【実業・経済】
通信〔交通 ・ 通信〕

2019年3月29日作成

渋沢栄一らは日米の通信状態改善を目指し1919年海底電線による日米電信(株)設立を計画しました。その後無線による通信へと変更し、栄一を設立委員長に1925年日本無線電信(株)が設立されました。

変遷図

※図に記載している名称や変遷等は、予告なく修正・変更および他の図へ移転する場合があります。

会社名・団体名一覧

は渋沢栄一が直接かかわった会社・団体、はその後身会社・団体を表わします。

会社名・団体名 名称使用年 渋沢栄一の関わり
電話会社 1885〜1888 発起人総代
日米電信(株) 1919〜1923 創立委員
日本無線電信(株) 1923〜1938 創立委員会座長、発起人総会座長、設立委員長
国際電話(株) 1932〜1938
国際電気通信(株) 1938〜1947
国際電信電話(株) 〔KDD〕 1953〜1998
日本高速通信(株) 〔TWJ〕 1984〜1998
第二電電(株) 〔DDI〕 1985〜2000
日本移動通信(株) 〔IDO〕 1987〜2000
ケイディディ(株) 〔KDD〕 1998〜2000
(株)ディーディーアイ 2000〜2001
KDDI(株) 2001〜