【実業・経済】
土地会社〔商工業:建設〕

2019年3月29日作成

渋沢栄一、中野武営らは東京市郊外で田園都市経営の土地会社を設立する計画を進め、1916年田園都市(株)を設立しました。また栄一は益田孝らと設立した耕牧舎の資産を引継ぎ、1928年に別荘分譲の仙石原地所を設立しました。

変遷図

陸運:東京Bへ農牧林業Bより

会社名・団体名一覧

は渋沢栄一が直接かかわった会社・団体、はその後身会社・団体を表わします。

会社名・団体名 名称使用年 渋沢栄一の関わり
函館土地(資) 1899〜? 出資
田園都市(株) 1916〜1928 発起人
東京運河土地(株) 1919〜1944? 賛助。監査役に渋沢同族(株)増田明六
目黒蒲田電鉄(株) 1922〜1939 開通式出席。会長渋沢秀雄
仙石原地所(株) 1928〜1941 設立協議。発起人に阪谷芳郎、渋沢秀雄、渋沢敬三。取締役に阪谷芳郎、渋沢秀雄
箱根温泉供給(株) 1928〜 設立協議。発起人に阪谷芳郎、渋沢秀雄
日本相互タクシー(株) 1939〜1963
東急不動産(株) 1953〜1963
東急不動産(株) 1963〜