デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2021.9.1

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

5章 農・牧・林・水産業
1節 農・牧・林業
9款 農・牧・林業関係諸資料 4. 埼玉県大里郡八基村農政談話会
■綱文

第54巻 p.285(DK540062k) ページ画像

大正13年3月9日(1924年)

是日、飛鳥山邸ニ於テ、当会ノ会合催サレ、栄一出席ス。十一月十七日、八基村ニ於テ催サレタル同会合ニモ栄一出席ス。


■資料

集会日時通知表 大正一三年(DK540062k-0001)
第54巻 p.285 ページ画像

集会日時通知表  大正一三年       (渋沢子爵家所蔵)
三月九日 日 午前十一時 八基村産業調査会委員会(飛鳥山邸)


(増田明六) 日誌 大正一三年(DK540062k-0002)
第54巻 p.285 ページ画像

(増田明六) 日誌  大正一三年     (増田正純氏所蔵)
三月九日 日 晴
○上略
前十一時、飛鳥山邸ニ於て開催せられたる八基村農政講究会ニ列席す矢作博士・帝国農会幹事岡田温・渋沢博士・渋沢治太郎氏、外同村各字の人々拾四名会合、岡田氏の同村農政ニ関する意見ありて、午餐の饗を受け、後子爵より、学問の力ニ俟たされハ実業の発達ハ難期と之意味を以て、村人一同ニ対する奨励の訓諭あり、夫れより再度村農事改良、並如何ニセバ村民ニ生活の安定を与ふべき哉ニ付き意見の交換ありて、午後五時散会したり
子爵ニハ昨日来風邪にて加養せられしが、本日ハ少快を覚ゆとて前記の通訓諭を述べられしが、其後間も無く退坐せられたり
○下略
  ○中略。
十一月十七日 月
渋沢子爵今朝血洗島に赴かる、同村農事研究会ニ出席せらるゝ為なり
○下略


渋沢栄一 日記 大正一四年(DK540062k-0003)
第54巻 p.285 ページ画像

渋沢栄一 日記  大正一四年        (渋沢子爵家所蔵)
二月六日 曇又雨 寒
午前八時起床洗面シテ朝飧シ○中略血洗島ヨリ治太郎来訪ス、地方農事改良方法ニ付談話ス○下略