【実業・経済】
銀行:関東C〔金融〕

2019年3月29日作成

明治初期に金融業務を行う為替会社が東京、横浜はじめ8か所に設立されましたが、経営不振で横浜以外の為替会社は数年で解散しました。渋沢栄一は為替会社の経営にも関与をしました。また栄一は1892年の第三十三国立銀行の整理や、1908年の宮城屋貯蓄銀行の整理などを引受けました。

変遷図

銀行:北陸Aへ

会社名・団体名一覧

は渋沢栄一が直接かかわった会社・団体、はその後身会社・団体を表わします。

会社名・団体名 名称使用年 渋沢栄一の関わり
横浜為替会社 1869〜1874 援助?
東京為替会社 1869〜1880 援助?
第二国立銀行 1874〜1896 株主
第三十三国立銀行 1878〜1892 跡引受人
(株)第二銀行 1896〜1928
(株)宮城屋貯蓄銀行 1898〜1910 破綻整理
紅葉屋 1900〜1910
(資)紅葉屋商会 1910〜1919
(名)紅葉屋銀行 1911〜1918
(株)神田銀行 1918〜1929 債権回収者来訪
(株)紅葉屋商会 1919〜?
(株)横浜興信銀行 1920〜1957
(株)横浜銀行 1957〜