【実業・経済】
損害保険D〔金融〕

2019年3月29日作成

1897年明教保険では重役間に紛議が生じ、渋沢栄一が仲裁しました。1916年扶桑海上保険発起人会が開催され、栄一は座長となりました。同社は翌年創立されました。

変遷図

会社名・団体名一覧

は渋沢栄一が直接かかわった会社・団体、はその後身会社・団体を表わします。

会社名・団体名 名称使用年 渋沢栄一の関わり
大阪保険(株) 1893〜1899
大阪病傷保険(株) 1894〜1899
明教保険(株) 1894〜1899 紛議仲裁
大阪生命保険(株) 1899〜1906
明教生命保険(株) 1899〜1902
大阪火災保険(株) 1899〜1907
大阪火災海上運送(株) 1907〜1916
大阪海上火災保険(株) 1916〜1944
扶桑海上保険(株) 1916〜1920 発起人会座長
大正海上火災保険(株) 1918〜1991
扶桑海上火災保険(株) 1920〜1940
住友海上火災保険(株) 1940〜1944
大阪住友海上火災保険(株) 1944〜1954
住友海上火災保険(株) 1954〜2001
三井海上火災保険(株) 1991〜2001
三井住友海上火災保険(株) 2001〜