デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2018.12.20

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

2部 実業・経済

6章 対外事業
2節 支那・満洲
6款 日華実業協会
■綱文

第55巻 p.489-496(DK550098k) ページ画像

昭和3年3月23日(1928年)

是ヨリ先、栄一、累次当協会幹事会ニ出席シ、中華民国ノ時局諸問題ニ関シ協議ヲ重ネ、是日、副会長児玉謙次・幹事白岩竜平ト共ニ総理大臣兼外務大臣田中義一ト会見シテ、中華民国南北和平ノ勧告及ビ関税会議ノ再開促進等ニ関シ進言ス。

次イデ三十日、栄一、当協会幹事会ニ於テ、右会見ノ顛末ヲ報告シタル後、更ニ意見ノ交換ヲナス。同日、当協会ハ「支那関税問題並ニ時局ニ関スル意見書」ヲ発表シ、政府当局及ビ一般各方面ニ之
 - 第55巻 p.490 -ページ画像 
ヲ送付ス。


■資料

渋沢栄一 日記 昭和三年(DK550098k-0001)
第55巻 p.490 ページ画像

渋沢栄一 日記  昭和三年          (渋沢子爵家所蔵)
二月二十日 晴 寒気平常
午前八時起床洗面シテ朝食ス○中略 油谷恭一氏来リ、本協会ニ於テ対支問題ニ関シ重要ナル幹事会開催ニ付出席ノ請求アリ、依テ明後日開会ノ事ヲ約ス○下略
  ○中略。
二月二十二日 曇 寒気強カラズ
○上略 正午日華実業協会ニ抵リ幹事会ヲ開キ、対支問題ニ付テ種々ノ討論アリ、席上提出ノ意見書ヲ児玉副会長ニ於テ審案修正シテ、更ニ一会シテ其意見書ノ処分ヲ決定スヘキ事ト評決ス○下略


日華実業協会 【謹啓 幹事会の件 来る二月廿二日…】(DK550098k-0002)
第55巻 p.490 ページ画像

日華実業協会               (渋沢子爵家所蔵)
謹啓
    幹事会の件
来る二月廿二日(水曜日)正午より、当事務所に於て常任幹事会相開き、御手許に差出置申候時局に対する意見書案につき篤と御協議願度御多用中乍ら御繰合せ御出席願上候 敬具
  昭和三年二月二十日
                    日華実業協会
    会長 渋沢子爵殿


集会日時通知表 昭和三年(DK550098k-0003)
第55巻 p.490 ページ画像

集会日時通知表  昭和三年      (渋沢子爵家所蔵)
二月廿二日 水 正午 日華実業協会幹事会(同会)


日華実業協会第八回報告書 第九頁 昭和三年一二月刊(DK550098k-0004)
第55巻 p.490 ページ画像

日華実業協会第八回報告書  第九頁 昭和三年一二月刊
    諸記録(昭和二年十二月以降)
○上略
一、幹事会 二月廿二日正午、事務所ニテ開会
 渋沢会長・児玉副会長、外各幹事出席
 一、支那時局諸問題ニ関シ意見交換ヲ為シ、午後三時散会ス
○下略


日華実業協会往復(二)(DK550098k-0005)
第55巻 p.490-492 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

集会日時通知表 昭和二年(DK550098k-0006)
第55巻 p.492 ページ画像

集会日時通知表  昭和二年      (渋沢子爵家所蔵)
三月二日 金 正午 日華実業協会幹事会(同会)


日華実業協会第八回報告書 第一〇頁 昭和三年一二月刊(DK550098k-0007)
第55巻 p.492 ページ画像

日華実業協会第八回報告書  第一〇頁 昭和三年一二月刊
    諸記録(昭和二年十二月以降)
○上略
一、幹事会 三月二日正午、事務所ニテ開会
 渋沢会長・児玉副会長、外各幹事出席
 一、前回ニ引続キ支那時局ニ関シ意見ヲ交換、午後二時半散会ス
一、木村前亜細亜局長送別
 今回智国公使ニ栄転ノ同氏送別晩餐会ヲ三月一日催セリ
○下略


日華実業協会往復(二)(DK550098k-0008)
第55巻 p.492-493 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

集会日時通知表 昭和三年(DK550098k-0009)
第55巻 p.493 ページ画像

集会日時通知表  昭和三年        (渋沢子爵家所蔵)
三月十五日 木 午前十一時半 日華実業協会幹事会(同会)


日華実業協会第八回報告書 第一〇頁 昭和三年一二月刊(DK550098k-0010)
第55巻 p.493 ページ画像

日華実業協会第八回報告書  第一〇頁 昭和三年一二月刊
    諸記録(昭和二年十二月以降)
○上略
一、幹事会 三月十五日正午、事務所ニテ開会
 渋沢会長・児玉副会長、外各幹事出席
 一、有田亜細亜局長ヨリ支那関税問題並ニ時局談アリ、意見交換、午後三時散会ス
○下略


