完全ならしむる唯一の楔子なり云々。
 尚ほ同日夕青淵先生も亦、特に添田博士送別の宴を東京銀行倶楽部に催され、随伴者五来欣造氏及び山成喬六・水町袈裟六・小野英二郎・姉崎正治其の他の諸氏を陪賓として招待せられたるが、添田博士は同十二日正午横浜出帆のサイベリヤ丸にて、五来氏同伴、桑港経由渡欧の途に就けり。