デジタル版『渋沢栄一伝記資料』

  詳細検索へ

公開日: 2016.11.11 / 最終更新日: 2017.6.15

3編 社会公共事業尽瘁並ニ実業界後援時代

3部 身辺

9章 終焉
■綱文

第57巻 p.716-719(DK570337k) ページ画像

昭和6年10月14日(1931年)

是ヨリ先栄一、大腸狭窄症ノタメ、飛鳥山邸ニ於テ療養中ナリシガ、是日、邸内ニ於テ、東京帝国大学教授塩田広重執刀ノ下ニ腹部切開手術ヲ受ク。


■資料

竜門雑誌 第五一八号・第四頁 昭和六年一一月 青淵先生病状(一)(DK570337k-0001)
第57巻 p.716 ページ画像

著作権保護期間中、著者没年不詳、および著作権調査中の著作物は、ウェブでの全文公開対象としておりません。
冊子版の『渋沢栄一伝記資料』をご参照ください。

泰徳院殿御葬儀記録 一 【渋沢子爵御病中日録】(DK570337k-0002)
第57巻 p.716-719 ページ画像

泰徳院殿御葬儀記録 一        (渋沢子爵家所蔵)
渋沢子爵御病中日録
十月十四日
 本年春以来飛鳥山なる曖依村荘に静養中の子爵は、漸く腸の疾患重く、時に甚だしい苦痛を訴へられるゝ様になつたので、此の日午前十一時十分塩田博士執刀、入沢・佐藤・大滝・佐伯・白石及林の諸国手立会の下にて、人工肛門造設手術が行はれた。その結果に関する主治医の発表は次の如くである。
 午前十一時十分塩田博士により左腹壁の腫物に小切開を施し、談笑の中に前後約二十分にて終了。処置後の御容態は異状なし
 正午   体温 三六・三
      脈搏 七八
      呼吸 一八
 御元気平日の如く、局所の御苦痛なし、今朝の体温三六・二、脈搏七〇、呼吸一八、快よく御朝食をとらる(午后一時)
本日御見舞の人々(来訪順)
  渋沢篤二氏 ○外四四名氏名略ス
電話 ○二名氏名略ス
血洗島より来訪の諏訪神社氏子総代福島作太郎氏及び区長吉岡耒作氏は、鶏卵の大箱を見舞品として持参せられた。
十月十五日
御容態 昨夜御容態は平静、今朝五時三十分まで御熟睡、切開部の軽度の御痛を訴へらるゝ外異常を認めず。
 午前六時 体温 三六・九
      脈搏 七八
 - 第57巻 p.717 -ページ画像 
      呼吸 一八
御見舞の人々 ○八三名氏名略ス
電話 ○五名氏名略ス
電報 ○二名氏名略ス
御見舞品 ○品名一六種、一九名氏名略ス
十月十六日
御容態 昨夜も亦十分に御安眠、今朝体温稍上昇せるも、局所の疼痛は軽減し、御経過異常なし。
 午前九時 体温 三八・〇
      脈搏 八八
      呼吸 二二
御見舞の人々 ○七〇名氏名略ス
電話 ○七名氏名略ス
御見舞品 ○品名二一種、一九名氏名略ス
十月十七日
御容態 昨夜午后御熱睡の為に、昨夜半よりとかく御醒め勝ちにて倦怠を訴へらる、局部の疼痛は益々減退せるも、安静を余儀なくせらるゝ為に食気まだ振はず。
 午前六時 体温 三七・三
      脈搏 八二
      呼吸 二六
御見舞の人々 ○四四名氏名略ス
電話 ○六名氏名略ス
手紙 ○八名氏名略ス
御見舞品 ○品名一一種八名氏名略ス
十月十八日
御容態 昨夜多量の排便あり、手術部位に異状なし、食慾まだ十分ならざるも、昨日の一日の御摂取量は、六四〇瓦、順調の御経過と思はる。
 午前   体温 三七・八
      脈搏 八〇
      呼吸 三〇
御見舞の人々 ○三五名氏名略ス
電話 ○三名氏名略ス
御見舞品 ○品名五種、四名氏名略ス
十月十九日
御容態 昨夜来御気分良好安眠、食気稍進み談笑の声を聞く、経過御順調と認む。昨日摂取量八三〇瓦。
 正午   体温 三六・九
      脈搏 八二
      呼吸 二六
御見舞の人々 ○二四名氏名略ス
電話 ○四名氏名略ス
手紙 ○一名氏名略ス
 - 第57巻 p.718 -ページ画像 
御見舞品 ○品名三種、三名氏名略ス
十月廿日
御容態 発表なし。
御見舞の人々 ○一九名氏名略ス
御見舞品 ○品名一種、一名氏名略ス
十月廿一日
御容態 発表なし。
御見舞の人々 ○二〇名氏名略ス
電話 ○二名氏名略ス
御見舞品 ○品名四種、六名氏名略ス
十月廿二日
御容態 発表なし。
御見舞の人々 ○一九名氏名略ス
電話 ○一名氏名略ス
御見舞品 ○品名一種、一名氏名略ス
尚ほ御見舞の電報・手紙等、十四日より本日までのものは次の如くである。
電報 ○二名氏名略ス
手紙 ○一四名氏名略ス
御見舞品 ○品名八種、七名氏名略ス
十月廿三日
御容態 発表なし。
御見舞の人々 ○一四名氏名略ス
御見舞品 ○品名四種、四名氏名略ス
十月廿四日
御容態 発表《(御見舞の人々脱)》なし。
       ○三〇名氏名略ス
電話 ○二名氏名略ス
御見舞品 ○品名五種、七名氏名略ス
十月廿五日
御容態 発表なし。
御見舞の人々 ○二二名氏名略ス
電話 ○二名。氏名略ス
御見舞品 ○品名六種、六名氏名略ス
十月廿六日
御容態 発表なし。
御見舞の人々 ○二七名氏名略ス
電話 ○一名氏名略ス
御見舞品 ○品名四種、四名氏名略ス
十月廿七日
御容態 発表なし。
御見舞の人々 ○二〇名氏名略ス
電話 ○一名氏名略ス
御見舞品 ○品名五種、四名氏名略ス
 - 第57巻 p.719 -ページ画像 
十月廿八日
御容態 発表なし。
御見舞の人々 ○三〇名氏名略ス
電話 ○一名氏名略ス
御見舞品 ○品名四種、四名氏名略ス
十月廿九日
御容態 昨夜睡眠不十分にして、時々御興奮の様子あり、今暁に至り鎮静御安眠をとらる。
    午前三時  同六時   同九時
 体温 三七・二  三七・九  三七・二
 脈搏 九〇    九六    八八
 呼吸 三〇    三二    二八
 食気不振、稍疲労の増進を認む
御見舞の人々 ○一八名氏名略ス
 尚ほ本日宿直した人々は敬三氏・佐伯先生・渡辺得男氏である。
御見舞品 ○品名九種、七名氏名略ス