【実業・経済】
銀行:北陸A〔金融〕

2019年3月29日作成

新潟県では戊辰戦争に敗戦した長岡藩の三島億二郎が士族救済に奔走し、渋沢栄一の指導で1878年第六十九国立銀行を設立しました。一方富山県の商人らは1895年高岡共立銀行を設立、栄一推薦の支配人大橋半七郎の下で翌年開業しました。

変遷図

銀行:関東Cより

会社名・団体名一覧

は渋沢栄一が直接かかわった会社・団体、はその後身会社・団体を表わします。

会社名・団体名 名称使用年 渋沢栄一の関わり
第十二国立銀行 1877〜1897
第六十九国立銀行 1878〜1897 設立指導
修身社 ?〜1885
高岡銀行 1885〜1889
(株)高岡銀行 1889〜1920
(株)中越銀行 1894〜1943
(株)高岡共立銀行 1895〜1920 支配人斡旋
(株)富山橋北銀行 1896〜1911
(株)長岡銀行 1896〜1942
(株)十二銀行 1897〜1943
(株)六十九銀行 1898〜1942 新築落成式出席、演説
(株)東京栄銀行 1909〜1922 設立に尽力、株主総会出席
(株)富山銀行 1911〜1943
(株)高岡銀行 1920〜1943
(株)長岡六十九銀行 1942〜1948
(株)北陸銀行 1943〜
(株)北越銀行 1948〜