【実業・経済】
卸小売業〔商工業:諸商工業〕

2019年3月29日作成

三越呉服店は1914年日本橋に5階建の新館を建てました。その開館式で渋沢栄一は初めて江戸に出て越後屋を見た時を追懐し祝辞を述べました。また王子製紙取引先の紙商・中井商店が合名会社になった際、栄一は顧問に就任しました。

変遷図

銀行:三井Aヘ石炭Bへ貿易Bへ

会社名・団体名一覧

は渋沢栄一が直接かかわった会社・団体、はその後身会社・団体を表わします。

会社名・団体名 名称使用年 渋沢栄一の関わり
越後屋 1673〜1893
越三商店 1845〜1876
渋沢商店 1874〜? 援助
中井商店 1876〜1902
(名)三井呉服店 1893〜1904
(名)中井商店 1902〜1916 顧問、指導
(株)三越呉服店 1904〜1928 祝辞、講演
(資)生秀館 1906〜 ? 指導、出資
朝鮮米商会 1914〜1915 後援
朝日精米商会 1915〜1918 指導
(株)中井商店 1916〜1963 指導
共同精米(株) 1918〜1922 設立発起人会出席
(株)三越 1928〜2003
(株)富士洋紙店 1929〜1970
中井(株) 1963〜1970
日本紙パルプ商事(株) 1970〜
(株)三越 2003〜