【実業・経済】
蚕糸絹織業B〔商工業:繊維〕

2019年3月29日作成

渋沢栄一は大蔵少丞の時に製糸場事務主任として1872年の官営富岡製糸場設立に尽力し、従兄の尾高惇忠を場長としました。その後1877年に井上馨らの富岡製糸場払下計画に関与しましたが、実現しませんでした(1893年三井組に払下)。

変遷図

綿業Bへ電力Dへ

会社名・団体名一覧

は渋沢栄一が直接かかわった会社・団体、はその後身会社・団体を表わします。

会社名・団体名 名称使用年 渋沢栄一の関わり
〔官営〕富岡製糸場 1872〜1893 大蔵少丞時に製糸場事務主任
富岡製糸場 1893〜1902
片倉組 1895〜1920
郡山絹糸紡績(株) 1897〜1915 創立委員長、相談役
絹糸紡績(株) 1902〜1911
原富岡製糸所 1902〜1938
郡山電気(株) 1915〜1925
福島紡織(株) 1919〜1923
片倉製糸紡績(株) 1920〜1943
日東紡績(株) 1923〜1944
(株)富岡製糸所 1938〜1939
片倉工業(株) 1943〜
日東工礦業(株) 1944〜1946
日東紡績(株) 1946〜