【実業・経済】
蚕糸絹織業A〔商工業:繊維〕

2019年3月29日作成

織物が盛んな京都で大規模な洋式設備を持った織物会社創立の機運が高まる中、1886年から会社設立を企画した渋沢栄一らは、翌年京都府営織物工場である織殿(おりどの)の払下げを受け京都織物会社を開業しました。

変遷図

会社名・団体名一覧

は渋沢栄一が直接かかわった会社・団体、はその後身会社・団体を表わします。

会社名・団体名 名称使用年 渋沢栄一の関わり
京都織物会社 1886〜1893 発起人、相談役、株主、委員長
安積絹糸紡績会社 1889〜 ? 発起人
京都織物(株) 1893〜1944 取締役会長、相談役
岩橋リボン製織所(匿) 1896〜1904 組合員
帝国蚕糸(株) 1915〜1916 相談役
帝国蚕糸(株) 1920〜1923 助言
日本レース(株) 1926〜1944
帝国蚕糸倉庫(株) 1926〜1947
京織工業(株) 1944〜1945
日本航空電器(株) 1944〜1945
京都織物(株) 1945〜1968
日本レース(株) 1945〜2001
帝蚕倉庫(株) 1947〜
エコナック(株) 2001〜