【実業・経済】
銀行:九州〔金融〕

2019年3月29日作成

大分の商人らは渋沢栄一の指導を得て1877年第二十三国立銀行を設立しました。一方熊本の士族らが設立の第百三十五国立銀行は、発起人に栄一も加わり1896年九州商業銀行となりました。栄一は長崎の第十八銀行設立も指導しました。

変遷図

会社名・団体名一覧

は渋沢栄一が直接かかわった会社・団体、はその後身会社・団体を表わします。

会社名・団体名 名称使用年 渋沢栄一の関わり
永見松田商社 1872〜1872
立誠会社 1872〜1877
第十八国立銀行 1877〜1897 指導
第二十三国立銀行 1877〜1897 設立指導
第百三十五国立銀行 1879〜1896
(株)大分銀行 1892〜1927
植木会社 1892〜1898
(株)飽田銀行 1894〜1925
(株)九州商業銀行 1896〜1918 発起人
(株)二十三銀行 1897〜1927
(株)十八銀行 1897〜
(株)植木銀行 1898〜1925
(株)熊本銀行 1918〜1925
(株)肥後協同銀行 1925〜1928
(株)大分合同銀行 1927〜1952
(株)肥後銀行 1928〜
(株)大分銀行 1953〜