【実業・経済】
損害保険E〔金融〕

2019年3月29日作成

明治期に生糸貿易が興隆した横浜では、生糸の保険は外国会社が独占していました。原善三郎ら生糸売込商は独自の損保会社設立のため、渋沢栄一の協力で1896年横浜火災保険を発起、翌年富田鉄之助を社長に同社が設立されました。

変遷図

会社名・団体名一覧

は渋沢栄一が直接かかわった会社・団体、はその後身会社・団体を表わします。

会社名・団体名 名称使用年 渋沢栄一の関わり
横浜火災保険(株) 1896〜1900 発起人、創立専務委員、株主
横浜火災運送保険(株) 1900〜1905
横浜火災運送信用保険(株) 1905〜1906
横浜火災海上運送信用保険(株) 1906〜1920
共同火災保険(株) 1906〜1907
共同火災海上運送保険(株) 1907〜1913
神戸海上運送火災保険(株) 1907〜1934
共同火災保険(株) 1913〜1942
朝日海上保険(株) 1918〜1920
横浜火災海上保険(株) 1920〜1944
朝日海上火災保険(株) 1920〜1944
神戸海上火災保険(株) 1934〜1944
共同火災海上保険(株) 1942〜1944
同和火災海上保険(株) 1944〜2001
ニッセイ損害保険(株) 1996〜2001
ニッセイ同和損害保険(株) 2001〜