【実業・経済】
損害保険C〔金融〕

2019年3月29日作成

東明火災海上保険は東京海上保険と明治火災保険の再保険会社として設立発起され、1907年創立総会が開かれました。東京海上の役員を務め明治火災の株主でもあった渋沢栄一は、東明火災の取締役となりました。

変遷図

損害保険Aより

会社名・団体名一覧

は渋沢栄一が直接かかわった会社・団体、はその後身会社・団体を表わします。

会社名・団体名 名称使用年 渋沢栄一の関わり
日清火災保険(株) 1906〜1908? 発起人、創立委員長
東明火災海上保険(株) 1907〜1942 取締役
帝国帆船海上保険(株) 1908〜1910
東洋海上保険(株) 1910〜1925
豊国火災保険(株) 1911〜1943
福寿火災保険(株) 1911〜1943
東洋海上火災保険(株) 1925〜1943
日新火災海上保険(株) 1943〜