デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

6章 対外事業
2節 支那・満洲
5款 中日実業株式会社
■綱文

第55巻 p.81-84(DK550023k) ページ画像

大正15年6月29日(1926年)

是日、日本工業倶楽部ニ於テ、当会社相談役会開カル。栄一出席シ、当会社整理案ニ関シテ協議ヲナス。


■資料

中日実業会社書類(一)(DK550023k-0001)
第55巻 p.81-82 ページ画像

中日実業会社書類(一)         (渋沢子爵家所蔵)
(謄写版)
  大正十五年六月二十五日
             中日実業株式会社
                       副総裁 高木陸郎(印)
    (宛名手書)
    相談役 渋沢子爵閣下
拝啓 益々御清適奉賀候、陳者弊社整理案ニ関シ御協議相願度儀モ有之候条、御繁忙中恐縮千万ニハ候得共、特ニ尊堂御賁臨ヲ相煩度
  来ル六月二十九日(火曜日)午前十一《(時)》
 - 第55巻 p.82 -ページ画像 
日本工業倶楽部迄御来駕被成下度候
追而当日ハ昼食ノ用意モ致置候間何卒    《(以下不明)》頓首


竜門雑誌 第四五四号・第一〇六頁大正一五年七月 青淵先生動静大要(DK550023k-0002)
第55巻 p.82 ページ画像

竜門雑誌 第四五四号・第一〇六頁大正一五年七月
    青淵先生動静大要
      六月中
廿九日 中日実業会社相談役会(日本工業倶楽部)


中日実業会社書類(一)(DK550023k-0003)
第55巻 p.82-83 ページ画像

中日実業会社書類(一)         (渋沢子爵家所蔵)
(謄写版)
 (表紙)
   大正十五年六月
  整理遂行上各方面ニ懇請ス可キ事項
                   中日実    《(業株式会四字脱)》社
   (栄一鉛筆)
   六月二十九日正午工業倶楽部ニ於テ高木・春田・窪田・加藤等ノ重役及郷・上野其他ノ相談役等会同シ、種々協議ノ末、兎ニ角本文ノ趣旨ヲ以テ台湾・朝鮮両銀行ヘ高木・春田氏等ヨリ交渉ヲ試ミ、其模様ニヨリテ更ニ会議スヘキ事ニ打合ハセタリ

