【実業・経済】
海運B〔交通 ・ 通信〕

2019年3月29日作成

東京湾及び近海には多数の小海運会社が分立して競争していましたが、平野富二設立の東京平野汽船組合など4社が1889年合併して東京湾汽船会社が設立されました。渋沢栄一は株主になりました。

変遷図

会社名・団体名一覧

は渋沢栄一が直接かかわった会社・団体、はその後身会社・団体を表わします。

会社名・団体名 名称使用年 渋沢栄一の関わり
陸運元会社 1872〜1875
内国通運会社 1875〜1893
第二房州汽船会社 ?〜?
三浦汽船会社 1882〜1891?
東京平野汽船組合 1886〜1889
東京湾汽船会社 1889〜1890 株主
東京湾汽船(株) 1890〜1942 株主
内国通運(株) 1893〜1928
国際通運(株) 1928〜1937
日本通運(株) 1937〜
東海汽船(株) 1942〜