【実業・経済】
銀行:東北A〔金融〕

2019年3月29日作成

青森県の旧弘前藩士らは禄券保全を目的に、第一国立銀行の青森支店開設を図りました。頭取の渋沢栄一はこれを承諾せず独立の銀行発起を勧奨し、士族らは1878年第五十九国立銀行を創立しました。

変遷図

会社名・団体名一覧

は渋沢栄一が直接かかわった会社・団体、はその後身会社・団体を表わします。

会社名・団体名 名称使用年 渋沢栄一の関わり
第五十九国立銀行 1878〜1897 創設指導
(株)階上銀行 1882〜1928
(株)青森貯蓄銀行 1896〜1912
第五十九銀行 1897〜1943
(株)八戸商業銀行 1897〜1928
(株)津軽銀行 1898〜1943
(株)板柳銀行 1900〜1943
(株)青森銀行 1912〜1943
(株)五戸銀行 1919〜1928
(株)泉山銀行 1920〜1928
(株)八戸銀行 1928〜1943
(株)青森銀行 1943〜