    一、整理遂行上台湾・朝鮮両銀行ニ懇請スベキ事項
一、両銀行出資ニ係ル左記借款ニ対スル利息
    交通部借款(年七分五厘)
    同上利払借款(年八分)
    山東省借款(九分二厘五毛)
  ヲ十八年間継続一率年五分ニ引下ゲヲ乞フコト
二、今回当社ニ収得セラル可キ国庫証券九一六、〇〇〇円ハ全部之ヲ両行ニ提供スルニ付、左記
    台湾銀行   二、六三四、〇二〇、三六
    朝鮮銀行     九三〇、二六七、〇七
     計     三、五六四、二八七、四三
  ノ債務ニ就テハ、該国庫証券ヲ額面ニテ引取ヲ乞ヒ、残額二、六四八、二八七、《円》四三ハ、大正二十四年迄無利息据置、爾後十ケ年間ニ分割弁済ノ事ニ承認ヲ乞フコト
    二、交通部借款出資六銀行(台湾・朝鮮・興業・第一・住友・古河)ニ懇請スベキ事項
第一年度
                    円
  一、過去ノ利鞘    三二三、五五八、二〇
      此月当額    二六、九六三、一八
第二年度以降十八ケ年間
  一、利鞘       三四六、四三三、二五
      此月当額    二八、八六九、四四
以上ノ利鞘ニ対シ、当会社整理援助ノ意味ヲ以テ、当社ニ優先取立ノ儀ヲ許容セラレンコトヲ乞フコト
 - 第55巻 p.83 -ページ画像 
即チ第一年度ニ於テハ毎月二六、九六三、一八、第二年度以降ニ於テハ毎月二八、八六九、四四ニ達スル迄ノ取立金ハ、之ヲ当会社ノ使用ニ当テラレ度ク、一方当会社ハ力ノ限リヲ尽シテ、必ズ右以上ノ取立ヲ為シ、該超過額ヲ銀行ニ入金スルコト
    三、山東省借款出資三銀行(興業・台湾・朝鮮)ニ懇請ス可キ事項
第一年度
  一、過去ノ利鞘      四、六七五、一三
  一、利鞘       一四〇、〇八三、二八
     計       一四四、七五八、四一
      此月当額    一二、〇六三、二〇
第二年度以降十八ケ年間
  一、利鞘       一四〇、〇八三、二八
      此月当額    一一、六七三、六一
以上ノ利鞘ニ対シテモ亦、交通部借款利鞘同様ノ取扱ヲ許容セラレンコトヲ銀行ニ乞フコト
而シテ該借款ニ於テハ、過去ノ経験ニ照シ、当社ニ於テ全力ヲ尽シナバ、必ズ右利鞘以上ノ取立ヲ為スコトヲ得可キ見込也
    四、政府ニ対シ懇請スベキ事項
当会社ハ今回根本的整理案ヲ樹ツル必要ニ迫ラレ、債務弁済ニ関シ百方講究セルモ、政府御貸下ノ銀塊二、三〇七、《貫》六九二、《匁》三一、此日金換算三八九、九六〇、《円》七七ノ元本弁済ニ就テハ、遂ニ成案ヲ得ルコト能ハズ、仍テ止ムナク利子ノ支払丈ケヲ八ケ年ニ亘リ計上スルニ止メタリ、就テハ右八ケ年間ニ日支関係ニ付キ何等カ政府筋ヨリ御用命ヲ蒙リ、死力ヲ傾ケテ其御用弁ヲ勤メ、之ニ対スル御下附金ヲ以テ右元本ノ御返納ニ充当シ度キ希望也、若シ差当リテノ事項トシテ、参兵両借款ノ取扱ヲ今後共当社ニ御下命セラルヽコトヲ得、且年々書替手数料トシテ千分ノ二ヲ下附セラルヽガ如キ御取扱ヲ賜ハラバ、該元本ハ約三ケ年ニシテ御返納可能トモ相成ルベシ
兎モ角右ハ万々止ムヲ得ズシテ玆ニ至レル次第ナルニ付キ、事情ヲ諒察セラレ、特別ノ御詮議ヲ仰キ度シ、尚今回ノ整理案ハ会社救済ノ唯一案ニシテ、其骨子ハ交通部・山東省両借款ノ出資銀行中台湾・朝鮮ノ両行ニ対シ、該貸出金ノ利率ヲ年五分ニ引下ゲンコトヲ乞ヒ、右両行及他ノ出資銀行、即チ興業・第一・住友・古河(以上ノ内第一以下ノ三銀行ハ交通部借款関係ノミ)ニ対シ利鞘優先取立ノ承認ヲ求メントスルニ在リ、以上承諾ヲ得ルニ非レハ、本整理案ハ全然不成立ニ終リ、且ツ他ニ立案ノ途絶無ナルニ由リ、会社ハ倒潰ノ外無キニ付キ、右銀行ニ対スル当社希望達成相成ル様、特ニ政府ヨリ各銀行ニ対シ特別ノ御配慮ヲ煩シ度、切ニ懇願スル次第也


集会日時通知表 大正一五年(DK550023k-0004)
第55巻 p.83-84 ページ画像

集会日時通知表 大正一五年       (渋沢子爵家所蔵)
六月廿九日 火 午前十一時―後一時 中日実業会社相談役会(日本工業クラブ)
   ○中略。
 - 第55巻 p.84 -ページ画像 
七月廿九日 木 午後 三時 高木陸郎氏来約(飛鳥山邸)