【実業・経済】
製綱・製錬業〔商工業:鉄鋼〕

2019年3月29日作成

海運が盛んになり軍艦及び商船用の綱具の需要が増大したため、渋沢栄一らは船舶用ロープの製造販売を目的に1887年東京製綱会社を設立しました。東京府下大島町の分工場は後に大島製鋼所となり、栄一次男武之助が役員を務めました。また筑豊地方に開業した小倉分工場は後に浅野総一郎へ譲渡し、浅野小倉製鋼所となりました。

変遷図

会社名・団体名一覧

は渋沢栄一が直接かかわった会社・団体、はその後身会社・団体を表わします。

会社名・団体名 名称使用年 渋沢栄一の関わり
東京製綱会社 1887〜1893 委員
東京製綱(株) 1893〜 取締役会長。浅野小倉製鋼所との紛議仲裁
東洋亜鉛煉工所 1906〜 ? 発起人
日本中央製錬(株) 1907〜 ? 創立委員長
(株)大島製鋼所 1917〜1937 渋沢同族(株)が株主
(株)米子製鋼所 1917〜1937
(株)浅野小倉製鋼所 1918〜1936 設立に際し東京製鋼との紛議仲裁
日本曹達(株) 1920〜
小倉製鋼(株) 1936〜1944
日曹製鋼(株) 1937〜1939
浅野重工業(株) 1939〜1944
浅野重工業(株) 1944〜1945
小倉製鋼(株) 1945〜1953
住友金属工業(株) 1952〜