【実業・経済】
製麻業〔商工業:繊維〕

2019年3月29日作成

明治期に日本各地に設立された製麻会社は日清戦争後の不況を乗り切るために合同し、1907年帝国製麻が設立されました。渋沢栄一は北海道、下野、帝国の各製麻会社に関わりました。

変遷図

会社名・団体名一覧

は渋沢栄一が直接かかわった会社・団体、はその後身会社・団体を表わします。

会社名・団体名 名称使用年 渋沢栄一の関わり
近江麻糸紡織(株) 1884〜1903
北海道製麻会社 1887〜1893 相談役
下野麻紡織会社 1887〜1893 発起人
北海道製麻(株) 1893〜1907 監査役、株主
下野製麻(株) 1893〜1903 役員、株主
日本繊糸(株) 1896〜1902
大阪麻糸(株) 1902〜1903
日本製麻(株) 1903〜1907
帝国製麻(株) 1907〜1941 相談役
太陽レーヨン(株) 1934〜1941
帝国繊維(株) 1941〜1950
中央繊維(株) 1950〜1959
帝国製麻(株) 1950〜1959
東邦レーヨン(株) 1950〜2001
帝国繊維(株) 1959〜
東邦テナックス(株) 2001〜