【実業・経済】
水産業B〔農林水産〕

2019年3月29日作成

深川の洲崎にある養魚場を譲り受けた渋沢栄一はこれを整備し、1890年に規則書を作り関直之に管理させました。またコークス製造の余熱を利用して再製塩製造を行う日本食塩コークスが神戸に設立され、栄一は1907年相談役となりました。

変遷図

築港へ

会社名・団体名一覧

は渋沢栄一が直接かかわった会社・団体、はその後身会社・団体を表わします。

会社名・団体名 名称使用年 渋沢栄一の関わり
渋沢家洲崎養魚場 1890〜1913 経営
御木本真珠〔養殖場〕 1893〜1949 紹介状作成
洲崎養魚(株) 1897〜1913 賛助
御木本真珠店 1899〜1949
関第三養魚場 1902?〜1913
日本食塩コークス(株) 1903〜1908 相談役
大日本塩業(株) 1908〜1949 相談役
魚介養殖(株) 1913〜1949 指導援助
日塩(株) 1949〜
御木本真珠(株) 1949〜1952
(株)御木本真珠店 1949〜1952
(有)御木本真珠会社 1952〜1972
(有)御木本真珠店 1952〜1969
(株)御木本真珠店 1969〜1972
(株)ミキモト 1972〜