集会日時通知表 昭和三年(DK550098k-0011)
第55巻 p.493 ページ画像

集会日時通知表  昭和三年        (渋沢子爵家所蔵)
三月廿三日 金 午後二時 田中兼摂外相ト御会見ノ約(外相官邸)


日華実業協会第八回報告書 第一〇頁 昭和三年一二月刊(DK550098k-0012)
第55巻 p.493 ページ画像

日華実業協会第八回報告書  第一〇頁 昭和三年一二月刊
    諸記録(昭和二年十二月以降)
○上略
一、外務大臣訪問
 三月廿三日午後二時、渋沢会長・児玉副会長・白岩幹事、田中外務大臣ヲ訪問シ、前項所載ノ南北支那平和提唱ノ遂行ト共ニ、対支貿易並ニ経済上関係最モ重大ナル関税問題解決ニ関シ、意見ノ開陳ヲ為セリ
○下略


日華実業協会往復(二)(DK550098k-0013)
第55巻 p.493 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

集会日時通知表 昭和三年(DK550098k-0014)
第55巻 p.494 ページ画像

集会日時通知表  昭和三年      (渋沢子爵家所蔵)
三月三十日 金 正午 日華実業協会幹事会(同会)


日華実業協会第八回報告書 第一一頁 昭和三年一二月刊(DK550098k-0015)
第55巻 p.494 ページ画像

日華実業協会第八回報告書  第一一頁 昭和三年一二月刊
    諸記録(昭和二年十二月以降)
○上略
一、幹事会 三月卅日正午、事務所ニテ開会
 渋沢会長、児玉副会長、白岩・安川・森・角田・荻野・奥村・河野各幹事出席、渋沢会長・児玉副会長並ニ白岩幹事ヨリ、這般外務大臣訪問ノ顛末ヲ詳細報告アリ、意見交換ヲ為シ、午後三時散会ス
一、支那関税問題並ニ時局ニ関シ意見発表
 三月卅日、支那関税問題並ニ時局ニ関シ、別項○次掲 記載ノ意見書ヲ発表ス、同時ニ政府当局及ビ一般各方面ニ右意見書ヲ発送セリ
○下略


