【実業・経済】
製糖業B〔商工業:食品〕

2019年3月29日作成 / 2021年4月16日改訂

渋沢栄一は沖縄県八重山諸島の石垣島における甘蔗(サトウキビ)耕作と砂糖製造販売のため、1895年八重山糖業(株)を鳥海清左衛門らと設立しました。同社は業績不振で解散、その製造機械は台湾製糖(株)に引き継がれました。

変遷図

※図に記載している名称や変遷等は、予告なく修正・変更および他の図へ移転する場合があります。

会社名・団体名一覧

は渋沢栄一が直接かかわった会社・団体、はその後身会社・団体を表わします。

会社名・団体名 名称使用年 渋沢栄一の関わり
八重山糖業(株) 1895〜1902 創業総会議長、監査役
台湾製糖(株) 1900〜1950 株主
新日本興業(株) 1946〜1946
大東殖産(株) 1946〜1950
台糖(株) 1950〜2005
九州製糖(株) 1949〜1989
(株)ケイ・エス 1989〜2005
三井製糖(株) 1970〜2001
新三井製糖(株) 2001〜2005
三井製糖(株) 2005~2021
DM三井製糖ホールディングス(株) 2021~