【実業・経済】
銀行:東北B〔金融〕

2019年3月29日作成

宮城県の士族らは金禄公債を集めて資本金とし、渋沢栄一の指導の下1878年仙台に第七十七国立銀行を創立しました。栄一は1897年秋田銀行の相談役も引受け、地元の銀行発展に尽力しました。

変遷図

銀行:第一・勧業・興銀より

会社名・団体名一覧

は渋沢栄一が直接かかわった会社・団体、はその後身会社・団体を表わします。

会社名・団体名 名称使用年 渋沢栄一の関わり
第四十八国立銀行 1878〜1897
第七十七国立銀行 1878〜1898 設立指導、株主
第一国立銀行石巻支店 1879〜1892 頭取
第一国立銀行仙台支店 1879〜1896 頭取
第一国立銀行秋田支店 1880〜1896 頭取
(株)宮城貯蓄銀行 1893〜1921
(株)秋田銀行 1896〜1941 相談役
(資)湯沢銀行 1897〜1927
(株)第四十八銀行 1898〜1941
(株)七十七銀行 1898〜1932 相談役
(株)東北実業銀行 1910〜1932
(株)五城銀行 1921〜1932
(株)湯沢銀行 1927〜1941
(株)七十七銀行 1932〜
(株)秋田銀行 1941〜