日華実業協会第八回報告書 第一―三頁 昭和三年一二月刊(DK550098k-0016)
第55巻 p.494-495 ページ画像

日華実業協会第八回報告書  第一―三頁 昭和三年一二月刊
    会務報告
      第八回会務報告(昭和三年一月以降)
  一、支那関税問題並ニ時局ニ関スル意見書発表
支那側ノ関税自主権行使企画ト南北対峙時局ノ重大化ニ鑑ミ、審議ノ結果ヲ当局ニ具陳スルト共ニ、一般ニ左記意見書ヲ三月末発表セリ
      支那関税問題並ニ時局ニ関シ(昭和三年三月三十日)
  一、関税会議ノ再開ニ関シテ
最近支那側ハ関税自主権ノ行使並ニ之ニ伴フ過渡増税実施ニ関シ、南北共ニ之ガ準備ニ着手シタル趣ニテ、早晩何等カノ形式ニ依リ、関係列国ニ之ヲ提議シ来ル可シト予測サル
固ヨリ関税会議ノ再開ハ、関税制度改革及ビ現行ノ各種不当課税解決並ニ不確実債務整理ノ為メ、之カ再開ヲ促進セシム可ク、而シテ我邦トシテハ、大体前会議以来ノ主義方針ノ許ニ、宜シク小異ヲ捨テ大同ヲ採リ、努メテ之カ成立ヲ計ル可キナリ
而シテ時局ノ現状ニ鑑ミ、会議ノ再開ニハ主要関係国同一歩調ノ許ニ少クモ支那国民ヲ代表スト認メラルヘキ政権ヨリノ提議ニ対シ、始メテ之ニ応ズ可ク、寧ロ此際進ンデ、別項平和ニ関スル勧告提唱ノ遂行ト関聯シテ之ヲ利導シ、以テ国内統一ノ形勢馴致ニ努ムルコト、最モ適切ナリト思考サル
  一、支那ノ平和恢復ニ関シテ
(一)我邦ハ従来支那ニ対シ其ノ主権ヲ尊重スルト共ニ、内政不干渉ノ主義ヲ厳守シ、何処迄モ支那国民自身ノ努力ニ依リ、政情ノ安定、秩序ノ回復ヲ来タサシメンコトヲ期シタルニ、不幸ニシテ事実ハ期待ヲ裏切リ、過去十数年間内乱私闘ヲ続ケ、平和ノ恢復毫モ其ノ徴ヲ見ズ、国力及民力ノ傷耗測リ知ル可カラザルニ、一昨年来南方国民革命軍ノ北伐ニ因ル南北争闘ハ今尚継続シ、為メニ支那一般民衆ハ全国ヲ通シテ困憊其ノ極ニ達シ、其ノ戦禍及ビ苛斂ノ実状ハ最早絮
 - 第55巻 p.495 -ページ画像 
説ノ要ナキ惨状ニ在リ
(二)時局ノ趨勢ヲ見ルニ、一時高潮ニ達セシ南方国民革命ハ中途頓挫シ北方ノ軍閥亦辛フジテ其地盤ノ維持ニ焦慮シ居ルニ止マリ、双方共ニ戦事ニ疲弊シ、何等戦果ヲ収ムルコト能ハサル情形ニ在ルモノノ如シ
(三)対外関係ヲ見ルニ、多年内乱ノ為メ関係列国何レモ直接間接ニ蒙ル損害多大ナル上ニ、最近ノ過激ナル排外運動及不当課税等ノ為メ、其ノ通商貿易ハ益阻害減退サレ、企業投資ハ極度ノ圧迫ヲ蒙リツツアリ、現状ノ儘推移スレバ、今後益国内生産力ノ減退ト共ニ需用亦減少ヲ来スヘク、実ニ一般経済上ニ容易ナラザル影響ヲ及ボスベシ
(四)関税会議ハ中止ノ儘ナル上ニ、日本及ビ仏・白・西等諸国トノ条約改訂ノ期已ニ到来セルモ、国内不統一ノ為メ何等施ス可キ対策ナク国際通商関係ハ益悪化スルノ趨勢ニ在リ
(五)然ルニ一面ニ於テ、最近南北有力者ニ依リ外交統一委員会ノ提唱ヲ見、又有力実業団ニ依リ上海中立地帯設置運動ノ起レル如キハ、何レモ内乱ノ惨禍ヨリ免レントシ、国内統一ノ必要ヲ自覚セル反響ト認メラル、又南北両派ノ主張及思潮ニ就テ見ルモ、最早何等抗争ヲ続ク可キ理由無キモノノ如シ
(六)特ニ満蒙ニ関シテハ、現状ノ如ク東三省ノ実権者ガ之ヲ根拠トシ権力ヲ中央ニ争フ如キハ、ヤガテ満洲ヲシテ支那ノ他ノ地方ノ如ク転変極リナキ政情ニ支配セラレ、禍ヲ将来ニ貽シ、政変ノ度毎ニ対外関係ヲ益複雑ナラシムルノ結果トナル可キノミナラズ、今日迄維持サレタル治安ヲ攪乱セラレ、現ニ支那本土ヨリ区劃サレタル唯一ノ安楽土ニ、在住又ハ移住セントスル内外人ノ安定ヲ覆サントスル情態ヲ誘致スヘキハ、自明ノ理ナリ、故ニ我国ハ極東平和ノ維持並ニ人道上ヨリ、速ニ之カ対策ヲ講スベキナリ
(七)以上内外支那ノ現状ニ鑑ミ、最早之ヲ等閑ニ付シ又ハ姑息ナル一時的対策ニ委スベキノ時ニ非ズ、我ガ対支政策ノ根幹タル極東ノ平和維持ハ勿論、其ノ繁栄上ヨリスルモ、又隣邦ノ情誼並ニ之ヲ人道ノ上ヨリスルモ、此ノ際吾邦ハ率先シテ、支那ニ対シ平和恢復ニ関シ権威アル勧告ヲ為スベキ時期ナリト思考セラル
(八)右勧告ヲ為スニ当リテハ、我国ハ進ンデ関係列国ト共ニ同一態度ヲ以テ、内乱ヲ中止シ速ニ責任アル政府ヲ建設セシムルコトヲ其ノ骨子トシ、同時ニ適当ナル平和維持ノ保障ヲ為サシムルコトヲ要ス


中外商業新報 第一五一三〇号 昭和三年三月三一日 支那関税会議と和平協調を提唱 日華実業協会が運動(DK550098k-0017)
第55巻 p.495-496 ページ画像

中外商業新報  第一五一三〇号 昭和三年三月三一日
    支那関税会議と
      和平協調を提唱
        日華実業協会が運動
日華実業協会は卅日正午緊急幹事会を開き、渋沢・児玉正副会長以下各幹事出席、支那関税問題に対する根本的解決策に対し、過般来特別委員の手許で作成中であつた草案に基いて意見の交換を行つた結果、原案を一部修正して次のやうな意見書を発表した、そして意見書の具体的実現については、政府当局並に各政党を訪問してその徹底に努め
 - 第55巻 p.496 -ページ画像 
ると同時に、進んで各実業団体とも提携して、輿論を喚起し、徹底的運動方法を講ずることを申合せ、追つて来週幹事会を続開し、実行方法を決することゝなつた
  ◇対策意見書○前掲ニツキ略ス